RX-42

UC2013:厄年を迎えたガンダム&ゲーム好き2児のパパの物語です。

Z750ターボ!

2016年08月07日 | 日記

先日通勤途中で珍しいバイクを見つけました!
Z750ターボです!年式は1983年だったかな?こんなにきれいな状態の機体は初めてみました。
まさにトップガンカラーの黒赤だしワッペンもペタペタでこの雰囲気がたまらない!

興奮してしまったので調べ無しでこのバイクの覚えている事書きます。違ったらごめんなさい(笑)
Z750ターボはカワサキの最初で最後のターボ車。(お尻に赤くターボと書かれています)
当時ターボバイクはホンダ、ヤマハ、スズキもそれぞれ発売したんですがホンダはCX500とかスズキは
650CCだったかな?最後に発売されたカワサキではGPZ750Fが元になっているからかナナハンで
ターボ車の中で一番排気量が大きいです。もともとターボチャージャーで馬力出るので排気量を上げるより
タービンで重量増える分車体を軽量化した方がパワー効率がいいからかな?
タービンはエンジンの前の下のエキパイ集合部にあります。冷却効率よさそうですが、水冷の時代になっても
カワサキのGPZ900R系は冷却ファンついてても水温系がぐんぐん上がってしまうのでラジエターを大型に改造するとか
下の外装剥がすとかが定番でした。夏の渋滞とか大変なので空冷のZ750ターボ乗りは更に大変だったでしょう。。
あと他のターボ車と違いZ750ターボはタンクの上に液晶のブースト計があったと思います。
ちなみにターボ車は国内発売されていないのですべて逆輸入車です。
ただでさえ生産台数少ないし1発ものでモデルチェンジもないので希少価値めちゃ高いです。
これがホンダCX500↓愛称はエレキング(笑)

 

昔栃木のNASPSガレージに行った時に展示されていたマシンで新車のようでした。
奥のシルバーのがヤマハでXN?なんだったかな。その奥の赤いホイールがZ750ターボです。
マッドマックスのV8インターセプターやデロリアン、バットモービルなども展示されているので夏休みにお勧めです。

Z750ターボですがカワサキGPZ系空冷エンジン最後かな?GPZ1100とかあったけど。
この後バイク業界ははもっとパワーの出る水冷エンジンへとシフトします。
Z750ターボはトップガンのトムクルーズが乗っていたGPZ900R(愛称ニンジャ)の面影があります。

撮影では2台用意されていたようですね。ワッペンの違いも興味深いです。奥が教官の車ですね。
トップガン仕様のGPZ900Rはプラモ化されたし生産終了された今でもライダーの人気は高いです。 
どうでもいいんですがこれが私の初めて乗ったナナハンのGPZ750R↓(ナンバーでてるけど時効だからいいか)

トップガンカラーに外装全部交換しました。あと国内仕様には無いはずの忍者ステッカー(笑)
本当はZ750ターボかGPZ900Rが欲しかったんですが大型免許取得でスッカラカンになってしまい
車体安めの国内仕様の750Rになりました。さすがにナナハンなのでパワーはあったんですが
車重が結構重くて車軸が長いとかクセがあったけど苦労した分一番のお気に入りでした。 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 8.7 | トップ | 久しぶりのトライエイジ8.07 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事