五味五感 BLOG

五味愛美、インタープリテーション、環境教育、婚活DE八ケ岳推進委員会、FM八ヶ岳、帝京学園短期大学、八ヶ岳観光圏

こんにちは!五味五感企画の五味愛美です。Hello! This is AIMI from Mt.Yatsugatake!

山梨県北杜市&八ケ岳地域の情報、環境教育、婚活関係などの情報を発信しています!

 ●【五味五感企画】五味五感企画のオフィシャルHPです。
 ●【FM八ケ岳】「五味愛美の八ヶ岳スタイル」82.2MHz。毎週月曜日12:00~on airです。
 ●【婚活de八ヶ岳推進委員会】面白いイベント盛りだくさんです!
 ●【エジソンの会】北杜市を楽しくする有志の会です。こちらもおかしな人の集まりです!
 ●【帝京学園短期大学】講師をしています。「自然観察」を担当しています。
 ●【八ヶ岳観光圏】観光地域づくりマネージャーとして、八ヶ岳の観光振興に携わっています。
 ●連絡はこちらから。 gomigocan@gmail.com

  ●【Translate】If you want to translate Japanese to English, please use "Google site".
 ●【Hokuto city Guide】this is information of our town.
 ● I'll challenge to write the sightseeing and Japanease life style in English information little by little.please enjoy it xx!!

短大講義の日

2018年05月20日 | ★ インタープリテーション
帝京学園短期大学で「自然観察」の講義実習を担当しています。
保育士や幼稚園教諭を目指す学生さんを教えています。

小淵沢の自然豊かなキャンパスで、自然に理解のある学生になるといいなぁと思って指導をしています。
今回は野外実習。
葉っぱを使ったアクティビティを体験してもらいました。


フロッタージュ(こすり出し)。



葉っぱを使った塗り絵。



熱心に実習に参画しています。



楽しそうね。







葉っぱの葉脈がきれいねぇ♪





まずは、保育士自身(学生自身)が自然に興味を持ってもらいたい。
ひとまず、そんな段階です。

コメント

帝京学園短期大学の野外実習4月14日

2017年04月14日 | ★ インタープリテーション




【ゴロゴロ寝てる!?帝京学園短期大学の野外実習

自然の美しさや豊かさを知る保育士になって欲しい、そんな想いを込めてp(^_^)q
2013年から始めて5年目になります。

・1年生の初めての野外実習だったので、基本的なアイスブレイクと自然体験活動を。
・まだ授業が始まって1週間。話していない仲間たちもいるので、少しグループワークを。
・遊具がない場所でも遊べること。
・五感をフルに使うといろんな発見があること。
・たくさんの種類の自然物がちょっと意識を変えるだけで発見できる事。
・ねっころがったり、うつ伏せになったりと自然を近くで感じてもらいたい。
・まずは自分たちが楽しめる事などを体験してもらいました。

【見つけた自然物】
もぐら塚、カブトムシの殻、セミの抜け殻、マツボックリ、ヤシャブシの実、クリ、サルノコシカケ、地衣類、バッタの仲間、さくらんぼの古い物、赤い新芽、毛むくじゃらの葉っぱ(クローバーの新芽)、キノコ類、黒い石、どんぐりの根、ウグイスの鳴き声、カラ類の鳴き声、落ち葉の音、カラスの鳴き声、桜の樹皮、どんぐりの中身、鳥の羽

コメント

授業の簡単分析。

2014年04月25日 | ★ インタープリテーション

帝京学園短期大学保育科。
今日の授業は食いつきが良かったなぁ(笑)。
食いつきが良かった理由を非常に簡単ですが分析してみようと思う。

〈分析〉
・実習の後の講義なので、体験が思い浮かぶこと。
・文字だけでなく「イラストを記入」させた事。
・イラストはかわいいものも良いけれど「本格的なイラスト」も効果的。
・1つの事物だけを伝えるより「生態系の関係(物語)」を伝えながらだと伝わりやすい。「マツボックリとリス」「ドングリとリス」など。

って感じかぁ。

コメント

ガイド養成講座 inオオムラサキが棲む町

2014年03月30日 | ★ インタープリテーション
北杜市長坂町にあるオオムラサキセンターにてガイド養成講座がはじまります。
講師で参画する予定ですが、私自身もいろいろと学べそうで楽しみなんです!
自然ガイドにご興味のある方、ご一緒しませんか?講師陣が豪華メンバーです。
破格のお値段なんです!!
4回連続でな、な、な、なんと2,000円!びっくりです。
この講座を受講すると、オオムラサキセンターのガイドとして登録ができます。
毎回、ガイドコースの下見を兼ねてコースを歩きながらの講座になります。
〈即戦ガイド力〉が身に付く事でしょう!
「10キロコース」と「12キロコース」です。

こちら、跡部館長のブログです
少し情報を追加して、このブログでも情報を掲載しておきます。


=========================
ガイド養成講座inオオムラサキが棲む町-北杜市長坂町-
=========================

北杜市オオムラサキセンター周辺に広がるオオムラサキ自然観察路を中心とした
里山ウォーキングコースの実務的ガイドを養成するための講座となっております。
講座修了後は、北杜市オオムラサキセンターと連携してガイドを行っていただきます。

●開催日時 4月5日(土)、4月12日(土)、4月19日(土)、4月26日(土)
いずれも午前9時~午後4時

●開催場所 北杜市オオムラサキセンター(山梨県北杜市長坂町富岡2812)
      及びガイドコース

●講座概要等
各日、里山コースにて実地研修後、北杜市オオムラサキセンターにて座学
4月 5日(土) 「植物講座」講師:安藤 義樹さん(樹木医)
4月12日(土) 「野鳥講座」講師:窪田茂さん(山梨野鳥の会会長)
4月19日(土) 「昆虫&里山講座」講師:跡部 治賢さん(北杜市オオムラサキセンター館長)
4月26日(土) 「郷土史講座」講師:仲山校一さん(郷土史家)
【4日間共通】ウォーキングについて 講師:多賀 純夫さん(八ヶ岳歩こう会)、五味愛美さん(自然ガイド・インタープリター)

●受 講 料 2,000円(資料代、保険料等を含む)

●参加資格 4回の講座を全て受講できる方で、オオムラサキセンターの依頼がある
時に、ガイドが可能な方。(年齢制限はありません。)

●お申込み・お問合せ先
北杜市オオムラサキセンター
山梨県北杜市長坂町富岡2812
0551-32-6648
Email info@oomurasaki.net
URL http://oomurasaki.net/
コメント

「女性力upラボ」準備会をしてみました

2014年02月04日 | ★ インタープリテーション
●「女性力upラボ」
●2014年2月3日19:30~20:30(延長21:15頃まで)
●集った人:9名
.....................................

私は今、39歳。数ヶ月で40歳を迎えます♪
自分の歳を素直に喜び、
時には自分の歳に逆らい(笑)、
時には自分の歳を受け入れ(笑)、
後悔しない生き方をしたい。
そして、女性という「性」を満喫したい。

そんな風に感じています。
まだまだ、クヨクヨしたり、ウジウジしたり、魂的に未熟な私。
だからこそ「魂を磨きたい!」そんな気持ちが強いのです。

私の心強いパートナー、由香子さん。
というか、私(たち)にはたくさんのパートナーがいます。
昨年の春ぐらいからいろんな人(パートナー)に話をして、意見を聞き、アドバイスをもらい、そしてミケをはじめとして、いろんな人を巻き込み。。。何人の人に話をしたことか!

「いろんな意見はあるけれどさ。どうなるか分からないけれど、とにかく、場を持ってみようぜい!」と夜の1時間(実際は1時間45分)時間を作ってみました。

「女性力UPラボ」(主催:五味五感企画、officeハッピートレイル)
いいネーミングでしょ(笑)?

準備会ということで、身近な人にお声をかけさせていただきました。9名の素敵女子と共にいろんなフラットな考えをお聞きしました。第1回目の時はもっと公にお声をかけさせていただきますね。

「仕事帰りオニギリだけは準備するね、自分の飲む分食べる分は持って来てー」っていったら、なんと言う事でしょう!バランス良くいろんなものが集まりました。
おいしいパン屋さんのパン+手作りゆずのコンピチュール、牛スジ煮込み、お漬け物、恵方巻、手作りケーキ、サラダ、サンドウィッチ、クッキーなど食べきれない(≧∀≦)!!



会は、突然に始まります。
いきなり本題です(笑)

(※誤解があるかもしれませんが、一応覚書のためにキーワードを書いておきます。このキーワードの裏にはいろんな話題が隠されています。)

●なぜこんな集まりをしたいと思ったのか。
●自己実現と女性としての生き方の話題
●女性のライフプランにはいろんなタイミングがある「仕事」「自己研鑽」「結婚」「子ども」「介護」
●これらはどうして女性だけなの?
●「女性性」ってすごいよね、楽しいよね
●自立(自律)すること
●自己肯定感を高める事。
●そのための○○○○力。もしくは、外国人力。
●私、私のこと大好き
●reproductive health and rights(性と生殖に関する健康と権利)の話
●結婚のこと、子どものこと、一人のこと、年齢のこと
●いろんな人の生き方を見聞きすると、自己肯定感が高まること
●気さくに話すということ
●いろんな立場や年齢の人と話すこと、出会う事
●そもそも八ケ岳にはいろんな人がいるから、いろんな生き方を垣間みれる
●見えない枠や常識のこと
●matureな人(mature=円熟した、分別のある、熟成した、大人な、自立した、熟慮した、賢明な、などの意味)
●本を2冊紹介。読書会もいいね など



で、何を次からするのか、全然未定なのですが(笑)。
3月ぐらいに次なる会を催してみたいと思います。

こういうゆるやかな会でね、いろんなことを知りたいの。
「みんなが私、私のこと大好き!だよね」って!

とにかくね、この1時間30分、みんなありのままの自分の発言で、誰と比較するでもなく、誰のせいにするわけでもなく、誰かを羨むわけでもなく、とにかく気持ちが良かった!!
いろんな生き方をしている女性の話をケーススタディで聞けるって、mature度が上がるわぁ。

「これじゃ、ますます女性が強くなって、近づきにくくなるよー」という雰囲気が強くなったら(笑)、解散してお開きにしようかと思います(爆笑)♪
あっはっは。

以上、簡単ですが、報告でした。
コメント

学生の言葉「ちゃんと受けとめられるようになりたい」

2013年04月26日 | ★ インタープリテーション
今日は短大の授業。
自作のテキストをチマチマ作って授業に望む。

目標にしている本があって、その本に向かってテキストを作っている。
今日、学生さんとふれあいながら授業をしていると「ほうほう、これは追加した方がいいな。この路線はいいな。このレベルが適度かな。」と担当している学生さんの「今のレベル+少し背伸びの部分」が分かってきた。

今日は、先週実施した野外実習の意図開き。
これは、すごくしっくりくるみたい。
体験しているだけあって、プログラムの意味を皆、納得していました。

そして、講義部分は「森」。
ざっくりしているテーマけれど(笑)、これもまたしっくり来たみたい。
植物の分類や、循環、動物の分類の話。
「理科の授業みたいー!」ってみんな言ってたけど、「理科だよ~(笑)」って。

でもね、面白いことに「今、話をしたことは全部その森(窓の外を指差して)にあるものなんだよ」って言ったらびっくりしていた。
机上と本物とが、合致したんだね。

今日、みんなが一番納得していたのがテキストの写真の部分。
「受けとめ」の部分。
みんな、そんな先生になってください。
「いろんなことを子どもたちに教えてあげられるようにいろんな森のことを知りたい」と言ってくれた学生さんもいて。

いい先生になるんじゃないか?この子たちは(笑)。
ぼちぼち良いスタートの授業である。

.............................

そうそう、一緒に短大で授業をしているアメリカ人のメーガンは人気者!!
(お久しぶりの人もいるのでは?)
美人だしねー、何て言っても授業が上手。
彼女は英会話を担当しています。
あれや、これやと、学生さんを楽しませているようです。
今日はね、バイオリン持って来て英語の歌を歌ってたよ★
メーガン!すてき~~~!!!


コメント (1)

あったり前だけれど、気が付いたこと/「受けとめ」に関する一考。

2013年04月22日 | ★ インタープリテーション
大人数(84名)でのインタープリテーション実習。

いやいや、分かっちゃいたけれど、どうやったらいいのか。
果たして出来るのか(苦笑)?
学校側とも承知の上での、実施だから仕方がないし、今年度の最善を尽くしていこう。

さてさて、今回の実習は「こんな普通すぎる場所にも自然があることに気が付くこと。自然を楽しむことを体験すること。」という非常に簡単なねらいを掲げました。

アイスブレイキングゲームをいくつか。
きゃっきゃ、きゃっきゃと、大盛り上がり!
だよねぇ。
楽しいの、大好きだよね。

続いて、ゲーム性の高いネイチャーゲームで導入を。
チーム対抗で開催したら、大盛り上がり!
だよねぇ。
楽しいの、好きだよね(笑)。

そこにも、自然からのメッセージ(生態系の仕組みの話)を入れ込む。
腑に落ちたてしっくりした学生さんもいたみたい。

そして、続いて写真にあるような、色探しのプログラム。(10人/1グループ)
後でふりかえり用紙を書いてもらったら、
「絶対にないと思っていた色もあったので、自然ってすごいカラフルだし、発見する喜びがあった」
「みんなと協力しながら探すといろんなものが見つけられた」
「たんぽぽの茎でも、いろんな色があったのが楽しかった」
「探している間に、鳥の巣をみつけた」
「緑や茶色など、色が単純に違うだけで見えたり、見えにくくなったりするんだと分かって、自然物はただ単に目立たない色をしている訳ではないのだと感動した」

と、いろんなことを感じてくれていたのですが。
●今日の私の気づき、その1。
大切なのは「学びや気づきを共有すること」「気づきを受け止めること」。
あったり前のことなんだけれど、すっごく、すっごく、気が付いた(笑)!!!!

あったり前のことなんだけどね。

例えば色を探してきます。
探している間にいろんなことを学生さんが気が付いたり、心が動いたりします。
最後に共有する時に、学生さん同士だとなかなかそこまで共有ができない。
それは声かけがポイントだから。
「わぁ!こんな色どこにあったの?」って聞くといろいろ感情が返って来る。
そうすると「先生、こんなのもあったよー。これなぁに?」って返事が返って来る。

これが大切。
これが自然への気づきだし、素直な自分自身への気づきになる。
環境教育&人間教育。

ゲーム(あえて、ゲームと呼ぼう)のやり方を指示はすることはできます。
でもそれじゃあ、やりっ放しだもの。
もったいない。

今回も、各グループを回ってどんなものを見つけて来たか、聞いて回ったけれど、他のグループを待たせてでも、もっと丁寧にやってあげれば良かった。次回は絶対にそうしよう。

●気づき、その2。
今回は補佐に付いてもらった。
この補佐の役割も重要なことに気が付いた。
今回は後輩のアミーゴにお願いをしたが、彼女がちょこちょこ学生さんに質問や声かけをしてくれたので、そこでも学生さんは小さな気づきや彼女の受け止めがあったと思う。この個々人の受け止めが重要なんだと思う。

●一人一人の受け止めをしたいと思うとやっぱり、15名位のインタープリテーションプログラムが適正人数だと感じる。

当たり前か(笑)。
当たり前すぎて、ごめなさい。
当たり前なんだけれど、ほんとーに、本当に何だかすっごく腑に落ちたもので。


コメント

観察/双眼鏡は何歳からのぞけるのかな?

2013年03月26日 | ★ インタープリテーション
先日の親子プログラムの一コマ。
「あいちゃんのバッグには何が入っているの?」ってバッグをがさごそ。

ぬいぐるみやら、ビニール袋やら、絵本やら、虫かごやらの中から、双眼鏡に目を付けた4歳さん(男の子・白のシャツ)と3歳さん(女の子・黄色のシャツ)。

「これなにー?」って言うので、
(3歳、4歳は多分双眼鏡のピントが合わないだろうなー。。。)って思いながらのぞかせたの。



私「みえる?」
3歳さん「うーーん。。。」



私「あそこの軽トラック見てごらん」って言ったら、
4歳さん「すごい!あんなに遠くのトラックがこんなに近くに見える!!あんなに遠いのに、こんなに近い!」って大はしゃぎ!



へー。
4歳さんは分かるんだ。

いままで、双眼鏡は小学2年生ぐらいかな?っておもっていたけれど、ちゃんとのぞけてる。
それにつられて3歳さんも「私もこんなに近くに見える」って言ってたけれど、これはちょっと微妙(笑)。

ふーん。
そうか、4歳さん双眼鏡、見えてるんだと思った瞬間でした。
コメント

0~3歳児親子プログラム「東北ママの会&ウィルパーティ」

2013年03月24日 | ★ インタープリテーション
「のびやか、自由」
そんな言葉がぴったりな、そんな会でした。

「東北ママの会&山梨ママの会(ウィルパーティ)」の親子プログラムを開催しました。
ちびっこはうすさん、国際自然大学校(NOTS)さん、五味五感企画の恊働プログラム。

4歳ぐらいになると幼稚園に行ったり、保育園に行ったりするチャンスがあります。
でも0~3歳さんを育てている年代はどうしても一人きりになりがち。
しかも、東北から引っ越して来たママたちにとっては、見知らぬ土地だし。
そんなことから始まった東北ママの会と山梨のママの交流プログラム。今回で3回目になりました。



今回は「ダッチオーブンがしてみたい!」とのママの声をもらって、ダッチオーブン料理となりました。
キャンプ場に行くまでの道のりは子どもたちにとって冒険の道。寄り道だらけです。



NOTSのキャンプ場にあるツリーハウスは子どもたちのお気に入り!



3歳さんはすいすいと登って行きますが、びっくりなのは1歳さん、もうすぐ2歳さんも頑張って登ること。



登ったよー。



いひひだよー。



ママたちのスゴイのは、「あぶないから行っちゃダメ」とか「汚れるからダメ」とか言わないこと。
すごいね、見守り力が。
どんどんやらせるの。

転んで。



見せ合いっこして。



自慢して。



ようやくお昼の準備です。
みんなでパン生地をこねこね。
粉から作るのでみんな真っ白!べとべと(笑)。



で、まきまきパンにして焚き火で焼きます。



1歳さんじっと持っています。



1歳さん、焼きながら食べることを覚えました(笑)。



3歳さん、我慢強いです。



ダッチオーブン料理も出来上がりましたよー。







ワイワイとお昼です。
(やっぱり、ブルーシートじゃなくて自然シートの方がいいなぁ。。)



帰りには夕食用のノカンゾウをみんなで採集してから帰りましたよ。
みんな夕食に食べたかなー?




《感想や気づき》
・印象に残ったママさん(二人のママ)の言葉。「上の子は滅菌状態で頑張って育てたのに、そうじゃなくて良かったんだわぁって最近思うの。あんなに頑張ったのに(笑)」っておっしゃっていたこと。へー。
・同じく二人のママの言葉「上の子を育てた時は何でも2歳から体験させよう、と何となく思っていて、2歳まではあんまり野外体験などさせなかったの。下の子は上の子に付いて0歳からいろいろ体験させていて、なんだ、2歳まで待たなくて良かったんだ、と思ったの。みんなにも3歳以下から野外体験させて欲しいんです。」なるほど。
・以上2つの言葉は、そのママさんの言葉であって、子育てはそれぞれだから、私はどんな育て方でもいいと思うの。でももし野外体験を子どもにさせたいと思っていらっしゃる方がいたら、菌とか気にせずに早くてもいいかもしれないですね。私は子どもがいないので、分かりませんが私だったら「(子どもが)虫に刺される」とか「(子どもが)かぶれたらどうしよう」とか「(子どもが)日に焼ける」とか考えちゃいそう(笑)。自分はぜんぜん平気なのにね(爆笑)。
・山菜摘みは子どもたちにも好評。
・まきまきパンの集中力はびっくりした。多分自分で粉も練ったことが良かったんだと思う。
・子どもが走って、足が絡まって落ち葉の中で転ぶ様子はかわいい(笑)。
・半年前(11月)の自然のことを良く覚えている。「ここにカマキリいたよね」とか「ここにきのこがあったよね、今はないね」とか。


コメント (3)

「ひY、さわらないでH」

2013年03月23日 | ★ インタープリテーション
今日歩いた津金の道。

ヒノキの木がたくさんある神社へと。
一緒に歩いた皆さんと、ヒノキの葉っぱもサワラの葉っぱもペッタンコの葉っぱをしているよね。
そんなお話をしていたら、園芸家のTちゃんが「これって見分け方がありましたよね?」って。

そうそう!
思い出した!こばさんから教えてもらった見分け方。
「ヒノキは葉っぱの裏面にYの字が白く浮かび上がっている。サワラはHの字が白く浮かび上がっている。これの覚え方は「卑猥(ひわい)!さわらないでエッチ!」って覚えるんだよ。」って。

よーく、よーくみたら。
Yの文字が。
ヒY!

そいうことで、この写真はヒノキです。
(ちょっと分かりにくいけど)
コメント

五味愛美プロフィール

●通称
  あいちゃん
  あいさん
  あいみちゃん

●今の私のキーワード
  森(1994年〜。学生の頃から)
  環境教育(1994年〜。学生時代を含め20年間)
  インタープリター(2000年〜。プロとして15年間)
  森林療法(2005年〜2010年)
  ワークショップ(2000年〜。)
  地域活性化(1998年〜。)
  イベント企画・司会(2011年〜。)
  田舎暮らし(2007年から二世帯を始めました)
  婚活ファシリテータ&コンサル(2011年〜。)
  短大の非常勤講師(2014年〜。)
  ラジオパーソナリティ(2011年〜。)

●過去の掲載メディア
  ★日本エコツーリズム協会 の 「このガイドさんに会いたい100人」・選出
  ★エコライフマガジン「もうひとつのエコライフ~WOMAN'Sスタイル~」・執筆
  ★2007年 YBSテレビ 「ワンダフル甲州人」 出演
  ★2007年 FM八ヶ岳「キープ・カンティ・トーク」 DJ担当(1年間)
  ★2008年 JR中吊り広告/山梨ディスティネーションキャンペーン/八ヶ岳南麓エコツアーガイド
  ★2008年  書籍『森林療法あらかると』 NPO法人日本森林療法協会編・執筆
  ★2009年 山梨日日新聞 「彩職兼備」 取材
  ★2009年 八ヶ岳ジャーナル 「曙光」 取材
  ★2009年 「ReBueaty」山と渓谷社出版 取材
  ★2009年 『地球人』執筆
  ★2010年 JTの森「もりへようこそ」 インタビュー

●私のぶれない本職
  ネイチャーインタープリター

●2017年現在の仕事
  五味五感企画
  婚活de八ヶ岳推進委員会
  エフエム八ヶ岳ラジオパーソナリティ
  帝京学園短期大学非常勤講師
  山梨県総合計画審議会委員

●連絡はこちらへ
  メール:gomigocan@gmail.com
  山梨県北杜市高根町在住