【現代思想とジャーナリスト精神】

価値判断の基軸は自らが判断し思考し実践することの主体であるか否かであると考えております。

昭和亭魯迅VS櫻井智志

2017-02-23 16:55:42 | 政治・文化・社会評論
修羅の国にっぽん

                   昭和亭魯迅

人権の最後の砦、最高裁が沖縄県の平和運動家の保釈を認めないと、被告側の特別抗告を棄却した。胃を摘出し、がんと闘病中の山城博治さん。辺野古移設・普天間移転の建設を強行する中で反対運動家を逮捕・起訴。最高裁は特別抗告棄却。日本から三権分立も司法権の独立も消えた。情けなく、山城さんにすまなく思う。琉球王国を破壊した日本は、沖縄県民の人権も破壊している。こんな国家の国民である自分を呪詛する。もはや、救いようもない国家ニッポンが滅亡していく修羅場を静かに凝視し続けていこう。

櫻井智志‏@satoshitoday

人権の最後の砦、最高裁が平和運動家保釈の特別抗告を棄却した。胃を摘出しがんと闘病中の山城博治氏。基地移転の建設を強行する中で逮捕・起訴し特別抗告棄却。日本国の司法権の独立は崩壊した。山城さんにすまなく思う。琉球王国を滅亡させ沖縄県民の人権を破壊する国家の国民である自分を呪詛する。


この記事をはてなブックマークに追加