木・うんちく

木材と人間の関わりを考えて思うままに・・・

113. 楽器と木材(弦楽器の弓その2.ペルナンブコはなぜ弓に適しているのか

2016-06-11 09:40:20 | ウッドデッキ

Photo from Wikipedia
ブラジルウッドとペルナンブコとの関係を調べて行く中で、
なぜこの木が弓の材料に適しているのかは理論的には分からないところがあり、
色々と探していると、まさにその「なぜ」を分かり易く説明しているサイトに行きあたりました。

これは博士論文で、ペルナンブコの弓の音の良さを分析・解明した内容ですが、
ペルナンブコの弓の秘密を探るだけでなく、
木材の音響特性を人工的に変更できることを証明し、
木材業者でもちょっと信じられない研究内容です。
くわしくは松永正弘さんの京都大学の博士論文「ペルナンブコのバイオリン弓材としての適性」をご覧ください。


さて、この論文を読んでも、私が調べているブラジルウッドとペルナンブコの違いの理由は、
明確にはなりませんでしたが、この論文を読んだ結果。次のことは推論ができました。

つまり「ブラジルウッドの心材は、弦楽器の弓として非常に適性があるが、
ブラジルウッドの辺材は強度上は弓としての適性はあっても、
音響特性については心材よりも劣る。と言うことです。

と言うことは、ブラジルウッドを販売した業者もしくはそれを購入した弓の製作者が、
辺材を捨てないで使おうとした時に、どのような呼び名にするかと迷った時に、
ペルナンブコ州で採れたブラジルウッドの心材をペルナンブコと呼び、
辺材をブラジルウッドと呼んでも、なんら虚偽にはならないで販売できるのではないかと言うことです。

それでこの推論が正しいかどうかを調べてみましたがはっきりしません。
それでこんどはアメリカのサイトで調べてみると、
推論どおりの説明を書いている弦楽器製作者のサイトがあり、
弓の製作者が二つの弓を区別するために
「ブラジルウッドの心材から作られた弓をペルナンブコと称して販売し、
ブラジルウッドの辺材で作った弓ブラジルウッドと称して販売していた」と書いていました。

これですべてが明確になったと思ったのですが、
これでペルナンブコへの旅は終わりにはなりませんでした。


※「木材の心材と辺材の違い」はこちらのサイトをご覧ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 112. 楽器と木材(弦楽器の弓) | トップ | 114. 楽器と木材(弦楽器の弓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ウッドデッキ」カテゴリの最新記事