五味五感 BLOG

五味愛美、インタープリテーション、環境教育、婚活DE八ケ岳推進委員会、FM八ヶ岳、帝京学園短期大学、八ヶ岳観光圏

こんにちは!五味五感企画の五味愛美です。Hello! This is AIMI from Mt.Yatsugatake!

山梨県北杜市&八ケ岳地域の情報、環境教育、婚活関係などの情報を発信しています!

 ●【五味五感企画】五味五感企画のオフィシャルHPです。
 ●【FM八ケ岳】「五味愛美の八ヶ岳スタイル」82.2MHz。毎週月曜日12:00~on airです。
 ●【婚活de八ヶ岳推進委員会】面白いイベント盛りだくさんです!
 ●【エジソンの会】北杜市を楽しくする有志の会です。こちらもおかしな人の集まりです!
 ●【帝京学園短期大学】講師をしています。「自然観察」を担当しています。
 ●【八ヶ岳観光圏】観光地域づくりマネージャーとして、八ヶ岳の観光振興に携わっています。
 ●連絡はこちらから。 gomigocan@gmail.com

  ●【Translate】If you want to translate Japanese to English, please use "Google site".
 ●【Hokuto city Guide】this is information of our town.
 ● I'll challenge to write the sightseeing and Japanease life style in English information little by little.please enjoy it xx!!

牛乳パックで、植木鉢作りってどう?

2010年06月03日 | ★ アイディア
まだ、実施していないのよ。

今日、お裾分けにカモミールの苗の植え替えをしていたの。
そのまんま、土に植えられるように、紙のポットに植え替えをしたんだけれど、
これって、再生紙じゃんね。

先日、Nさんが働いている支援施設で「紙すきではがきやしおりを作っているんだけれど、なかなか使い道がないんだ」と話をしていたんだけれど、そうだよなぁって聞いていたんだけれど、この紙のポットならすごく使い道がある!
私、お裾分け用にわざわざ買っているんだもの。

実際に作っている人がいるんだろうなぁってネット検索してみたけれど、いいサイトが見つからない。
ちょっと思いついたので、メモを残しておきます。
いつかのために。
コメント (5)

アイディア・メモ・フラッシュ

2010年03月31日 | ★ アイディア
我が家でよくやる会議?というかプレゼン?の話をマーキーにしたら、マーキーの知り合いでやり方を教えて欲しいという方がいらっしゃるということで、ちょっとブログに書いておこうと思いつきました。

・・・・・・・・・・

我が夫婦は企画ものが大好き。
いつも企みを考えています。
たぶん、そういう方、多いのではないでしょうか?
このブログを読んでいるみなさんも、きっとそうでしょう。

我が家では月に一度ぐらいのペースで夫婦で「アイディア・メモ・フラッシュ(略してIMF(笑))(というか正式名称はまだ決めていないの)(ネーミングがいまいちだな・・)」をします。
ここ最近は私の調子が悪かったのでご無沙汰をしていますが。
方法は下記の通り。

(1)面白いなと思ったアイディアや気になる事柄を1つのメモに1つのことを書いておく。
(2)それをひたすら1ヶ月間ためていく。
(3)アイディア・メモ・フラッシュの日にメモがためてある箱をopenする。
(4)ビールを飲みながら一人1個ずつ交互にプレゼンをする。
(5)発表後のアイディアの行方は・・・今のところ保管しているだけ(苦笑)

この「アイディア・メモ・フラッシュ」はどうして生まれたか、というと
 ・面白いニュース思いつきがあっても夫婦共々忙しいと伝え忘れてしまう。
 ・面白いことは一番身近な人と共有したい。

そんな理由で始まりました。
そのアイディアから何かを積極的に生み出そうとしているわけではないので、出たアイディアは整理もせず、そのままになっているのが残念なところ。
それをマーキーに言ったら「マーカーで色分けしたらいいかも」とアイディアをもらいました。

・・・・・・・・・・

このアイディア・メモ・フラッシュは酒の肴が次から次へと出てくるので楽しいのです!!
あまりにも楽しいので、この楽しさを友人と共有したいと考えているのです。
月に一度、我が家でこの「アイディア・メモ・フラッシュ」を開催したいな、と最近考えているのです。

もし、開催を企画したら参加したい人、いらっしゃいますか?
夫婦2人でも充分に楽しいので人が集まらなくても楽しいのですが、絶対に色んな人が集まった方が楽しいでしょうねぇ!2人よりも3人、3人よりも4人ですよね!

みなさまもご夫婦で、お仲間と一緒にやられてみてはいかがですか(笑)?

その時に「アイディアを取られた!」とか誰かがくやしい思いをしないようなルールをちょっと考えないといけないですよね。

・・・・・・・・・・

ちなみに、最近我が家は夫婦そろってiphoneに変えたので「瞬間日記」というアプリでアイディアメモをためるルールに変えてみています。
コメント (1)

【アイディア】こんな会社あったらいいなぁ

2007年07月24日 | ★ アイディア
地元のボランティア活動をしています。
その会議があって今帰ってきました。

その中で事務局を今後誰がやるか、という話になりました。
いままで、とある施設のボランティア会員でもある施設の職員さんにお任せだったのですが、他の人も担う必要があるのではないか、という話になったのです。

で、ここでアイディアがひらめいたのです。

こういう話って結構どこででもあるんじゃないかなぁって、思ったの。
何か会を作ったり、イベントを実施しようとしたりする時、必ず事務局が必要なのです。でも、事務局って本当に大変な仕事でしょ?やりたくないですよねぇ。

さらに最近、行政も事務局を手放す方向にあります。
今まで行ってきた女性の集まりや、消防、研究会など、県や市や町が事務局をしてくれていたのに「民間でやってください」って方向になっています。
事務局・・・・・
活動は楽しいけれど、事務局、面倒ですよねぇ。
でも必要。

もしね、私に事務能力があったら「事務局を承ります」という会社を設立したい!
社会が元気になる活動をそういう一面からサポートできたらいいなぁって思う。
名簿作って、連絡先の電話番号を承って、会費を徴収したり、会計をしたり、会の会議の際は会議の場所の確保と連絡、出欠の有無、食事の手配、そして当日は記録係として出席をして、議事録を残す。
こんな「事務局会社」があったらいいなぁ。
さらに、活動に応じた助成金なんかも探してくれたりして・・・。
いいなぁ!こんなのがあったら!!!!
利用する団体側は事務局料を仕事に応じて支払うの。

どう?
いいよねぇ。
都合、良過ぎるかなぁ、こんな会社。
仕事って大部分が事務局って感じもするしなぁ・・・。

この思いつき話を今日のボランティア会議で言ったら「そういうの東京にあったと思うよ」って言ってた。きっとあるよねぇ!!!あったら絶対にいいよねぇ!

あぁ・・・・。
私に事務能力、ロジスティックな能力があったらやりたいのに・・・・!
残念ながら、全くありません。
はぁ。
事務作業が得意な方。こんな会社誰か一緒にやりませんか?


コメント (7)

モノでなくてコトを贈る

2006年09月10日 | ★ アイディア
これ!すごい素敵な企画。
ぜひこの記事を読んでください。モノでなくてコトを贈る

いいなぁ。
ソウエクスピリエンス株式会社のHPも早速見てみた。

いい!このアプローチ。

私も「モノ」でなくて「コト」をプレゼントしたいって思った。
もし、もう一度結婚式を挙げるのであればこういう引き出物っていいなぁ。

子どもの時に親にプレゼントした「肩たたき券」みたいな感じだなぁ。

でも、いいなぁ。このアプローチ。


追伸:
知人の会社カントリーレイクシステムズもその「コト」のプレゼントの一つに入っていた。
さすがTさん&Yさん!2人ともお元気かなぁ?最近お会いしていないなぁ。

aimi
コメント (4)

私、無理だなぁ・・・・

2006年08月23日 | ★ アイディア
人とのコミュニケーションの中で、悪口を言うことで「その人(事)への親近感」とか「私はその人(事)をよく知っているんだよ」というアピールをする人がいる。

ホント、そういうの、苦手。

知っているんだったらほめればいいのに、って思う。
自己主張したいんだったら、お互いに認め合えばいいのにって思う。

時々はいいんだよ。
愚痴っても。

でも、普通の会話でのけなし合いは良くない。

ライブドアの平松社長が「ねあか主義で行くことが大切。ねあかになれなくてもねあか主義のふりをすることが大切。」って先日言っていた。私も「ねあか主義」でいこうって心に誓った。

こう書いていること自体が「ねあか」じゃないなぁ・・・。
うーむ。この投稿は後で消そうかな。

aimi
コメント (4)

百式ネタ:Teaters Pay Teachers

2006年07月10日 | ★ アイディア

またもや「百式」ネタです。
Teachers pay Teachers

このシステムすごい!
アメリカらしいなぁって思いました。アメリカ人だよね、こんなこと考えるのは。
教師が自分の考えた授業のマテリアルや授業の流れを他の教師に売っているのです!すごい!検索方法も学年から授業の長さから内容からで検索できるようになっているの。すごいねぇ!

環境教育界もこんなことが考えられそう。
著作権云々というよりは、本の販売と一緒だと思う。
面白いこと考えるなぁと思ったHPでした。

aimi

コメント

百式ネタ

2006年07月03日 | ★ アイディア
百式っていうサイトを知っていますか?電車男が胸に「百式」って書いたTシャツを着ているのを見たので、もしかしたらインターネット界では有名なのかしら?ね?

この百式、企画のアイディア出しにはいいですよ♪
私はとても好きなサイトです。
メールマガジンに登録すると毎日、海外の面白サイトが送られてくるのです。

ほんと、ちょ~ヒット!!っていうものが多いのです。
その中で最近送られてきた「ネガティブ」系のHPをご紹介します。

1つ目は「Joes Goals」というサイト。毎日の目標の中に「やりたいこと」以外に「やってはいけないこと、ネガティブ目標」を入れるのです。「食べ過ぎ」とか「授業をサボる」とかね。で、毎日チェックする表がついているの。でそこにチェックが入るとその日の点数が下がる、という表。
これ、面白いなって思いました。私もこんな表を作ってみようかしら?
何だか、こんな風に数値化されることも面白い。

2つ目は「I make mistakes」というサイト。これは、こんな間違いをしちゃったっていう項目がずらっと書いてあって、これはひどいね・・・とか投票することが出来るんですよ。
人の間違いって面白いですよね。
間違った人も間違いを話せるということは、それがそれがもう笑い話になっているっていう証拠。
昨日、職場のみんなと夕食を食べに行った時に「いままでやってしまった失敗談」という話で盛り上がりました。定番なのが「チャックを開けたまま人前で話をしてしまった」なんていうもの。他にも「使おうと思っていた備品を間違えてもって行っちゃった」とか「遅刻しちゃった」「ナイトハイクで迷子になった」「今からアイスブレイクします」(専門的ですみません)って言っちゃった」「ズボンの股の部分が破けちゃった」とかいろいろ出て大笑いをしました。
失敗談って面白い!
「インタープリターの失敗談」なんていうサイトがあったら面白いかも!
うーん?あんまり面白くないかも?これは飲み屋ネタかな?
みんな「チャックが開いたまま・・・」という経験はあるはず。「あるある探検隊」だよ。うんうん。そうだ!チャックが開かないズボンっていうのを開発したらいいんじゃないかな?

笑える失敗っていうのは、あんまり大きな失敗じゃないのかもしれません。
私も笑えない失敗はありますもの・・・。
大きな声では言えませんが(苦笑)・・・。
わっはっは。
いいのですっ。失敗して、反省して、怒られて、謝って大きくなるのです!(開き直り)

aimi

コメント (4)

思いつき:タクシーボランティア

2006年04月18日 | ★ アイディア
暖かくなるにしたがって、だんだん観光客が増えてきた。
いつも感じるんだけれど、清里は電車で来られるお客様にとっては不親切な町だ。ひとつひとつの店が遠いし、バスもタクシーも電車の本数も少ない。
ハイヒールを履いて歩いている女の子とかを見るとかわいそうになってくる。

清里は八ヶ岳の麓にあるから緩やかが坂が続く。
降りはいいが、登りはキツイ。

キープ協会では誰かキープの坂を登ってくる人を見かけると「乗ってく?」って声をかけるような、昔からの風習がある。忙しい時は出来ないけれどね…。この交流って面白くて、後になって「あの時は乗せてくれてありがとうございました」と話しかけられることもある。旅先での人と人との交流というか、こんな助け合い精神みたいな所が清里には流れていて私は好きな部分でもある。

で、思いついたのが「清里住民タクシーボランティア」。
いくつか問題点はある。
(1)タクシー会社と連携しなくてはいけない
(2)このタクシーボランティアをするためには緑色のナンバープレートが必要なのか?とかね…

どんなボランティアかというと…
 ・お客様を乗せてもいい人は共通の旗か何かをくっつけておく。
 ・基本的にはお金は取らない
 ・お買い物に行く途中とか、ちょっとした移動の時に乗せてあげる。
 ・事故を起こした場合は両方(運転手も観光客も)の自己責任
 ・移動範囲を決めておく。1回の乗車10分間、とか。
 ・ようは、ヒッチハイク

こんなのやったら観光客は便利だよなぁ。
清泉寮から萌木の村へとか、ちょっとマチスへとかさっ。

なにより人と人との出会いがあって楽しいと思うんだけれどなぁ。
いろいろ問題はありそうだけれどね。

やってみたいなぁ。思いつきメモでした♪

aimi





コメント (8)

思いつき:霧対策

2006年03月19日 | ★ アイディア
清里は霧が深い。
暖かくなると霧が出てくる。昨日の夜は久しぶりに濃~い霧だった。

3月ぐらいから8月ぐらいまでこの霧が続く。毎年アメリカ人のスタッフが8月にキープ協会に来日し、しばらくの間は「白い霧の中で生活していて景色が分からない」と毎年のようにぼやいているのを聞いている。
ガイドウォークの際は「みなさんは今、雲の中にいるんですよ~」なぁんて言って喜ばせているのですが、初めて清里に来る人は不安だろう。
なんせ看板が見えないのだから。

最近はナビがあるから多少は良いにしても、観光客受け入れ側としてこの対策は考えなくてはいけないと感じている。

そこで、道路に看板的インフォメーションを書いてはどうだろうと考えた。
「←清泉寮300m」とか「←清里駅100m」「←美し森直進」「萌木の村前」とかさ。

そう思って町を観察してみた。
一箇所あった!駅前のT字路に道路に書いてあった!でもこれだけだと思う。

霧の時って住んでいる人ですら困るんだもん!
観光に来られる皆さんはもっと困っているだろうなぁ。
他の観光地で霧が濃いところでの工夫ってどうしているんだろう?知りたいなぁ。
そして、こういう提案はどこの誰に言ったらいいんだろうか?
誰と相談したらいいのだろうか?
観光振興会か?うーむ。

aimi


コメント (5)

KEEPメセナ学会 開催?!

2006年01月25日 | ★ アイディア
キープは働きながら学べる団体だ。
昨日、改めて感じた。
キープ全体が「理論と実践」で両立できるといいなぁと思う。

昨日、我が環境教育事業部で「ビジョンミーティング」が行われた。
ビジョンミーティングはビジョンにそってスタッフが研究、発表する場である。
今期のテーマは下記の通りで、下記の発表がされた。

 ・総合的な環境教育
 ・歴史をテーマにした環境教育
 ・食と農をテーマにした環境教育
 ・環境問題をテーマにした環境教育
 ・暮らしをテーマにした環境教育
 ・情報機器をテーマにした環境教育
 ・環境保全をテーマにした環境教育

とても、面白かった。
私はこのようなゼミ的な場は大好き。
新しい知識や考え方や調査結果を見るのは面白い。「研究する」という文化は今まであまりなかったが、ここ2~3年ぐらいで定着してきた。
最初は何だかおままごとのような感じでもあったが、とてもらしくなってきた。みんなでいい文化が育ってきたね、って喜んだ。

いつもこのビジョンミーティングは環境教育事業部だけで行っているが、これをキープ協会全体で実施したらいいのに、って思った。

例えば…
  ・ポールラッシュに関する研究
  ・観光に関する研究
  ・お客様の動線に関する研究
  ・天然酵母に関する研究
  ・幼児教育に関する研究
  ・ガーデニングに関する研究
  ・国際協力に関する研究
  ・芸術作品の発表

とかね・・・

11月にある創立記念日の午前・午後を学会形式にして職員が発表して、その学会にはキープの働きを応援してくれる人もご招待するの。そうすれば職員の顔も見れるし、ヤル気も見れる。ますます応援したいな、って思うかもしれない。そして夜は通常の祝会をする。

面白いなぁ。
そんなことやっている団体ないだろうな。
嫌がる職員もいるかもしれないけれど「理論と実践」をテーマにした団体って素敵だと思う。

aimi
コメント (9)

五味愛美プロフィール

●通称
  あいちゃん
  あいさん
  あいみちゃん

●今の私のキーワード
  森(1994年〜。学生の頃から)
  環境教育(1994年〜。学生時代を含め20年間)
  インタープリター(2000年〜。プロとして15年間)
  森林療法(2005年〜2010年)
  ワークショップ(2000年〜。)
  地域活性化(1998年〜。)
  イベント企画・司会(2011年〜。)
  田舎暮らし(2007年から二世帯を始めました)
  婚活ファシリテータ&コンサル(2011年〜。)
  短大の非常勤講師(2014年〜。)
  ラジオパーソナリティ(2011年〜。)

●過去の掲載メディア
  ★日本エコツーリズム協会 の 「このガイドさんに会いたい100人」・選出
  ★エコライフマガジン「もうひとつのエコライフ~WOMAN'Sスタイル~」・執筆
  ★2007年 YBSテレビ 「ワンダフル甲州人」 出演
  ★2007年 FM八ヶ岳「キープ・カンティ・トーク」 DJ担当(1年間)
  ★2008年 JR中吊り広告/山梨ディスティネーションキャンペーン/八ヶ岳南麓エコツアーガイド
  ★2008年  書籍『森林療法あらかると』 NPO法人日本森林療法協会編・執筆
  ★2009年 山梨日日新聞 「彩職兼備」 取材
  ★2009年 八ヶ岳ジャーナル 「曙光」 取材
  ★2009年 「ReBueaty」山と渓谷社出版 取材
  ★2009年 『地球人』執筆
  ★2010年 JTの森「もりへようこそ」 インタビュー

●私のぶれない本職
  ネイチャーインタープリター

●2017年現在の仕事
  五味五感企画
  婚活de八ヶ岳推進委員会
  エフエム八ヶ岳ラジオパーソナリティ
  帝京学園短期大学非常勤講師
  山梨県総合計画審議会委員

●連絡はこちらへ
  メール:gomigocan@gmail.com
  山梨県北杜市高根町在住