東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯周病の方のための審美歯科治療

2021年09月26日 | 審美歯科

あなたの歯茎が腫れてしまって形の悪い差し歯が入ってしまっている場合、歯周病を改善する審美歯科治療で見た目も改善します。

歯周病の方の審美歯科治療は通常の方のものとは方法が異なります。歯周病の治療もしながら、歯茎を整えて差し歯をきれいに入れる必要があります。ただ差し歯を交換するだけでは、歯周病が治らないうえ見た目も悪いものとなってしまいます。

審美歯科と歯茎の整形ケース

歯茎の整形治療を行わないと歯の形、大きさが左右で不揃いとなってしまいます.また、歯周病の治療も必要でした.

 

歯茎の整形を行う事で、歯茎の位置がそろった上見た目にもきれいになりました.このケースはメタルボンドで治療しました.

 
審美歯科治療をお考えの方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。
審美歯科の専門ページ
 
また、歯周病の方で審美歯科治療を行いたいという方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにてご希望の治療のご説明とお見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります。
 
無料カウンセリングお問い合わせ
神田ふくしま歯科
東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上
JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)
03-3251-3921
0120-25-1839
 

〜歯茎の整形治療の注意〜


差し歯の歯茎の整形による歯茎の位置をそろえる治療は、歯茎の位置を変えるのと合わせて差し歯を交換する必要があります。費用は保険外診療となります。


上のケースでは、歯茎の整形治療5万5千円(税込)オールセラミック治療、上のケース1本6万6千円(税込)、5本で33万円(税込)かかります。


また、歯茎の整形治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の整形治療は、歯の根っこの長さなどの条件によっては行えない場合もあります。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歯周病が進行した場合抜いてインプラント治療をする前に再生治療を検討されていますか?

2021年09月25日 | 歯周病

すぐに歯を抜いてインプラントにしたくない方へ

歯周病が進行してしまったけどインプラント治療は嫌だな何とかならないかという場合、骨の再生治療で歯を保存できるかもしれません。

 

歯周病が進行してしまった場合、歯の周りの骨が吸収してしまいます。歯を抜くか残すかという選択をしなくてはいけない場合もあります。もちろん再生治療で骨を再生させることができると歯を抜かずに済むことになります。

再生治療は、歯を抜かずに残すための方法ですが、もし歯を抜いたときはインプラント治療ということになるかと思いますので、再生治療をやるかやらないかはインプラント治療との比較になるかと思います。

 

 歯はなるべく抜かないということは世界の歯周病医の共通認識でありますが、再生治療が可能な部分は歯周病が進行しても再生治療を選択して、抜かないようにする方法がベストです。

 ただ、これも世界の歯周病医の考えですが、再生治療の可能性が低い場合、再生治療をするかどうかは費用の問題となるということです。

 再生治療で現状より悪くなることはないのですが、再生されない場合、費用が無駄になってしまいます。抜いてインプラント治療を選択されるより費用はお安くなりますが、どうしても歯を残したくないという方以外は迷うところとなります。

 

もっと知りたい方は、再生治療の詳しいページをご覧ください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上 JR神田駅北口より徒歩1分 

03-3251-3921

0120-25-1839

~インプラント治療の注意〜

インプラント治療は保険外診療となります。当院では、2回法インプラントを使用しおり、インプラントフィクスチャー11万円(税込)、アバットメント2万2千円(税込)、上部構造(金属)5万5千円(税込)が基本となります。白い歯を入れたい場合や、骨が足りなくて増骨処置を行う場合、外国メーカーのインプラントを使用する場合などは料金が変わります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歯茎が下がってしまったときはまず歯周病の細菌検査で歯周病菌を確認しましょう

2021年09月25日 | 歯周病

歯茎が下がってきてしまったとお感じの方、原因は歯周病が進行してしまっているからかもしれません.

歯周病は歯周病菌が原因で起こる感染症だと言う事が知られております.歯周病の炎症を進行させる菌がいるかどうかを確認する事で現状での進行を確認する事が出来ます.具体的には細菌検査を顕微鏡や DNA検査で行う事で、歯周病の菌を確認します。

歯周病の菌が大量にいる場合は歯周病のリスクが高いため、すみやかに歯周病治療を行う事が勧められます.歯周病菌がいなくて歯茎が下がってしまっている場合は、歯ぐきの再生治療を行う事で歯ぐきを回復させる事が出来ます.

細菌検査に関しまして詳しい内容はかきのりんくぺーじに詳しく説明させて頂いております。ご興味のあるかたはクリックしてご覧ください.

細菌検査のページ

細菌検査は保険外診療となります。費用は5千5百円(税込)かかります。

歯茎が下がってしまって治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あなたの前歯の歯茎が黒い場合、すぐに治療を始めない方が良いでしょう。まずはこちらをご覧ください。

2021年09月24日 | 歯周病

典型的なセラミックの歯茎が下がって黒く見えてしまっているケース。

前歯のセラミックの歯の神経がないために、歯の根っこが黒くなっています。歯茎が下がることで歯の根っこの黒い部分が露出して歯茎が黒く見えてしまっています。

通常、この歯茎の状態でセラミックを治してしまう歯科医院も患者様も多いようです。

ただ、この歯茎の状態でセラミックを直すと長い歯になってしまいます。(当院には長くなってしまったセラミックの再治療に訪れる患者さんが絶えません。)

歯茎の再生治療とセラミックの再治療で、歯の長さが平均的な長さになりました。満足していただけました。

歯茎の再生治療をご存知ないという方は、歯茎の再生治療の専門ページを用意させていただいております。下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

歯茎の再生治療のページ

歯茎の再生治療の注意

お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面右前歯の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミックの再治療を行なっております。

 歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療7万7千円(税込)オールセラミック治療4本26万4千円(税込)かかりました。

また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

 

治療前のお写真では、前歯の歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。料金表を用意しておりますのでご覧ください。

歯茎の再生治療の料金

オールセラミックの料金

 歯茎の再生治療を文章で書いても誤解が生じてしまうこともございますので、典型的な治療例をいくつか紹介させていただきます。なるべく多くのケースを紹介することでご理解いただければと思います。ただし、上記文章の通り、保険外診療であることと、リスクもありますので上記文章をしっかりとご確認ください。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歯が揺れてしまっている方は歯周病が重度だと思ってください。

2021年09月24日 | 歯周病

歯周病で歯が揺れている場合は歯を支えている骨が吸収してしまっています。歯周病の程度としては重度である可能性が高くなります。

重度の歯周病の場合、硬いものを噛みしめてしまったり、通常に使用しているだけでも骨の吸収が進行してしまうことがあります。そのため、歯が揺れている場合は固定と言って隣の歯とくっつけて束にして歯の揺れを抑える方法がとられています。

ただ、歯を固定したらそれで終わりというわけではなく、しっかりと歯周病を治す必要があります。歯石を取るだけでなく、吸収してしまった骨を再生させる再生治療をすることがお勧めでです。

歯茎や骨の再生に関しては専門ページがありますのでそちらをご覧ください。写真なども用意しています。

歯茎や骨の再生治療のページ

また、歯ぐきや骨の再生治療を行う場合,再生治療前に歯周病菌を減らすあるいは無くする必要があります.歯周病菌の確認に細菌検査を併用する事で歯周病菌の状況をより正確に確認する事が可能になります.細菌を直接顕微鏡でみたり、DNA検査によって歯周病菌の種類や量を知ります.

細菌検査は保険外診療となります。歯周内科と合わせて5万5千円(税込)かかります。

歯ぐきや骨の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上 

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

差し歯の長さは満足してますか? 長い差し歯の治療法のご紹介です。

2021年09月24日 | 審美歯科

近年、審美歯科治療が多くの病院で行われるようになってきました。お近くに病院で審美歯科治療が受けられるというのは良いことかもしれません。

ただ、オールセラミックのような金属を使用しない白い綺麗な差し歯を入れたとしても、歯の長さが左右で揃っていないため満足できないというご相談が増えています。

例えば、下のお写真のようなケースです。

オールセラミックで、歯並びや歯の色を改善したようですが、歯の長さが左右でまちまちなために、見た目が綺麗に見えません。

当院では、歯茎の再生治療によって、長い差し歯の長さを改善した上でオールセラミックをお作りしております。

治療後下のお写真のようになりました。

審美歯科治療をお考えの場合は、歯の長さを揃えることも大切です。

歯茎の再生治療の注意

お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上前歯6本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミックの再治療を行なっております。

 歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療15万4千円(税込)オールセラミック治療59万4千円(税込)かかりました。

また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

詳しい内容は下記の審美歯科の専門ページをクリックしてご覧ください。

審美歯科の専門ページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歯茎の位置が左右でちがう。そんな時歯茎の整形処置できれいに見えます。

2021年09月23日 | 審美歯科

歯茎の整形で笑った時の歯茎の位置を並べます。

なんで、そんなことをするのか?

歯茎の位置を変えることは、究極の審美歯科治療といえます。

通常、歯の色や形が良ければ満足していただけることが多いのですが、よりこだわりたい方は歯の大きさも気にされます。

歯茎の位置が左右対称になれば、歯の長さも同じに見えます。

そんなことができるとは知らなかったという方がほとんどではないでしょうか。

今回は、歯茎の整形・再生法についてのご説明をいたします。

 

歯茎の位置が左右で不揃い、短い長いといった長さを平均的な長さにする方法に歯茎の整形術があります。

 

歯の大きさのちがいに不満や、コンプレックスを感じている方は、歯の大きさや長さを変えることで満足いただけます。

 

 

非常に簡単な処置で、痛みもありません。

 

術後の結果に満足いただけるでしょう。

 さっそく症例の紹介です。

左右のオールセラミックの差し歯の長さがちがう場合の治療例

治療前

歯ぐきの再生治療後 仮歯の状態

セラミックも交換して治療が終了した状態

このケースのように、オールセラミックの差し歯の長さが左右でちがうのが気になって治したいと言う方が大勢いらっしゃいます.歯ぐきの再生治療を審美歯科治療と合わせて行う事で、歯の長さをそろえる事が可能になります.

歯茎の再生治療の注意

お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面前歯3本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミック5本の再治療を行なっております。

 歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療7万7千円(税込)オールセラミック治療33万円(税込)かかります。

また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

 歯の長さが左右で不揃いなケース

 

たとえば、下の写真のように前歯の大きさが違った場合、非常に目立ってしまします。

歯並びが良いだけに大きさの違いは違和感として残ります。

こういったケースでは、歯茎を整形して歯の長さを揃えます。

 

歯茎の整形 治療前

左右の前歯の歯茎の位置が異なるため歯の長さが違います。

歯茎の整形をしました。

左右対称の長さになりました。

 

次に歯茎の不揃いの程度が、多い場合少し大変になりますが、大丈夫です。

痛みの心配はありません。

 歯の長さが左右で不揃いなケース その2

整形量が多い場合は外科的な処置になります。

歯茎の整形 歯茎の整形前

左右の歯の大きさが違います。 特に右側の歯が短くなっています。

歯茎の整形 歯茎の整形後

30分ほどで終わり、痛みもないということでした。

歯茎を外科的に整形し、左右の歯の大きさを整えました。

 やってよかったとおっしゃっていました。
 
 
そのほかにもこんなケースがあります。

歯茎が足りないときは歯茎を再生させます。

歯茎の再生 ケース1

歯茎の再生 歯茎の再生術後

歯の長さを元あった状態に戻します。

歯茎を再生した後で、歯をセラミックにしました。画面左側の前歯は天然の歯です。

歯茎の再生治療 歯茎再生治療の術前

歯が全体的に長くなってしまっています。仮歯が入っています。

歯茎の再生 ケース2

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術後

歯茎のラインが左右対称になったところで、前歯をオールセラミックのブリッジで治しました。

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術前

前歯の歯茎のラインが左右非対称で、歯の長さが不ぞろいに見えます。

前歯6本に歯茎の再生治療と古くなってしまった前歯のブリッジをオールセラミックで治す計画を立てました。

歯茎の再生治療 ケース3

歯ぐきの再生治療 再生治療後

 

画面右手の犬歯に歯ぐきの再生治療を行っています。歯の長さがが元の長さになりました。

左右の犬歯の長さも同じ長さまで回復しましたので、見た目がきれいです。

 

ホワイトニングとオールセラミック治療を行っています。

歯ぐきの再生治療 再生治療前の状態

 

 

歯ぐきの再生治療前の状態

 

歯茎の整形

 

審美歯科

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上 JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120−25−1839

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歯茎の問題は歯茎の厚みが原因かもしれません.

2021年09月23日 | 歯周病

歯茎が薄い場合には歯茎が下がりやすくなります.歯茎の問題の多くは歯茎が薄くなってしまう事が原因で起こります.

歯茎が薄いと、炎症を起こしやすく腫れやすいうえ、しっかりと磨くために時間をかけて磨くと歯茎が下がってしまうという問題も抱えてしまいます.

歯茎の厚みは、遺伝的にある程度決まってしまっているため,自然に厚くする事は難しいので、薄い歯茎の方は注意しながら歯ブラシをして頂く事が大切です.また、歯茎の厚みを増したい場合は歯ぐきの再生治療という方法で歯茎の厚みを増す事も可能です.

歯ぐきの再生治療を行って歯茎の厚みを増したケース。

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯と歯の間の骨が吸収して隙間ができているケースでは、歯と歯の間の歯茎の回復はあまり期待できません。見た目がきになる場合は、ダイレクトボンド法(保険外診療で1箇所3万3千円税込)にて隙間を埋めることも可能です。

歯茎の再生治療の注意

お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面右前歯の再生治療を行っております。

歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療15万4千円(税込)

また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

歯ぐきの再生治療に関しまして歯専門ページをご覧ください.

歯茎の再生専門ページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

03−3251−3921

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

前歯の差し歯の周りの歯茎が黒く見えて気になるってことはありませんか?

2021年09月23日 | 歯周病

差し歯の歯茎が黒ずんだ時の治療法のご紹介です。

下のお写真は典型的な保険の差し歯で前歯を治療したケースのお写真です。時間とともに歯茎が腫れて赤くなってしまったことと、歯茎に黒い斑点があるのを気にされてご来院されました。

治療後のお写真です。

奥歯を含めてオールセラミックで治療を行いました。前歯の歯茎は歯茎の再生治療にて歯茎の色を改善しております。

歯茎の再生治療の注意

お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上前歯6本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミック4本の再治療を行なっております。

 歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療15万4千円(税込)オールセラミック治療26万4千円(税込)かかりました。

また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

歯茎の再生治療の専門ページもご覧ください。

歯茎の再生治療

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歯茎の再生治療例 下の前歯の歯茎が下がってしまったケース

2021年09月22日 | 歯周病

 下の前歯の歯茎が下がってしまった場合の歯茎の再生治療例です。

歯と歯の間の歯茎は回復が難しいのですが、表側の歯茎を回復させることと、厚みを増して歯茎が下がりにくくすることが可能です。

 治療前

治療後

下がってしまった歯の根っこが皮膚に覆われています。

お写真のケースでは下の前歯6本の歯茎の再生治療を行っています。治療前に歯の根っこが透けて見えてしまっていましたが、治療後には歯茎の厚みも増して下がった歯茎の一部も覆うことができました。歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯と歯の間の骨が吸収して隙間ができているケースでは、歯と歯の間の歯茎の回復はあまり期待できません。見た目がきになる場合は、ダイレクトボンド法(保険外診療で1箇所3万3千円税込)にて隙間を埋めることも可能です。

 

歯茎の再生治療の注意

お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療15万4千円(税込)

また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする