紙幣の不思議2

NWO=1% 日銀を潰し、造幣局で紙幣の管理が必要。金融奴隷からの脱却!反1%で繋がろう!

ブログを引っ越しました。

2016年09月07日 23時16分00秒 | その他
グーブログは色々使い勝手が悪いので、市民団体選挙監視委員会の方に引っ越し致しました。尚、このブログはコメント認証制に致しましたので、宜しくお願い致します。新、紙幣の不思議2はコメントフリーですが、Unknownはコメント書けませんのでHNを書いてコメントして下さい。宜しくお願い致します。m(__)m ここから新、紙幣の不思議2へアクセスして下さい。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ . . . 本文を読む
コメント (2)

イタリア中部地震:発生後10日目にして余震の数が「5000回」を超える

2016年09月07日 12時24分25秒 | 人工
イタリア中部地震:発生後10日目にして余震の数が「5000回」を超える  2016/09/06 2016年9月5日のイタリアの報道゛より 5000-after-shock・ilmattino.it イタリア中部で 8月24日に発生したマグニチュード 6.0 (USGS では 6.2)の地震は、規模から考えると非常に大きな被害を出したものとなってしまいました。 . . . 本文を読む
コメント (4)

嘘は真実には勝てない

2016年09月06日 10時35分39秒 | 工作員
ここ2~3日の間にD党の方がお見えになって、色々下衆な質問をぶつけてきましたが、こちらがその下衆な質問に答えたら、それ以上何も音沙汰無しです(笑) 何故D党は我々との議論に勝利する事が出来ないのか、D党の方々は理解されてらっしゃいますか?それはですね、あなた方が嘘で、我々が真実だからです。 嘘は真実に勝つ事は出来ません。この理屈はD党員の方も理解してらっしゃいますよね? あなた方はRKの . . . 本文を読む
コメント (46)

フィリピン警察長官、麻薬撲滅作戦での容疑者殺害に「差別なし」

2016年09月06日 07時39分11秒 | 政治
やり方が過激で、ちょっとどうかなとも思いますが、これ位徹底してやらないと、治安が守れない国であるという事ですね。 国連にも喧嘩を売っているロドリゴ・ドゥテルテ大統領。 国連も1%の組織です。麻薬の元締めも1%です。 麻薬を国内から追い出す為に、過激な選択肢を選んだロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、1%の目の上のたん瘤的存在になりつつあるようです。 フィリピン警察長官、麻薬撲滅作戦での容疑 . . . 本文を読む
コメント (2)

「年間の労働時間」が一番短いのはオランダで1381時間。

2016年09月06日 01時48分09秒 | 政治
2012年度の調査結果なんですが、「年間の労働時間」が一番短いのはオランダで1381時間。 逆に最も「年間労働時間の多い国」はメキシコで2317時間。 オランダの週の労働時間は29時間で1日当たり6時間ほどで年収は47000ドル(約470万円)だそうです。羨ましいですね。 何の為に時間を費やすかという考え方が重要に思います。 日本では食う為に労働に時間を費やすと考える人が殆どだと思うの . . . 本文を読む
コメント (1)

世界一しあわせな子育てができる国、フィンランド。 出産の際は男女問わず、3年間の育休を取得することができる国。

2016年09月06日 01時10分53秒 | 政治
羨ましいですね。 ヨーロッパは民度が高いのか、教育でディベートを取り入れられているお蔭か分かりませんが、国民が非常に政治的関心度が高く、国の言いなりなる国民性ではないようです。 自分達の時間を最も大事にし、会社の為に仕事をするのではなく、自分の為に仕事をするという意識が高い様に思います。 ヨーロッパの何処の国かは忘れましたが、週30時間労働で十分生活が出来る国もあります。 社会保障がシ . . . 本文を読む
コメント (1)

工作員の条件 CIA、SIS、モサドは一番の条件はIQが高い事 モサドなどはIQ130以上 

2016年09月06日 00時39分11秒 | 工作員
>CIA、SIS、モサドに入る一番の条件はIQが高いということで、モサドなどはIQ130以上でなければ受け付けない。50の電話番号を瞬時に頭に詰め込ませるテストなども行われる。 >最低限3か国語は話せる必要がある。モサドでは8か国語を話せるエージェントが何人もいる。 工作員になるには非常に高いハードルがあり、IQが高くないと工作員にはなれないようです。その辺のシャブ中を捕まえてきて、即戦力 . . . 本文を読む
コメント (11)

元党員の方から、面白情報頂きました。 一部訂正 元党員では無く、党員になろうかどうか迷われていた人から頂いた情報です。

2016年09月05日 20時54分55秒 | 工作員
元党員の方から情報提供がありましたので、ご紹介したいと思います。数年前に目撃した話だそうです。 RKさんの講演会のあとの二次会は今は 「党員のみ」となっていますが、以前は誰でも参加できた二次会でした。 その二次会でRKさんは、横に座った女性のお尻をずっと触ってました。 周囲の党員さんらしい人達はおそらく全員気がついてたはずです。 その人達の視線を知ってか知らずかお触りしてましたよ . . . 本文を読む
コメント (34)

核廃棄物をロケットに載せて太陽に捨てるのがどれくらい難しいかわかるムービー「Hitting the Sun is HARD」

2016年09月05日 16時06分38秒 | その他
20代の頃に、核廃棄物をロケット使って宇宙空間へ飛ばせばいいじゃん、って考えた事がありましたが、この記事を読んで、同じ様な事を考える人もやっぱりいるんだな~と思いました。 「ロケット打ち上げ失敗したらダメじゃん!」と友人に言われて「あ~そうか!」って大笑いした事を思い出しました(笑) 核廃棄物をロケットに載せて太陽に捨てるのがどれくらい難しいかわかるムービー「Hitting the Su . . . 本文を読む
コメント (1)

D党員、コメンテーターの中に、本気でRKの事を心配している人は存在するのか?

2016年09月05日 10時47分51秒 | 工作員
D党員、コメンテーターはコメントでは偉そうな事を吠えていますが、RKの事を本当に心配して動ける人が何人いるのか? RKの体を心配して懇談会の時に、酒、たばこを控えろと、RKに言える人は果たしているのか? RKの財政難を見かねて、講演会参加の時に、党員でも参加費用を負担出来る人がいるのか? RKが犯罪を犯しているのに、それを指摘出来る人、止める人がいるのか? 本当にRKの事を心配してるの . . . 本文を読む
コメント (19)

世界の貧困率 国別ランキング・推移 日本は7位

2016年09月04日 17時01分28秒 | 経済
世界の貧困率 国別ランキング・推移 トルコ五輪が見たかった。 (CHORYO)2016-09-02 14:43:47税金納めたくなくなるポスターですね。 貧困率は日本7位。 1 メキシコ 18.90 1 2 イスラエル 18.60 3 米国 17.20 3 トルコ 17.20 5 チリ 16.80 6 エストニア 16.30 7 日本 16.10 http://www.gl . . . 本文を読む
コメント (13)

「ハチドリのひとしずく」「私は、私にできることをしているだけ」

2016年09月04日 12時54分37秒 | 国民運動
まさに今我々がやっている事が、「ハチドリのひとしずく」です。 対岸の火事だとして事実に気付いているにも関わらず、何もしない人がいますが、これではダメです。何れ対岸の火事から自分の所に火が回るのは分かり切った事なので、対岸の火事などと呑気に構えていないで、何れ自分の所にも火の手が回る事を想定して、自分の出来る事をやらなくてはいけません。 「どうせ自分一人が動いた所で何も変わりはしないから。」 . . . 本文を読む
コメント (3)

ブログランキングが示す、RKへの興味

2016年09月04日 05時57分02秒 | 工作員
読者はRKが消えようがどうしようが、あまり興味がないようです。党員も急激に減っているのが分かります。 その事実が如実に表れているのが、記事別ブログランキングです。 アカウント停止の記事が24位。ブログバックアップ、ブログ移転に関する記事は、ベスト100位圏外です。 ここでブログランキングが確認出来ます。 http://webryblog.biglobe.ne.jp/entryranki . . . 本文を読む
コメント (62)

「得票数0おかしい」と愛媛、岐阜で市民が声あげる

2016年09月03日 06時36分18秒 | 不正選挙
そういえばどうなったんでしょね、D党の不正選挙追及は? 姫井由美子に投票させておいて、投票した人をエクセルで纏めていましたが、その後、それに対して何も音沙汰が無いですね。 RKは「エクセル不正選挙」だと、トンチンカンな事を記事にしていたけど、エクセル不正選挙って何?って聞きたい。エクセルで不正選挙でもすんの?エクセルでどうやったら不正選挙が出来るの?それに対して擁護する党員。ホント、クズの . . . 本文を読む
コメント (12)

ロン・ポール氏が米国民に警告メッセージを流しました。

2016年09月03日 05時49分17秒 | 経済
ロンポール「2016年2月19日、米ドルは完全崩壊する」 と発言していましたが、ロンポールは見事に外しました。 金融崩壊は来るのは分かりますが、そのスケジュールを知っているのは1%と、各国トップのほんの数人でしょう。 何時もこの手の話を鵜呑みにしてガッカリさせられてきたので、正直「またか.......」という気持ちで一杯です。 「備えあれば患いなし」と言いますが、何時金融崩壊が来るのか分 . . . 本文を読む
コメント (1)