楽園の泉

鉄レーサー養生記

〆の『月餅ラン』

2017-12-31 | Panasonic Les Maillots TS
天気も思わしくないし家でのんびり過ごそうか、など考えていましたが、「月餅買えるよ」の誘惑に負けて、山下公園まで走ってきた。   年内最後の謁見。   衛兵がずらり。   今日は漕いでも漕いでもあったかくならない日だった。 そりゃそうだもの、水たまりが凍ってたし。   このあと、中華街に舳先を巡らし、重慶飯店で豆沙大月餅(小豆の月餅(大))買って帰宅。さすがに今日は「ベ . . . 本文を読む
コメント

2017年のまとめ。

2017-12-27 | 雑記帳
今年の出来事から。   <OLYMPUS M-1 と OLYMPUS CHROME SIX を手に入れた> 写真が趣味なら、勉強も兼ねて、という理由で購入。勉強のため、という理由をつけてその実『アナログカメラのメカに溺れる』が実際っぽい。分解とかじゃなくてあの機械的な感触が堪らない。純然たる機械なのにデジタルよりも柔らかい感触が楽しい。導入当初の行き違いも年末になって解消し、来年 . . . 本文を読む
コメント (3)

忘年会

2017-12-23 | YYCC
房州某所で忘年会。   前日まで騒いでいた この大所帯を、結局みんな持ってったった。       「ここをキャンプ地とする」 ってな感じで設営開始。向こうでは鍋の準備、こっちでは〆の雑炊に使う飯の準備。(飯担当f('∀';))   因みに使用機材   なんとかコメは炊けた。そして蒸らし中(奥のオレンジの布被ってるの) 手前は煮込み中の鍋。このあとほどなく出 . . . 本文を読む
コメント (4)

12月03日の話。

2017-12-20 | カメラ
フィルムで2Lサイズで焼いたものをスキャンしたので、肌理が粗いのはご愛敬ということで。 鎌倉で最も美しい参道、と言われる寿福寺。   旧華頂宮邸の裏にある無為庵の庭にあった千両を、フェンスの外からレンズ突っ込んで撮ったの。   華頂宮正面にあったカエデを窓と共に。   窓に映った紅葉。窓枠にピントが合ってしまったのが、本当に悔やまれた1枚。これを撮りに行って27枚を無 . . . 本文を読む
コメント

手が付かない

2017-12-19 | Shogun Groundbreaker 3
「23日に鍋パーティしましょうよ、外で」 というお誘いを受けてソワソワしています。初めての「お外で調理」ということもあって一体どの程度の準備をすればいいのか手探りしているので、気付いたらこんな感じ。 バーナー1個に対し鍋4個w   検査官による検品を受けているシェラカップのほかに・寄せ鍋・寸胴・OPTIMUS社の純正鍋。 (その他、ホワイトガソリンをバーナーにそそぐための漏斗、余熱用 . . . 本文を読む
コメント (4)

初釜

2017-12-15 | 雑記帳
23日に鍋パーティしましょうよ、と誘われました。しかも外で。当然「火器(およびその周辺機器などなど)を携行」することになったのですが、手持ちの火器のなかで唯一飾りっぱなしになっているブラスバーナー(OPTIMUS SVEA123)をデビューさせようと、埃を払って試験しました。   使い方は動画投稿サイトにて確認。液体燃料なので気化を促進するために「プレヒート」という工程があるのですが、動画で見 . . . 本文を読む
コメント (6)

華頂宮邸で落ち葉拾い

2017-12-14 | カメラ
先日行ってきた旧華頂宮邸、本命視していた写真のピントが微妙に甘かったのが悔しくて、リベンジしに行った。しかしピント合わせの時に老眼に鞭打つのも、微妙に辛い。 週始めの強風の影響があったものの、個人的には問題なく。           M-1構えて一生懸命になっていたから、ブログ用のデジカメ写真は間に合わせっぽく。カメラ構えて撮影し続けていて、思い出してデジカメ構えると . . . 本文を読む
コメント

スフィア交換したった。

2017-12-11 | Citroen
エグザンティアの足回りがヘタってきたので、一新した。ガス圧がかなり弱くなるまで(色々と忙しくて)手を付けなかったので、交換した後の乗り心地ときたら、「そうそう、これこれ」的な「どんぶらこ感」。今のシトロエンでは味わえない濃厚な味に、電子技術糞喰らえと呟いてみた。 油圧サスペンションのネガティヴな部分(急なロールに弱い、急な突き上げを吸収できない)を電子制御で抑え込んだ今の乗り心地が、進化したエア . . . 本文を読む
コメント (2)

秘密の場所

2017-12-03 | カメラ
紅葉狩りのネタが多くなっているので、ちょっと便乗してみた。    父の月命日が4日で、お墓も鎌倉にあることだし、掃除を兼ねて鎌倉に行きました。 「壽福金剛禅寺は、朝撮影するに限る」と唆されて、とにかく日が差す前に着かねばとランドナーとエンジンに鞭打って、とうちゃこしたのは7時。谷戸にあるため周囲は明るくなってもまだ日も差さないし、おまけに汗ばんでいたのでチャンスがくるまで . . . 本文を読む
コメント (2)

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村