(株)藤川建設のブログ

地元の山の木を使った家づくり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

左近町N邸 上棟~下地

2014年12月08日 | 左近町N邸
上棟式から下地工事まで



左近町N邸の上棟式から下地工事までまとめました。

伝統構法と言っても、現代の住宅のニーズに合わせなければなりません。省エネルギー住宅は基本です。(次世代省エネの講師をしているので、やらないわけにはいなかい・・・)



上棟式の様子


構造の様子
これより、住宅の下地工事が行われます


筋違を入れています
今回は予算の都合上、面材ではなく筋違を入れました


外部の石膏ボード貼り+タイベック
法22条区域の仕様として、外部に石膏ボードを貼り、
その上にタイベック(透湿防水シート)を張っています。
所々、渡りアゴの梁や桁が突出してしまうのは伝統構法の宿命


外部に出た梁や桁には「小屋根」をつけて風雨から守ります


タイベックの上に胴縁を打っていきます


外部下地もほぼ完成。
なるべく窓廻りには霧除(ひさし)をつける


床の断熱
グラスウール32kg品を80㎜



ユニットバス周りの断熱


天井断熱
グラスウール10kg品の100㎜×2重+ポリシートです


壁断熱
グラスウール16kg品の100㎜です


内部の間仕切り下地


外壁を張り始めました

コメント

左近町N邸 建て方

2014年12月08日 | 左近町N邸
左近町N邸の建て方の様子です


左近町N邸もほぼ完成になってきましたが、秋からバタバタしていて、ようやく写真をアップできる状態になりました。(最近はこういうパターンが多くなってきた・・)

越後杉をふんだんに使い、伝統構法を応用した住宅


のコンセプトは変わってはいませんが、今回はローコストの模索をしています。なるべく省力化を行い、「ここは外せない」というこだわりは残しています。



建て方の前に敷地内を清めます(結界を張る)


土台が敷き終わった状態
土台はヒノキです。


柱を立てる


渡りアゴの仕口
プレカットではありますが、渡りアゴを実現しています
渡りアゴにすることで断面欠損を少なくでき、木材の強度を損ねない強固な床になります。


鳥居の様な受けの入った柱
この上に梁が乗ってきます


まずは、梁方向を立てる
伝統構法の基本構造として、「梁」と「桁」を明確に分け、
力のかかる梁を下木にして、梁を押さえる桁を上木として渡りアゴで接続します。


梁が水平方向に並ぶ
この上に桁を直角方向に並べて行きます



2階の床部分が組みあがっている


本屋の小屋組を立てていきます


小屋組みは「登り梁」を多用しています
基本的には「渡りアゴ」で接続されます


大断面の登り梁
最終的には、この梁を室内に現わしに仕上げる予定です


登り梁の上に母屋を架けていく


上から見た方が昇り梁が良く見えるのですが、見納めになります


登り梁を下から見るとこんな感じ


おおまかな構造が組みあがった


屋根下地にとりかかっています


屋根の先端に取り付く「破風」
木口には溝を切ってあり、ここに板を挟む事で破風が反らない様にしてあります


破風板を回した状況


1階の様子
床梁が天井に並びます。これは現わしにする予定


2階の様子
登り梁の組みあがった様子


この状態で上棟式を待ちます

コメント