パソコン便利屋 どらともサポート ブログ

パソコン便利屋 どらともサポートは岐阜市内を中心に出張パソコン修理・出張パソコン教室を行っています。管理人のブログです。

お断り

本ブログで紹介しております設定や修理方法が必ずしも最善であるとは限りません。
本ブログの内容を参考にされる場合は、自己責任でお願いします。
不具合など発生しても当方は責任を負いません。

サポートに関するお問い合わせ・ご質問はこちら
どらともサポート掲示板 
まで

support@doratomo.net

どらともサポート ホームページ

「アカウント情報検証を完成してください」という件名のフィッシングメールが来ました

2019年02月14日 | パソコンサポート
こちらのブログでも、たびたび書いていますが・・・また、どらとものボランティアのメール宛にフィッシングメールが来ました。



件名は「アカウント情報検証を完成してください。」となっています。
差出人は「Apple」と記載されているのですが・・・内容は「amazon」からの内容になっています。
ここだけでも怪しさ満載です! そもそも、ボランティアではamazonのアカウントを持っていません。

宛先も、送付メールアドレスが全部見えてしまっています。普通はこのような送り方はしませんね。
ところどころ、日本語もおかしい箇所があります。

「アカウント検証」という下線が引いてある箇所をクリックすると、アカウント検証画面に飛ぶようになっていますが、アドレスは、Amazonのアドレスに似せてありますが、全く別のアドレスです。
この偽のサイトにamazonのIDやパスワードを入力すると、それらの情報を盗まれてしまう可能性があります。

メッセージルールなどで削除しようとしても、このようなメールは、件名や差出人名を色々変えて送られてきますので、また入ってきてしまいます。

件名や差出人名などで判断して、削除するしかないと思います。もしメールを開いても、基本的に問題はないですが、リンク先へ飛んで行き、アカウントやパスワードは入力してはいけません。

コメント

Print Screenができない?

2019年02月13日 | パソコンサポート
時々事務所へいらっしゃるお客様から・・・デスクトップパソコンでは、Print Screen(画面コピー)ができるのに、もう一台のノートパソコンでは、できないということで、ノートパソコンをお持ちくださいました。

Print Screen機能は、パソコンの画面をコピーして、画像として保存したり、Wordなどに張り付けたりすることができる便利な機能です。どらともも手順書などを作成する際に、よく画面をコピーしてWordに貼り付けたり、「ペイント」アプリに張り付けて画像として保存したりします。

Print Screen機能は、パソコンの画面全体をコピーしますが、「Alt」キーを押しながら「Print Screen」キー(以下PrtScキー)を押すと、一番手前の画面だけをコピーすることができます。

そんな便利なPrint Screen機能なのですが・・・メーカーや機種によって、その「PrtSc」キーの位置がいろいろです。

例えば、どらともがメインで使用しているデスクトップのキーボードでは


「Print Screen」キーが独立してあります。

別のキーボードでは


「PrtSc/SysRq」と記載されたキーになっています。

どらとものノートパソコンでは

「PrtSc」キーとして独立しています。

これらの場合は、「Print Screen」「PrtSc」キーを押せば、コピーされます。

お客様のノートパソコンは



となっていました。「Insert/PrtSc」と表示されていて、PrtScは□で囲まれています。
ノートパソコンでこのような表示が多いのですが・・・この場合は、「Fn」キーと「Insert/PrtSc」を同時に押すと、Print Screen機能が有効になります。


「Fn」の文字も□で囲まれています。

お客様のパソコンで、「Fn」キーと「PrtSc」キーを同時に押して、画面コピーできることを確認してもらいました。

前述の一番前の有効な画面だけをコピーする場合は・・・お客様のパソコンだと
「Fn」キーと「Alt」キーと「Insert/PrtSc」キーの3つを同時に押すことになります。

キーボードの右側の部分の「Del」や「BackSpace」や「Enter」、「NumLK」キーなどの位置やキーの大きさは、メーカーや機種などで本当にいろいろなので、慣れるのに大変です。
コメント

DraftBoard Ver2.0をWindows10で動かす

2019年02月12日 | パソコンサポート
ご依頼のサポートが終了した後に・・・このソフトを動かすようにできませんか?とご質問がありました。

拝見してみると・・・ソフトと言うのはDraftBoard Ver2.0というソフトで、どうもCADソフトのようです。
元々XPのパソコンで使用していたそうですが、新しいパソコン(Windows10)でも使用したいと思い、インストールしたそうですが、動作しないそうです。

う~ん、XPで使用していたソフトがWindows10で動くかどうか不安な点です。

とりあえず、DraftBoard Ver2.0を起動してみると・・・「デモ版で動作しています」と表示されて、ファイル保存や編集ができません。

パソコンの前面にUSBメモリーがささっていたので、お尋ねすると・・・プロテクトキーで、このキーをいつもさしてDraftBoardを使用するそうです。

CADソフトはいろいろあり、どらともはよくわからないのですが・・・とりあえずソフト名で検索してみました。
すると・・・メーカサイトの「動作環境」にOSは「WindowsXP/Windows2000」と記載されていました。ちょっとビックリしましたが・・・さらによく読むと・・・

※Windows8、Windows7、Windows Vista
WibuKeyドライバの置き換えにより、動作可能です。


と記載されていました。若干制約があるようですが、Wibukeyドライバーを更新すれば使えるみたいです。
詳細はこちら

手順も詳しく記載されていました。
Windows10が対象OSになかったのですが、手順にあるWibukeyのサイトへ行ってみると・・・Windows10に対応していました。

記載されていた手順に従い・・・Wibukey Setupをアンインストールしパソコンを再起動。(Wibukeyは外しておきます)
Windows10対応のWibukeyセットアッププログラムをダウンロードし、ダブルクリックで実行します。
インストールが完了したら、WibukeyをUSBポートにさします。
改めて、DraftBoard Ver2.0を起動すると・・・今度は「デモ版で動作しています」というメッセージは表示されませんでした。
お客様に、図面の作成、編集、保存の操作を行い、問題ない事を確認してもらいました。

CADソフトについては、どらともは専門ではありませんので、使い方や設定についてはわかなないので、サポートしておりません。
ただインストールなどの作業については、説明書があれば対応することが可能な場合もあります。

コメント

PC-9821Xv13 ボタン電池交換

2019年02月11日 | パソコンサポート
PC-9821を使用している企業様から・・・使用しているPC-9821が3台とも、朝立ち上げると日付・時刻がリセットされてしまう・・・と連絡がありました。

実は、4年ほど前にも同様の現象になり、ボタン電池を交換したのですが、消耗してしまったようです。その際に、DATEコマンド、TIMEコマンドで日付・時間の設定方法をお伝えしました。

元々この機種の日付・日時保持用のボタン電池は、充電するいわゆる2次電池が使われています。よくデスクトップパソコンで使われているボタン電池CR-2032などは、充電できない一次電池です。
どうも、この機種のPC-9821は、本体の電源を切ると・・・すべての電源系統が落ちるみたいです。そのため、長期間パソコンを通電しないと、ボタン電池が放電して消耗した状態になってしまいます。
(今のデスクトップパソコンは、本体の電源が落ちていても、コンセントにささっていれば、わずかな電気が流れていて、必要な情報は保持しています。大元のコンセントが抜かれている場合は、ボタン電池で保持をします。そのため、1年とか2年コンセントにつながない状態で置くと、起動したときにBIOS設定(日付など)の設定画面が表示されることがあります。)

以前のボタン電池交換作業では・・・元々ML2430という電池が使われていたのですが、なかなか入手できなくて代用できるVL2330というボタン電池に交換しました。

今回また交換が必要とのことで、以前購入したお店を確認したら・・・もう取り扱っていないとのことでした。

う~ん、ML2430自体は、流通しているのですが、写真のように、2ピンのコネクタ配線加工したものは、なかなか見つかりませんでした。

いろいろネットで探していると・・・ML2430を加工して2ピンのコネクタ配線を行って販売しているお店を見つけました。



第三研究所というところで、PC-98に関していろいろな情報や部品を扱っています。こちら

後日、日程を調整して、お伺いして各PC-9821のボタン電池を交換しました。



当然、ボタン電池を交換すると、日付や時間がリセットされてしまいますので、設定を行い暫く通電しました。新品のML2430なのですが、どれくらい充電されているのかわからないので、とりあえず30分程度してから、電源を落として20分くらいしてから起動して日付・時間が保持されていることを確認しました。
もちろん、これだけでは少し不安なので・・・お客様にはこのまま半日くらい通電しておいてくださいとお願いしました。

PC-9821自体はもう20年以上前のパソコンですが、企業様などではPC-9821でないと動かない専用アプリや機械などがありいろいろメンテしながら使っていらっしゃるところもあります。修理も難しく・・・直すというよりも部品を交換して対応する場合が多いです。

コメント

印刷機(複合機)本体のトラブルは対応しておりません

2019年02月10日 | パソコンサポート
このブログでも、時々書いていますが・・・どらともでは、印刷機(複合機)本体のトラブルについては、対応していません。

先日も、以前パソコンのHDD故障に伴う交換作業をさせていただいたお客様から電話があり・・・印刷機のトナーを交換したら、トナーランプが点滅したままになり、印刷できない・・・とのことでした。

トナーの交換方法に問題があったのかもしれませんが・・・トナーランプが点滅しているということは、トナーの状態に問題があるのかもしれません。

お客様には、印刷機のメーカーサポートへ電話して、トナーを交換したら、ランプが点滅したままになったことを話して見てくださいと、伝えました。

どらともで、印刷機関係で対応可能なのは・・・パソコンから印刷できない・・・USB接続や無線・有線LAN接続しているのにパソコンから印刷できない、ただし複合機の場合、コピーはできるような場合に限られます。

印刷機本体でコピー動作しないとか、電源を入れるとランプが点滅する、全く給紙できない・・・などは、印刷機の機械的な故障の可能性もありますので、メーカーに問い合わせることをお勧めします。
コメント