バクダン4つ!

新しくしました!バクダンの数、増やしました!

キズモノ。

2018年03月14日 16時53分55秒 | 他いろいろ
「これを2階に持っていって。」「ここにあっても誰の邪魔でもないだろ?」「1週間前から言ってる。」「それで持って行っても汚いって言うだろ?!」「じゃあ“2階に持って行ってきれいに片付けて。”」「置くとこないっ!!!」「無いハズない。」



こうバクダンと30分の言い争いの後、あまりの事に「アンタ、頭おかしいんじゃない?ママが言ってる事も理解できないの?!」加勢してきたゆうバクダンにキレたため、あたしがキレてコップ投げたら手が滑ってこうに当たり、ケガをした。



大変な出血量。



本人、更に暴れる。


更に血が出る。



「じっとしろ。」



とにかく冷静に状況を見る。



ゆうと二人で傷口を見て

「ありゃあ……。」


冷静なゆうバクダンと



「血、止まったから病院行くぞ。」



冷静にならざるを得ない私。





病院に行き、縫いました。



言い訳はしない。



揚げ物をしてて、胸ぐら掴んで逆にやられたら鍋いっぱいの油が飛び散り大惨事になると思ったが、物をなげちゃあいけなかった。



診察室に入り、


「きれいに切れてるので縫います。お母さんは待合室で待っててもらってもかまいませんが?」



「手、握っててやろうか?」


「近くにいて。」




振り払われるかと思ったけど、ギューっ。




長い長い時間でした。



本当はギューって抱きしめたかった。



ナートをガン見するあたしに先生が「お母さん大丈夫ですか???」


「泣きそうです……。」



泣いた。



かわいそうでかわいそうで……。



最低だ。あたし。



終わって受付で待ってる間、二人でお話し。



「ママが投げたのはいけなかった。でも、あんな言い方は二度とすんな。おかしいのは自分でも分かってたろ?」


「うん。でもママにキレたんじゃないんだ。ゆうちゃんに……」


「?ゆうにキレる意味も分からんが?」


「……」



引っ込みが、つかなかったよう。




その後きた556&かなとに心配され、まぁちゃんには「こうも「俺が悪かった!」って言うけど物を投げてどうするのぉっっっ!!!」あたしが怒られ、学校でも騒然となってる中、先生にも報告。



「こうくんがあんまり皆に見せてまわるんで、先生はお母さんの事を、知ってるからいいけど他の先生とかは心配するよー?って話したんですけどねぇ。」



次からの参観日は“息子にコップ投げてケガさせた母”として他のお母さん方の視線を集めて生きていきたいと思います。


自分も忘れない。























コメント
この記事をはてなブックマークに追加