Stream Side Cafe

車中泊をしながらの渓流のフライフィッシング

冬の旅 〜雪見温泉旅行〜

2020-02-06 21:35:00 | 旅行



妻に雪見温泉に行こうと誘われ、空路にて仙台へ。



機上から見た駒ヶ岳・仙丈ヶ岳が連なる南アルプスは積雪が少なく、私が潜り込む半年先の水量を心配するほど。



伊達の殿様への挨拶は20年前に済ませているので、先ずは牛タンの銘店「萃萃」へ。



文句なく美味い!60年の人生で最高の牛タ
ン!







ランチが終われば、次はおやつの時間。宮城一との評判の「さいち」のおはぎを求めて秋保温泉へ。





これまた美味し!



お腹もくちたので、今宵の宿の蔵王山麓:遠刈田温泉の「ゆと森倶楽部」へ。



早速、源泉掛け流しの温泉に入り、暖炉の傍の特等席で生ビール。幸せのひととき!





このホテルは、食事はもちろん、ソフトドリンク・アルコールやジェラート等に至るまでオールインクルーシブ。それなのに、宿泊料はリーズナブル。源泉掛け流しの露天風呂もあり、近くの川では岩魚も遊んでくれるので、お勧めですよ。







初日の遠刈田温泉では旅の目標の雪見温泉を味わうことができなかったので、2泊目の宿に期待しながら山形市内の蕎麦の銘店「庄司屋」で舌鼓。





土日は行列ができるのがうなずけます。
庄司屋を出て米沢方面へ向かうと、雪景色がお出迎え。



二日目の宿がある白布温泉への山道からは白銀の世界。



到着した白布温泉 東屋では雪見温泉を楽しめ、無事にミッション・コンプリート。


東屋は1312年開業の由緒ある宿。露天風呂も内風呂も全て源泉掛け流し。内風呂の湯船は上杉景勝・直江兼続が浸かった湯船そのままだそうな。








晩ご飯はチョット贅沢して米沢牛のステーキ・すき焼きコースを奮発。






雪深き趣きのある温泉宿を堪能させてもらいました。


最終日の3日目は、朝風呂をゆっくり楽しみユルユルのスタート。名所旧跡は行き尽くしているので、いきなりのランチスポット「松島・田律庵」へ。


20年振りに訪れたけれど、以前と変わらぬ佇まい。味の方も変わらず、絶品の牡蠣料理に舌鼓。




松島湾沿いにドライブしながら仙台空港へ向かい、機上から富士山を眺め、冬の旅を締めくくりました。


さぁ、次はどっちだ⁉︎
コメント

「孤独のグルメ」ツアー

2020-01-26 16:44:00 | 日記

東京へ「孤独のグルメ」ツアーに行こうと妻に誘われ、先ずは春節で賑わう横浜の中華街へ。






お目当ての広東料理の「南粤(なんえつ)食堂」に着くと大行列。京都や神戸なら諦めて出直すんだけど、横浜だけに簡単に出直せないので列の最後尾にStand On。







2時間並んで井の頭五郎さんと同じ席に着き、釜飯・海老雲呑蕎麦・あひるの醤油煮込み等の名物料理をいただきました。










腹ごなしに横浜元町商店街をぶ〜らぶら。




東京に入って渋谷へ。お洒落なビル群と有名なスクランブル交差点にハチ公。スクランブル交差点の人混みにももまれ、東京を体感。








オリンピックの半年前でお台場では五輪マークのイルミネーションが点灯。




晩ご飯は兼ねてから行きたかった恵比寿のダミケーレ。ナポリ本店以外で初めて出店したのが恵比寿。(2店目は博多。大阪に来てよ)














2日目は渋谷から京王井の頭線に乗り、高井戸のイート(洋食屋)へ。




絶妙の醤油ガーリック風味を醸し出すタンステーキやミコサラダ・レバーの唐揚げ、ムーンバーグ等に大満足。












最後は竣工したばかりの新国立競技場へ。テロ対策(予防)のためか周囲にはフェンスが張り巡らされ近づけない状態。残念。




最後は、最近評判の「東京かみなり屋」のお土産を買い込み新幹線へ。






さぁ、つぎはどっちだ⁉︎

コメント

桜と紅葉 & 蟹と鰻 〜花と団子〜

2019-11-18 20:49:00 | 日記
「蟹食べに行こう! 桜を見に行こう! 紅葉狩りに行こう!」と妻に誘われ「???」と思ったけれど、先ずは恒例の越前漁協直営の「海の幸 食処えちぜん」へ。




今シーズンは蟹の漁獲量が例年ほど良くないらしいけれど、美味しさは変わらず。




刺身・しゃぶしゃぶ・焼き・蒸し・天麩羅とフルコースに舌鼓。








その後は、能登半島までドライブし、輪島温泉へチェックイン。
明けて日曜日の朝、寒波が来るとの予報に反してポカポカ陽気の中、昭和にタイムスリップしたかのような輪島の朝市をぶらりぶらり。






能登の塩田を見学しながら、今回の旅の主目的の一つ「香箱蟹」をいただきに、珠洲市のレストラン浜中さんへ。




香箱蟹は関西ではセイコ蟹とも呼ばれている雌の松葉蟹。雄の松葉蟹の漁期が3月までなのに対して、香箱蟹は12月までと短期間。なかなか美味しい香箱蟹には出会えない中、浜中さんの香箱蟹は絶品。という訳で、毎年は行けないけれど、シーズンには一度は食べたくなる美味しさ。内子・外子ともにありがたくいただきました。




今回の旅は、これから紅葉と季節外れの桜を賞でるスケジュール。
金沢駅に予定通り到着し、紅葉のライトアップに何とか間に合うねと夫婦二人して喜んでいたのに、JRの架線故障で米原までの特急が一時間近くの遅れ。予約していた新幹線にも乗れずに、名古屋から遅れに遅れてレンタカーで香嵐渓に向けて出発。香嵐渓の近くまで来ると大渋滞に巻き込まれ、結局ライトアップを楽しむことは叶わず豊田市のビジホにチェックイン。
明くる月曜日、先ずは季節外れの桜を賞でに「小原の四季桜の里」へ。




晩秋のこの時期に桜なんてホンマかいな?と訝しんでいたけれど、山の斜面は見事な淡いピンク色に染まって、春を思わせる景色。
まだ満開には一週間ほど早いらしいが、青空に映える桜の花は天晴!
所々に混じる紅葉の紅と青空に映える桜のピンク、絶景のワンシーン。




その後は、香嵐渓へワンスモア。これはこれで、三河路の美しい定番スポット。川面に映る紅葉が優しいひとときを味合わせてくれました。







香嵐渓のあるのは豊田市の足助(あすけ)地区。足の神が在わす神社「足助神社」でいつまでも渓を歩けますようにと祈願。




さてさて、花鳥風月ばかりでは私達夫婦の胃袋が騒ぎ出す。という訳で、名古屋の絶品スイーツをいただきに名古屋市内に戻り「芳光」さんへ。




釣友が表現してくれた通り「ぷにゅぷにゅ」の絶品の「わらび餅」
4時までなら店内でイートインOK。美味しい煎茶も出していただけ、いと幸せな時間を過ごせました。




今回の旅の最後は「鰻」。これまでタイミングが合わずに行けなかった銘店「うな富士」を予約してレッツゴー!




評判通りの銘店で炭火焼の香ばしさと鰻のジューシーさが合わさって、箸が止まらぬ美味しさ。「あぁ〜幸せぇ〜!」の一言で今回の旅を締めくくりました。




さぁ、次はどっちだ⁉︎
コメント

再販行為とダンフリ

2019-10-27 16:30:13 | 日記
今シーズンも終了し禁漁期間に入ったので、FFグッズで散らかり放題の部屋を断捨離しようとして、無造作に置かれているタックル等の類を見渡すと、ウエア・タックル・小物から消耗品に至るまでFFのグッズってどのショップで買っても定価販売。
「著作権もないのに、これって再販行為に該当するんじゃないの」 と、折にふれて感じている疑問を思い出した矢先に、FMからフリマの話題が。
フリマは全くの未経験だし、時間はあるし、話のネタにチャレンジしてみようと、メルカリ・ラクマをスマホにインストール。
出品するのって難しいのかな、面倒くさいのかなと思っていたけれど、メチャクチャ簡単そう。
で、早速、モンベルのアングラーパック15を出品。

このアングラーパック、容量的にはジャストサイズなんだけど、遡行しているとフロント部分がずり上がってきて身体にフィットしないので、2回ほど使用しただけ。その後は全く使っていないので、傷・汚れも皆無。
定価の半額チョイプラスで出品したら、即座に購入者が現れてビックリ!
次は、パタゴニアのベスト・フロント・スリング。2回ほど使用しただけで傷・汚れも皆無なので、同様に定価の半額チョイプラスで出品したら、これまた即座に購入者が現れて再びビックリ!

よくよく考えると、モンベルもパタゴニアもどこで買っても定価販売なので、半額チョイプラスという出品設定価格が魅力的なのかも。そうであれば、再販行為があるからこそ、半額チョイプラスでも買ってもらえるのかなと、変に納得。
次は、シムスの「G3ガイドブーツ」。3代目なのでサイズも分かっているし、東北釣行が迫っていたので、いつものショップに無理をお願いして、自宅に送付してもらい、試し履きもせずにフィールドへ。
サイズ的にはピタッリなんだけど、モデルチェンジしたのかベロの両サイドの部分が縫いつけられる状態にモデルチェンジしていて、歩くと踝に当たって痛くて痛くて。もったいないけどフリマで処分することに決め、定価の半額で出品すると、数時間のうちに購入者が出現。

使わない物を 「箪笥の肥やし」 状態で置いておくよりは、使ってもらえる人に使ってもらった方が、物にとっては喜ばしいこと。
購入者の方も、中古品だけれど、定価でしか購入できない物を半値近い価格で購入できるし、出品者は部屋が片付くうえにお小遣いが増えて嬉しい限りの 『三方よし』 状態。
そんな訳で、ここ最近は、断捨離ならぬ 「ダンフリ」 活動に邁進中。
驚いたのは、製造中止になった品番のティムコのフック。定価の半額の逆、プレミアが付いて定価の倍チョイプラスで売れちゃいました。
その後は、私の巻いたドライフライも売れたし、山小屋利用の釣行のために購入した大容量の登山用ザックも早々に買っていただけました。


出品する時間帯にも工夫が必要だとか、一般的な宅急便を使うよりもらくらくメルカリ便を利用した方が安価だとか、宅急便の伝票を手書きしなくても
コンビニでバーコード表示で発送できるとか、やっと私も時代に追いついていけそうな感じの今日この頃。
さぁ、次は何を出・・・チガウチガウ(^_^;)
さぁ、次はどっちだ!?
コメント

南東北温泉の旅

2019-09-23 19:25:09 | 旅行
「温泉に行こう」「美味しいもの食べに行こう」と妻に誘われ、南東北・福島へ。
東北入りする前に、東京駅のレストラン街で米沢牛のステーキ・すき焼き御膳で腹ごしらえ。うんまい!

以前に白布温泉に泊まった時に食べた米沢牛の美味しさを頼りに決めた店だけど、東京に来たらこれからはここだな!

盛岡や秋田という行き先に心惹かれながら

福島駅からレンタカーで高湯温泉を目指し、硫黄の香る「玉子湯」にチェックイン。

歴史を刻む温泉小屋の源泉掛け流しの温泉でほっこりし、白濁の露天風呂で癒しのひととき。いい湯だなぁ〜!


二日目は同じ福島の野地温泉の立ち寄り湯からスタート。

こちらも湯壺が複数あり、全てが源泉掛け流しの白濁の温泉。

湯上りに「地ビールソフト」でクールダウン。

ランチは会津方面へ移動して、蕎麦の銘店「おおほり」へ。天盛り蕎麦に満足!満足!

3時のおやつは「まるせい果樹園」のフルーツパフェ。1時間待ちの超人気店。

桃と梨のパフェをオーダーし、妻と仲良く半分っこ。


グルメツアーを締めくくるべく、二日目の宿は福島飯坂温泉「御宿かわせみ」へチェックイン。この宿は我が家のお気に入りで、特に料理が秀でていて、何度訪れても同じメニューはなく、毎回驚かされ、楽しませてもらうことの連続。



今回、特に秀逸で想い出に残る逸品は「フカヒレの真鍮焼」。焦げ臭くならないように丁寧に炙った大きく分厚いフカヒレに、毛蟹の身とミソが入った毛蟹ソースを絡めたもの。

最終日の三日目。
朝風呂に入り、手の込んだ「和」の朝食をいただき、日本人として至福のひと時。

温泉良し・食べ物良しの福島県を後にして、東京経由で何年か振りの横浜・中華街へ。

活気に溢れた中華街を散策し、老舗のレストランへ。

本場の広東料理に舌鼓を打ち、妻のバースデイ旅行のミッション・コンプリート!
さぁ、次はどっちだ⁉︎
コメント