京都八幡の印刷屋のヨメブログ

八幡市の観光案内、印刷のこと、私事など色々書きます。よろしくお付き合い下さい。たまに4コマ漫画も描いてます。

ミネラルショーに行ってきました。

2019-10-19 18:15:52 | 日記
先週のことなのですが、
京都市のみやこめっせで行われていた
「石ふしぎ大発見展」へ初めて行ってきました。





遺跡や古墳も大好きなのですが、石や鉱石や化石にも興味があって
(幸いにも宝石には興味がない)
以前も京都市内の益富地学会館へ行ったりしてたのですが、
前から行きたかったミネラルショーを見学してきました。

入ると人の多さと店の多さに圧倒されました。
博物館展示的なものとばかり思ってたのですが
行ってみると実質石や宝石の即売会場でびっくりしました。
ものすごく広い会場に大量のお店と石とお客様がひしめき合ってました。

宝石なんか似合わない、ほぼ興味がないヨメは
場違いな場所にきたと思ってたのですが、
探してみると中には鉱物や化石を売っているお店もちゃんとありまして!
(撮影禁止されてたので写真がないのが残念)
三葉虫の化石や魚の化石、サメの歯、アンモナイトなんか
大小様々いろんな種類や大きさのものがたくさん販売されてました。
(アンモナイトが以外に安価でびっくり。500円くらいからありました)

会場では人と石と商品に圧倒されてしまって帰宅後にパンフレットをみて
特別展示「ミステリアスなアンモナイトの世界」を見過ごしたことが
非常に心残りになってます。

来年はしっかり下調べして、気合を入れて来ようと
誓ったヨメなのでした。

京都で鉱物、化石を見たい方は益富地学会館

おまけ。


京都モダンテラス 
昔の京都会館の建物です。
古い建物だけどおしゃれに変身してますよね。  



手描きオリジナル、フードイラストです。 フライヤー、メニューなどにご利用くださいませ。

     

ご相談は日商印刷まで。



応援のクリック、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へにほんブログ村
コメント (1)

絵本

2019-10-17 18:09:34 | 日記
先日、納税証明書が必要なため、
宇治の税務署で申請をしている間の待ち時間のことなのですが、

やたら絵本が置いてあったので
いろいろ読んでみました。

なつかしい、
「11ぴきのねこ」シリーズを4種類読みました。

(画像、お借りしました)

久しぶりというか、数十年ぶりに絵本を読んでみると
話の内容の自由さと荒唐無稽さに驚きました。
・なぜ猫は11びきで共同生活をしているのか
・猫たちはどういう関係なのか?(血縁はあるのか)
・猫はなぜ魚しか食べないのか?(魚以外に食べるものはなかったのか?)
・魚が取れるまでの空腹はどうやってしのいでたのか??
などなど。しかも話のオチがないやん。とか

大人になって読んでみたら、つっこみどころが満載やったのですが。
そういうふうに読んではダメなんでしょうね。きっと
子供のときは(全く記憶はありませんが)
純粋に絵や情景やことばを楽しんで、それで良かったというか
そうじゃなくちゃダメなんやろな〜と
薄汚れた心のヨメは思ったのでした。

オマケに。




どーでもいいのですが、バーバパパの誕生の仕方が
ニキビのでき方にしか見えませんでした。
(だから心が汚れてるのよ)





手描きオリジナル、フードイラストです。 フライヤー、メニューなどにご利用くださいませ。

     

ご相談は日商印刷まで。



応援のクリック、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へにほんブログ村
コメント

台風19号により、流れ橋流れました。

2019-10-14 17:23:44 | 京都 八幡
巨大な台風19号が日本中を荒らして過ぎていきましたが、
みなさまのところは大丈夫でしょうか?

ヨメが暮らす八幡市も3本の大きな川が近くを流れてる
低い土地なので、昔から水害が多くありました。
ヨメも子どもの頃に何度も洪水を体験しております。
ほんとあれ、後片付けとかトイレとかが大変なんですよね。
(でも命とられること思ったら全然マシやと思います)

今回の台風でヨメが暮らす八幡市は幸いにも大きな被害はなかったのですが、
八幡名物の流れ橋が久々に流れてしまいました。
多分、上流の三重県辺りの降水量が多かったのでしょうか。


堤防の上から


流れてきた草やゴミが大量にひっかかっています。
(このゴミのせいで余計に水圧がかかると思う)


水の上に浮いてる棒状のものは流れた橋板です。


昔より橋の高さを1メートルほど上げて
流れにくくしてあるらしいのですが、
近年の災害の甚大化で追いつかなかったようです。残念。


今回の台風19号では関東甲信越、東北に甚大な被害が出ているということで
心を痛めております。
早く復旧してみなさまの生活が1日も早く元にもどるように祈るばかりです。




手描きオリジナル、フードイラストです。 フライヤー、メニューなどにご利用くださいませ。

     

ご相談は日商印刷まで。



応援のクリック、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へにほんブログ村
コメント

京阪 石清水八幡宮駅

2019-10-02 18:18:16 | 京都 八幡

昨日見つけた彼岸花です。
背割堤の反対側の堤防、さくらであい館の裏手です。
たくさんキレイに咲いてました。

さて、10月1日より京阪八幡市駅の名前が変わって、
「石清水八幡宮駅」になったということなので、見に行ってきました。


おお〜。ほんまや。変わってるわ。


ここも。


案内板も(当たり前やって)


駅の突き当たりにあるケーブル乗り場の駅も
名前変わってキレイになってる。

学生の頃からずっと八幡市駅にお世話になってて、
駅がなくなったわけではないのですが、
少しさみしい気がするヨメなのでした。

おまけ
駅の奥にむか〜しからやっておられる朝日屋さん。
テレビに出たりもされてて、さば寿司が有名です。

ふらっと寄りたくなったけど、仕事中なのでがまんがまん。




手描きオリジナル、フードイラストです。 フライヤー、メニューなどにご利用くださいませ。

     

ご相談は日商印刷まで。



応援のクリック、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へにほんブログ村
コメント

神子畑選鉱場を見学してきました。

2019-09-28 17:42:12 | 遺跡

彼岸花もきれいに咲いてきましたね。


先日のお休み、以前からずっと行ってみたかった
兵庫県朝来市にある「神子畑選鉱場(みこばたせんこうじょう)」を
見学してきました。

神子畑選鉱場とは・・・
(パンフレットより)
「神子畑選鉱場跡は、かつて鉱山として繁栄していました。
その歴史は古く800年頃から銀と銅を産出する鉱山として開拓され、
一時は生野銀山の支山として幕府の管理下に置かれました。
しかし、明治29年に三菱へ払い下げ後、採掘が不況となり大正6年に閉山。
その後大正8年、明延鉱山から運び込まれた鉱石を選鉱する大規模な選鉱場として
生まれ変わることとなりました。
山の斜面を利用した選鉱場は、規模も産出量も「東洋一」と謳われ、
夜中も操業している姿は不夜城とも称されました。
残念ながら昭和62年、円高の急激な進行で競争力を失った明延鉱山の閉山に伴い、
本選鉱場も操業を終了し閉鎖。
現在、建屋は解体され、基礎部分が残るのみとなりましたが、
日本の近代化に貢献した産業遺産として注目を集めています。」


秋晴れの山の間、川沿いの山道をゆるゆると走っていくと
突然目の前に巨大な建物がどーんと広がっています。


大きい、かっこいい! 産業遺産ですが、ほぼ遺跡と化しつつあります。
このコンクリートは土台のみで、稼働時はこの上に建屋があったそうです。




このコンクリートでてきた巨大な円盤が目を引きます。
シックナーというそうです。


円盤の下。何本もの柱で支えられています。
いくつもの捨てられた機械が置いてありました。


選鉱場の上までつづくインクラインのレールの跡。(ものすごい急傾斜です)

ボランティアの方の説明によると、ここから数キロ離れた明延鉱山から
この選鉱場のてっぺんに列車で鉱石を運んできて、その鉱石の載った貨車が
選鉱場の上で斜めになって、鉱石を落とし、それを鉄球や鉄棒で粉砕したり、
薬品を使ったりしながら、鉱物をそれぞれの種類により分けて、
残った泥をコンクリの円盤で脱水、濾過(まではいってないとおっしゃってました)して
流していたそうです。(ちなみに残った泥は今でも近くに巨大な泥のダムがあって、そこに集められているとのこと)


近くにあった洋館。「ムーセ旧居」
資料によると、
「ムーセ旧居はフランス人技師のムーセが暮らした建物です。
明治5年に生野鉱山外国人宿舎として建設され、明治21年に神子畑鉱山の開発とともに、
この地に移設され事務舎、診療所として利用されてきました。」とのことです。


中はこんな感じで資料館になっています。

大昔からこの地に鉱山が開拓されてて、(近くには生野銀山とかもあるし)
一時は東洋一までになって(改めて日本人ってすごいよね)
残念ながら閉鎖されてしまっているけど、ここまでのものが作られてまた残っていることに
大興奮のヨメなのでした。
一緒に行った家族はそうでもなかったのですが、
ヨメはひとり楽しい時間を過ごさせてもらったのでした。





手描きオリジナル、フードイラストです。 フライヤー、メニューなどにご利用くださいませ。

     

ご相談は日商印刷まで。



応援のクリック、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へにほんブログ村
コメント

悪い夢(5コマ)

2019-09-22 17:54:25 | まんが


食い意地がはってるからでしょうね。
ほんまに自分に呆れます。




手描きオリジナル、フードイラストです。 フライヤー、メニューなどにご利用くださいませ。

     

ご相談は日商印刷まで。



応援のクリック、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へにほんブログ村
コメント (2)

残暑

2019-09-13 12:54:39 | 日記
9月に入ってからも、厳しい残暑がっていうか、
夏より暑いやん!っていう暑さが続いていましたが、
先日よりやっと少し涼しくなってきましたね。

日中、車を運転してるとどうしても喉が乾いて、買ってしまいます。
P
コンビニで見つけて、容器のキレイさで買ってしまったオレンジティー。
さらっと飲めて美味しかったけど、
もうちょっとオレンジ強めでもいいかなー。

で、夏の終わりといえば、
蚊が頑張ってきますよね(突然ですが)

先日も帰宅時にひじのところを噛まれたのですが
(どうでもいいですが、「蚊に噛まれた」っていうのは関西だけみたいですね)
40歳半ばを過ぎてから、蚊に噛まれても30分ほどはかゆいのですが、
そのあとはほとんどかゆみがなくなるのです!!!

これは歳いってきたから神経が鈍くなってきたからなのか、
40も過ぎてからやって蚊に対する抗体ができたからなのか、

唯一歳いっていいことがこれ。
なかなか情けないヨメなのでした。




手描きオリジナル、フードイラストです。 フライヤー、メニューなどにご利用くださいませ。

     

ご相談は日商印刷まで。



応援のクリック、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へにほんブログ村
コメント (2)

偏食ばなし(4コマ)

2019-09-10 18:23:08 | まんが
蓮根の新物が出てきましたね。



その前は皿うどんに取り憑かれてました。



手描きオリジナル、フードイラストです。 フライヤー、メニューなどにご利用くださいませ。

     

ご相談は日商印刷まで。



応援のクリック、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へにほんブログ村
コメント

長岡京市 馬ノ池の水

2019-09-08 16:35:33 | となり町
以前から通る道で、時々水を汲んでいる人がおられて
それが気になってたのでちょっと寄ってみました。

場所は八幡市の川を挟んだ隣町、長岡京市にある
西山天王山駅のそば、京都縦貫道の下の整備された側道の横です。
(ヨメは最初、ここはすぐ近くが大山崎中学なので、大山崎町かと思ってたのですが、
あとで地図で調べたら長岡京市に入ってました。)

側道から公園の方に曲がると車を4台ほどとめれる
小さな駐車場があって、その前に立派な
クスノキが1本立った小さな神社があります。


「小倉神社御旅所」と記してあります。
地図で調べると小倉神社はここからちょっと離れた山の方にあるようです。

目的の水道の方に行くと


なんと、遺跡の看板が!!
ここは「硲遺跡(はざまいせき)」という弥生時代中期から後期の集落遺跡だったということです。
竪穴住居あとや土坑、溝が確認され、出土品としては銅鐸型土製品と舌のセットや石器などが
出土しているということです。
(銅鐸は知ってたけど、銅鐸型土製品ってのは初めて知りました)

ほんとこのあたりは遺跡が多いですよね。

さて、目的の馬ノ池の水ですが
こんなかんじで

蛇口が2つ取り付けてあって、ポリタンクなんかで水が入れやすくなってます。

長岡京市のHPによると
「地下水100%の水道水供給施設です。
名称の由来は、かつてこの地にこんこんと湧き出る三角形の小さな池があり、
諸説ありますがその一説に、小倉神社の祭りの際に
稚児を乗せる馬を清めたと伝えられており、
それにちなみ「馬ノ池の水」と名付けられました。」との説明がありました。
(なるほど。すぐ裏が小倉神社の御旅所やもんね)

水道には飲めるけど保存はできないとの注意書きがありました。
ヨメは一口いただいてみましたが、
口当たりが柔らかくてなかなか美味しいお水でした。
(こんどちょっと貰って帰ってコーヒーを淹れてみよう)


その水道のすぐ後ろに
かつての馬ノ池を再現したため池がありました。




日々バタバタと通り過ぎてる場所にも
いろんな遺跡や歴史があるんやなと
これからもいろいろ見つけていこうと思うヨメなのでした。




手描きオリジナル、フードイラストです。 フライヤー、メニューなどにご利用くださいませ。

     

ご相談は日商印刷まで。



応援のクリック、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へにほんブログ村
コメント (2)

一文橋

2019-08-31 17:26:27 | となり町
お仕事でよく、京都の西の方面に行かせていただいてるのですが、
向日市の西国街道に橋を渡ったところに
ちょっと人目をひくような立派な木が生えている交差点があります。



地名が「一文橋」というのですが、
そういえば、なんでここはこんな名前がついてるんやろと思い、
少し調べてみました。

向日市観光協会さんのサイトより

「向日市と長岡京市の市境、西国街道が小畑川を渡る地点に架かる橋です。
小畑川は暴れ川で、何度も洪水により橋が流されたため、
通行人から一文ずつを徴収して橋の架け替えの費用にあてたという伝承から
この名前がついたようです。」

なるほどね〜。


それに加えて、他の方のサイトに

一文橋の伝承というのがあって、

「すべての人が一文の通行料を払えるわけではないので
橋守りの目を盗んで渡ったり、川を泳いで渡った人もいたということです。
お金を払わずに一文橋を渡ろうとした人が見つかった場合、
その場で容赦なく橋守に切り捨てられていたということです。
それらの人々は霊となり、夜な夜な橋を渡してくれと人魂が飛んだということです。」

ありゃ。ちょっとした心霊スポットやったの?
(ちなみにヨメは心霊関係にはおそろしく鈍感です)

今では交通量も多く、商店もいっぱいでにぎやかで
橋守りとか人魂とかの気配はまったく感じらない場所になっていますが、
大昔にはここでそんなことがあったとは。

地名からたどる歴史も面白いし、
改めて京都は深いなと感じるヨメなのでした。



手描きオリジナル、フードイラストです。 フライヤー、メニューなどにご利用くださいませ。

     

ご相談は日商印刷まで。



応援のクリック、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へにほんブログ村
コメント (2)