mi piacciono…

la vita per quelli che mi piacciono

映画「テキーラ・サンライズ」

2015-12-16 20:31:40 | 映画見よう!
DVDが叩き売り!されていたので、買ってしまいました。^^


バブル真っ只中のゴージャス & 中身なし!の内容だったんですねー。

改めて。

いや、いいんですよ、これで。


カート・ラッセルのタバコの吸い方!

今や、世の中タバコを吸う方がカッコ悪いような風潮ですから、21世紀の映画じゃありえないでしょう。

ミッシェル・ファイファーのヘアスタイルにファッション!

あれで、20代後半の設定なんだから、こりゃまいった。^^


んで、私のメル。#^^#

素敵すぎて。

悶絶していました。^o^



また、3人の瞳の色がいいのよね。

あんな瞳で見つめられたら....いや、0.5秒も耐えられないだろうな。


テレビドラマ「マイアミ・バイス」とどっちが先かな。

ドン・ジョンソンにも会いたくなっちゃった。


いい時代でした。

ジャスト、私の青春時代。きゃー♪

今日の1曲 映画「Tequila Sunrise」OSTよりAnn Wilson from HEART & Robin Zander from CHEAP TRICK「Surrender to Me」(1988)

この記事をはてなブックマークに追加

映画「レディホーク」「ブレイブハート」「ロビンフッド」

2015-12-12 21:39:17 | 映画見よう!
急に思い立って、中世のおとぎ話映画3本を立て続けに見ました。

「Ladyhawke」(1985)

「Braveheart」(1995)

「Robin Hood: Prince of Thieves」(1991)


3本とも、公開時に映画館で見ています。

.......「レディホーク」は違ったかな?


この10年。コスチューム物は日本と韓国の作品しか見ていないって言い切って、ほぼ間違い無いもんなー。



「Ladyhawke」

そうだ、ミッシェル・ファイファーにはまっていた時に、過去作品として見たんだ。

90年頃かな。

中世物ってのもあったし。


んで、最初に見たときは、素敵だなーって思ったんだけどさぁ....。

いや、今でも素敵なんだけど、いい意味で?超B級でした。

何がって、音楽!

ホントにオケで演奏している?ってなくらい、チープな音作り。

音だけじゃなく、やっすいソープドラマのようなメロディとリズム。

せっかくの美しい風景、美しいお城、美しい狼と鷹。

音楽が流れた途端、ガックリ....。


解説を見ると、「ロック調の音楽が...」なんてあるけど、ありゃロック調じゃなくて、スーパーで流れているキーボードだけにアレンジした歌謡曲だよー。

巨匠リチャード・ドナーの当時の趣味だったのか、なんなのか。

「マッドマックス」と同じノリなんだか....。

キラキラのバブル真っ只中80年代ならでは、だったのかなー。

中古盤を、それもブルーレイを、結構な値段で購入しちゃったけど、再び見るには勇気がいるわー。


マニア心をくすぐる作品、なんでしょう、きっと。

ファンタジーとはいえ、私はちょっと....。TT




「Braveheart」

今回見た3作品では、一番新しいからなのか、フィクション満載とはいえ、史実に近いような錯覚を起こさせる作りです。

私は、小説や映画を見て、本当の歴史はどうだったんだろう?と興味を持っていく人間で、映画公開時には、スコットランドとイングランドの関係が書かれた本を読み漁りましたね。

もう、忘れちゃっているけど。^^


史実はともかく、この映画も、全編美しく、そして、音楽が素晴らしい。

なんでサントラ買ってないんだろう。


いっとき、メル・ギブソンにもはまって、彼の映画を見まくっていましたね。

先述のミッシェル・ファイファーと共演した映画、なんてったっけー、ええっと...。

「テキーラサンライズ」!「Tequila Sunrise」(1988)だ!

うわー。猛烈に見たくなった。

VHSで持っていたんだけどなー。


それは、さておき。

メルも素敵だったけど、ソフィー・マルソー!

綺麗でした~。

本当に綺麗だった。

スコティッシュの歴史的戦いより、ウィリアムとイザベラ王妃の悲恋に惹かれて何度も見ましたね。

これは、VHSもDVDも持っています。

長くて、見るのに力が入っちゃって大変なんだけど、これからも、何度も見返すであろう作品。



「Robin Hood: Prince of Thieves」

これは....大大大!好きな作品です♪

サントラは、ずーっと聴き続けていますね。

でも、DVDは持っていませんでした。

wowowで録画したVHSは持っていたのですが....今回、お買い上げ~。

出演者やスタッフの解説付きで、3回続けて、早送りなしで見ましたよ。

  #バカだわぁ~。


とにかく、何もかも、よくできています。

解説を聞くと、結構制約があり、予算もそんなに潤沢ではなかったことがわかりますが、それにしちゃ、すごい。

これぞ「ハリウッド」な、一大エンターテインメントです。

それも、CGなしで。

今なんて、こういう作り方は許されないだろうし、出来ないだろうなぁ。


ケヴィン・コスナーが一番カッコよかった頃ですね。

「JFK」「The Untouchables」と並んで。

「The Bodyguard」も良かったけど。


作品的には安かったけど「Revenge」も好きでした。

マデリン・ストウが綺麗でねぇ。


それはさておき、ロビンフッド。

英国式発音じゃないって、散々叩かれたけど、そんなのふっとんじゃうほど、楽しくカッコよく美しい作品でした。

ロビンの放つ矢がぁぁぁ~~~~~っ!


最後に登場した獅子心王リチャードが、ねぇ。

映画館じゃ叫んじゃっていましたよ。

何度見てもそうです。

年内は、まだまだ繰り返して見ちゃいそうです。


久しぶりに映画魂に火がついちゃいました。

これから、素敵な欧州中世映画探索の旅に出まーす。^^

今日の1曲 映画「Robin Hood: Prince of Thieves」OSTよりBryan Adams「(Everything I Do) I Do It for You」(1991)

大ヒットしました。

本当に中世にあった曲のかけらをアレンジしたものだったんですねぇ。

素晴らしい。

この記事をはてなブックマークに追加

映画「新少林寺」

2014-11-14 22:00:21 | 映画見よう!
はぁ。

なんつーか......。

まぁ、香港映画らしいかな。

技術は21世紀なんだけど、根本は70年代のカンフー映画。

私はどーこー語る立場ではありません。


OSTが美しくて、CD欲しくなっちゃった。

今日の1曲 映画「新少林寺」テーマ曲

元の「少林寺」「少林寺2」を見直したくなりました。

リー・リンチェイが、純粋な少年だった....としか記憶してないわ。

あんなに何回も夢中になってみたのにねー。

この記事をはてなブックマークに追加

大河ドラマ「軍師 官兵衛」第5回「死闘の果て」

2014-02-02 20:36:07 | 映画見よう!
......切ない。

しょこたん、切ないオトメを熱演です。


戦国時代だからね。「殺」「死」は外せないんだけどさ。


今日の1曲 大河ドラマ「軍師 官兵衛」よりテーマ曲(2014)

メロディが残らない、などと不届きなことを前回書きましたが、違いました。

頭に残っていたメロディが「これ」だと気がつかないくらい、馴染んでいました。


いつか、大河ドラマのテーマ曲集を買いたいと思いつつ、買ってない。。。

この記事をはてなブックマークに追加

映画「Back to the Future」

2013-12-31 20:15:50 | 映画見よう!
紅白と2画面で見ています。


28年前!

当時、渋谷の映画館に、大学のサークルのみんなで見に行ったっけ。

マイケルJが大好きで、その後、彼の映画を見まくりました。

青春時代ジャストです。



さて。

2013年もあとわずか。

今年も、まぁ楽しく過ごせたかな。

後半、仕事がハードで、ちょっと体調崩しちゃったけどね。

来年も、このままフツーに生活出来るといいです。

家族増えるし。^o^


このブログに訪れてくださるみなさま。

ご愛読ありがとうございます。

来年も、懲りずにヨロシクお願いします。

みなさまも、どうぞ、健康で過ごされますように。

今日の1局 Huey Lewis & The News「The Power of Love」(1985)


この記事をはてなブックマークに追加

GATCHAMAN ← ネタばれアリ

2013-08-28 21:54:05 | 映画見よう!
途中で落ちが分かっちゃった。^^

けど、今一体、地球上なのか、ギャラクターの基地内なのか、空中戦なのか、そして意味も分からなくなった。TT

CGスゴすぎて、画面がぶれる感じがして、ちょっと酔った。*_*

ナオミがまーーーったく美人に見えなくて「これ、取り合ったの?」って。^o^

タツノコのいろんなキャラやグッズが出て来て笑えた.....けど、他にも、ここは笑うところなのか、真剣なのか、困るシーン多数。


続編はあるのかっ???!

今日の1曲 「科学忍者隊ガッチャマン」より「ガッチャマンの歌」(1972)

てかさー。これ、科学忍者隊じゃなくても良かったんじゃね?^o^////

レディースデイということで、特撮のプロ(戦隊もの&仮面ライダー大好き、東方大好き)と一緒に見てきて正解。

見終わった後、二人で罵倒しまくり、でも、寝なかったし、つっこみどころ満載で、1000円だから許容範囲。

まぁ、ある意味楽しかったから良かったね!との結論。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「武士の一分」

2012-12-23 14:39:26 | 映画見よう!
藤沢周平は大好きで、8割は読破。

映像化されているモノも、機会があれば見ている。

でも、これは.....。奥ゆかしく、そして胸に熱いものを秘めた主人公たちを「木村拓哉」で演じられちゃうとなぁ......と避けていました。

昨夜のオンエアでは、頭30分遅れて、つい、本当に「つい」見始めました。



間違いはなかったですね。

もっとも、木村くんである必然性は感じられませんでしたが。

監督を始め、スタッフや脇を固める名優たちに支えられ、藤沢ワールドが出来ていました。



風景は、いつでも淡々と流れる。でも、人の気持ちは、その風景に溶け込みつつ、山あり谷あり。

結果は分かっていたけど、泣けて泣けて仕方なかったなぁ。



こういう、心がほっとする映画を見たいものです。

今日の1曲 SMAP「SMAP012 ~VIVA AMIGOS!」より「ひと駅歩こう」(1998)

この記事をはてなブックマークに追加

ヘルムート・バーガー

2006-11-23 23:29:57 | 映画見よう!
ヴィスコンティの映画をNHK BS2でオンエアしています。本日は「ルートヴィッヒ」。何度も見ていますが、何度見ても美しいです~。これしか言えない自分が悲しい。私は、映画より先に、ルートヴィッヒ2世の伝記「狂王ルートヴィヒ-夢の王国の黄昏」 (ジャン デ・カール) を読み、映画があると知りました。本は衝撃でした。そして、ドリアン・グレイと違って、自分の老いていく姿を、ある意味まっとうに見つめるヘルムート・バーガー演じる「ルートヴィッヒ」を見て、「ああ、映画って、芸術なんだ」と認識した次第。

個人的には、映画はエンタテインメントだと思っていますが、ヴィスコンティは、私が言うまでもありませんが、クラシック音楽や、絵画と同じと思います。きいたふうな口ですみません。芸術に高尚も低俗もないですよね。人が美しい、癒される、と感じれば、それは芸術…かな?

イタリア語は、私でも聞き取れて嬉しかったです。これ、百万回見れば、少しは思い出して、また話せるようになるかも。でも、繰り返してみるにはハードな内容だ…。

今日の1曲 Wagner「Der Ring des Nibelungen」より「Die Walkure: Dritter Aufzug, Erste Szene: Vorspiel - Hojotoho! Hojotoho! Heiaha! Heiaha!」

この記事をはてなブックマークに追加