だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フラットライナーズ

2017-12-30 23:39:48 | 映画(は行)

アメリカ
サスペンス/ホラー/SF

    * * * * * * * *

ジュリア・ロバーツやケヴィン・ベーコンらが出演した1990年代のサスペンスを
リメイク。
臨死実験に挑む医学生たちの運命を映す。
メガホンを取るのは『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』などのニールス・
アルデン・オプレヴ。
『JUNO/ジュノ』などのエレン・ペイジ、『ブラッド・ファーザー』などの
ディエゴ・ルナ、ドラマシリーズ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」などの
ニーナ・ドブレフらに加え、オリジナル版キャストであるキーファー・
サザーランドも出演している。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

人は死んだらどうなるのかという興味を抑えられない医学生コートニー
(エレン・ペイジ)は、ある臨死実験を仲間たちに提案する。
それは彼女が自身の心臓を止め、1分後に蘇生させるというものだった。
死後の世界を経験して生還を果たした彼女は、1度しか読んだことのない医学書
の細かな部分を覚えていたり、急にピアノが弾けるようになったりと、驚異的
な才能を発揮する。
それを目の当たりにした仲間たちも実験に乗り出し、心臓の停止時間を延長
していく。
だが、7分を超えたときに……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

予告映像が面白そうな感じだったので、TOHOシネマズなんばで鑑賞。

ちょっと思ってたのと違うなぁ。

最初は1分2分と臨死体験をしている内に徐々に時間を延ばして7分以上の
臨死を行ったら、自分の体に戻れなくなる、もしくは他の場所で交通事故等に
あった人の意識が主人公の体に先に入ってしまうみたいなホラーなんかなぁと
思ったので、そこはちょっと拍子抜け。

後、主役のエレン・ペイジがあっけなく死んじゃってそれっきりってのが
ちょっと意外だったし、残されたメンバーが過去の自分に真摯に向き合う事で
無事ハッピーエンド迎えてしまうのもなんだかなぁ~って感じ。

とは言えなんだかんだで最後まで楽しめて観られたので満足。

臨死監督することで使ってなかった脳の組織が覚醒して、記憶能力やら感やらが
向上するってことなのかな。
それに伴って無意識のうちに忘れていた過去のやましい事が鮮明に蘇って幻覚を
見てしまうってことか。

全部が全部、嫌な事とかやましい事とか辛い事とか覚えていたら、それで押し
潰されてしまうから、そういうのはイイ記憶もまとめて忘れていくように
なってる人間の脳って都合よく出来てるなぁ。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 探偵はBARにいる3 | トップ | 2017年 個人的Best&Worst »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事