カオリン&チョチョリンの親育て・子育て

むちゃくちゃ気まぐれに思いついたことやら、好きな映画・舞台のことやら・・・ぼちぼちと書いております~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TAKESHIS’(うつつとは、夢幻の狭間なのか・・・)

2005年11月08日 | 映画・テレビ
この前、訳がわからないと前評判の高い(?)「TAKESHIS’を見てきました。ちなみに、12作ある北野作品の中で、私が今まで見たと言えば「この男、凶暴につき」、「3-4×10月」、「HANA-BI」、「菊次郎の夏」とテレビ放映で見た「座頭市」。(「座頭市」は、時代劇にタップダンス(?)・・・って、倦厭してたんですが、意外とよく出来てましたね。結構面白かったです。で、チョン・ウソン氏も好きだと言ってましたが、「HANA-BI」は、私も好きです
で、今回見た「TAKESHIS'」、いままでの北野作品とは、ちょっと一味違う作品に出来上がってました。ストーリーが、行きつ戻りつ・・・、俳優・女優が何役も違うキャラクターで登場したり・・・。どの役とどの役が同一人物なのかが混乱してしまいかねない・・・、もちろん、北野ビートたけしもどちらの役柄なのか?って迷っちゃうんですが、ラスト見ると「全部が、ビートたけしだったんじゃ・・・。」って、思えます。

ストーリーは・・・、

売れない役者北野(北野たけし)が、偶然に楽屋で自分の憧れの的である超売れっ子スター・ビートたけし(北野たけし)に出会う。しかし、出会ったビートたけしは、尊大で横柄な男だった・・・。
日々の北野は、貧乏アパートに一人暮らし。毎日、合格することのないオーディションに通い、近所の住人にまで馬鹿にされている。仕事は、コンビニのアルバイト店員。テレビ局で王様のように持ち上げられていたビートたけしとは雲泥の差の扱いで、コンビニの客にからかわれたり、頑固なラーメン屋の親父に怒鳴られたり・・・。
そんな彼に事件が起こった。
突然コンビニに飛び込んできた血だらけの男。追っ手から逃げている男は、コンビニのトイレへ・・・。その直後、追っ手が北野に男のことを尋ねるが、北野は、男の存在を否定する。男達が立ち去った後、トイレの様子を見に行く北野。しかし、そこには息絶えた男の姿が・・・。残されていたのは、マシンガンに拳銃数丁。
気弱で何のとりえもなかった男は、武器を手にした時、狂った野獣に変わった。
彼が取った行動は、銀行強盗という暴挙。
しかし、海辺で警察に追い詰められた北野は、数発の銃弾に倒れるのだった。
で、これが、北野がコンビニの店番中にうたた寝をしたときに見た一つのお話で・・・。
もう一つのお話は、憧れていたビートたけしに描いてもらったサインに描かれた自分への侮辱に激怒した北野が、ビートたけしを殺しに・・・。

ラストシーン・・・、ビートたけしが、撮影準備のために刺青を描いてもらう間に、寝入ってしまい、まるで悪夢を見ているように魘されている姿。

この映画、北野監督ならではの笑えるお遊びがあり、その上、今までの作品のシーンを思わせるショットも結構盛り込まれてます。(そんなところも楽しめました。)
それに、何処までが現実で何処からが夢幻か・・・。そんな不思議な感じの映画でしたね。多分、ラストシーンからすると、この映画全てが、ビートたけしの夢物語だったのかもしれません。
それにしても、北野組の歴代映画に出演された方々がてんこ盛りで、それぞれにクセのある演技を見せてくれてます。でも、今回は、どの役者さんも現場で戸惑われたとか・・・。なんせ、どんなに殺されてもゾンビのように生き返ってくる役なんですよね、大杉連さん、寺島進さん・・・、その他もろもろ
確かに、この映画、賛否両論あったと言うのは分かるような気がしますね。
でも、私的には、結構楽しめましたよ。
役柄を全て別の人間と考え、このストーリーを頂点を極めたビートたけしの衰退への恐れからくる悪夢だとすれば、理解できるような気が・・・。
ちなみに、この映画のオープニングシーンは、ビートたけしが映画界で認められるきっかけとなった「戦場のメリークリスマス」を思い出させましたね。

黒澤明監督の「夢」が、幻想的で美しい純真な「夢」ならば、北野武監督のこの作品は、殺伐とした現実という恐ろしさから逃避したい人間が見る「悪夢」なのかもしれない。


人気blogランキングへ どうか一つ、何卒一つ、よろしくポチッとお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへこっちもポチッとヨロシクデス。
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« チョチョリンのぼやき・・・... | トップ | ハン・ソッキュに似た方集め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・テレビ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

映画「TAKESHIS’」観ました。 (拾稔堂店長のこうかい?日誌)
先週の「映画の日」に4作品をまとめて観たのですが、なんとなく映画が観たくなって、また出かけることにしました。(^^; 今回は、難解で有名な(?)北野武監督の映画「TAKESHIS’」です。 わたしのような凡人(笑)が、この映画について何かを語るのもおこ.
映画『TAKESHIS’』ジャパンプレミア (萌えきすとらBLOG)
ツービートが一夜だけ復活した『TAKESHIS’』のジャパンプレミアに行って来ました。 珍しく忍者さんが早く感想をアップしていたので(苦笑)、感想にリンクして紹介します(感想元のトップページ:キネマ忍者・松下怜之佑の映画100本斬り!!平成十七年の忍者
TAKESHIS\' (日々徒然ゆ~だけ)
 キタノ版『マルホランド・ドライヴ』(デヴィッド・リンチ監督)もしくは自己パロディーと自作総括映画。  売れない俳優=北野「パラレルワールド的自分」におっ被せて,巨大な偶像=ビートたけしを渇いた目で見つめた,自分自身への強烈なアンチテーゼにも取れる。
TAKESHIS\' (日々徒然ゆ~だけ)
 キタノ版『マルホランド・ドライヴ』(デヴィッド・リンチ監督)もしくは自己パロディーと自作総括映画。  売れない俳優=北野「パラレルワールド的自分」におっ被せて,巨大な偶像=ビートたけしを渇いた目で見つめた,自分自身への強烈なアンチテーゼにも取れる。
TAKESHIS’ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気blogランキングに参加してます! ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。 ご協力お願い致します。 「たけし」が「たけし」に出会う。 「たけし」が「たけし」を演じる。
『TAKESHIS’』ジャパンプレミア(舞台挨拶付き)/東京国際フォーラム (『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』)
TAKESHIS’/東京国際フォーラム・ホールC/19:00~ 監督:北野武 出演:ビートたけし、京野ことみ、大杉蓮、岸本加世子、     寺島進、渡部哲、美輪明宏、六平直政、ビートきよし     津田寛治、石橋保、松村邦洋、内山信二 <簡単あらすじ> 大物タ.
『TAKESHIS’』 (京の昼寝~♪)
500% KITANO 「たけし」が「たけし」に出会う ■監督・脚本・編集 北野武■キャスト ビートたけし(北野武)、京野ことみ、岸本加世子、大杉漣、寺島進□オフィシャルサイト  『TAKESHIS’』  大物タレントとして日々忙しく過ごしているビートた
TAKESHIS\' (toe@cinematiclife)
今年のカンヌで、この映画のポスターが出たと聞いたときに、「おぉ~、見なくては(@@)」と思い、ヴェニスでサプライズ上映された時にゃ~、「難解、難解」と言われたのを聞いて「見たいわ~」の思いを強くしたアマノジャクな私です(^-^;)/ でね、どんなツマラナイ映
北野たけしの夢の中◆『TAKESHIS\'』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月25日 TOHOシネマズ木曽川にて この作品をどう評価したらいいか、私には全く分からない。傑作とも言えないし、駄作とも言えない。北野たけしが何を描こうとしていたのか分からない。まるで、たけしの夢の中を見せられているようだった。時に映画監督は、観客を完全に.
北野武という芸術映画・・・これが北野武の芸術だと思えば良い (オールマイティにコメンテート)
この映画はビートたけし(北野武)が、大物タレント、ビートたけしと売れない役者北野武を演じる。この作品のストーリーはハッキリ言ってないと考えて見なければ理解の範囲を超えてしまうだろう。
TAKESHIS\' (Tak.Arai の 今夜もナローマインド!)
TAKESHIS\' を観ました。 微妙なトリック映画みたいなカンジで、予想したよりも面白かったです。 「客の入らない映画を作った」と言っていたので、単に撮りたい画をいろいろ撮って、それを120分に無茶につなげただけなのかと思ってたのですが
TAKESHIS\' (Akira\'s VOICE)
身を委ねて没頭すると不思議な感覚に陥る体験映画。
TAKESHIS\' (和日和)
。 先ほど観てまいりました… なんか、分かりそうで分からなかった。 言いたいことはなんとなくわかるんだけど理解出来なかった 監督がタップ好きなのは確実にわかりましたが それ
映画「TAKESHIS’」★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画「TAKESHIS’」★★★ 行ってきました、渋谷の映画館に。 水曜日のレディースデイだったので、割かし女性が多かったかも。 残念ながらパンフは売り切れていました。 こちらの映画、先輩役者さんの上妻コウさん も出演されています。 ...