楽園の泉

鉄レーサー養生記

明日から…

2010-08-31 | 遠野物語など
いよいよ初「輪行の旅」。イチバンオオキナニモツwとりあえず荷物はまとまりましたが、いつまでも付いて回る「コレで大丈夫か?」。出かける興奮と装備への不安がないまぜになって、今晩眠れるか心配です。あ、でも今朝は朝5時から勤務してたための疲労で、強制的に落とすという手もありますが。気になる台風3兄弟と追っかけっこになりそうで、それも懸念事項です。3日くらいまでは大丈夫だと暗示をかけてみる。余談ですが。お . . . 本文を読む
コメント (2)

遠野市空撮(嘘

2010-08-28 | 遠野物語など
地図を広げて並べてみました。9葉の地図ですが、足あとが付くのは一角だったり一筋だったり。因に中央やや左下が、遠野駅及び市街です。「七内八崎」と書かれている通り、遠野駅周辺に向かって流れ込む川に沿って谷が開けてます。つまり殆ど山。ガイドブックなどでは牧歌的な写真しか掲載されてなかったりするので、ちゃんとした地図を用意して正解でした。自分自身の能力もちょっと分り切っていないので、予定のコースと実際に走 . . . 本文を読む
コメント

ペダル…

2010-08-26 | 自転車整備
踏みやすいペダルとそうじゃないのがありまして。今回「手際よく輪行するために」 Speed P8 につけていた簡単に取り外しできるペダルをパスハンに装着したのですが、トレッキングシューズで漕ぐにはちょっと使いづらいものがありました。それでも輪行のしやすさに重点を置き、「多少の不便も旅行の味わいのうち」と納得させていたのですが、そこで気付いたのが『携帯工具持参』という点でした。携帯でも「工具持参」なら . . . 本文を読む
コメント

(熱低)

2010-08-26 | 雑記帳
絶妙なタイミングで発生。「大きくなったら何になる」なんてのんきに構えている場合じゃないけど、コレと一緒に北上、なんて事態にならねばよいな、とか衛星画像とにらめっこ。最近の関心事は、もっぱら「岩手県の気象」。 . . . 本文を読む
コメント

遠野まで、10日。

2010-08-20 | 遠野物語など
思いついてから4ヶ月、具体的なスケジュールが決まってから2ヶ月、チケットや宿の手配が済んで1ヶ月。出発まで10日となりました。行く前に体力調整を兼ねて近所を走っておきたいと思ってたんですが、その時間も取れなさそうなのが惜しいところです走る地域の地図が全て揃い、本格的にコースを検証してますが、見てみたかった宮守のアーチ橋は微妙な雰囲気に。当初「遠野-宮守-早池峰-土淵」のつもりでしたが、宮守へは早池 . . . 本文を読む
コメント (2)

Citroen Xantia…

2010-08-20 | Citroen
’97年式です。シトロエンです。まぁ、壊れます。というかパーツ交換で済む程度の故障ばかりですが。ところで一般的に言って「壊れた」っていうのは、どの程度を指すんでしょうか。個人的には・部品の修理や交換で通常使用に復旧できる場合は故障と看做さない・1回の修理代金が、その車の購入価格を越えないあたりが目安なんですけど。ぼちぼちちょこちょこ不具合が出てますが、車内はそこそこ広いし、必要な荷物も . . . 本文を読む
コメント

2週間…

2010-08-16 | 遠野物語など
出立までの時間。実際はそのうち休みが4日なので、それだけの時間で旅行の準備を整えることになります。・自転車を畳む練習。殆ど「ぶっつけ本番」に近いものが。最寄り駅まで行きそこで畳む(1回)、遠野駅で組み立て(2回)、帰宅時に宅配に委託する(3回)、…か。・遠野での見学コースの決定。観光地図で見る限りはそう感じなかったけど、遠野って結構山がちな地域で谷が入り組んでいることが分りました。1/25,000 . . . 本文を読む
コメント

Magic

2010-08-12 | 雑記帳
食べようとして、見つけたw . . . 本文を読む
コメント

ブルーノ・ムナーリ展

2010-08-12 | 雑記帳
地元の美術館で開催されていたので、ちょっと行ってきました。絵本の作品もあるデザイナーでもあるので、展示自体たのしいものでした。同時に音響彫刻家・原田和男氏の作品も展示してあり、これは実際に作品に触れ音を出すことができるので、大きくなっても「おこちゃま」気分が抜けない自分は、学芸員が様子を見に来るくらい大喜びして作品と戯れてました。「美術館で遊べる」って展示は、やはり楽しいです。w写真は併設のレスト . . . 本文を読む
コメント

ちっちゃくても一人前。

2010-08-08 | 自転車整備
airbone のマイクロポンプ「ZT-702」を買ってみました。文庫本にと比べてこんなもの。 でも、ちゃんと空気入ります。台湾製品ですが。 空気室の容量が(見た目通り)ちっちゃいので、期待する空気圧へは地道な努力が必要です。使わないに越したことはありませんが。 他社でもう少し大きなポンプ(専門用語でインフレータ)もありましたが、携帯に場所を取らないことを選定の理由に、これを選んでみました。 . . . 本文を読む
コメント (2)

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村