(株)藤川建設のブログ

地元の山の木を使った家づくり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

建て方(1) 中空に浮かせて組む

2010年11月22日 | 春日町F邸
我が社の伝統構法は普通の在来工法の組み方と一味違います。
普通は、土台を基礎に敷いて、その上に柱を乗せていくのですが、通し柱に土台を差し込むために、一度中空に浮かせた状態で2階の構造を組んで、一気に基礎に落とし込んでアンカーで固定するという方法をとります。

詳しくはこちら・・

いわゆる「神社」や「お寺」のような、「足固め」という伝統技法で、石の上に柱が乗るという構造の住宅版です。
住宅の場合、

「土台は基礎にアンカーで固定しなければならない」

という建築基準法上、どうしても基礎に固定しなければならないために、仕方無しに中空で浮かせて下げるという方法をとらなければなりません。



まずは、一度基礎に固定した土台を浮かせます


そこへ柱を組み込みます


土台を浮かせたまま、柱と梁を組んでいきます


半分くらい組みました


1階部分がほぼ完成。
土台は中空に浮いたままです。


通し柱です。
このように、土台と基礎の間に角材をはさんで、
12センチ程度全体に浮かせています。


通し柱に土台を入れるには、このように浮かせた状態で柱に土台を差し込んで、最後に基礎に落とし込み、アンカーボルトで固定するという方法をとらなければなりません。



土台を下げた状態


こうして、土台を通し柱に差し込んで、柱や梁が全体で組まれると、「筋違(スジカイ)」無しでも自立する構造になります。

詳しくはこちら・・

伝統構法が壁だけに頼らず、柱で自立し、地震等の横荷重に柱の腰でも耐える力を得ることができます。

それには中空で組んで下げるという、想像も付かない方法を行わなければなりませんが、面倒な事に挑戦し、より強い構造を得られるのならば、最大限の努力を注ぎ込む価値があります。
コメント

土台敷き

2010年11月12日 | 春日町F邸
基礎の養生期間も終わり、いよいよ土台を敷いて行きます。




土台を敷いています。
土台は国産ヒノキを使用。


土台と基礎の間にはフェルトを敷いて、
土台に水分が回らないようにしています。
(腐れ防止のため)


大引きも施工し、足元を良くしています。



完了。
あとは構造材を運搬し、建て方を待ちます。
コメント

工場にて加工

2010年11月06日 | 春日町F邸
今年の炎天下の中、工場にて構造材の刻みを行っていました。
伝統構法の加工は複雑で大変です。




丸太を加工中


角材


通し柱


斜めに合わさる部材の加工


加工が延々と続きました


加工の終了した材料


工場にて地組み



構造材を塗装中


今回の塗料はオスモカラーでした。



刻んだ材料を基礎の上に建てることになります。
コメント

立ち上げコンクリート

2010年11月05日 | 春日町F邸
ベースコンクリートを打ち込み固まった後、立ち上げ部分の型枠を組み、コンクリートを打ち込みます。



立ち上げは金型を使いました


アンカーを予めセットしてコンクリートを打ち込みます。


ホールダウン金物の部分


型枠組み終了


コンクリート打ち込み


打ち込み風景
ポンプで圧送しています。


コンクリートが固まってから型枠を外します


敷地の廻りに砂を敷いています。


玄関の打ち増し部分は
断熱材を入れ、メッシュ鉄筋を入れます


打ち増し終了


この後、基礎の天端をモルタルで仕上げ、土台を敷きます。
コメント