救民のすすめ

政治に今必要な視点は「救民」です
これは大塩事件のときの大塩軍の旗印であり
偉大なる先人へのリスペクトゆえ掲げます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名古屋、河村市長の、議員報酬アップへのお怒りが頓珍漢な件「一気に上げるの民間でありえない」

2016-06-26 15:48:38 | 政治(地方)
今回の選挙で、維新と組んだ、減税日本の河村市長が、税金を下げた!各党は上げやがった!と連呼しているようであるが
彼の内容の無い政治にも飽きれます。

これは河村がかつて半減とかしてた報酬を、議員定数削減とセットで、総費用減るとして他の自治体との比較も踏まえ、議会がアップするよう可決した問題す。

これの初期報道はこれ。


怒り心頭・河村市長 議長席叩き“徹底抗戦”構え
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069875.html


名古屋市議会で8日午後、議員の報酬が約2倍になる法案が可決されました。これまで800万円だった報酬は1400万円を超えることになります。自民、民主、公明の3会派は、どうして議員報酬を上げようとしているのでしょうか。

 (倉橋友和アナウンサー報告)
 8日の名古屋市議会の本会議のなかでも、その明確な理由は聞くことができませんでした。今回の条例案に賛成している自民、民主、公明の3会派に関しては、5年前以前の元々の報酬からは月額ベースで全国の政令市のなかで最大の削減幅を施した、こうしたポイントを強調していました。しかし、条例案に反対している河村市長率いる減税日本と共産党の議員は、金額についての説明はあるものの、なぜ引き上げなければいけないのか、その理由が聞かれなかったことに不満の色を募らせていました。

(Q.市民は納得しているのか?)
 この件について先月、名古屋での街頭インタビューでは様々な意見がありました。ほぼ共通していたことは、一度に650万円を引き上げるというこの額について、「まず民間企業ではあり得ない額だ」との声がありました。

(Q.河村市長はどうするつもりなのか?)
 河村市長は、賛成多数で可決された瞬間、議長席に詰め寄り、机をたたくなど憤りをあらわにしていました。
8日午後、記者団に対して、市長の拒否権、審議のやり直しを求める再議を今週中に出す考えを明らかにしました。
しかし、再び議会に話を戻しても、賛成を表明している自民、民主、公明の3会派が議席全体の3分の2を占めているという状況を考えると、
条例案は再び可決する公算が大きいものと思われます。



…で。







「一気に上げるの民間でありえない」て、彼は一気に下げてるわけです:p

何を言ってるのだろう…
またそもそも民間ではなく、民間で比べるなら役員報酬と比べなさい、と。


河村という人物については、かつて民主党でも小沢寄りだったり、市長になってからもすり寄ってたりしたのに、オザーさん落ち目になったらさも無関係気取ったり、そんでおおさか維新に今度はひっつく。
定見の無い人気取り言ってるだけのポピュリズムともいいたくないくらいの軽薄さを感じます。
彼、減税減税言ってるのと、名古屋城復元しかほとんど言ってないやん。


議員報酬は適正報酬は考えるべきだが、ただなんの数字根拠も無く下げた下げた!と自慢するのは下らないとも思います
こんなくだらない議会と市長の大衆迎合比べで、結果定数削減になっていることこそが問題。
定数削減は民意の反映機会の減少であり、おおさか維新もそうだが、「減らしたらすばらしい!」という価値観は、ほんと分かってないです。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 平松は小中学校へクーラーを... | トップ | 大阪市の特別区導入の住民投... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

政治(地方)」カテゴリの最新記事