【現代思想とジャーナリスト精神】

価値判断の基軸は自らが判断し思考し実践することの主体であるか否かであると考えております。

 【自然環境保護政策】へのアプローチを~自然を大切に考えぬ政党に未来は無い~

2017-12-27 23:31:02 | 政治・文化・社会評論
            櫻井 智志


 原発、大地震、暴風雨豪雨にともなう住宅地や交通機関の壊滅的被害。世界的な規模で自然環境の異変が続いている。空気中の工場・自動車による炭酸ガスによる異常温暖化。フロンガス大量使用によるオゾン層破壊。これら自然と人類の代謝異常は人類の環境無政策や利益第1の経済政策が強く影響している。核兵器防止条約や京都議定書以来の環境の条約に、トランプ独裁アメリカ大統領に腰巾着のように後追いする安倍晋三氏の自民・公明政権は、もはやまともに論ずる政党の資格を失った。




 正直に言えば野党共闘に背を向ける政党も、権力政治に阿る野党も、どうでもいい。立憲民主党は、野党共闘に消極的だし、日本共産党は党員・しんぶん赤旗読者拡大を重視している。拡大を否定するものではないが、過去に国会に40議席50議席を獲得した時代になぜそれが激減した季節は、外部責任論だけが悪かったか?



 原発や都市開発オンリーを重視する政党が、自然と人間の調和した政策と実践を机上の空論で済ませることはもう絶望的だ。共産、緑、社民、新社会等の政党はその点で信頼できる。立憲民主党や民進にその視点はあるのか?




 立憲民主党は、共産・社民などの尽力と自分達の努力で野党第1党となった。政党力をつけた。枝野代表は希望の党にも民進党にも目を向けない。自惚れでなければ、それは重要な一つの見識と思う。永田町よりも、世間の市民の動向と連帯して堂々と闘ってほしい。闘いから本質が顕現する。国会外に出れば市民は応援する。その点でもたえず市民に開かれた政党は、市民連合などの市民と連帯して目指す政策を確実に発展させていくことだろう。



 良質な野党である立憲野党は、政党勢力争いと同時に、【自然環境保護政策】の現状に入っていって、現場から自然保護政策実現に早急に取り組んでほしい。福島原発など全国各地の原発の問題。沖縄の海洋自然破壊による埋め立て米軍基地建設。それらは自然の環境問題は、同時に政治的矛盾が絡んでいることも、明治に田中正造が生涯を賭けて闘争した足尾鉱毒事件以来、別子銅山鉱毒事件、水俣病事件など四大公害裁判を経て、現在の環境破壊時代へと連なっている。



この記事をはてなブックマークに追加

【自ら涙を拭い給いし日に~TBS『報道特集』視聴記~】2017/12/23

2017-12-23 21:20:27 | 政治・文化・社会評論


                    櫻井 智志



1:
高度の違う衛星が開発され日本から宇宙へ。宇宙衛星が、軍事的転用となりうるケースを危惧する。衛星もミサイルも、日本でもアメリカでも北朝鮮でも、どの国家であろうと、その根本的ねらいは何なのか。憶測や偏見でなく事実を丁寧に押さえて見守っていきたいものだ。

2:
割り込み運転がもとで起きたトラブル傷害事件。かって歌謡曲に「東京砂漠」「砂漠のような東京で」などの歌詞やタイトルがあった。東京のみならず、まるで砂煙のような生活しづらい人間関係の希薄なトラブルがおこる。ひとと人とがもっと潤いのある暮らしとなる地域を身の回りからめざしたい。


3:
国境が陸続きのヨーロッパ大陸。州の独立問題は、深く根のある経緯があろう。
翻って日本列島。琉球王国・大和国・アイヌ民族・先住民。いくつかの国家・民族等が一元化されたが、国内にある差別意識は古来からのもの。独立さえ押さえ込み擬制の管理国家=日本。全ての国民に憲法が銘記する生きる権利が保障されているのか。
 
スペインにおけるカタルーニャ独立をめぐる投票は82%!
日本の国内選挙では20%台という場合もある。全国地域では高い投票率もあるが、年々下がる傾向だ。
独立か独立反対の前提に、多くの民衆の関心の高さに私たち日本国民は、結果予想の失意の前の政治的虚無感、無力感、無関心を克服していくことを学びたい。



4:
戦後を生きてきた国民にとり、今上天皇の熟慮と思考と発言は、美智子妃とともに、歴史に刻まれる歩みだった。
優秀な外交官だったキャリア女性から天皇家に入った雅子妃。妃が語る言葉からうかがわれた、今も日本に巣くう女性への偏見が根強いことに胸が痛い。戦前の天皇制から、ふた組のご夫妻により風格ある日本へと発展しつつある。

大江健三郎が内なる天皇制を問い続けながら、今上天皇が戦後民主主義の同時代人であることを評論でもよく触れている。高木敏子の「ガラスのうさぎ」の小説も映画も偶然的に鑑賞した。秋篠宮がそれに感動して自宅で伝えた逸話。天皇家は新生した。問題は戦前天皇制のままの勢力の動向だ。

大正デモクラシーに理解をもっていたことを危惧した反動的陣営から、大正天皇を異端視する動きが出てきた。世界中を外交官として豊かな経験と見識のある雅子妃。経験を生かして皇室に資することを願っていた雅子妃に、男児出産を圧力をかける無理解。男尊女卑は日本に今も現存する。

この記事をはてなブックマークに追加

『報道特集2017/12/09~日本報道機関良心大賞~』

2017-12-09 19:24:46 | 政治・文化・社会評論


               櫻井 智志




皇太子雅子妃が誕生日を迎えられた。小和田家から皇室に嫁ぎ、我々にはわからないどれだけの労苦があったことだろう。最初の記者会見での雅子妃の発言は素晴らしかった。外交官の経験を生かして皇室外交に役に立てればとおっしゃった。「特権」と「人権」についてずっと考えさせられた。
A HAPPY BIRTH-DAY!!



アメリカヘイリー国連大使は、北朝鮮の事柄の時などは、理性的に見えた。しかし、イスラエル首都についてのトランプ決定問題では、上のいいなりのイエスマン、イエスレディに過ぎない事を画面から世界に伝わった。日本では、権力の言いなりにはならない官僚も出てきた。世界人権宣言実効化の分岐点だ。



北朝鮮が世界各国の経済制裁によって、漁業に出るしか生活の糧が得られない実態。出漁で命を失う男性たちと遺された未亡人村が増える。不法侵入してきた北朝鮮舟をすべて拿捕すべきという大学教授。北の民衆の生活苦。問題は多元的だ。何も言えないほど非人道的な現実。制裁は残酷な言語。金正恩委員長の政治的独裁を指摘することはたやすい。

けれど北朝鮮の民衆の不幸は、北朝鮮国民自身の事情に即したものではない。さらに、国の内外から援助されていない。日本人拉致の問題とは別に、多くの北朝鮮国民の窮状は、嗤ってすませることはできない。70年前の焼け跡闇市の日本国民と窮状は同じだ。





昔、小学校では身体検査に色覚検査は行われていた。しかし、今は必要があれば医療機関を勧めるにとどまっている。色覚検査は、実際の職業では極度の困難はない。今問題となっている対策としては、学校が家庭に医療機関で調べるようより推進すればよいのではないか。番組進行と同じとは。

たしか女性には色覚異常はなかったと思う。母親が子どもの見え方はわからないのは当然。色覚異常は疾病でも「異常」でもない。それはその子のもつ個性ととらえることが、子どもの心に灯火をともす。親が過大に異常視すまい。

山田記者がおっしゃったお話に感銘を受けた。あのような認識が、多くの学校・医療・行政関連者に広がっていけば、色覚多様性はこれからもっと人々の幸福とつらなっていくことと思う。有り難うございました。

この記事をはてなブックマークに追加

ゾルゲ事件は東条英機が近衛内閣を打倒する謀略だった

2017-12-09 17:12:31 | 政治・文化・社会評論
   ゾルゲ事件は東条英機が近衛内閣を打倒する謀略だった

               櫻井 智志


 『日米開戦へのスパイ』を出版した孫崎亨氏に、週刊誌『アサヒ芸能』は、編集部の高山惠氏がインタビューして掲載した。高山氏は、こう述べる。「ゾルゲ事件が炙り出す日米開戦の裏側。その闇は現在につながります」孫崎氏は日米開戦で隠蔽された歴史を暴き出した。これが事実なら、日本の近代史が変わる衝撃の一冊です。

 私もこの本を購読した。本の正式タイトルは、『日米開戦へのスパイ[東条英機とゾルゲ事件]』である。孫崎氏は『日米開戦とゾルゲ』を書きたかった。書き始めると日露戦争からの政治の流れを執筆する必要を感じた。そうしてこの本は上梓された。
 ゾルゲや尾崎秀実はソ連共産党のスパイとして逮捕され、大日本帝国は死刑に処した。孫崎氏も彼らがスパイであったことは固定していない。しかし、ゾルゲも尾崎も政府が国民を驚愕させるような影響力はなかった。

 「ゾルゲはスパイだ」「ゾルゲに近い尾崎もスパイだ」「尾崎は近衛文麿内閣に親しかった」。この論理を巧妙に流布して東条英機は近衛文麿政権を打倒して自らが政権を握った。要諦は、ゾルゲ事件とは東条英機が近衛文麿を倒す策略であった。孫崎氏は述べる。江藤淳は『閉ざされた言語空間-占領軍の検閲と戦後日本』を書いた。「ゾルゲ事件」には「閉ざされた言語空間」がある。ゾルゲ事件を直接担当した井本臺吉、布施健は戦後は検事総長にまでなり、「ゾルゲ事件に疑問あり」の声は当然出てこない。


 40年前に外務省分析課にいた孫崎氏は、1972年に外務省が招いた当時世界の共産主義問題の専門的権威だったクラウス・メーネストに入省間もない孫崎氏が地方旅行に同行した。「実は、戦後米国は私のことを『真珠湾攻撃の父』と呼んだことがあるんです」衝撃を受けてそこから孫崎氏の追求が始まる。


 ゾルゲのイメージは出版界マスコミ界を通じて広がっていった。孫崎氏の著作は事実に基づいてひとつひとつ検証している。ゾルゲを担当した思想検事が検察中枢を押さえ、戦後の検察は断絶せず連続している。経緯は立ち読みでも書物にあたるのが適切。祥伝社から出版され、本体価格1700円。進歩派であっても、弾圧をおそれず真実を曲げずに言論を持続する。そのような貴重な抵抗の営みの成果である。2017年現在、いまの岩波書店や朝日新聞社は出版するまい。


 戦前に戸坂潤や三木清が投獄され、大政翼賛会に出版界も賛同していった時に、進歩的文化人も進歩的知識人も抵抗できないほど、特高-思想検察によって世間の空気は、日本軍国主義に批判や躊躇する者を根こそぎ抜き取っていった。戦争が始まる時、隠蔽や抑圧、謀略と弾圧が一方で燃えさかり、一方で軍国主義の熱狂に賛同する勢力も批判派から転向し自身の中ですり替えて合理化する元進歩派も、濁流の奔流に呑み込まれ,流されていく。

この記事をはてなブックマークに追加

壊滅の国に在って

2017-12-07 22:39:10 | 政治・文化・社会評論
壊滅の国に在って

          櫻井 智志



 Ⅰ
私にはたよる組織も権威ある人物もいない。
しかし、死んでいった芝田進午さんや丸木正臣さんのような先達がいる。
亡くなった父母兄姉がいる。私に理想実現の集団に共に参加を勧めてくださる方たちもいる。
既に理想集団を知っている。私は自立した個人として余生を生きる。


 Ⅱ
コミュニズムはコミューン主義でありコンミューンは地域自立共同社会だ
日本共産党はそれを十二分に踏まえて熟知しているから党名を変えない
党名を変えることは、地域自立共同社会を建設しないことを意味するからだ
コミュニズムは個人が自立した個性ある人格を実現を展望する


 Ⅲ
だが現在日本で,明治以来のムラ意識は官僚制として現存する
企業や官庁や一部政党にも
私は定年退職して六年目に入る
余生を市民社会の自立した個人として、日本共産党と立憲野党と市民団体と
彼らが創造する共闘に、国民統一戦線の希望を胸に少しでも後から追いたい


 Ⅳ 
在る市民運動賛同者一覧を見て感激を覚えた
http://sogakari.com/wp-content/uploads/2016/09/%E7%B7%8F%E3%81%8C%E3%81%8B%E3%82%8A%E8%A1%8C%E5%8B%95%E8%B3%9B%E5%90%8C%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7.pdf …
明日からまたこの国の一日がいつものように始まり終えていく
私は父母を悼みながら明日も生きていく

この記事をはてなブックマークに追加

 昭和亭魯迅叙事詩~2017/12/02「報道特集」~

2017-12-02 19:14:33 | 政治・文化・社会評論
    昭和亭魯迅叙事詩~2017/12/02「報道特集」~

                     櫻井 智志


    Ⅰ

世界は今までにも核戦争の現実的な危機があった
トランプ、金正恩、安倍晋三
これほど当事国が政治的に未熟で乱暴な指導者をかかえた時期はなかった
小松左京や大江健三郎の小説が現実のものとなる危険性が増えた
トランプ、なぜ世界のトップにこんな政治家がいるのか

天皇ご夫妻、皇太子ご夫妻
それ以外の皇族と宮内庁、政府
両者は大きく隔絶された感覚がある
もう今上天皇ご夫妻のような皇族は現れないかも知れない
国粋主義を称揚しながら、今上天皇をないがしろにする「逆臣」たち。

北朝鮮の核ミサイル開発に世界が懸念をもっていることは、了解しうる
けれど、北朝鮮が核兵器と手を切れば世界は平和になるのか?
私は現在の核保有国こそ国際的軍事危機の元凶と思う
『核実験被害のマーシャル群島ハイネ大統領が、「日米に失望」』
東京新聞夕刊は一面で伝えている

森友でも加計でもなく、ヒロシマ・ナガサキの日本政府
核兵器防止条約締結から逃げるように背を向けている
「核抑止力」論がいかに詭弁か、核兵器・原発の悲惨な有毒をほとんど知らない人たちだ
トランプ=安倍を退陣させないかぎり、世界の時計は滅亡へ確実に針を進めている

高校生平和大使の小林さん
これほど思考も感性もまっとうな人間力が、今の日本政府首脳部には、無い
膳場キャスターに応答する河野太郎外相も、河野洋平氏、河野謙三氏ほどの政治的想像力も乏しい
口先政権に唖然とする


河野洋平氏が言うように
「国民の安全を守るために直近の問題に政府は取り組まなければならないから、核廃絶を主張しきれない」かも知れない
しかし、「北朝鮮のおかげで総選挙に勝った」という副総理
緊張事態と不安をまき散らしながらで
ランプとゴルフや外交で日本を不在にする総理
滅茶苦茶やおまへんか!


     Ⅱ

和さんの一人暮らし。
難病を見守り続けたお母さんの温かさと寂しさ
多くの難病や障がいが医学の進歩で改善されつつあるが、福祉予算の後退や諸施設での弱者への悲惨な暴力
そんな中でも実際に踏み出した和さんの前向きさ
和さんが沖縄の自然に触れ涙する姿、私の心の枠組みが揺れる

「不幸かどうかは、自分が決めるのであり、他人が不幸と決められない」
相模原施設殺人事件に的確な判断を示す和さんの鋭い認識
ハンセン病や水俣病などで、私達の偏見と差別は彼らを苦しめてきた
和さんの勇気に感銘する
お母さんの言葉に感動する
私達はもっと変わる必要がある



     Ⅲ

川崎には、Jリーグが発足した時に、よみうりクラブが基礎のヴェルディ川崎がいた
まもなくヴェルディ東京に変わった
地元のひとたちは富士通が母体の川崎フロンターレをずっと地域の応援で発展してきた
地域の小中に来校しサッカー教室を続けている
初優勝に地域住民として嬉しい

この記事をはてなブックマークに追加