立山日和。

立山連峰の山々を眺め富山県内を徘徊する日々を綴ったフォト日記。2014.11.3.までは友人の中国旅を毎日掲載した。

北アメリカのヌマスギ(ラクウショウ)は呼吸根で呼吸する・・(4)・・・富山市婦中・富山県中央植物園

2016年12月02日 | Zenblog
 一見カラマツ林に見えてしまう北アメリカのヌマスギ(ラクウショウ)の林が面白い。地面からにょきにょきとすりこぎのような根が出て、それで呼吸をするとのことです。それから北池の周りを東に向かいます。


(1)ヌマスギ(ラクウショウ)の林。地上にぶつぶつが見える。



(2)ヌマスギ(ラクウショウ)の根元に呼吸根が出ている。



(3)ヌマスギ(ラクウショウ)と、すりこぎ状をしたラクウショウの呼吸根の説明。





(4)ヌマスギ(ラクウショウ)の呼吸根がニョキニョキ。



(5)冬枯れの桜並木、春の華やかさが想像できます。



(6)北池の横に小さな中池。水鳥と水草が・・・、立山が白い。



(7)水鳥と水草が逆光に光る。



(8)北池の東側、柳やパンパスが見え、鳥も多い。


 (明日に続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

中国雲南省や世界各地の草木が富山で秋を過ごす(3)・・・富山市婦中・富山県中央植物園

2016年12月01日 | Zenblog
 中国西南部の雲南省や世界各地の珍しい植物などが富山で秋を過ごしているのがなにか不思議な気がします。私は大した世界旅行もしていないので、想像がいろいろと飛び広がります。


(1)黄金の花が咲くという雲南省のチヨウキンレン(地涌金蓮)の群落。



(2)チヨウキンレン(地涌金蓮)の説明。



(3)チヨウキンレン(地涌金蓮)



(4)落葉と紅葉が美しい。



(5)一見カラマツに見えましたが、ヌマスギ(ラクウショウ、北アメリカ)の林です。池沿いの遠くに見えて印象的で目を引かれました。後に詳しく見ます。



(6)シセントキワガキ(中国長江流域以南)。小粒の柿です。



(7)オオサンザシの実(バラ科、中国北部原産)



(8)雲南省の「石林の石」と紅葉と。



(9)「石林の石」の説明。



(10)セイナンシャリントウ(バラ科、中国の四川・雲南・チベットなど)。石林の石の前で細かな赤い実をいっぱいつけていました。



(11)アガバントゥス・イナベルトゥス(ヒガンバナ科、南アフリカ)の黄葉。


 (明日に続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

小春日和の植物園内をぶらりぶらり散策(2)・・・富山市婦中・富山県中央植物園

2016年11月30日 | Zenblog
 食事を終えて園内をぶらりぶらり歩き始めました。とくにこれといった目的はなく、興味が引かれるままに見て歩きます。北池の周囲を左回りに歩こうと思います。


(1)クリスマスツリー。生えているもみの木にクリスマス飾りが施されています。園内何カ所かのクリスマスツリーはこのようにみな生きている木でした。



(2)茶の木「富春」



(3)ウコンの木。良く聞くが木を見たのは初めて。



(4)種々のトウガラシ(唐辛子)を栽培。



(5)トウガラシの説明。唐辛子の名前の由来が面白い。



(6)雲南温室に入る。野外にも雲南省の植物などがあります。



(7)温室内のハイドゥツバキの蕾。花弁は蝋細工のような感じといいます。

 この温室にはツバキの種類などが多く花のつぼみ咲きかけが見られました。


(8)外に出て立山連峰を見ながら歩きます。



(9)植物画家・二口善雄画伯の描いたアーティチョーク。



(10)チューリップアルベリティー(中央アジア)。黄葉の群落が美しい。



(11)ハナヒョウタンボクの黄葉が美しい。



(12)ボケの花(中国原産、バラ科)


 (明日に続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植物園に入って喫茶室から景色を見る(1)・・・富山市婦中・富山県中央植物園

2016年11月29日 | Zenblog
 植物園は高齢者無料でした(70歳以上、大人は400円)、ありがたい。昼をだいぶ過ぎていたので、まず喫茶室に入りシロエビかき上げ蕎麦を食べ、窓から注ぐ小春日の光の中でゆっくりくつろぎました。窓の外は広々と北池が広がっています。


(1)入館すると、富山ゆかりの可愛い桜が咲いています。



(2)小春日の光を受けて、桜「コシノフクカサネ」が咲いている。



(3)暑いほどの喫茶室。



(4)窓の外は鳥のいる池。



(5)広々とした池(北池)



(6)大きな鳥、サギか。



(7)広い池には数多くの鳥たちがいます。冬渡ってきた鳥たちもおおいようです。



(8)中国雲南省からの植物や石などが展示されているスペースも見えます。



(9)窓から薬師岳も見えました。


 (明日に続く)

(速報)
 今朝8時すぎ、立山連峰で雪崩が発生し東工大生6人のパーティー(ワンダーフォーゲル部)が巻き込まれました。立山の雄山に登山をと出発したが室堂付近は積雪70㎝で視界は悪かった(200メートル)という。内3人が雪崩に巻き込まれ、意識不明の重体が1人です。
 立山黒部アルペンルートは明日までの営業予定でした。本格的な冬山の危険なシーズンに入ったようです。


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

井田川の神明大橋の上から市街地の上に並ぶ立山連峰を眺める・・・富山市神通川左岸

2016年11月28日 | Zenblog
 さらに少し走って、井田川まで来ました。井田川は間もなく神通川に流れこみます。神通川の対岸は富山市の市街地です。市街地の上に並ぶ立山の山々を眺めました。それから更に南に走り富山市婦中にある富山県中央植物園に到着しました。


(1)井田川の神明大橋の上から、東に向かって神通川対岸の富山市街地を見ています。上は立山連峰(後立山も含む)です。



(2)市街地の上に白馬の白い山々、僧ヶ岳と毛勝三山の間に見えます。



(3)市街地の上の毛勝三山。



(4)剱岳。



(5)左から剱御前山、手前に奥大日岳・大日岳、背後に立山主峰、浄土山、手前の傾斜面が弥陀ヶ原です。



(6)薬師岳。



(7)うしろを向いて、西側には電波塔が並んだ呉羽山です。遊歩道や各種資料館、ホテル、立山展望台などがある市民憩いの場になっている山です。県東部と西部を分かつ山でもあります。



(8)富山県中央植物園に着きました。花盛りの鉢植え菊の列が出迎えてくれています。


 (明日に続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神通川左岸(西岸)沿いに立山を見ながら走ります(1)・・・富山市神通川左岸沿い

2016年11月27日 | Zenblog
 昨日は小春日和の快適な日だったので、昼前国道8号線から分かれ神通川沿いの県道を南の婦中方面(目的地は県中央植物園)に向かって走りました。いつもの立山に近い常願寺川右岸(東岸)とは違って立山連峰からの距離がかなり離れます。したがってここから見る山容はいつもと大きく違うのが新鮮でした。はじめはパノラマ的に後はズームして見ます。


(1)最初は立山連峰左端部分のパノラマです。



(2)立山連峰まん中部分のパノラマ。



(3)立山連峰右端部分のパノラマ。



(4)まず毛勝三山の左に白い山が連なっています。これは後立山の白馬の山々です。いつもは前の山の背後に隠れてしまっています。



(5)剱岳と立山主峰部です。雄山など立山の主峰がいつもは前の奥大日岳・大日岳の背後に隠れていますが、離れた結果手前の大日岳などが本来の低さに近づいています。剱岳の窓(大窓、小窓、三の窓)があまりはっきりしませんがこれは南よりの角度から見ているからです。



(6)大日岳・奥大日岳が低く、立山主峰や浄土山がよく見えます。



(7)手前にカラスが飛び交ってややうるさいですが、弥陀ヶ原です。いつもは傾斜が線に見えていますが、ここでは面の広がりが見えます。背後は鷲岳(左)と鳶山です。



(8)薬師岳です。堂々とした広がりが分かります。鍬崎山は左端にいっています。


 (神通川西岸沿いに走り、明日も続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小春日和の快晴立山連峰・・・富山市水橋・白岩川河畔から

2016年11月26日 | Zenblog
 昨日とはうって変わって、暖かい小春日和となりました。午前、立山連峰も快晴の見事な晴れ姿です。


(1)快晴立山連峰



(2)剱岳。左から大窓・小窓・三の窓の切れ込みもすっきりと見えます。



(3)立山主峰部。左から大きな峰は剱御前山・奥大日岳・大日岳で、真っ白なのは真砂岳です。



(4)薬師岳。



(5)ずっと左端に見える後立山の朝日岳です。



(6)小春日和の柚子(ゆず)の実です。



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋が終わり、冬へのためらい・・・富山市水橋

2016年11月25日 | Zenblog
 ススキの穂が蓬けて、セイタカアワダチソウの強い黄色もあせてきて、秋は確実に終わろうとしています。初冬と言っていいかも知れませんが、初雪のあった関東・東北ほどには冬に足を踏み入れていません。今日はかなり寒くて冷たい雨が降っています。例年は東京などより平地の初雪が早いのですが、冬を躊躇っているのでしょうか。


(1)ススキの穂もすっかり蓬けました。



(2)セイタカアワダチソウも色あせました。背後に見える後立山の朝日岳などはかなり白くなっています。



(3)白岩川べりのドウダンも真っ赤になり、葉がどんどん落ちています。



(4)僧ヶ岳(左)や毛勝三山の雪はやや少なめになりました。



(5)白岩川に映る立山は雲と戯れています。



(6)夕方の空はドキッとするほど赤くなることがあります。



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富山市街地の紅葉も散りしきり、初冬へ向かう・・・富山市・松川べり

2016年11月24日 | Zenblog
 立山山中の紅葉は終わりかけ冬枯れに向かっていました(前回までのブログ)。一方、立山山中よりは暖かいはずの富山市の市街地に出てみると、市役所近くの松川べりも紅葉が散りしきっていました。初冬の市街地へと装いが変わりつつあります。


(1)市役所近くの松川べり車道。散りかけの紅葉はシックで色合いの変化が美しい。



(2)春の桜の時季と異なり、日の光が弱く初冬の淋しさを感じます。



(3)松川べりの彫刻と散りしきる紅葉。



(4)遊歩道にも紅葉が散り敷きます。



(5)ほとんど紅葉が散ってしまった木々。初冬の風が町角を走り抜けて行きます。



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すでに日影になった馬場島に入る、すっかり冬の装い(5)・・・上市町・県道剱岳公園線終点

2016年11月23日 | Zenblog
 馬場島に入りました。全体がすっかり冬枯れの景色です。まだ午後1時半前後なのにもう日影になっていて、寒さが身に沁みてきました。山から降りてきて帰り急ぐ人たち何組かに出会いました。


(1)馬場島に入る。入り口の建物は富山県警山岳警備隊派出所です。明るく見える山は剱御前山です。



(2)前の山と剱岳が重なる。

 馬場島に入ると剱岳はほとんど見えなくなります。早月尾根の剱岳登山ルートになる手前の山の右上にちょうど重なるように剱岳の左部分がわずかに見えます。これより進むと剱岳は隠れます。


(3)かなり寒いけれど、日影になった野営場で食事をして楽しむ人たち。



(4)シラカバの木が囲んでいる広場はすっかり冬姿です。



(5)手前は日影で向かいの山にはまだ日が当たっています。冬日のあたる景色です。



(6)山の間から明るい剱御前山が見えています。



(7)山から降りてきた人たち。



(8)山から降りてきて、車で帰り急ごうとする人たち。年配でも元気な様子です。



(9)名残の紅葉と積み重なる落ち葉。



(10)帰途、伊折橋から見た午後2時5分の剱岳など。左上に巻雲が出ています。


 (このシリーズは以上です)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

冬枯れの早月川沿いを走り、馬場島が目前に迫る(4)・・・上市町・県道剱岳公園線

2016年11月22日 | Zenblog
 いよいよ馬場島が近くなりました。早月川沿いの道はもうすっかり冬枯れの風情です。剱岳は覆いかぶさるように迫って見えます。


(1)手前の低い山が剱岳の眺望を分断します。



(2)右の方に剱岳の頂上部だけが見えます。



(3)左の方は、右に大窓があり大窓よりも左の峰々が見えています。



(4)剱岳にかなり接近してきました。剱岳頂上と大きな切れ込みの大窓の間の凹凸が実によく分かります。



(5)すっかり冬枯れの山になり、早月川の流れは細くなりました。



(6)細くなった道を馬場島へ近づきます。



(7)そこ(6)から見た剱岳左肩の一部です。マッチ箱(小窓の王)が四角く目立ちます。その左後ろに小窓の深い谷があり、右の深い谷は三の窓です。いかにもアルプスの岩峰です。



(8)釣り針雲(鉤状雲、巻雲)が出ました。天気が下り坂に向かうようです。


 (明日に続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

県道剱岳公園線の冬期閉鎖ゲートを越えて進む(3)・・・上市町・県道剱岳公園線

2016年11月21日 | Zenblog
 伊折の集落を過ぎ、旧剣青少年育成センターの跡地で紅葉の名残を見て、まだ開いている冬期閉鎖用ゲートを過ぎて進みました。剱岳がだんだん近くなります。


(1)逆光の草紅葉、山から流れ落ちる水。



(2)旧剣青少年育成センター跡地の紅葉と落葉。



(3)センター跡地「若者の広場」の紅葉。



(4)センター跡地から見えた剱岳。



(5)冬期閉鎖用のゲートはまだ開いています。



(6)標高が上がるにつれ、山は冬枯れの様相となります。



(7)冬枯れの落葉樹、林が明るくなります。



(8)針葉樹の森の中、やや暗く、路肩を示す標識が積雪に備え高く設定されました。



(9)木の間から剱岳左肩の岩峰が見えてきました。下は早月川。


 (明日に続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最高のビューポイント伊折橋まで来ました(2)・・・上市町・県道剱岳公園線

2016年11月20日 | Zenblog
 この県道で一番のビューポイントです。快晴の剱岳を望む最高のステージが準備されていて、そこへ最高の役者剱岳が登場しています。剱岳と助演の剱御前山、奥大日岳の役者はもちろん、早月川を巡る紅葉や流れる水は最高の舞台装置です。伊折橋は最高の観覧席になっています。とくに舞台装置を子細に見たいと思います。


(1)伊折橋からの初冬のパノラマです。左から剱岳、剱御前山、奥大日岳が並びます。



(2)剱岳にズーム



(3)左が剱御前山、右が奥大日岳です。



(4)伊折橋直ぐ横の低い山、すでに葉を落とした木々も多く紅葉も。



(5)手前の小さな山と、早月川が二筋に分かれ手前で再び合流するのが見えます。



(6)分かれて、左側の河道です。周囲の草モミジが美しい。



(7)右側の河道と、その岸辺の落葉と紅葉の木々です。



(8)早月川の清らかな水。



(9)美しいコントラスト、早月川の水と紅葉と背後の日影の山。



(10)早月川伊折橋より下流側に城山が見えます。城山からの剱岳眺望は別格、ロイヤルシートからの観覧と言っていいかもしれません。


 (明日に続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は快晴、剱岳の麓馬場島へ向かう(1)・・・上市町・県道剱岳公園線

2016年11月19日 | Zenblog
 昨日昼は雲一点ない快晴でした。コンビニで弁当とお茶を買い、県道剱岳公園線を走って、剱岳直下の馬場島へ向かいました。途中の紅葉と冬に入ろうとする馬場島の景色を見るためです(明日以降も続きます)


(1)快晴で剱岳などがスッキリ見えています。もう昼でしたが馬場島に向かうことにしました。



(2)上市川に沿って山へ入ります。県道が左です。



(3)山へ入ると、紅葉の盛りがやや過ぎている感じです。



(4)逆光で見る山の端が美しい。すでに落葉してしまった木もあります。



(5)峠を越えて早月川に向かって降りていきます。前に剱岳(左端)、剱御前山などが現れました。下に早月川が見えます。



(6)細い道をかなり下ってきました。



(7)剱岳にズーム、右は剱御前山。



(8)早月川川べりの剱橋の手前です。左から剱岳、剱御前山、奥大日岳、大日岳とパノラマで見られます。



(9)低い山の紅葉が進み、落葉してしまった木々も多いです。上の(8)と同じところです。


 (明日に続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今週前半、曇りがちで立山は隠れがち、そして草木は初冬の装い

2016年11月18日 | Zenblog
 14日、15日、16日、天気は曇りがちで雨も降りました。まさに初冬の季節です。草木もすっかり初冬の装いになりました。


11月14日(月)
(1)雲がかかってきていますが、剱岳などは見えました。地表近くに靄の層があります。



(2)左が弥陀ヶ原、右の薬師岳は雲にまぎれてよく見えません。地表に靄の層。



(3)窓際のシャコバシャボテンが咲き始めました。



11月15日(火)
(4)ときどき雨が降り、曇って立山は見えません。



(5)白岩川沿いのドウダンが真っ赤に染まりました。



(6)団地の公園のケヤキが葉を落としています。



11月16日(水)
(7)立山の高い峰は雲で見えません。低い山の紅葉が見えます。



(8)ススキやオギが蓬け始めました。



(9)ピンクのサザンカが初冬の景色に少しの華やかさを点じます。



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加