立山日和。

立山連峰の山々を眺め富山県内を徘徊する日々を綴ったフォト日記。2014.11.3.までは友人の中国旅を毎日掲載した。

河岸段丘上に上がっても花が咲いている・・・立山町・段丘上

2016年06月25日 | Zenblog
 立山町の中心部から東へ進むと、栃津川を越えるとやがて林が続いた丘の上(河岸段丘上)に上がります。上は平坦な北に向かって緩い傾斜地になっています。
 ここは段丘の両側に林が連なって、下とは別のもう一つの世界になっているような気がします。タチアオイやアジサイが咲き、この段丘の北端あたりには陶芸が行われている新瀬戸(越中瀬戸)があります。


(1)タチアオイが花盛り



(2)通学路にはあちこちタチアオイがありました。



(3)田んぼの横に花畑、グラジオラスや赤い花など



(4)田んぼの脇にもタチアオイ、向こうの林は段丘崖の林



(5)段丘の縁(段丘崖)に当たるところに林が連なる



(6)タチアオイの向こうに、段丘崖の林



(7)屋敷林にアジサイ咲く



(8)アジサイの家



(9)屋敷林は残りつつ家が増えていく


(明日に続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨空でも立山連峰は見え、澄んだ水が流れる・・・立山町・栃津川べり

2016年06月24日 | Zenblog
 雨は降っていなかったので立山町の山近くに向かいました。まず栃津川近くの集落のあたりです。栃津川は大きな川ではありませんが、趣のある川です。


(1)剱岳や大日岳など見える



(2)薬師岳は雲に隠れて、尖った山二つ。左は尖り山、右は鍬崎山



(3)左は僧ヶ岳、右は毛勝三山



(4)栃津川下流方向、澄んだ水で勢いあり



(5)栃津川上流方向



(6)川に向いた門、というよりカメラ背後の立山連峰に向いた門



(7)川べりに祠



(8)祠の中は、素朴な仏さん(地蔵さんか)が二体



(9)近くの集落の小さな水路にも澄んだ水が勢い良く流れていた



(10)集落のあちこちにノウゼンカツラやアジサイやキョウチクトウ、向こうに剱岳


(明日に続きます)


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珍しく海岸近くに屋敷林・・・滑川市

2016年06月22日 | Zenblog
 海岸近くではあまり屋敷林を見かけませんが、珍しく海岸近くに屋敷林がありました。海岸近くは、旧漁村であったり港関連の豪商屋敷や町家が並んでいたり、街道筋の町家が多いのですが・・・
 夾竹桃が咲きかけています。


(1)海岸が近いのに屋敷林が見える



(2)かなりの広さの屋敷林



(3)屋敷林の家、建物が大きい、鳥居は向こう側の神社か



(4)ケヤキの大木が茂る屋敷林



(5)キョウチクトウが咲き始めました



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が庭に咲いたささやかな花

2016年06月21日 | Zenblog
 外の花を訪ね回っているあいだに、我が庭で咲いていたささやかな花たちです。


(1)ネジバナ(モジズリ)



(2)ヤマトナデシコ



(3)黄色い星をちりばめたように



(4)白いバラの花



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋敷林のまわりで咲いていた花など・・・富山市・水橋

2016年06月20日 | Zenblog
 水橋の屋敷林の周りでいろいろ花などを見つけました。屋敷林がいろいろな生き物を育てているとも言えます。今日は気温は30度になっていますが、乾燥した涼しい風が屋敷林のまわりを吹き抜けています。


(1)水橋の屋敷林



(2)畑のジャガイモの花



(3)茄子の花



(4)ハマユウの花あでやかに、我が家ではまだ蕾です。



(5)ダリアの花と、右下に紫のホタルブクロ



(6)グラジオラス



(7)あぜ道にアレチノギク、雑草でも可憐に風に吹かれている



(8)アマガエル、屋敷林の木陰で一斉に何匹も飛び跳ねた



(9)屋敷林の家



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その他の花々(続き)・・・魚津市・花の森・天神山ガーデン

2016年06月19日 | Zenblog
 アジサイ以外にもいろいろな花が咲いていました。そのうちのいくつかを見ていきます。そして車で行けるところまで少し天神山に上ってみました。古民家や資料館・郷土館があり、その先は車は通行止めになっていますが、天神山城跡や石仏群があります。


(1)アカンサス モリス



(2)カラーやいろいろな花



(3)タチアオイが元気



(4)ヘメロカリス



(5)ハナショウブ



(6)紫のホタルブクロ(訂正)のような→猛毒のある「ジギタリス」

 tetumomさんに「ジギタリス」であると指摘していただきました。

(7)アスチルベ



(8)花モモの実



(9)天神山を少し上ると、資料館などがあり、その上は天神山城跡や石仏群



(10)新川学びの森・天神山交流館(元洗足学園短大)の建物の向こうに富山湾が見える



(11)帰途、前に雲が湧く僧ヶ岳が見えた



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

天神山城跡ふもとのアジサイが盛り・・・魚津市・花の森・天神山ガーデン

2016年06月18日 | Zenblog
 魚津の天神山城跡がある天神山ふもとの花の森・天神山ガーデンに行って、アジサイを見ました。ここは市民や企業の拠出した資金をもとにボランティアによって管理されているようです。今はアジサイの花盛りですが、ボタンやシャクヤク・花モモが多く植えられています。
 アジサイをいろいろと見ていきます。アジサイ以外にもいろいろな花が咲いていました。


(1)花の森・天神山ガーデン看板



(2)天神山周辺案内図、頂上周辺に天神山城跡があり、「現在地」が花ガーデン所在地



(3)ガーデンはそう広くはないが、各種各様のアジサイが咲いている



(4)青いガクアジサイ



(5)紫がかったガクアジサイ



(6)ピンクのガクアジサイ



(7)かなり白い手まりのようなアジサイ



(8)やや青みがかったアジサイ



(9)青いアジサイ



(10)白が混じるアジサイ



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザクロの花、タチアオイ、白いユリ咲く・・・夏の息吹

2016年06月17日 | Zenblog
 ザクロの花、タチアオイ、白いユリが咲きました。カヌーの練習も元気です。夏の息吹を感じます。


(1)ザクロの花咲く



(2)ザクロの花



(3)タチアオイ咲く



(4)タチアオイの花



(5)白いユリ咲き始め



(6)白いユリ咲き誇る



(7)カヌーの練習、元気



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨入りの常願寺川周辺、アオサギとキジ・・・常願寺川河口近く

2016年06月16日 | Zenblog
 梅雨入り後のうっとうしい天気です。常願寺川周辺の生き物たちは、かえって生き生きと元気なのかも知れません。アオサギとキジの姿を見ました。


(1)常願寺川のアオサギなど



(2)常願寺川を飛ぶ(アオサギ→訂正)ウミネコ



(3)田んぼのアオサギ



(4)餌をついばむアオサギ



(5)雌雄つがいで行動するキジ、キジは一夫多妻というがここは一夫一妻のよう



(6)左は雌のキジ、右は雄のキジ



(7)地味な雌のキジ、向こうに雄キジの尻尾が見える



(8)美しい雄のキジ



(9)同じく雄キジ



(10)曇り日、常願寺川の林越しに見える剱岳の夏姿



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

滑川市立田中小学校の木造校舎は北校舎だけになってしまった・・・滑川市・田中小学校

2016年06月15日 | Zenblog
 木造校舎の学校として有名な滑川市立田中小学校の改築が終わって、それまで木造校舎が多く残されていたのが、残るのは北校舎の本館だけになってしまいました。残念な思いです。
 このブログで2012年7月14~15日「滑川市立田中小学校・・・滑川市・興味ある木造建物」「滑川市・木造校舎の田中小学校」に紹介した写真と比較してみます。


(1)正面入り口から玄関へ、この部分は北校舎が堂々と広がって以前とほとんど変化はなく木造の小学校のイメージが残されています。



(2)その北校舎の右(西)側を見るとコンクリート建ての部分が見えてきます。


  [以前(2012年)の写真・1]右に木造の校舎が突き出し、南へ延びています。
     


(3)その西北の角はコンクリートの校舎ができて、南へ延びています。



(4)西側を(3)の校舎が南に向かってコンクリートの堂々とした校舎が聳えて伸び、新しい西校舎です。


  [以前(2012年)の写真・2]上の場所にあった木造西校舎の北部分
     
  
  [以前(2012年)の写真・3]聳える以前の西校舎
     

  [以前(2012年)の写真・4]木造西校舎の南部分
     


(5)南へ回って体育館の東側、以前は木造の東校舎がありました。右側に見えるのは現在も残されている北校舎(本館)です


  [以前(2012年)の写真・5]東側の木造校舎伸びてきていました
     


(6)体育館の西側にはコンクリート造の西校舎(南部分)ができています。


  [以前(2012年)の写真・6]以前は木造の西校舎が伸びてきていました。
     


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハナショウブが盛りに近い行田公園・・・滑川市・行田公園(西菖蒲園)

2016年06月13日 | Zenblog
 今日北陸は東北と並んで梅雨入りしました。
 そろそろハナショウブが咲いている頃かと思って、昨日(日曜日)行田公園の西菖蒲園を再訪しました。車を停めて降りていくとほとんど盛りに近いハナショウブの咲きようで、人出も多いでした。まだしばらくは花の盛りが続きそうです。


(1)行田公園西菖蒲園、ハナショウブは盛りに近い



(2)鬱蒼とした緑を背景に白・青・紫のハナショウブ



(3)休日だからか人出が多い



(4)見に来るのは圧倒的に女性が多い、奥の方は中川下流の市街地、橋は街中の通り



(5)まだまだこれから咲くハナショウブ



(6)ハナショウブの咲きかけも



(7)ハナショウブは混然と咲く



(8)白いハナショウブの気品



(9)白の気品に対して、紫と白の華やかさ、えんじ色の妖艶さ



(10)東菖蒲園への中間にある池あたり、黄菖蒲は終わっていた



(11)中川のバイカモ、流れる水の中で花が咲いている



(12)アジサイは白っぽく、まだ色づかない



(13)ギターを弾いている人がいた



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1メートル以上の鯉を待つ、アジサイの色づき度合い・・・富山市・水橋

2016年06月12日 | Zenblog
 白岩川で3本も竿をセットして釣りをしている人を見かけました。これまで1メートルに何センチか足りない鯉は釣ったが、果たせていない1メートル以上の鯉を釣ろうと一日がかりで構えているとのことです。

 あちこち見て回ると、アジサイが色づき始めていますがまだ色づきが完成という感じはありません。もう少しですね。


[1メートル以上の鯉を狙う人]

(1)白岩川で3本の竿をセットして、テントを張って・・・



(2)「夕方まで頑張ってでも、1メートル以上の鯉を釣りたい」
 「何を釣っているのですか」と声を掛けると「大きな鯉を釣ろうと思って・・・」と返ってきました。
 これまで、この白岩川で1メートルにこれだけ足りない(と指で5センチ弱の幅を示して)鯉は釣れたが、1メートルはまだ釣れてない、何とか今日はぜひ釣りたいと思っているとのことです。もし釣れたら寸法を計ったりしたあとはリリースするんだけどね。・・・・と構えは十分のようでした。


(3)テントを張って長期戦の準備万端

 本気で長期戦を覚悟しているようです。それからかなりの時間後、帰途対岸から見たらまだ「待っている」様子でした。結局の首尾はどうだったのかは分かりません。


[アジサイの色づきぐあい]

(4)的場フラワーパークのアジサイ

 的場フラワーパークは季節ごとに花を植え替えたりしてシーズンの花々を見せてくれる町角の花壇ですが、ここのアジサイは真っ白と青くなったのとで、まだまだの感じでした。


(5)畑の片隅、まだまだ蕾が小さく色づきもまだ



(6)庭先のアジサイ、かなり咲いてきている感じではあります



(7)田んぼの縁のガクアジサイ、つぼみそのものが小さい



(8)田んぼ脇、色づき始めたガクアジサイ



(9)田んぼ横、まだ小ぶりのアジサイながら色づき進む



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コバルトブルーの岡崎忍展を見る・・・上市町・西田美術館の企画展

2016年06月11日 | Zenblog
 西田美術館に入ったら、「岡崎忍展」を企画展として開催していました(~6月26日)。西田美術館は初めてでしたが、常設展はあとにして企画展の方から見ました。
 コバルトブルーの世界です。空間にコバルトブルーのリングが下がり、壁にもコバルトブルーのオブジェが張り付いています。この世界にしばらく浸ることにしました。


(1)コバルトブルーのリングと壁も



(2)コバルトブルーの空気感



(3)リングにはブルーの植物がからむ


 作家岡崎忍氏は草月工房で勅使河原宏氏の制作助手として在籍したあと、富山を拠点にして造形作家・いけばな講師として全国的に活躍しています。植物を使って異素材と組み合わせた造形作品をつぎつぎ発表しています。草月流いけばなの精神を受け継ぐ造形作家と言えます。


(4)岡崎さんと観覧に来た人



(5)壁に、植物を乾燥させコバルトブルーに彩色して



(6)壁に

 生け花とは遠い、「いけばな」の世界ですね。草月流が始まった頃のような「攻撃力」は感じません。草月流も安定期に入ったということかもしれません。


(7)月に雲の影とも見えて



(8)植物の生命力が生きている



(9)2階の休憩室から見た立山連峰



(10)廊下にマイセン窯の作品が陳列されている



(11)西田美術館の正面


 富士化学工業の創設者西田安正氏が個人的に海外で直接収集した美術品を中心に平成5年に開館しました。オリエント文化からシルクロードを経て中国に至る陶磁器・彫刻作品が充実し、700点を越えます。またビザンチン美術を代表するイコンから現代絵画まで、200点の中欧の絵画コレクションも含みます。常設展はこれらを中心に展示されています。
 立山や富士山の絵を見ることもできました。また、ゆっくり見たいと思いました。


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古代米(赤米・黒米など)の田植えやっと始まる・・・富山市・水橋池田館など

2016年06月10日 | Zenblog
 コシヒカリなど一般的な米の田植えは、もう早くに終わって稲は十分根づき株を張って稲葉の色も黒々としてきています。今始まったばかりの田植えは、この地域(水橋池田館など)で栽培している古代米の田んぼです。コシヒカリなどに比べて約1ヶ月遅く、秋の収穫も同様に遅くなります。


(1)田植機に苗を積み込む



(2)田植えが進む

 古代米と言っても、耕作・栽培方法は近代的に行われます。


(3)田植えが済んだばかりの田んぼとまだの田んぼ



(4)これから田植えの田んぼが広がる、立山には雲



(5)今日は田植機が何台も稼働している



(6)向こうでも古代米の田植え



(7)近くのコシヒカリの田んぼの稲は黒々と成長、アオサギがいる



(8)アオサギが飛んだ、コシヒカリの稲の育ち具合は順調



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の中、サギ(アオサギ)の姿・・・常願寺川河口近くの西岸

2016年06月09日 | Zenblog
 朝から細い雨が降り続いています。常願寺川も雨の波紋が広がっています。西岸に渡ると田んぼにアオサギの姿が見えました。雨が降っていても田んぼの中を歩き回って餌を求めています。


(1)雨の常願寺川



(2)アオサギが田んぼを歩く



(3)餌を狙うアオサギ



(4)二羽のアオサギで行動



(5)遠くにアオサギが点々と、なかには飛び立とうとするのも

 

(6)アオサギ(訂正→カワウ)のコロニー

 訂正します。「はたやん」さんのコメントによれば、全部カワウのようです。


(7)雨の中のカキツバタ



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加