徒然なる野鳥のままにやわやわ散歩

週末には近くの丘陵や河原にやわやわ散歩して、野鳥の撮影を楽しんでいます。

尾羽を跳ね上げて歩くヒクイナ

2020-08-07 | 野鳥
先日、撮影したヒクイナの写真を追加アップします。

ヒクイナは近年、生息環境の悪化により、その個体数が減少してきている鳥です。

ヨシ原の縁などを歩きながら昆虫類やミミズ類を食べたりして暮しています。

メスのヒクイナです。

採食中はずっと下をむいてとことこと歩いていますが、この時に短い尾羽を跳ね上げたりする仕草がとても可愛いです。




とてもきれい好きで、一日に何度も水浴びをします。


羽には撥水性があり、よく水を弾いています。





水浴びをした後、羽をひろげて乾かしたり、念入りに羽繕いをしたりしています。



コメント (3)

開脚姿のヨシゴイくんの子供

2020-08-05 | 野鳥
先日、撮影したヨシゴイくんの子供の写真を追加アップします。

ヨシゴイの子供は成鳥と同じくユニークで多彩なポーズをとります。

落ちたりしないように枝にしっかりとしがみつきながら、周りをキョロキョロ見ています。





脚をひろげて内股で枝にとまっている姿はとてもユーモラスで、他の鳥ではなかなか見られないですね。



バランス感覚に優れていますね。

コメント (5)

先週末のチョウゲンボウ

2020-08-03 | 野鳥

チョウゲンボウはハトくらいの大きさでハヤブサの仲間の猛禽類です。くちばしとアイリングは黄色で、目の下にハヤブサ類特有の髭のような黒い帯が縦に走っています。



正面から見たところです。
小顔で目は黒目がまん丸という可愛らしい顔をしています。それにもんぺをはいたような姿も可愛いです。

後ろ姿も可愛いですね。

頭の色はオスとメスで異なっていて、オスは灰色がかっているのに対してメスは褐色なので、このチョウゲンボウはメスだと思われます。あるいは幼鳥かもしれません。

ちなみに、以前アップしたものですが、チョウゲンボウのオスはこちら





うつむいたところ


チョウゲンボウの飛翔シーンはこちら↓

















コメント (8)

ヨシゴイくんの給餌

2020-07-31 | 野鳥
ヨシゴイくんが餌場から巣に戻ってくると、ひなたちが急にざわつき始めます。


写真の左が親鳥で右がひなです。


ヨシゴイの給餌を観察していると、餌の受け渡しは、どうもひなのクチバシが親鳥のクチバシをはさむような形で行われているようです。


ひなはよほどお腹が空いていたせいかどうかはわかりませんが、クチバシで親鳥の頭をはさんだりもしています。


給餌が終わって、親鳥が飛び立とうとしているところです。親鳥の背中と翼との間からひなの可愛い顔が垣間見れます。



コメント (2)

アオサギさんの羽繕い

2020-07-30 | 野鳥

先日、松の枝にとまって羽繕いをしているアオサギさんを見かけました。


アオサギは日本で繁殖するサギの仲間の中では最も大きな鳥です。青みがかった灰色の羽毛で覆われているのでアオサギと呼ばれれています。



ふだんは河原や水田でよく見かけますが、手入れが行き届いた松の枝にとまっていると、何だかいつもより格調高く見え、絵になる風景です。

頭に黒い2本の冠羽があり、チャームポイントになっています。




羽繕いをしているところです。

胸にある白い飾り羽が繊細でとてもきれいです。


体のまわりには羽繕いした後の羽毛が舞っています。

ちなみにアオサギの寿命は20年ぐらいだそうです。
コメント (3)

ササゴイさんの羽繕い

2020-07-29 | 野鳥
先日、小雨の降る中、枯れ木のてっぺんから遠くのほうを眺めているササゴイさんを見ました。前にも同じ場所で見かけたことがあるので、どうもお気に入りの場所のようです。ササゴイは樹上に巣を作ることが多いので、きっと近くに巣があるのかもしれません。


ササゴイさんはいろいろなポーズで羽繕いをしていました。


まず、首の右側を


次いで、首の左側を


そして、胸の辺りを


さらに前屈してお腹のほうの羽繕いをしています。


でも、さすがに自分の頭や顔の辺りはクチバシが届かないので、足を使って掻いています。
足で掻くときは頭の冠羽が必ず逆立つので面白いですね。

ちなみに、羽繕いには尾羽の付け根から分泌される脂と主に胸にある粉綿羽という特別な羽から出る粉をつけて整えることによって、水分や汚れから体を守る働きがあると言われています。健康を保つにはなくてはならない行動のようです。

コメント

ササゴイさんのダイブシーン

2020-07-28 | 野鳥
先日、早朝にササゴイさんのダイブシーンを撮影してみました。

枝にとまって、獲物となる魚に狙いを定めています。


ダイブするポイントまでの距離と時間を短縮するために、できるだけ首を長〜く伸ばして最良のダイブするタイミングを計っています。緊張の一瞬ですね。


入水時の写真ですが、ササゴイさんのダイブが速すぎて、当然のことながら私の反射神経ではカメラのシャッターを押すのは間に合いません。


水面から飛び出してきたところです。












残念ながら、今回の狩は失敗に終わったようです。この後も再度、ダイブを試みましたが、成功しませんでした。
狩の成功率はいったいどのくらいなのでしょうね。
コメント

飛び立つヨシゴイくん

2020-07-27 | 野鳥
ひなたちへの給餌が終わったばかりだと思っていたら、食欲旺盛なひなたちのために、またすぐに餌を探しに出かけなければなりません。親鳥はゆっくり休む暇もなく何かと大変です。

その飛び立ちシーンがこちら↓

ヨシの茂みの中にヨシゴイくんと足元のほうにひなの上半身がチラッと見えます。
立ち姿はとても凛々しいです。


さて、いよいよこれから飛び立つところです。


前方にあるヨシの茎に左足をかけて蹴り出すようにして、飛び出すための勢いをつけています。




飛び立った瞬間

ヨシゴイくんの飛び立つ格好もなんだかユーモラスな感じがしますね。






コメント (3)

今日のヨシゴイくん

2020-07-26 | 野鳥
今日も夏の暑い中、ヨシゴイくんは5羽のひなたちのために、巣と餌場との間を何度も何度も往復していました。頭頂部に青みがあるので、オスのお父さん親鳥です。
働き者のお父さんで、せっせせっせと餌を運んでいます。

その飛翔シーンはこちら↓

















ヨシゴイくんの飛翔時の黒色の風切り羽はヨシ原の緑によく映えて、夏の風情を感じさせてくれます。
それに飛んでいる姿も美しいですね。
コメント

羽ばたく練習をしているヨシゴイの子供

2020-07-25 | 野鳥
今日も昨日に引き続き、ヨシゴイの子供の観察です。


今日はヨシゴイの子供はその場で羽ばたく練習をしているようでした。



まだまだ幼鳥ですが、翼をひろげた姿は躍動感があり、またその羽模様はとてもきれいです。



まだ、大空に向かって飛び立つことはしませんが、枝から枝へ飛び移ることはできるようになっていました。いずれ成長して飛び立つ日が楽しみですね。



コメント (2)

にほんブログ村ブログパーツ

PVアクセスランキング にほんブログ村