五味五感 BLOG

五味愛美、インタープリテーション、環境教育、婚活DE八ケ岳推進委員会、FM八ヶ岳、帝京学園短期大学、八ヶ岳観光圏

こんにちは!五味五感企画の五味愛美です。Hello! This is AIMI from Mt.Yatsugatake!

山梨県北杜市&八ケ岳地域の情報、環境教育、婚活関係などの情報を発信しています!

 ●【五味五感企画】五味五感企画のオフィシャルHPです。
 ●【FM八ケ岳】「五味愛美の八ヶ岳スタイル」82.2MHz。毎週月曜日12:00~on airです。
 ●【婚活de八ヶ岳推進委員会】面白いイベント盛りだくさんです!
 ●【エジソンの会】北杜市を楽しくする有志の会です。こちらもおかしな人の集まりです!
 ●【帝京学園短期大学】講師をしています。「自然観察」を担当しています。
 ●【八ヶ岳観光圏】観光地域づくりマネージャーとして、八ヶ岳の観光振興に携わっています。
 ●連絡はこちらから。 gomigocan@gmail.com

  ●【Translate】If you want to translate Japanese to English, please use "Google site".
 ●【Hokuto city Guide】this is information of our town.
 ● I'll challenge to write the sightseeing and Japanease life style in English information little by little.please enjoy it xx!!

医師・中島先生にお話を聞きました。

2017年06月30日 | ★ 観光情報・地域活性化



『地域包括ケアシステムと来年の診療・介護報酬同時改訂』について、ほくと診療所の医師であり衆議院議員の中島克仁先生にお話を伺いました。



まずは先生のプロフィールからお伺いしました。
中島先生は外科でガン専門だったんですって。
ガン専門で患者さんと治療にあたっていて「自宅で死にたい」という患者さんに多く出会い、その中から、在宅医療の専門の土地邦彦先生に出会い、そして、今の訪問診療の形でここ北杜市の在宅医療でご活躍頂いております。

在宅医療ばかりでなく、19床の診療所を開設。有床診療所として、介護している家族が一次休憩ができる医療施設として、ほくと診療所があります。






みなさんもご存知の通り、今の日本の人口は過去に例をみない推移をたどっています。
急激に人口が増えた戦後も信じられない社会変化でしたが、これから来るであろう人口減を見据えて社会システムを構築していかなくてはいけません。
むむむむ。



日本では7年前、2010年に出生数と死亡数が逆転をしました。
人口はますます減少の一途をたどっていきますね。



驚いたのが、この地図でした。
「高齢化のピークに伴う医療需要総量のピーク」の図。ちなみに北杜市は今から13年後の2030年に医療需要のピークを迎えます。甲府市は3年後の2020年。峡南地域は2010年にピークを迎えていて、今は比較的ゆとりがある状態です。
地域によって医療需要のピークが異なり一様には考えられません。



なので、いろいろな対策が必要になって来ます。
社会保障給付費が増加していきます。給付費の半分は公費(地方税等と国庫負担)。半分は保険料。国の財源は確保出来ていない現状。

こらから向かう少子高齢化。人口減。労働人口減。総生産減。
そして、多死社会。どこで最期を迎えるのか?
地域医療の構想。
山梨県でもこれから現状よりも25%のベットを減らす目標がある。
(現状9,000床→2,500床のベットを減らす。)
変わりに介護施設のベットを増やすのか?12万人分を増やす予定はあるが、残りの30万人分はどこで死を迎えたらいいのか?
→在宅医療をすすめている。30万人が在宅医療?
(現状は75%が病院で亡くなっている。)

在宅医療をしている医師は増えているのか?→減っている。国全体でも減っている。一時期増えたんだけれど、減った。

白州には吉田先生がいらっしゃる。
在宅医療の訪問は半日で3〜4人が限度。北杜市は広いので。

日本は貯金がないと老後安心出来ない。
自分のことは自分でやれ、という姿勢の日本。
亡くなる時に、貯金額が多いのが日本。

海外に事例。
社会保障が安心な国では貯金をしなくても、老後に不安がない。

医療は『納得』。
それぞれが納得出来る医療を受けれるといい。

日本にも『家庭医制度』を導入したい。
「家庭医」と「かかりつけ医」は何が違うの?
→家庭医は、医師に登録をし、何回診療してもOK、一定額、1名の医師に登録することで24時間診察可、登録していない医師にかかる時は全額負担になる。フリーアクセスができない。
→実はこの「フリーアクセス」は世界に誇れる日本の医療体制
→でも、フリーアクセスのおかげで医療のダブつきがあるのも事実。その交通整理をするのが診療所。

急務ではあるが、皆のアイディアを出し合って、『北杜市らしい医療システム』を組めたらいいな。
地域の特徴をふまえて、効率のいい方法が思いついたらいいな。

中島先生が目指している『形』がある。民間の施設。

キーワードのみの報告で失礼★





コメント

二時交通について。

2017年01月20日 | ★ 観光情報・地域活性化


先日、二次交通の会議に出ました。
二次交通ってね、目的地からさらに目的地まで行く手段のこと。
どこの地方もこの二次交通は課題でしょう。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥
二次交通の会議の中で気付いたこと。
⚫︎北杜市や、富士見町、原村でのリゾートエリアを回っている「リゾートバス」。色々と工夫されているけれど、それぞれの路線で課題多し。
⚫︎利用者が増えている路線、減っている路線、理由分からず。
⚫︎今、話題のUBER。六本木で導入されているが、基本的には「タクシー会社が無い地域」が基本。例えば離島。
⚫︎我が地域のように、タクシー会社もある、バス会社もあると言う地域でのUBERはまだ、認められないかも。日本の多くが「タクシー会社はある、バス会社もある」の地域。さて、どうしようか。
⚫︎ここから私の気づきと雑談。
→八ヶ岳エリアはレンタカー少ないよね。小淵沢駅前と、清里のニコニコレンタカー。北杜市さ、こんなに太陽光パネルがあるんだから、電気自動車のレンタカーを導入したらどうだろう?電気代安くしてさ。みんなの移動を電気自動車にする、ってどう?
→で、この電気自動車は、市民ももちろん使えてパソコンで予約するの。都会にあるタイムズレンタカーのように。
→北杜市市民バスは、観光客も利用していいんですって。でもね、路線が「地名でしか」表記されてなかったり、路線が多かったりして統一のサイトに載せるのには苦労が必要そう。なるほど、我が家の近くの路線バスは1日18本もある(びっくり!)。
→タクシーもさ、ちょっとだけ大型タクシーとかあるといいなぁ。例えば2人夫婦(おじいちゃんおばあちゃん)と3人家族(若夫婦と子供)みたいな時に、1台のタクシーで移動出来るといいよね。
→なんて、考えました。これから考えなくちゃね。
‥‥‥‥‥
ちなみに、北杜市民バスは快適です♪
コメント

フォトジェニックな街でありたい。

2016年12月20日 | ★ 観光情報・地域活性化



「こういう風景、いいなぁ」っと思うの。
ふとさ、車を停めて写真を撮っていらっしゃる。
このイラストは昨日の夕方の風景。

『北杜市はフォトジェニックな街でありたい』
思わず、写真を撮りたくなるような、そんな景色やシーンや商品が溢れているといいなぁと思うの。

美的感覚は人それぞれなので、なんとも伝えにくいものですが「フォトジェニック」と言う言葉に出会って、私の中で判断基準が生まれたことは確かです。

コメント

"Think global,Act local" で動こう。

2016年03月01日 | ★ 観光情報・地域活性化
学びを学びっぱなしにせずに、まとめておこう、と心がけています。
学びや気付きは、もしかしたらメモやノートにまとめておく方が普通かもしれませんが、私はブログやHPの方が性に合っているんだなぁ。


さて、渡辺パコさんから、今回もいろいろと教えて頂きました。
YYI(八ヶ岳よのなかイニシアチブ)の勉強会。



今回も話題と気付きのメモを掲載しておきます。

《出た話題》

・マイクロコミュニティ(5万人程度の町はベスト)を拠点に合意形成型の意思決定の方法を模索したい。
・民主主義。
・都心で10名人が集まる、という意味合いと、マイクロコミュニティで10名集まるというのは意味が違う。
・まずは、世界の動きを確認をしよう。COP3の京都会議、COP21のパリ会議での「パリ協定」の内容。
........
(参考:パリ会議での合意の要旨)
→温室効果ガス排出量が速やかにピークに達して減り始めるようにする。今世紀後半には温室効果ガスの排出源と吸収源の均衡達成。森林・土壌・海洋が自然に吸収できる量にまで、排出量を2050~2100年の間に減らしていく。
→地球の気温上昇を2度より「かなり低く」抑え、1.5度未満に抑えるための取り組みを推進する。
→5年ごとに進展を点検。
→途上国の気候変動対策に先進国が2020年まで年間1000億ドル支援。2020年以降も資金援助の約束。
→(ちなみに、このパリ協定の目標の中では原発は採用しない、という前提)
.........
・再エネの中で、コストダウンが進んでいるのが太陽光パネル。こんなにも安くなるのかとびっくりするくらい。
・再エネのメインになっていくのは「ソーラー」ではないか、というのが世界的な動き。なぜなら(1)設置のスピードが早い(2)人に対する影響が他のものに比べて少ない
・北杜市でのカフェの事例紹介
・北杜市長坂での森伐採の事例紹介
・参加されたWさんの投資目的の事例紹介
・蓄電するバッテリーもコストが下がってきている。NAS(ナス)電池。リチウム電池。
・「森林法」がおざなりになっているのかも。
・大滝湧水の事例
・大滝湧水の周辺の森は昔から「御留林(おとめはやし)」という、涵養林だった。





《気付きや考えた事》

・世界の大きなトレンド(流れ)を考えて、この地域のことを考える必要がある。Think global,Act localという言葉が久々に頭をよぎった。
・「オフグリッド生活」という言葉を恥ずかしながら、初めて聞いた。なるほど、いいね。
・「森林法」を少し調べてみたいと思った。
・世相を変えるというのは、情報発信することが必要。ムーブメントを起こすということはどういうことだろう?
・参加されていた調所さんが「一人でも友人を連れて来るというアイディア」という発言をされて、なるほど、そこからだなと感じた。
・人間は感情の生き物。正論をロジックに理論的に話を進めていくことも必要だけれど、感情もうまくロジックな流れを作れたらいいのに。「はずかしい」「誇らしい」「安心したい」「不安感」などの感情も外せない要素。






コメント

おれんじキッチン、明日オープン♪♪

2015年12月28日 | ★ 観光情報・地域活性化
北杜市大泉に「おれんじキッチン」がオープンします♪
オープン前日にお邪魔してきました。

かずくんと、けんちゃんと、ゴローちゃんがスタッフですよー★
写真、撮ってくれば良かったなぁ。
かっこいい3人ですよ♡

ここは、ちびっこハウスグループのスタッフさんが関わっているので、子どもさんと一緒でも、大丈夫!!大歓迎です。

ここのコーナーは、素足でどうぞ。





こっちは、大人のbarみたい(*^^*)!


メニューの売りは、ダッチオーブン料理。


他のメニューもいろいろあるよ。

ドリンクメニューもいっぱいあってね。
ノンアルコールカクテルを頂きました♪
こちらは「ミックスベリーのカクテル」



場所などはこちらのチラシをご覧くださいね。

⚫︎場所 北杜市大泉町谷戸5914-5
⚫︎電話 0551-45-6754
⚫︎営業時間 11時~夜遅くまで(笑)





でね、ここのお店の良いところはね「心温まる事はなんでもあり」な事(笑)。
きっと心温まる事が集まって来そうなお店になりそうな気がするの♪♪
とっても「気がいい」人達ばかりだから。
ぜひ、足を運んで下さい。

明日、12月29日オープンです!!!


コメント (2)

「北杜市の太陽光パネルをどう扱えばいいのか?」お話会、覚書メモ

2015年04月20日 | ★ 観光情報・地域活性化



月に1度の勉強会「YYI(八ケ岳よのなかイニシアチブ)」
いろいろ勉強会をしてきましたが、集中的に「北杜市の太陽光パネルをどう扱えばいいのか?」の話し合いをしようということになりました。今回の参加者は全部で21名。渡辺パコさんのコーディネートです。
賛成でも反対でもない。
「合意を作る」。

全体的な私の感想は「あー、こうやって社会が変わっていくのかも」という一端を感じた流れたのでした。

今回から連続して3回、このテーマで話をします。
第1回目、4月20日(月)21名参加
第2回目、5月11日(月)
第3回目、5月25日(月)

●話し合いの基本は「事実の確認」「立場の理解」「合意」。
●目的は「YYI参加メンバーとして地域の太陽光パネルの扱いについて合意を作る」

〈事実の確認〉
●地球温暖化の現状。地政学のリスク。
●リマ会議&自然エネルギー世界白書の報告。「温暖化を2℃以内に収めたい」。今までのCO2排出だと2℃の上昇を越えるまで30年足らず。
●「再生可能エネルギー」は、太陽光エネルギー、水力、風力、地熱、地中熱、その他に潮力、波力、海流、バイオ燃料、バイオマス。
●COPの会議では、原発エネルギーはCO2削減対策にはならないという合意。



〈出た意見と私の感想と覚書〉
●2008年の京都議定書の内容は、2011年の震災で停滞している。
●原子力発電はしたくないが、太陽光パネルもいいのかどうか分からない。
●北杜市には太陽光パネルのパイオニアがいらっしゃる。
●いままでお金にならない森林がパネルの設置によってお金を生むようになった事実
●クリーンエネルギーの推進といいつつ、原発の隠れ蓑なのではないか?
●市役所の動きも国の動きも「分からない」から懐疑的になってしまう
●北杜市のK地域の事例。良い事をしていると思っている。「いい事をしているのに、なんで非難されなくてはいけないの?」
●景観は人の価値観によって違うので、善し悪しは言えない。
●森林が伐採された時に「どんな理由で伐採されたのか」を看板とかで記載してくれるとヒステリックにならない。
●無計画、無秩序に太陽光パネルが建設されていることが問題
●でも、計画的にゾーニングをするにはかなり大変。土地の所有権問題。
●今後の太陽光のメンテナンス。除草など。
●「いいモデルケースを作ろう」
●市長→環境課ー地球温暖化防止活動推進委員(北杜市、山梨県)、グリーン北杜
●電力を蓄える方法。
●北杜市独自の電力会社
●いい事例が北杜にはある。「生長の家」さん、「きらら」さん。
●若者たち及び自分達の負担を軽くするために
(※追記があると思います)


コメント

北杜市が新規就農者や移住が増えてる理由

2015年02月25日 | ★ 観光情報・地域活性化
いつくかの打合せで北杜市内をあちこちと回っていました。
ここ最近、我が北杜市は新規就農者が増えてきています。その中では移住してくる方も多いのです。



そんな中で、いくつかお話を聞いてきました。




なかやの大塚さん。縁側で正座をされている方です。
お話聞いたらね、今度、津金地域に3人も若い世代が移住してくるんですって。なかやに体験宿泊して、田舎暮らしを体験して、何回か通ってお茶を飲んだりしている間に、家を貸そうかなぁどうしようかなぁって悩んでいるおばあちゃんとお見合をして、何回か会ううちに、貸すことになったんですって。
地道なこういう拠点があることが大切なんですね。
大塚さんの存在が大きいです。



ちなみに2014年は「移住したい県ランキング」は1位になりましたね♪



さてさて、そして畑山農場さんにて。



フリーペーパー「有機野菜と。」を頂きました。このフリーペーパー、山梨総研が使ったのもなんです。ちょっと面白いですよね。一般社団法人の里くらさんが取りまとめしています。里くらの紹介冊子に似ています。



その中でも紹介されている「やまそだち」。「のらごころ」は北杜市を中心に出荷されていますが、「やまそだち」は都心などの大きな販促ルートで有機野菜を販売されています。
人によっては、のらごころのネコちゃんのロゴよりも、やまそだちのクマさんのロゴの方をよく見かける、と言います。



やまそだちのグループや、のらごころのグループは、北杜市と韮崎市に多く集まっています。その農家さんのほとんどが30代、40代の子育て世代であるということ。そのために新規就農を目指している若者の見本になっているということです。それは、仕事の事ばかりでなくて、生活の事の見本になっていること。

未来は明るいなぁ、と感じるのです。



コメント

三滝の氷瀑。

2015年02月11日 | ★ 観光情報・地域活性化
北相木村の三滝山の氷瀑(ひょうばく)に行ってきました。
氷瀑とは滝が凍っている状態のこと。

私は、大禅の滝の氷瀑が大好きです。
この形。
この色。
この大きさ。
そしてこの身近さ。



大きな駐車場があるので、安心して車で行く事ができます。
駐車所には分かりやすい地図があります。
3つの滝があります。
駐車場からすこし歩きます。



こちら、説明文。



足元はこんな感じで雪かきをしてくださっているので、安心して歩けますが、スノーブーツや登山靴のような靴をおススメします。



今年は、少し温かかったので、凍っているか心配でしたが、行ってみると!!!





凍ってる~~!
やっぱり凄い迫力!!!







こんなにも近くで見る事ができるんですよー♪
角度を変えてみるとまた違った表情が楽しめます。








じゃ、もう1つの滝の浅間の滝へ。
と思ったのけれど、足元がこんな感じ。アイゼンがないと厳しそうなので、こちらは断念。




数年前に来た時にはあった観音堂が壊れていました。昨年の大雪で壊れちゃったのかな。
当時もなかなかの古さだったものなぁ。




では、もうひとつの氷瀑。
小禅の滝へ。



うん。いい具合に凍っています。
私がブクブクです(笑)。寒いかなぁって思って、いっぱい着込んでいったらこんな具合に(苦笑)。

この美しい自然現象。
寒くないと楽しめません。
今の時期にぜひ足を運ばれる事をおススメします♪
ぜひ。

..............................
(参考までに)
2013年2月12日に訪れた際の観音堂の写真です。趣きのあるお堂でした。











そして、2013年2月12日の大禅の滝の様子。
大きさは今年とそんなに変わらないかな?

コメント

黄色い柑橘系って手を出しにくいですよね(^^)

2015年02月10日 | ★ 観光情報・地域活性化


あー。
美味しい柑橘系に出会いました。
そして黄色い柑橘系がこんなにも甘いなんて。
黄色い柑橘系って、酸っぱそうで手を出しにくいですよね。伊豆で買ってきましたよ。

⚫︎「吉田ぽんかん」同じぽんかんでも味が全然違うの。今回は太田ぽんかんと食べ比べして、吉田ぽんかんを買ってきました。

⚫︎「黄金柑」別名ゴールデンオレンジ。黄色い柑橘系がこんなにも甘いなんて!とびっくりする味です。このHP見たらとっても高いけれど、私は一袋300円で買ってきました。

⚫︎「はるか」これまた、黄色い柑橘系なのにとっても甘い。また見つけたら買いたいなぁ~って思う柑橘系です。
コメント (2)

天城越えの本わさびソフト

2015年02月10日 | ★ 観光情報・地域活性化
IZU is a specialty areas of Wasabi.
Wasabi ice cream is so so so delicious !
I ate while mixing wasabi with spoon little by little.
It's nice flavor, sweet,fresh....xx
I want to eat again !

伊豆半島の真ん中。
天城越え。
この辺りは本わさびの名産地。

天城越えで食べた「本わさびソフトクリーム」、美味しかったよ。



写真のバックの地図は伊豆半島ね。
その場で本わさびをすりおろしてくれます。
本わさびのいい香り。




さっぱりしてて、おいしかった。
また食べたいなぁ。

スプーンで「混ぜ混ぜ」しながら食べるのです。
思い出したら、ヨダレがっ。
また食べたくなった。
オススメです。

もちろん、道中では「天城越え」を歌いましたよ。お約束ですな。
コメント

五味愛美プロフィール

●通称
  あいちゃん
  あいさん
  あいみちゃん

●今の私のキーワード
  森(1994年〜。学生の頃から)
  環境教育(1994年〜。学生時代を含め20年間)
  インタープリター(2000年〜。プロとして15年間)
  森林療法(2005年〜2010年)
  ワークショップ(2000年〜。)
  地域活性化(1998年〜。)
  イベント企画・司会(2011年〜。)
  田舎暮らし(2007年から二世帯を始めました)
  婚活ファシリテータ&コンサル(2011年〜。)
  短大の非常勤講師(2014年〜。)
  ラジオパーソナリティ(2011年〜。)

●過去の掲載メディア
  ★日本エコツーリズム協会 の 「このガイドさんに会いたい100人」・選出
  ★エコライフマガジン「もうひとつのエコライフ~WOMAN'Sスタイル~」・執筆
  ★2007年 YBSテレビ 「ワンダフル甲州人」 出演
  ★2007年 FM八ヶ岳「キープ・カンティ・トーク」 DJ担当(1年間)
  ★2008年 JR中吊り広告/山梨ディスティネーションキャンペーン/八ヶ岳南麓エコツアーガイド
  ★2008年  書籍『森林療法あらかると』 NPO法人日本森林療法協会編・執筆
  ★2009年 山梨日日新聞 「彩職兼備」 取材
  ★2009年 八ヶ岳ジャーナル 「曙光」 取材
  ★2009年 「ReBueaty」山と渓谷社出版 取材
  ★2009年 『地球人』執筆
  ★2010年 JTの森「もりへようこそ」 インタビュー

●私のぶれない本職
  ネイチャーインタープリター

●2017年現在の仕事
  五味五感企画
  婚活de八ヶ岳推進委員会
  エフエム八ヶ岳ラジオパーソナリティ
  帝京学園短期大学非常勤講師
  山梨県総合計画審議会委員

●連絡はこちらへ
  メール:gomigocan@gmail.com
  山梨県北杜市高根町在住