(一般社団法人)島根県サッカー協会 第4種委員会

一般社団法人島根県サッカー協会第4種委員会のブログです。大会情報、トレセン情報、支部活動情報をお知らせします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011 JFA NTC U-12 Challenge Festival

2011-10-17 15:54:32 | トレセン活動
2011 JFA NTC U-12 Challenge Festival
2011.10.15-2001.1016 in Matsue City
■EAST Group
鳥取サンドボーイズ0-1岡山バルサ
鳥取サンドボーイズ1-1島根レオ
鳥取サンドボーイズ1-7広島オイスターズ
鳥取サンドボーイズ0-2山口ドリームズ
岡山バルサ4-5島根レオ
岡山バルサ1-3広島オイスターズ
岡山バルサ2-4山口ドリームズ
島根レオ0-0広島オイスターズ
島根レオ0-1山口ドリームズ
広島オイスターズ3-3山口ドリームズ

■WEST Group
島根シンバ0-3広島メイプル
島根シンバ4-0鳥取シーボーイズ
島根シンバ3-2山口エフォーツ
島根シンバ4-1岡山レアル
広島メイプル8-2鳥取シーボーイズ
広島メイプル3-1山口エフォーツ
広島メイプル2-2岡山レアル
鳥取シーボーイズ1-4山口エフォーツ
鳥取シーボーイズ0-1岡山レアル
山口エフォーツ2-0岡山レアル


■EAST Group
1位 山口ドリームズ

■WEST Group
1位 広島メイプル

島根県選手 奮闘!

2009-04-25 22:31:17 | トレセン活動
JFAエリートプログラムU-13【U-13日本選抜チーム】に選出されている、福井(八束出身)、田中(石見エスプリ出身)の両選手の現地(中国)での様子がJFAホームページに掲載されています。

中でも、田中選手は、台湾戦では、先制ゴールを奪うなど活躍!

今後の戦いも目が離せませんね!


http://www.jfa.or.jp/training/topics/2009/22.html

2008ナショナルトレセンU-12 中国

2008-12-30 10:30:57 | トレセン活動
 12月25日から28日まで、広島で行われたNTCU-12中国にコーチとして参加してきました。中国地域の40人のうち、島根からは8名の選手が参加しました。
 今回のFPのトレーニングテーマは、ボールフィーリング&テクニック、ポゼッション、さまざまなシュート、ゴール前の攻防でした。
 どのトレーニングセッションにおいても、テクニックを基礎的なドリル練習の反復とゲームによって獲得させるという流れでした。その中で、テクニック発揮の際にも必ず判断の要素が含まれていました。
 観て、判断してのスキル発揮、状況に応じて様々な判断をしてプレーすることの大切さが伝えられました。また、ボールに関わるテクニックを向上させることはもちろんですが、オフ・ザ・ボールで関わりながらプレーする(ボールを受けるタイミング、サポートの角度・距離・タイミング、ゲームでの幅や厚みといったポジショニングを常に意識し、状況に応じてプレーに関わる)ことが様々な場面で求められました。そうした関わりによって、ボールをもっている選手は多くの選択肢をもつことができ、その中から最良の選択肢を判断することができるわけです。
 NTCに参加する選手ですから、単純な止めることや蹴ることはできていました。しかしながら、動きながらのスキルの発揮、観て判断してプレーすること、オフ・ザ・ボールでの関わりについては、課題が多いように感じました。中でもオフ・ザ・ボールでの関わりについては、状況に応じた適切なポジションがとれておらず、選択肢が少なく判断することが難しい状況が多く見られました。また、1度動き出してパスが出なければ、そこで止まってしまうなど、関わり続けることができていない状況もありました。
 各チームレベルの状況を考えたときには難しい面もあるかと思いますが、観て判断してプレーすること、オフ・ザ・ボールで関わり続けることなど、私自身、U-12の年代の選手に必要なことが改めて明確になり、そこにチャレンジしていくことの必要性を感じた4日間でした。
 貴重な経験をさせて頂きましたので、県内でも情報が共有できるように伝達の場をもちたいと考えています。

 NTCスタッフの皆様どうもありがとうございました。

  NTC U-12 島根県派遣 郷原

CTC Challenge Festival開催

2008-10-19 15:40:13 | トレセン活動
10月18(土)、19日(日)松江市で中国地域トレーニングセンターチャレンジフェスティバルが開催されます。
お時間のある方は中国地域のトップ選手のゲームをぜひご覧ください。
応援よろしくお願いします。

CTC Challenge Festivalプログラム表紙

2008-10-15 21:43:16 | トレセン活動
今年のCTC Challenge Festival は島根県協会主管です。
関係スタッフの皆様ご協力よろしくお願いします。

プログラムの作成も島根県担当ですので表紙を作成しました。

07ナショナルトレセンU-12

2007-12-29 22:16:48 | トレセン活動
 25日から28日まで、広島で行われたナショナルトレセンU-12にコーチとして参加してきました。今回はJFAのコンセプトが福島のアカデミーのトレーニングをもとにして落とし込んでありました。
 観て、判断してのスキル発揮、動きながらのコントロールの精度をあげること等が主な内容でした。アカデミーの内容ですから、求められることが少しレベルが高い観がありましたが、今目標にすべき事、求めたい事を発信したいという事が伝えられました。
 特に常に動きながらのテクニックを求められていることについては、子ども達もとても課題が大きいように思いました。動きながらですから、タイミングやスピードを落とさずコントロールすることなど、単純な止める蹴るは確実にできなければできないと感じました。そして、止める蹴るが単純にできるだけではゲームでスキルを発揮できないというメッセージもありました。
 一番課題であったのは、状況に応じてよいポジショニングをとることができず、判断することが困難な状況がたくさん起こっていたことでした。
 今回担当はU-18代表監督牧内さんでしたが、この点についてはU-18でも同じことがいえて、いいポジションからかけひきしたり、観るためにいいポジションを取ることが難しく、なかなか改善できない事だったので、ぜひU-12年代から取り組んでほしいということを言われました。
 各チームレベルからすると、もっともっと基礎的なことを行っていかなければならないと思わせるようなトレーニングメニューが多かったことが今回の印象ですが、世界基準で考えた時に、U-13の入り口に立つ子ども達にとって必要なことは明確に見え、そこに取り組んでいく必要があるということを教えてもらえたトレセンとなりました。サッカーは日々進化し、U-12の選手達に求められていることもどんどん進化して行く観がありますが、これはサッカーのおける基礎基本とは何かということを我々日本の指導者がもう一度考えていくためのきっかけとなるのではないかと思います。
 貴重な時間を提供頂きましたので、また県内でも情報を共有し、課題を共有することについて取り組んでみたいと思います。

NTCU-12 島根県派遣 上田

 

相手を観て崩す!!

2007-11-27 20:23:11 | トレセン活動
 全山陰が終了しました。両県のトップレベルの選手達の公式戦を見させて頂いたり、大会運営に関わらせて頂きました。
 それぞれが本当にひたむきにゴールを目指していましたが、3種年代に向けて、相手を観る、観たことによっかけひきができる。かけひきができるだけのスキルを持つ。こういったことはやはり続けていく必要があるなと感じました。

 2日間とも、各チームとも工夫しながら子ども達を高い目標に持って行かれたことと思います。
 県トレで取り組んできた、「島根のサッカーの課題のジュニア年代で必要なこと」はやはり各ゲームでもおこっていました。ですので、改めて根気強く、その課題に迫っていきたいと感じさせていただきました。僕もチームでしっかりと実践していきたいと思います。

 関係チームの皆さんおつかれさまでした。また、ゲームを観させて頂きありがとうございました。

島根県TC U-12担当U
 

県トレの今後

2007-10-14 22:52:21 | トレセン活動
 今回の中国トレセンⅡで6年生は県トレセンが終了し、今後はU-13とのトレーニングが各支部で予定されています。(ナショナルトレセンに選ばれた島根の選手は後日発表され、年末にビッグアーチでの活動に参加します。)
 今回の中トレⅡもそうですが、よりレベルの高い相手とのゲームトレーニングははっきりと課題がわかり、目標設定ができています。そして、これからの厳しいサッカーを楽しめることにもつながっていきます。
 学校枠にとらわれず、年令で考えていくサッカーの育成についてご理解頂ければと思います。

県トレ担当U-12 上田

 

 

県トレ担当U-12 上田

中国トレセンⅡU-12報告

2007-10-14 22:46:22 | トレセン活動
 2日間で4試合をこなす中国トレセンⅡが終了しました。
県トレセン活動として、昨年の2月から継続して行ってきた活動の一環でもありました。

 観る だます しかけるという僕が言うところの「エッセンス」を継続してトレーニングして来て、かなり相手を観ながら自分のプレーを選択してゲームを行うことができたと評価しています。

 新たな課題も生まれ、しかける場所の判断、失ってはいけないところでの失わないボール運びとサポートの質、ボール一つが動くことでの他の選手のオフの準備からの関わり等、ゲームだからこそ起こりうる課題が生じました。

 8人制だからこそ、一つのパスによって関わることについては実行しやすく、2日目は2トップにボールが入った時の、他の選手のオフの関わりが格段に増えました。

 失ってはいけないところでは、攻撃をしかけようと思ったが、ミスしてやり直す状況、始めから失えない状況等を把握し、判断してボールを個人でもグループでも失わないようにプレーを変えることができました。

 フィニッシュの課題は大きかったです。DFを崩してもゴールが奪えない状況はなかなか改善できませんでした。

 年5回の県トレではエッセンスを選手に入れていくことしかできませんでしたが、そのエッセンスを持ってゲームができていたことはとても評価できました。

 長旅の遠征でしたが、ご派遣頂いたチーム、保護者の皆様ご協力ありがとうございました。
 この経験も選手のよりよい経験値として養われていることを願っています。
ありがとうございました。

県トレU-12担当 上田

中国トレセンU-12 Ⅱ チャレンジフェスティバル

2007-10-11 22:50:57 | トレセン活動
 土曜日から2日間、岡山の備前市で上記のトレセン活動が行われます。
8人制の各県対抗戦となります。
 以前にもお伝えしておりますが、U-12県トレセンとしてはより高いレベルの中で自分の個人のスキルを養うことを第1目的としています。
 特に年間を通して、観ること だますこと しかけていくこと 観て確実にコントロールできることを主なテーマとしてトレーニングしました。
 8人制というボールが動く状況と自分が関わることが多くなる中で、さらにスキルを磨き、U-13年代へつなげていけるようにコーチングしていきたいと思います。選手は島根の小学生を代表するサッカー選手として、自分を律して、サッカーに、積極的に取り組む力をつけて、さらにレベルアップしてほしいと願います。

県トレU-12担当 U

選手の状況からトレーニングへ

2007-10-02 21:29:14 | トレセン活動
 今回の県トレ4次では2日目のトレーニングを最初からメニューを決めることなく、1日目の選手の課題を見て1日目の夜にミーティングで作成する方法をとりました。
 従来であれば、最初からメニューが決まっており、実態把握しないままトレーニングでしたが、課題を抽出して行うことができました。
 内容は攻撃で、パスのタイミング、観ながらのファーストタッチの質と、様々な形の1対1をベースにした2対1でした。
 指導者も研修の場となりました。

県トレ担当 

県トレセン4次

2007-10-01 09:40:47 | トレセン活動
 東出雲錦浜グランドで2日間に渡って行いました。
中トレⅡ(中国地域8人制地域対抗戦)に参加する32名で行いました。昨年の2月から継続して行ってきている県トレですが、数えると5回目となります。
 観る だます しかけることに今回は改めて確実なコントロールが意識できるようにトレーニングしました。観ながらプレーしようと意識していても、肝心なコントロールのミス、パスのずれなどが当たり前のように起こってしまいます。また、受け手のタイミングなどもずれてもそのままになります。もう一度しっかりと観た後の技術発揮(観て技術を行うことがスキルと考えますが)意識できるように行いました。

 8人制であるので、もう一度自分の個人戦術をしっかりと磨くことを伝え、それぞれにボールと相手、味方などの関係が何度もおこるので、積極的にアクションを起こすことを目標としてもらいながら中学生とのトレーニングマッチを繰り返しました。

 観ながら意図あるプレーができることから、自動化できるところまで、習慣づけできればよいなと感じます。

 松江3種トレセンの指導者選手の皆様、選手をご派遣頂いた各チームの皆様、ご協力ありがとうございました。

 これからも選手のレベルアップについて考えていきましょう!!

県トレU-12担当 U


 

中国トレセンⅡチャレンジフェスティバル

2007-09-13 20:34:41 | トレセン活動
 10月13日(土)~14日(日)に岡山県で中国トレセンU-12Ⅱが行われます。今回の中国トレセンはⅠと異なり、各県の対抗戦形式で行われ、ゲームを通して、個人のスキルを養うことが主な目的です。
 以前までは11人制でしたが、ジュニア年代の選手が個人戦術を繰り返してトレーニングするために、8人制に変更になっています。
 8人制は12分×3のゲームで行われ、前後半は総入れ替えです。従って、島根県チームは2チームで32名セレクトされており、1チームが16名のエントリーとなります。全ての選手がゲーム時間を確保されているので、その中で技術を身につけていくこととなります。お互いにハイレベルな中で、技術を発揮するので、より判断力が必要であり、正確な技術が必要となるため、絶好のトレーニング機会となります。
 中国トレセンⅡでは点を取る取られるという状況は多くなると思いますが、その中で、選手に必要なことを伝え、個人がスキルをつけていけるようコーチングしていきたいと思います。
 選手自身は一人一人が勝負にこだわって、絶対にうまくなりたい!という意識で参加してくれることと思います。
 9月29日、30日は観る、しかける、だますというテーマの中トレーニングを再度行い、中国トレセンⅡに望んでいきたいと思っています。

 中国トレセンⅡの趣旨をご理解いただき、一人一人のスキルの向上に向けてご支援、ご協力お願いいたします。

県トレU-12担当:U
 
 

県トレ3次トレーニング

2007-08-08 17:36:03 | トレセン活動
 8月4,5日と非常に暑い中、県トレセンの今年度3回目が行われました。今回は前回の2次トレセンからのつながりで、観てスキルを発揮できるようにトレーニングを行いました。観てれば、より優先順位の高い選択ができ、この年代には重要な1対1の質も高くなるだろうということが今回のねらいです。
 観て判断する要素を増やしたので、観るという意識が2日間でずいぶん養えましたが、その分ファーストタッチやコントロールの部分が課題となります。
 とくに対面式のパス&コントロールを行ったところ、なかなかうまくできず選手が一番苦労していました。選手はずいぶん課題意識を持ってくれていました。

 トレセンでは改善するまでにはなかなか至りませんが、大切なエッセンスは選手に伝わったのではないかと思います。
 暑い中、選手はよくチャレンジしていました。
 
 各チームの皆様ご協力ありがとうございました。

 次回は9月29日30日中国トレセンⅡ(中国地域対抗戦)事前合宿となります。今までの個人戦術のトレーニングをゲームの中で生かしてほしいと思います。

U-12TC担当:U

県トレ3次の様子は!

2007-08-01 13:59:11 | トレセン活動
8月4日5日に出雲で開催される県トレ3次の様子をこのブログでお知らせします。お楽しみに!