カズユキの世界

天野一之日本共産党大東市議会議員のブログ。

2020年6月7日 日曜議会 代表質問

2020-06-13 18:10:17 | 日記
 みなさんの温かいご支援と信任を頂き議員2期目の定例月議会が始まりました。
引き続き日本共産党大東市会議員団は2名の議員で、皆さんの声を市政に届け、市民生活の向上、くらしの苦難軽減のために、くらしやすい大東市の実現を目指して頑張っていきます。
7日の日曜議会では今年度の市長の施政方針に対する各会派からの代表質問が行われました。
2年ぶり3回目の代表質問に挑んできました。
今回の質問項目は
①【基本姿勢・都市の在り方変革】より
大東市の公民連携の課題と今後のすすめ方について
○「北条まちづくり事業」の問題点、評価について市長の見解を求める
○2期事業構想は立ち止まって見直しを求める
②【新型コロナウイルス感染症対策】について
○小中学校における給食費の1学期間の無償化は、2学期以降も無償化
を求める
○保育料の無償化(現行0-2歳児7月まで)の延長
所得制限の緩和をし、年度内の実施を求める。
○避難所対策についての見解を求める。(自然災害と感染防止からの具体策は)
③【働き方の変革】から
○ICT活用、導入から行政の果たす責任と職員数削減との関係について見解を求める
④【人とのつながりの変革】から
○ネウボランドだいとうの職員体制と相談体制の充実を求める
⑤【都市の在り方の変革】についてから
○市内全域の市道や市内府道における歩道部分の段差及び拡幅改善の推進についての見解を求める
の大項目5点についてです。



 今施政方針に対しての質問課題は、重点として
①つは、「大東市の公民連携の課題と今後のすすめ方」。
 議員団1期目の4年間においての現市政で大東独自の方法で進められた公民連携事業。リードプロジェクトとして進められた北条まちづくり事業や、深野北小学校跡地活用は、当初計画よりも市持ち出し予算が増加。計画内容が当初より変更。情報公開等、市民に疑問を抱かせる結果に。福祉政策は足踏みや抑制される傾向にある中、「稼ぐ自治体」。稼いだ財政で福祉や社会保障費を捻出したいとする国政の社会保障の持続化ついての議論であるような問題点。税金の使い方をしっかりチェックする視点が重要になる事が大東市においても例外なく云えます。

②つは、「新型コロナウイルス感染症対策」です。
4月改選前の緊急事態宣言と併せ、3補正月末に補正予算で予備費2.2億円を追加し、
コロナ対策として
①小・中学生に対する給付金 1億1400万円
②公立小中学校給食費の無償化(1学期間) 
※金額計上なし。学校給食予算内で当面考慮。期間延長の想定はなし。
③保育所・認定こども園の0~2歳児の保育料無償化(~7月まで)
※金額計上なし。保育予算内と必要時、後の補正の見通し。差し当たり、民間保育施設への事務手続きに諸経費はかかる見込み。期間延長の想定はなし。
④ 妊娠中の方に加え、産後6か月の方にマスクの配布:110万円
⑤空気清浄器の購入:440万円 危機管理から50台購入予定の概算。差し当たり投票所へ配置する。以降は備蓄品ではなく、保育施設などへの活用を検討する。
⑥テレワーク導入企業への機器などの費用補助:300万円  実施の予定は?詳細
⑦中小企業向けセーフティ―ネット等 関連融資の信用保証料の補助:5000万円
(1件最大10万円までとし500~600件の対象を想定)
⑧小規模事業者経営改善 資金融資(マル経)に対する利子補給(310万円)
⑨公の施設閉鎖などによる指定管理者への利用料金補填:3000万円 
を進めることにしました。(各注釈は議案審議当時の聞き取り部分を記載)
 今回の施政方針では、今後の具体的対応の記載は非常に弱い打ち出しに感じました。この点から今後の感染対策を並行していくことと併せ、懸念される第2波に備えた市民の命とくらしを保障する市政が最重要課題と考えるからです。

つづく
コメント

お元気ですか 夕宣を実施

2020-06-12 19:33:37 | 日記
12日は久しくの夕方宣伝でマイクを握りました。
本日緊急事態宣言解除後、久しくの近畿いっせい宣伝日。
緊急事態宣言も解除され、駅前の通行数も以前の状況に近づいているように感じます。
今回はお困りごと相談も受け付けますの案内も交え、大東市でのコロナ対策や相談事例について。
そして近畿民報チラシを使い、国政のコロナ関連の課題や共産党の提言ついて話してみました。
後援会から5名の参加。計6名の宣伝は市議選以前のしばらくぶりです。
近畿民報チラシの受け取り約60枚。反応はそこそこかな?


 また、お昼間に持続化給付金の申請への案内を対応しました。
5月連休前後、問い合わせを頂いた方から、当初は特別給付金をもらって様子を見ようかとなっていましたが、もう一手がないかと昨日問い合わせがあり、同業者の知人も給付が受けれたの情報から、では申請して無る事に至りました。
確認書類の追加提出がありましたが、先ほど「申請受理になりました。助かりました」と一報がありました。
根底の解決にはまだ時間を要しますが、少しづつでもお役に立つ構えで取り組みます。


コメント

2月28日の演説会は中止となります

2020-02-27 11:42:09 | 日記
いつもご支援ありがとうございます。
2月28日実施予定の大東の「日本共産党演説会」は中止いたします。
新型コロナウイルス感染拡大の心配が広がる中、収束方向が見いだせない状況であることから、中止を決めました。
当日の演説会にご期待を寄せて頂く皆様方には大変ご迷惑をおかけいたします。
感染予防をはじめ、国会の場や大東の行政に感染拡大予防策の強化を求めていきます。
ご理解の程、宜しくお願いします。
地域や宣伝カーでも中止の案内はしておりますが、広く案内しておりますので、行き届かない部分、このプログを通しての案内と致します。
皆様方におかれましても、手洗い、うがい、マスク着用や十分な睡眠等、感染予防に、体調管理にお気をつけて頂きますようお伝えいたします。
引き続き、3月議会に、街頭での訴えに力いっぱい励んでまいります。
どうぞ、よろしくお願いします。
天野 一之

コメント

消防組合議会 一般質問

2020-02-26 17:05:26 | 日記
2月18日に消防組合議会で一般質問を行いました。
日を追って感染の拡大が心配される新型コロナウイルスですが、国を始め各行政区の正確な情報発信と拡大させない対応が求められます。
今回、2月10日時点の状況から、救急隊員の市民の救命の進め方、隊員の安全確保の点から対応についての考えなどを質問しました。

質問主旨
新型コロナウイルスの流行が心配されています。国や自治体の感染の拡大防止策が急務です。特に隊員の方は感染の疑いにある患者さんに対応することがあろうと思いますが。市民の救命と隊員の防御、両面に係る対応についての改善点はどのように考えておられるか。

答弁
◎新型コロナウイルス感染症は指定感染症として定められており、感染者または感染が疑われる傷病者に対しては保健所に連絡し対応を引き継ぐこととなっております。
◎しかし確定症例で保健所からの移送要請があった場合や感染が疑われる傷病者で緊急度、重症度が高い傷病者については、保健所からの助言を受けて救急隊が対応することとなっております。
◎感染者等への処置については、感染者の特徴として、発熱、咳などの初期症状があり重症者では呼吸状態の悪化が見られることから、
□通常の呼吸器疾患の傷病者と同様に、徹底した呼吸管理と、必要に応じて、酸素吸入や器具を使用した気道確保、人工呼吸を行い搬送します。
◎隊員への感染防止対策は、感染経路が飛沫感染、接触感染から、通常の感染防止対策として、
①全ての救急事案に対して、マスク・ゴーグル・手袋・感染防護衣の装着を徹底しています。
②更に、咳、発熱等の感冒症状がある傷病者については、傷病者にもサージカルマスクを着けていただく対応をしています。また、気管挿管等の処置を行う場合については、空気感染の可能性も考慮し、安全性の高いN95マスクを装着し隊員への感染防止を徹底しています。
◎搬送後の処置につきましては、保健所からの指導のもと、隊員については、手洗い、アルコールでの手指消毒、救急車内については、アルコール又は次亜塩素酸ナトリウムで消毒することを徹底することにしています。
□過去のサーズ拡大時の対応策との比較について。
サーズも飛沫感染、接触感染ですので、基本的には、同様の対応となっております。
今後の対応については、引き続き保健所等の関係機関と連携を密にし、適正に対応してまいります。

以上。
 感染の拡大が起こらないことが第一です。事態に備え、保健所体制の充実、医療機関の連携、消防・救急隊の対応等の改善・確認を求めます。
また、従事される方の安全も重要です。
まずは、自身でできる、手洗い、うがい、マスクから。気をつけよう。

コメント

新春ですよ!楽しく集ったあとは、みんなで学習しますよ!

2020-01-22 01:04:49 | 日記
12日の新春のつどいには170名の多数の参加ありがとうございました。今週後半に総括の場を設けます。
さて、「楽しく集った」あとは「楽しく?学習しましょう」と呼びかけたいのが今回のお題。
 今議員生活の中で、「全国に類を見ない 大東でしか味わえない、大東ならでは」の私にも市民のみなさんにも、もう1つも2つもわかりにくい市政課題がずーーっとあります。
 昨年からこの課題について、市民に理解を得られ、市民生活に役立つ内容なのか。多額の税金が投入され続けることが妥当なのか などなど…勉強会をもちました。
 現在の到達点として、お力添えいただいた先生からは
大東市が進めている公民連携事業は要約すると以下の問題があると見解がまとまりました。
大東市が進める
◎公民連携事業には、リスク分担が不明瞭であり、かつ事業を長期間継続する仕組みがなく危険である。
◎公民連携事業にこだわっているため事業内容が低下している。
◎公民連携事業であるにもかかわらず市の財政負担が減らないのではないか。事業の進め方が不透明である。
◎公民連携事業のため市民的な議論ができず情報公開も不十分である。
また、
◎公民連携と言いながら、実態は大東市丸抱えであり、一般的に進められている公民連携とも異なっている。
そのため、事業が破綻した場合、大東市に多額の負債が発生しかねない。
 以上をこの間、議員団が議会で取り上げた事例を基に、いつもお力添えいただいています、皆さんと「一緒に」学習しましょうと呼びかけいたします。
ぜひ、ご参加をよろしくお願いします






コメント