lea★'s cafe

~気まぐれ日記~

日記やグチ、映画や本の感想など、気が向いたらちょこちょこっとね。

韓国旅行2009 *その3*

2010年01月25日 | 旅日記
今頃。。。汗
レポートその3です。

写真は、ソウルタワー展望台から望む
ソウルの街。

旅行3日目。

まず朝9時頃
ホテルからタクシーでソウルタワーへ。

タクシーの運転手さんはおしゃべりの好きな方で、
車中色々な話をしてくれました。

何度も言うけど、
韓国の方はみんな日本語が上手!
それだけ日本人観光客が多いということだろうけど
日本人も英語だけではなく
近いアジア圏の中国語や韓国語など、
もっと意識的に取り入れるべきだと思うなぁ。

私も一度は諦めていたハングルを
また最近ちょっとずつ勉強し始めましたの。おほほ
今度訪韓するときは、少しは会話ができるように
がんばるぞ~

で、そのタクシーの運ちゃんですが
前日私たちが板門店に行った話をすると
ご自身も北にいた経験を話されて、
妹さんがあちらに残っているとのこと。
つらい経験をされたようです。
そして、あの国はひどい、というようなことを
切々と話されて。。。

私たちは外国人として
興味本位な事を軽々しく言うべきではないと思い
ただただ、「そうですか。。。」と
聞いておりました。

そうこうしているうちに
あっという間にソウルタワーへ到着

この急斜面を歩くのは結構きつかったっす。

でもタワー自体が山の上にあるので
見晴らしが良く
ガラス張りの展望台は、日が差して暖かく
またもやラテを飲みながら、ほっと一息。
前日のツアーの話で盛り上がる一家


ソウルタワーからは
バスで下山し、ミョンドンへ。

ここでちょっとしたトラブル

止まってるバスの運転手に
「ミョンドンへ行きますか?」と日本語で訪ねる旦那
運転手さん「ミョンドン?」と言って
うんうんと頷くしぐさ。
運賃は一人800ウォンで前払い。
(日本円だと当時のレートで65円くらい。安い!!)

私と子供らはさっさと乗り込んで
座席に着く。
ところが旦那がどういうわけか
入口で運転手とやいやいの言ってる。
運転手さんが旦那のズボンのポケットとか触ってる。
旦那はきょとんとしてる。

何なんだ?

そのうち運転手さん、
「もういい!あっちへ行け!」という仕草。
ブツブツ文句を言いながら、車を発車する運ちゃん。

もめてた原因は単純。
バスの運賃が4人分なので3200ウォン。
なのに
どういうわけか旦那は2400ウォンと思いこんでたらしい
(なんでやねん!)
3000ウォン渡して、まだおつりを待っていた、という
マヌケぶり

運ちゃんは「あと200ウォン足りない。」と
必死で訴えていたのでしょうな。
きょとんとしている旦那に
200ウォンくらいポケットに入ってないのか?と
ズボンを触っていたのでしょう

運転手さん、ごめんなさいね、算数苦手なオヤジで

で、降りる時に200ウォン渡そう、ということに。

ハングルは全く分からない我々。
町の様子から、この辺りで降りよう!と
席を立って
足りない200ウォンを料金箱に入れて降りようとすると

運転手さんが叫んでる。
なになに?
お金がまだ足りなかった?

いえいえ、
どうやら「ここじゃない!」と言ってたみたい

次の停留所で
どうやら「ここだよ」と言ってるようなので(笑)
どやどやと降りる一家。

降りて歩き出そうとすると
また運ちゃんが叫んでる。
身振り手振りで、私たちが行こうとしている反対方向をさしてる。
どうやら私たちに道を教えてくれてたみたい。

…ええ~おっちゃんやなぁ。。。

ありがとう、おっちゃん!
算数苦手な日本人を、忘れんとってな~


そして一家は無事にミョンドンの街へ。

この日のランチは、有名なミョンドン餃子を食べようと
前々から計画していて
12時ちょっと前に行きました~。
2店舗あるけど、この日は支店の方へ。

手前の麺は「カルグクス」。
鶏の骨を6時間じっくり煮たスープ。
麺の上にはワンタンと玉ネギ、ズッキーニ、ニラ、唐辛子、ニンニク
などの野菜と一緒に炒めたミンチがのっていて、ボリューム満点
このお店の看板メニュー。

そして左奥に見えるショウロンポウに似たものが
マンドゥ。いわゆる餃子です。
これがまた!!!!!
うまいっ
口の中で肉汁がじわ~~~んとあふれ出るんです。

あー、また食べに行きたい

食べ終わってお店を出ると、
長蛇の列!!

噂通りの超人気店なのです。
私たちは少し早めに入店したためか
待たずに食べられてラッキーでした


その後、ぶらぶらと買い物をしていると

なんと雪が降り始めた
寒いはずだわ~~~

今回の旅行は買い物も目的の一つ。
旦那は眼鏡、私はヴィトンの財布とキーホルダー
を既に買っていて、
ミョンドンでは
息子はコンバースのシューズを買い、
娘はブーツを、、、と探してる時
突如、雪がさらに激しく降り出した。

ご覧の通り。



もう足が冷たくて感覚が麻痺
スタバでまたもやラテで暖まる一家。


そうして、いよいよ二つ目のメインイベント。
『ナンタ』鑑賞へ!

これはレストランのキッチンで起こる出来事を
ほとんどセリフなしでドラマ化した舞台。
その中で見事なパフォーマンスを繰り広げてくれます。

写真は公演前のステージ。

私たちは5時からのVIP席をとってたんだけど
入口でチケットを見せると、
係員が席まで案内してくれました。
(VIPって感じ~
席は最前列でした。

国や言葉に関係なく楽しめるように仕上がった舞台で
子供から大人まで誰でも楽しめます。

ホントに楽しい舞台でした~


そして、夕食は
お昼にこってりしたものをしっかり食べたので
お粥を食べに行きました。
韓国のお粥も是非一度食べておきたかったのよね。
お店の名はずばり、「お粥専門店」!
色んな種類のお粥があって、
みんなそれぞれ好きなものを注文。


これは娘の食べた、確か「鶏肉のお粥」。


これは旦那が一度食べてみたいと言っていた「サムゲタン」。


ホントに食べてばっかり

でもおいしかった~

ホテルまで、雪の中を歩いて帰ります~。

撮影に無理矢理付き合わされる息子くん。


ロッテホテルのイリュミネーション。別の角度から。


というわけで、レポートその3を終わります。

長々と読んで下さった皆さま、
ありがとうございました~

次回はいよいよ最終回
(やっとかよ)
コメント   この記事についてブログを書く
« 娘のレストラン♪ | トップ | 韓国旅行2009 *その4* »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅日記」カテゴリの最新記事