東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

重度の歯周病でなかなか治らない方は歯周内科で細菌除去治療がお勧めです。

2018年10月18日 | 歯周病

重度の歯周病で歯茎がなかなか引き締まらない、膿が出てくるという方は、通常の歯周病治療で治す前に細菌を確認したうえで歯周内科治療という方法を取ることで劇的に改善する場合があります。

重度の歯周病の場合、通常の歯ブラシや歯茎の上のお掃除をしただけでは歯周病は改善されません。これは歯茎の内部に細菌の増殖があるからです。通常の方法では歯を磨けるようになって歯茎の腫れを歯ブラシの改善で引き締めてから歯茎の内部の歯石を取りますので歯茎の内部の細菌を除去するのに数か月かかってしまうこともざらにあります。

歯周内科治療では、初期の段階で細菌検査を位相差顕微鏡を使用して行いますので、原因の菌やカビを確認することができます。そして、お薬の力を使って初期の段階に細菌を減らしていきます。そのため、1~2週という初期の段階で劇的に歯茎の腫れが改善していく場合が多いと報告されています。

歯周内科治療を行い、細菌を減らした状態で歯茎の腫れが改善した状態で歯茎の内部の歯石を取り除いていきます。そのため、重度歯周病の方には効率の良い治療法と言えます。


歯周病がなかなか治らない方は細菌検査をされてみてはいかがでしょうか?

歯周内科治療のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03-3251-3921

0120-25-1839

 

歯周内科治療の注意

歯周内科治療は保険外診療となります。当院ではお薬と歯茎の内部の歯石とりのセットで5万円(税別)かかります。

また、完全に将来的にも回復させる治療ではありません、日々のケアが重要になることは変わりません。

 

『美容』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月17日(水)のつぶやき その7 | トップ | 10月18日(木)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歯周病」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事