木・うんちく

木材と人間の関わりを考えて思うままに・・・

243.ウリンならできるシンプルデザイン

2020-11-28 09:44:11 | ウッドデッキ

ウリンで作った高床のデッキです。
リビングから地面までかなり段差がありますので、このままではリビングルームも有効に使えない。

デッキをつける前はこんな感じ

デッキをつけなければどんな家になったかは想像できると思います。

それでお客様が計画の時からご相談に来られました。
最初は人工木材で見積もりを取られていたのが、
強度がないので柱が林立してしまって使い勝手が悪い。
でもウリンなら強度があるので、構造もシンプルにできる。

このデッキ建物の前だけでなく横にも廻っています。

リビングの二つの掃き出し窓から出入りができます。
デッキの一番の目的は使い勝手です。

完成するとこんな感じ。

デザインがシンプルにできるのは、弊社特許のハイテンションジョイントの手摺を使っていることやオリジナル接合金物を使っていることもありますが、
やはり強度と耐久性のあるウリンを使ったことが大きいです。
詳しくは担当者ブログをご覧下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

242.素人がDIYでウリンデッキを作るとどうなるか

2020-11-26 07:42:20 | ウッドデッキ


ウリンと言う木材は耐久性が無茶苦茶あります。
雨ざらしのデッキに使って、何のメンテナンスをしなくても30年以上の耐久性があります。
JISで規定されている腐朽促進試験に出すと、断トツの一位で人工木材よりも耐久性が上です。
でも欠点があります。
重くて硬い。
さらにまっすぐな木がない。
かくて、プロの業者もウリンでデッキを作るのは嫌がる。
でもキットデッキなら、そのウリンをど素人でも綺麗に作れるようにしてあります。
かくて、素人のお客様がウリンでデッキを作ろうと思い立ち。
・・・キットデッキを購入されたお客様のご自宅にデッキが届く・・・。

たいていのお客様はこの段階で不安になるそうです。
こんなもの自分で組み立てができるだろうか。
なんせこの写真の全部で600kg以上あります
おまけにそれぞれの部材も重い。
何とかあちこちから勇気をかき集めて製作にとりかかるのですが、・・・
・・・これが、意外と簡単に作れます。確かに下穴をあけたり、皿取の錐で皿もみをしたり、でもマニュアルどおりにしたら、
プロの業者でもここまで綺麗に作れないだろうと言うレベルが出来上がります。

これには本人だけでなく、それを見ていた隣人の方も驚かれるそうです。
詳しくはキットデッキHardウリンのお客様施工例をご覧下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

241.40年前の屋外木製遊具

2020-11-21 09:56:51 | ウッドデッキ


この木製遊具は金剛山の山頂近くの広場に設置されている遊具です。
40年前に弊社が設置しました。
40年経過しても腐っていません。
当時はCCAと言う強力で安全な薬剤が使えたので、
管理されて加圧注入された木材の耐久性は非常に高いものでした。

昨日、他の屋外木製施設の補修の見積もり依頼が大阪府の外郭団体からあり、
実測と確認のために山頂に車で登りました。
通常は車では登れませんが、許可をもらった関係者や工事車両は登ることができます。
しかし写真に写っているような4輪駆動車が必要です。


登ったついでに、この遊具の状況を確認したのですが、
金剛山は、日本で1番か2番の登山客の多い山でさらに、
冬山登頂のために登山客はアイゼンをつけていますから、
遊具自体はかなり痛めつけられています。

しかし、腐っているところはなく補修する必要はありませんでした。

この遊具を作った40年前に弊社の屋外木製施設事業部がスタートしました。
思い出のある遊具です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

240.誰にも気づかれることない恐ろしい精度の木材加工

2020-11-17 09:23:59 | ウッドデッキ

これは某大手電器・建材メーカーさんに納入する木製品の部材です。
ウェスタンレッドシダーの節のない木で作られています。
見ただけでは特にどうと言うことのない加工製品です。

しかし精度が凄い。
図面の精度を見ると木工加工業者は腰を抜かします。

穴あけ位置の要求が0.1mm単位なのです。
金属加工では、この精度は当たり前ですが、木材で0.1mmの精度など通常であればできません。
いくらボール盤できっちり穴あけしたところで、杢目に引っ張られて穴がずれるからです。
さらに木材の場合、乾湿の差で、全体で1mmぐらい動くからです。

この商品を某大手メーカーの協力工場のある、新潟県の金属加工会社に納入し、
そちらでアルミと勘合して出来上がりです。

これだけの精度を出すために
使う木材は輸入されてから5年ぐらい乾燥させて使います。
通常はモルダーと言う機械で一回でブレナーをするところを手加工で曲がりを取りながら10倍ぐらいの時間と手間をかけて材料を作ります。
穴あけは特別の治具の中で、さらに通常の錐ではバリが裏に出てしまうので、別注で作った特別製の錐を使います。
組み立ては、精度の必要なところを押さえて、その分の逃げを他でとるように作った特別の治具の中で組み立てます。

全く誰にも気づかれることのない加工精度の商品です。
今回、スポットを当ててみました。























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

239. 本日は「木の日」。木で作った信じられないものあれこれ

2020-10-08 12:15:47 | ウッドデッキ
「木」と言う字を分解すると、十と八に分解できますので、
10月8日を「木」の日と制定されています。
と言うことでフェイクニュースかと思うような木の使い方のお話をいくつか・・・

■現在、日本で一番高い木造ビルは、今年完成した12階建てのマンションです。
日本の木造建築もここまできたかと思いますが、
カナダの大学の学生寮が、より高層の木造ビルです。こちらは18階建てです。


ヨイショッと言う建て方もなんとも木造らしい。

でもこのおかげで建築日数は通常の鉄構造よりも20%近く早くできます。



■自衛隊にとっての初の海外実任務に使われた自衛艦は木造船でした。
湾岸戦争の時、お金だけしか協力しない日本の態度に海外から「無責任ではないの。」
と言う声に反省した結果、戦後初めて、自衛隊の艦船を海外に派遣して任務にあたりました。

Photo from Wikipedia
この時の艦船は実は木製です。
なんせ任務がペルシャ湾の機雷処分ですので、
磁気機雷に反応しないように木製でないといけなかったからですが、
その時の日本の自衛隊の機雷処分に対する高い能力が他国の海軍からも高い評価を受けました。
(これも木造船のおかげ)



■第二次大戦中最も高速の爆撃機は木製でした。
木だったら軽いから金属製よりもスピードが出るだろうと考えて作りましたが、
その速度は爆撃機でありながら時速670km。
当時のイギリスやドイツのどの戦闘機よりも早い。
木製で合理的な作り方をすると、これだけ早くなるのには驚きです。

Photo from Wikipedia
コメント
この記事をはてなブックマークに追加