「オリーブの小枝」

Jazz Singer Masae のジャズ弾き語り修業と
「オリーブ」の歌作りな日々

ピアノ演奏でした

2019年04月27日 | 音楽
ピアノ演奏でした。
 
土曜日、店は大繁盛。
スタッフの皆さんは大忙し
 
 
私もいつもは3ステージくらいに分けますが
お客様が次々お見えなので
演奏時間長めに取って2ステージに。
 
 
雰囲気やお客様に合わせてパパッと選曲
アレンジもお客様に合わせて。
 
 
だいぶ鍛えて頂いたなぁ。
本当に有難いことです。
 
 
こちらの店は3年目、
通算で、今日で62回目の演奏です。
 
 
数字にしてみると感慨深いものがあります。
ジャズを始めた19年前は
ピアノは全く弾けなかったけど
今はどうにか一人でも
お仕事をさせて頂けるようになりました。
 
 
平成最後の演奏でしたが、
弾きながら色々な事が思い出され
また同時にこれからやってみたい
演奏の形態も見えてきました。
 
 
これから迎える令和の時代も
さらに音楽の大海原を楽しみながら
冒険していきたいと思います。
 
 
今まで出会った皆様に
そしてこれから出会う皆様にも
幸せがたくさん訪れますように。
 
 
令和も宜しくお願い致します。
 
 
そして今宵も全てに感謝✨✨

ピアノ演奏の仕事でした

2019年04月13日 | 音楽


レストランでピアノ演奏でした🎹

ピアノの後ろのカウンター席のお客様から
リクエストをいただきました。

ダブルデートのお客様方なので
リクエストはラヴソング💕
しっとりと心を込めて🎶

お客様の笑顔が何より嬉しい✨

ジャズピアノ弾き始めた頃は
猫踏んじゃったしか
弾けなかったところからのスタート。
それでも私の熱意に根負け(笑)して
ジャズを教えてくださった
ダウンビートマスター。
下手くそな私でもセッションに入れてくださった
先輩ミュージシャンの皆様。

何だか今宵は
お世話になった皆さんを思い出しながら
ピアノを弾きました。

沢山の方々のおかげで
演奏できる喜びをかみしめて。

今宵も全てに感謝。

たくさん弾いたので美味しい一息☕️

ピアニストの仕事でした。

2019年03月10日 | 音楽


レストランにてピアノ演奏でした。

スタッフの皆さんは大忙し
活気ある店内
ピアノの音も軽やかに
時間を紡いでゆきます。

側にはこぼれ咲く桜と
ピンクの大輪の菊。
美しい花たちとの共演は
毎月の私の楽しみ✨

お母様といらした可愛らしいお客様との会話に
思わず私も笑みがこぼれます^_^

今日は3月9日
レミオロメンの3月9日と桜ドロップスを
セットリストにいれて。
お客様もゆったりとすごされていたようで
嬉しいひとときでした。

たくさん演奏して
なんとも心地よい疲れを頂き
家路につきます。

そして今宵も
全てに感謝✨✨

ポルトガル語発音ワークショップ発表会

2019年02月22日 | 音楽


先日、2月17日(日)は
ヴォーカリストのためのポルトガル語発音ワークショップ発表会でした。

お忙しいなか、お時間をお作りくださり
お越し下さったお客様。
おかげさまで、楽しいひと時となりました。
本当にありがとうございました。

開催まではメンバー皆長い時間をかけて
仕事や家事、日々の生活をこなしながら
ホサンジェラ先生のもと、
真剣に歌に向き合って勉強を続けて来ました。

曲の歌詞を隅々まで美しい発音で歌いたい。

同じ思いで出会った仲間との
学びの日々を振り返り、
感無量の思いで迎えた発表会でした。



ホサンジェラ先生は生徒一人一人にわかるよう
繰り返し丁寧にご指導下さり
一つの文章をきちんと発音出来たときは
先生は自分の事のように共に喜んで下さいます。
学べることの喜びをありがとうございます✨






そして今回
演奏にご協力いただきました
ジャズピアニスト福田重男さん✨
ライブツアーなど演奏活動でお忙しいなか
美しいピアノ演奏をありがとうございました。
ソロ演奏では会場の全ての人が
一音も聴き逃すまいと静寂を作り出し
その中に響く美しいピアノサウンドは
一人一人の心に心地よく沁みてゆくようでした。

ご一緒に演奏して頂き、私たちにとっても
貴重な学びのひと時でした。



沢山の方々に助けて頂き、支えて頂き
開催の運びとなりました発表会。
本当にたくさんの学びをいただき感謝の気持ちでいっぱいです。

この気持ちをこれからのエネルギーに
歌も、ピアノも精進して参ります。

全てに感謝!


今宵はピアニスト

2019年01月27日 | 音楽


今宵はピアノ演奏。

お客様の出入りのとき
すーっと冷たい空気が流れ込んだので
ドアの方を見ると外は雪。
ちょうど雪の予報だからと用意した
レミオロメンの「粉雪」を弾いていた時だった。

今まさに降る雪を見て
粉雪を弾きながら
雪の降る様を
より鮮明に思い描きながら弾く。
降り積もる雪のように作者の想いがつのる。

演奏する側がその曲の
景色を思い描きながら演奏すると
曲の世界が
少なからず音に現れてくるのだろうか
お店のスタッフの女の子が
めっちゃ良かったですぅー!と声をかけてくれた。

思いがけない学びをいただいた。
もっと歌の世界を映像化出来るくらい
理解するよう、勉強しよう。

そして今宵も全てに感謝。