愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

傷みやすくなった最近のバナナは殺菌剤が少なくかなり安全

2020年02月03日 06時15分47秒 | 食にまつわる話

食品のカラクリと暮らしの裏側より転載
2014年03月31

傷みやすくなった最近のバナナは殺菌剤が少なくかなり安全

https://blog.goo.ne.jp/galaxy-karakuri/e/f2b9a46c358ba3ae1a45c1d2fe7541f8

ーーー転載開始ーーー

かつては発ガン性殺菌剤のプールに浸し殺虫剤をスプレーした


■20世紀のバナナは数週間から1か月程度は腐らなかった

「バナナ」は、ビタミンC・ミネラル・たんぱく質・繊維質が含まれ、脂肪がほとんどないバランス栄養食です。
しかしその陰で、数々の薬剤が使用されていたのです。
1990年代までのバナナは、放っておいても数週間から1か月は腐りませんでした。
かつてのバナナは、それほどまでに農薬汚染が酷かったのです。
発ガン性がある、ベノミルやベテルタノールなどの殺菌剤が使われていたからです。


バナナ処理場では、ベノミルの水溶液が入った10m以上のプールが多数あり、その中にバナナの房を投げ込みしばらく浸しておくのです。
そのあとに、殺虫剤をスプレーして出荷されました。
そのため現地の貧しい作業員が、素手や何の防御もなく薬剤を扱い込み、死亡や重篤な健康被害が多数発生していたのです。


東京都立衛生研究所やマスコミ、健康団体などの度重なる指摘から、徐々にバナナの違法薬剤の使用が減ってきました。
傷みやすいバナナを敬遠するむきもありますが、勘違いして欲しくないことは、傷むということはかなり安全な証拠です。
最近は野菜・果物などますます農薬の使用が目立ちますが、バナナは珍しい例です。


■バナナは輸入の際に青酸ガスで燻蒸される

時々、「ポストハーベスト農薬」(収穫後にも農薬散布)が禁止されていない国向けのバナナが、日本に輸入されることがあります。
従って、完全にバナナが安全になったとは言い切れません。
しばらく置いても腐らないバナナだったら、次回からはその店やスーパーのバナナを買うのはやめましょう。


バナナはフィリピンや中南米からの船便で輸入され、陸揚げされる段階では緑色で味も甘みはほとんどありません。
そのため加工業者が、果実成熟用のエチレンガスを噴射して甘みを増す調整をします。
ガスの噴射はこれだけではなく、輸入時に外国の昆虫を上陸させない目的で、害虫が発見された場合は「青酸ガス」で燻蒸(消毒)することが義務付けられています。


青酸ガスは浸透性がなく、バナナに残留しないとはいえ気持ち悪さを感じます。
バナナに限ったことでなく、中国産ネギも青酸ガスで害虫を殺します。
このように私達の口に入るまで、想像できないほどの猛毒にさらされている実態があるのです。

ーーー転載終了ーーー




いいね!と思ったら↓クリックお願いします 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【保存版】体内に取り込んで... | トップ | 透明パック入りの水煮野菜や... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食にまつわる話」カテゴリの最新記事