月と空の浜辺

趣味についてのブログ。
ゲーム、映画など、各種作品について。
フェアレディ Z34や自動車のお話など。

AC3P -イライラ棒- ACの基本動作

2009-08-05 23:23:41 | Armored Core
前回記事
AC3P -致命傷- 復刻パーツあれこれ

AC記事まとめ
AC記事


今日も今日とて、アーマード・コア3ポータブル記事です。
アリーナは制覇したので、ミッションを進めています。
そう言えば「こんなミッションあったなぁ」とか思いつつやっているのですが、段々操作性の悪さにイライラしてきた件について・・・(~-~)

AC3は元々、上下移動を要求される面白くもない高低差ミッションが結構多かったnのですよね。
AC4以降、要らないと思われて排除された要素ですが、この頃は堂々とあります(~-~)
そこでいよいよPSP版ならではの問題点が浮き彫りに・・・。

空中戦をしつつ視点移動がし辛いのが、今作の欠点ですが、そう言う操作面の煽りは勿論モロに受けています。
ただ更に問題なのが、視点カメラの動作。
画面がワイドになったせいか、PS2版と比べて、機体に対してのカメラの追従が少し鈍いようです。
画面外に自分の機体が外れてしまって、どこを狙っているか分からない、と言うケースが増えている様子。

つまり画面が見づらい上に、視点移動がし辛い訳で、一部ミッションが非常にストレスですね。
(狭い縦穴で上下に移動しつつ敵を空中戦で撃破しないといけないとか・・・)

基本的に平面的なミッションだけなら、そこまで問題ではないのですが・・・。
据え置き機版なら非常に簡単なミッションが、PSP版だと難しいという(笑)

後は、やはり入力についての反応が少し鈍いですね。
ブレードとか狙うときや、回避の為に細かくブースタを制御する時に違和感があります。
PSPである以上仕方ないとは思いますが・・・。


さて愚痴はともかく、今回はACの戦闘挙動についてです。
文章では難しい部分なのですが、概念的な物になりますが、ある程度意識していれば結構違うと思われる要素についてです。

今回は二脚タイプでの操作になります。
他のタイプは、それぞれ別の操作法になるので、またの機会にでも(^-^)



*基本動作

・歩き
まずは基本的な歩き動作です。
回避や移動には使えず、EN回復のための手段と捉えます。
後に説明するジャンプと組み合わせて、回避を狙います。
今作AC3では、対AC戦においての比較的重要です。
(小ジャンプの隙が大きい為)

歩き状態からは、どの動作へもすぐに移行出来る為、相手の出方を伺うのには、一番最適な状態です。
中距離以上で守りに入る時は、出来る限り歩いておきましょう。


・ジャンプ(または垂直ジャンプ)
移動入力がされていない状態でブースタボタンを押すと、機体の脚部性能に応じたジャンプを行います。
歩き状態から、スムーズにジャンプ出来るように練習するのが好ましいですね。
移動中にジャンプしたいタイミングだけ、移動キーを離して垂直ジャンプ。
ジャンプ後は、再びLRボタンによる平行移動を含めた回避行動を行います。

主に「待ち」ながらENを回復する手段ですね。


・地上ダッシュ
移動中にブースタボタンで、地上ダッシュ状態になります。
AC3において、最も性能の高い移動形態です。
敵の照準に捉まるまでは、斜め移動を含めて地上ダッシュし、敵弾が飛んできた瞬間小ジャンプで回避、すぐにまた地上ダッシュで間合いを詰める、等を行います。
逃げる場合も、出来る限り地上ダッシュを行うように気を遣いましょう。

*小ジャンプ(重要)
地上ダッシュ中に、一度ブーストボタンを放して、すぐにブーストボタンをもう一度押すと、小ジャンプします。
その状態でブーストボタンを押し続けると、ブースト飛行になります。
逆に小ジャンプ後、すぐにブーストボタンを放すと着地します。
ブーストボタンを連打すると、小ジャンプを繰り返しながら移動出来ます。
これを「小ジャンプ移動」と呼び、歩きよりは早く動けます。

ただしAC3での小ジャンプ移動は、隙が大きく余り使用はお勧めしません。
あくまで歩行と同じように「EN回復の手段」と割り切りましょう。

ブーストダッシュで距離を縮めたいが「ENが足りない」と言う時などに、軽く混ぜてEN回復を保ちましょう。

また、自分が不利な状況で逃げようとしている時に、小ジャンプ移動をしていた場合、相手の地上ダッシュによって一瞬で食いつかれてしまいます。
逃げるならば逃げるためのENを用意してから、地上ダッシュで上手く間合いを離した方が良いでしょう。


・ブースト飛行
AC3では地上ダッシュのスピードと比べて、空中の速度がかなり遅めです。
そのため、不用意に「浮く」とマトとなってしまいます。
相手の死角をとり続けるなど、攻める時に使いたいですね。


まとめ
「歩きで様子見し、隙を見て地上ダッシュを上手く使え」です。


基本的にAC3での対人戦では、

1.中距離戦を「歩き」や「小ジャンプ移動」で様子見をし、牽制をしつつ、
2.隙を見つけたら「地上ダッシュ」で自分の決戦距離まで間合いを積め、
3.至近戦など乱戦になったときに「ブースト飛行」で攪乱しつつダメージを与え
4.「小ジャンプ移動」で、敵弾を回避しつつENを回復。
5.「地上後ろダッシュ」で牽制しながら距離を離す。
6.1.に戻る。

と言う流れ。

細かい戦術は機体構成によりますが、大体こんな感じです。
後は扱う機体やプレイヤーの腕前によって、これらのサイクルが早かったり、どこかのポイントを重要視していたりします。
5.が得意なら「逃げ撃ち型」ですし、3.が得意なら「軽量級の飛行型」という風ですね。


更に抽象的で申し訳ないですが、形態における戦力イメージは以下の通り。

・地上:攻撃:B 防御:A 隙の少なさ:A
防御の要。すぐに小ジャンプでの回避や、地上ダッシュでの突撃などの行動に移れます。
敵弾を見て、しっかり回避し、敵の隙(小ジャンプや中空に浮いた時)を見たら、地上ダッシュで突撃しましょう。

・中空:攻撃:A 防御:C 隙の少なさ:B
地上から少し浮いた状態。小ジャンプ移動中や、低空飛行など。
射撃を空中から撃ち降ろす形になるので、地上から狙うよりは「当てやすく」なり、攻撃性能が上がります。
が、小ジャンプ中は中途半端に機体速度が落ちて、切り返しが鈍くなり、防御能力が落ちます。
攻撃を当てやすいですが、相手からも当てられやすい事を意識しましょう。

・上空:攻撃:B 防御:B 隙の少なさ:C
相手から見て、上に視点を向けないと狙えない位置を飛ぶ状態を「上空」と見なします。
中距離以上の距離で「上空」へ飛んでも、無駄にENを消費するだけで、「中空」同様当てられやすいだけです。

主に接近戦になってから使用し、相手の狙いを外す目的で使われます。
着地と上空を繰り返せば、相手も狙いを付けるのに苦労します。

特に今作はサイトの上下移動が大変なので、お互い苦労するかも(~-~)

着地するときは、出来る限り相手の死角でね。
(これを判断するのが難しいとは思うけど)
バレバレの位置で降りてくると、隙だらけの所を狙い撃ちされます。


今回は抽象的過ぎて、初心者の人には非常に分かりづらいと思います。
済みません(-_-;

ただ経験者で「とりあえず小ジャンプしている」と言う人や「中空によく浮いている」という人には、意識して貰うと戦力アップすると思われます。

次回は回避についての記事を書く予定です。
そちらは出来る限り分かりやすく書いていく予定。
予定は未定だけど(~o~)..oO


参考動画作りました。
AC3P -仮想敵- 戦闘機動参考動画
空中にいるときは、回避率が相当落ちている事が分かると思います。


アーマード・コア3 ポータブル

フロム・ソフトウェア

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
アクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キマイラの制作 | トップ | うみねこのなく頃に「片翼の鳥」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Armored Core」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事