★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画をメインにちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

2011年10月07日 | ★★★★

【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011/10/07公開 アメリカ 106分
監督:ルパート・ワイアット
出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン、アンディ・サーキス

これは 人類への 警鐘

アメリカ、サンフランシスコ。製薬会社の研究所でアルツハイマー治療の研究をする神経科学者、ウィル・ロッドマンは、開発中の新薬を投与したチンパンジーの知能が驚異的に発達したことを確認し、その成果を発表する。しかし、そのチンパンジーは突然暴れ出し警備員によって射殺されてしまう。事態を重く見た所長によってプロジェクトは中止を余儀なくされるが、射殺されたチンパンジーは妊娠中だったことから、ウィルは生まれたばかりの赤ん坊を秘かに引き取るとシーザーと名付け、自ら育てることに... (allcinemaより)

 

あの『猿の惑星』から43年後にエピソード0が作られるとは!! 衝撃的なラストシーンで有名ですが、観たのはそのラストシーンを知っちゃった後だったけどそれでもすごい映画だなーと思ったものでした。それにしても、なぜ人間が高い知能を持った猿に支配されるようになったしまったのかが気になってたので、なかなか興味深いおはなしでした。

どう繋げていくのかなーと思ったらアルツハイマーの治療薬の研究からああなっちゃうとはねぇ...。うまく繋げたものだと思いましたよ。106分といういい具合の長さにお話も丁寧で無駄なところもなく、最後までワクワクしながら面白く観られました。時間の都合で日本語吹替版で観ましたが本職さんなので安心です。

かわいそうだけど実験猿を全て処分しなかったのかいけなかった。やさしさが結局人間は自分で自分の首をしめる結果になってしまった。それに人間の子供のように育てちゃったのがいけなかったね。そりゃ知能が高いんだもん自我に目覚めてしまうのは当たり前。それに人間側が悪く描かれているからシーザーたちに感情移入してしまいました。

シーザーはなかなかのイケメン猿(チンパンジー)だった。
赤ちゃんの時は可愛かったしちょっと頭のいい猿だったけれど、大人になって人間の言葉も理解できるようになってしまうとは驚き。と言っても先を考えると当たり前か。中盤で“やめろ!(吹替版)"と人間の言葉をしゃべるシーンはおぉ!! それに他の猿が人間を殺そうとした時に止める姿がカッコ良かった。

お猿さんたちはCGですよねぇ。まさか本物をざくざく出すわけにもいかないし。シーザーなんかも自然でアップになってもリアル。切なそうな表情がなんとも...言葉はなくても何を訴えてるのかもわかるのがすごいわ。

クライマックスの“ゴールデンゲートブリッジを封鎖せよ!”のシーンは人間vs猿で見応えありましたな。もうどっちが知能が高いのか...わからなくなるほど。

エンディングでウィルス感染したお隣さんがまさかの職業でびっくりしてると、あれよあれよと感染が拡大していったよ~。同じ感染でも人間と猿でえらく違う...こわっ。

ハリー・ポッターのドラコ(トム・フェルトン)が出ていて、ここではさらに感じ悪い悪役でした。なんかこういう役ばかり回ってきそうで不安、、、。確かにいじめっこ顔してるけれども。

調べたらシーザーは『猿の惑星・征服(1972)』に出てくるんですね。1作目しか観てないからわからなかった。そういえば昔、ティム・バートン版を観に行った記憶があるけど内容が全く思い出せない...。ラストはどこかの建物の前だったような?ちがうかな。

★★★★.3

猿の惑星:新世紀(ライジング) 2作目

 

猿の惑星:創世記(ジェネシス) [Blu-ray]
ジェームズ・フランコ,フリーダ・ピント,ジョン・リスゴー,アンディ・サーキス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (43)   トラックバック (66)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LIVE! ライブ | トップ | アウェイク »

43 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
満足しました~ (マリー)
2011-10-08 00:32:00
こんばんは~~♪
私もさっき観てきました~。
あのお隣さん、認知症のお父さんに車壊されて、パイロットなのに出勤できないじゃないかっ!?って怒ってて
なんでここで職業言うの?って思ったけど訳があったんだ~。まさかラストに繋がるとはね・・・。
TOKYOの文字もあったね~~~。

ジェームズくん好きなので、彼がとってもいい役でホッ。純粋な人なんだけど、猿心は分からなかったね。
ドラコはもう、こういうのがぴったりでどうしましょう???汗
Unknown (KLY)
2011-10-08 00:49:33
いやぁ、実に良くできた作品でした。
とにかくCG技術・アンディーの演技・監督の演出の3つが見事に融合した結果だったと思います。
それにしてもあの表情、セリフなしでも見事に伝わるんだよなぁ。
Unknown (ふじき78)
2011-10-08 02:33:34
こんちは。

> “ゴールデンゲートブリッジを封鎖せよ!”

ああ、もしかしたら両さんが飼い主だったら凄く皆にとって幸せな未来がやって来た気がする。

字幕版を見ましたが、あのシーンの絞り出すようなセリフは吹替えだときつい気がします。
おはようございます。 (BROOK)
2011-10-08 05:01:50
続編を匂わせるようなラストでした。
こうなると、早く続きが観たいです。

新シリーズとして展開していっても面白いかもしれません。
期待通り! (オリーブリー)
2011-10-08 15:12:03
こんにちは。

めちゃハードル上げてたので、裏切られずにホッとしました(笑)
そうそう、尺も丁度良かったですね~欲を出さない勝利です。

「猿の惑星 征服」のシーザーは、「新猿」でコーネリアスとジーラがタイムスリップした時、産み落とした子供なんですよね。
ティムのは、あれはあれで彼の世界感なんでしょうか(苦笑)
ジェネシスは是非続編が観たいな。
Unknown (えふ)
2011-10-08 15:18:50
ほんと~シーザーはイケメンでしたね!(笑
顔がアップになるとおもわず見とれてしまいました。
お隣さん、とてもあの職業には見えなかったんだけど、、、
でも重要な職業でしたね(苦笑
Unknown (mig)
2011-10-08 19:01:39
yukarinこんばんは☆

シーザーは『猿の惑星・征服(1972)』に出てくる

そうみたいね~、もう覚えてないんだけど。でも同じ名前にしただけだよね?
全く違う猿から生まれたしね、
面白かったね♪
今年の上位★
ゴールデンゲートブリッジを封鎖せよ! (q このご時勢イケメンは欠かせないか)
2011-10-08 21:26:21
無駄は無いし CGも凄いっっ
んもー素晴しいっっっ作品

「あぁ!それやっちゃったら駄目だよぉ」
なんて 解ってても思っちゃって 
実はウィルのせいなんだけどさ
また 仕草がいちいち憎い猿達
とーか言いつつ この素晴しい作品
もう一度 観て来ようと思ってるのよ

猿達は人間達の愚行に対する警告的サインを出しているみたいだったわ
こんばんはー♪ (kira)
2011-10-08 22:02:03
最後の最後まで愉しめましたねー♪
あのエンドは、何気ないけど結構恐ろしいよね~~

もう今から続編に期待
私も今年の上位にキタ
こんにちは (たいむ)
2011-10-09 08:18:05
予告編を観ていたときから、知能的に拮抗してしまったら、身体能力が上である猿のほうが絶対的に優位になるのは当然って思ってました。
金門橋はまさにその証明でしたね。
見応えありました!

コメントを投稿

★★★★」カテゴリの最新記事

66 トラックバック

猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった~ 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本....
映画レビュー「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Rise of the Planet of the Apes◆プチレビュー◆ついに明かされた「猿の惑星」の起源。知能を持つ猿シーザーの切なさと人間の愚かさの対比が見事。 【75点】 製薬会社に勤める神経科学者 ...
『猿の惑星:創世記<ジェネシス>』 (ラムの大通り)
(原題:Rise of The Planet of the Apes) ----これ観たの昨日だよね。 スゴく興奮して帰ってきてたけど、 でもリメイクでしょ? 何年か前にもティム・バートンが監督したんじゃなかったっけ。 確かリ・イマジネーションとか言って…。 「いやあ。 こう言ってはバート...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (LOVE Cinemas 調布)
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマンス...
『猿の惑星 創世記』を109シネマズ木場1で観てウホウホ歓喜ふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆凄く大衆娯楽してよいと思う】 猿よし 以上、としたい所だが、それも何だか申し訳ないので、 雑然と頭に浮かぶことを適当に羅列してみる。 ・人間の ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ダイターンクラッシュ!!)
2011年10月7日(金) 20:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。19本目。 かの有名な「猿の惑星」の前日譚。いわば猿の革命の...
劇場鑑賞「猿の惑星:創世記」 (日々“是”精進! ver.A)
猿たちの、革命・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110070003/ パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 posted with amazlet at 11.10.06 (...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (あーうぃ だにぇっと)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)@ディファ有明。 9月24日イベント付き上映。 女子サッカーなでしこジャパンのキャプテン・澤穂希、タレントの石原良純が登壇。 イベントの模様はこちら。シネマトゥデイで早くもアップされていた。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 新薬開発が絡んでくる映画に外れなし!
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (佐藤秀の徒然幻視録)
始めに“No”ありき 公式サイト。原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES。ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピントー、アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー、ト ...
タイトルデザイン_28・『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、台詞に触れています。人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」(1968年)の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす『猿の惑
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観に行ってきました。 往年のSF映画「猿の惑星」の全く新しいシリーズとして位置付けられる、「猿の惑星」誕生のエピソードを扱った作品。 今作の監督を務めたルパート・ワイアットによれば、「他の映画との関連はなく、オリジ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Akira's VOICE)
猿にエール!!!  
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (心のままに映画の風景)
アメリカ、サンフランシスコ。 科学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を実験投与したメスのチンパンジーに、驚異的な知能発達があることを確認した。 しかし、...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)☆これは人類への警鐘 (☆お気楽♪電影生活☆)
   人類の犯した過ち        進化は彼らを選んだ
映画「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」@TOHOシネマズ日劇1 (新・辛口映画館)
 公開初日の夜の回。客入りは2~3割くらい、客年齢は高い。   猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]Amazonアソシエイト by
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」全てはココから! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[猿の惑星] ブログ村キーワード  伝説の名作SF映画「猿の惑星」の前日譚とも言うべき、物語。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(20世紀フォックス映画)。『如何にして人類は、猿に支配されるようになったのか?』という謎の起源を描きます。ま、「エピソード・0」...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (A Day In The Life)
公開週の土曜日に観賞してきました。 オリジナルの「猿の惑星」は未見です。 リメイク版は観ましたが、インパクトに欠ける映画だった ことしか覚えてません。 解説 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的な ラストシーンで話...
猿の惑星ジェネシス (Said the one winning)
監督 ルパート・ワイアットキャスト ジェームズ・フランコ フリーダ・ピント ジョン・リスゴー アンディ・サーキス 他 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題....
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 ('11初鑑賞134・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:55の回を鑑賞。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (to Heart)
これは 人類への 警鐘 原題 RISE OF THE PLANET OF THE APES 製作年度 2011年 上映時間 106分 脚本・制作 リック・ジャッファ/アマンダ・シルヴァー 監督 ルパート・ワイアット 音楽 パトリック・ドイル 出演 ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/....
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
現代の最新医療の成果をふまえた設定が現実的で、無駄なシーンが全くない濃密な内容の傑作が誕生した。進化の過程で猿が人間より優れた結果を生んだのは偶然だと思っていたが、このように科学的裏づけで脚本が書かれて登場する人間だけでなく猿も感情豊かに描かれている。...
■猿の惑星:創世記(ジェネシス) (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第240回「これはミュータントのお話ではないか?」 SF映画の金字塔である「猿の惑星」は1968年に公開され大ヒットした作品。レンタルビデオが普及し始めた中学生の頃にシリーズ5作をすべて観ました。そのエピソード0を描く今作「猿の惑星:創世記(ジェネシス...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」みた。 (たいむのひとりごと)
あの『猿の惑星』の起源が描かれている映画。『猿の惑星』オリジナルが公開された時はまだ生まれていなかったりするのだけれど、後に、”自由の女神”の意味(”猿の惑星”の正体)が何だったのかが理解できるように
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』・・・新解釈の前日譚 (SOARのパストラーレ♪)
公開を待ち望んでいた本作。期待以上の面白さにぐいぐい引き込まれた。何が面白いって旧シリーズとの新解釈なりの絶妙なリンクだ。
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』  (よくばりアンテナ)
面白かった~~~~!!! ほんっと良くできてるし、前のめりな姿勢で見ちゃいましたよ! あの名作『猿の惑星('68)』のシリーズなのね、と事前にたいして予習もせず、 観てきたのですが、 あの名...
やりすぎ。【映画】猿の惑星:創世記(ジェネシス) (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】猿の惑星:創世記(ジェネシス) RISE OF THE PLANET OF THE APES 【あらすじ】 現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。人類のごう慢さが、...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」進化を過信した先にみたチンパンジーの驚く知能と身体能力 (オールマイティにコメンテート)
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」はアルツハイマーの研究をしていた研究者がチンパンジーを使って実験をおこなっていた。その過程でチンパンジーにアルツハイマーの新薬を発見 ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (勝手に映画評)
これまで何度か映画化やTVドラマ化が成された『猿の惑星』シリーズ。なぜ猿が人類を駆逐して地球に君臨したのか?と言う、事の始まりを描いた作品。これまでの『猿の惑星』シリーズでも事の始まりを描いた作品はありましたが、この作品では設定を見なおして、より自然に(...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (だらだら無気力ブログ!)
お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (pure breath★マリーの映画館)
進化は、彼らを選んだ 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 監督・・・ルパート・ワイアット 出演・・・ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、アンディ・サーキス 他  【解説】 人間が高度な知能を持つ猿....
猿の惑星 : 創世記(ジェネシス)・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1968年に作られた、タイムパラドックスSFの金字塔「猿の惑星」のユニークなビギニング。 オリジナルで、チャールトン・ヘストン演じる主人公のテイラーが、砂に埋れた自由の女神を目撃する瞬間は、おそらく映...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (食はすべての源なり。)
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★☆(★4つ) 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作。 前評判通り面白かったですよ~。 チンパンジーの表情が豊かで...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)☆★RISE OF THE PLANET OF THE APES字幕スーパー版 (銅版画制作の日々)
 これは人類への警鐘! 評価:→90点 MOVX京都にて初日に鑑賞しました。本作は今までのシリーズのリメイクではなく、新作であり、オリジナルストーリーです。 見ごたえありました。お猿さんたちの表情や動きもなかなかのもので、ぎこちなさも無く、素晴らし...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Memoirs_of_dai)
猿の惑星 エピソード・ゼロ 【Story】 製薬会社に勤める科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、ある日実験用の猿が驚くべき知能を見せたことに気付く…。 評価 ★★★★☆(4.3P) 【感想】 自...
★猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)★ (Cinema Collection 2)
クリック、クリック~ RISE OF THE PLANET OF THE APES これは 人類への 警鐘 上映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/10/07 ジャンル SF/アクション/サスペンス 映倫 G  【解説】  ピエール・ブール原作のSF映....
分かっていなかったのは人間だけ。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (水曜日のシネマ日記)
高度な知能を持つ猿とそれを取り巻く人間の物語です。
「猿の惑星:ジェネシス」完璧☆猿目線 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もはや今年のベスト入り決定!
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす。出演は「127時間」のジ ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ(『グリーン・ホーネット』『食べて、祈って、恋をして』)フリーダ・ピント(『スラ ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (風に吹かれて)
エモーション・キャプチャーの猿 公式サイト http://movies2.foxjapan.com/saruwakuサンフランシスコの製薬会社の研究所に務める、若き神経科学者のウィル(ジェームズ・フラ
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ともやの映画大好きっ!)
(原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES) 【2011年・アメリカ】試写&劇場で鑑賞(★★★★★) 1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚を改めて描き直し。 一匹の猿の驚異的な進化から始まり、地球の支配者が人間から猿へと取り代わっていく様を描くSFアクション。...
人間は万物の霊長か?~『猿の惑星:創世記/ジェネシス』 (真紅のthinkingdays)
 RISE OF THE PLANET OF THE APES  アメリカ・サンフランシスコ。製薬会社の研究員ウィル(ジェームズ・フランコ) は、アルツハイマーの特効薬を開発していた。その薬を投与されたチンパンジ...
[映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これ、オリジナルのように語られているけど、「猿の惑星・征服」のリメイクですな^^  主人公の名前も同じだし。  で、話も今となっては定番だが、最新の技術で見せられると、  序盤の、物語的に起伏のない、知能が芽生えた類人猿・シーザーの、ロッドマン博士宅...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』新世界のはじまり (Healing )
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★ 本物の類人猿は1匹もいないのに、 感情移入できてしまうすごさ 言わずと知れた往年のSFシリーズ『猿の惑星』の、いわばエピソード・ゼロ。 2001年のティム・バートン版もあわせると、全6本のブルーレイがあってびっくりです...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (そーれりぽーと)
猿に支配された世界が出来るまでの創世記、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観てきました。 ★★★★ キチッと枠にはめて説明が付かないとイラッとなされるハリウッド、旧シリーズで残った「卵が先か鶏が先か」的なジレンマは無かった事にして、創世の物語(旧シリ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (みすずりんりん放送局)
 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観た。  【あらすじ】  現代のサンフランシスコ。  高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向け...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081 (単館系)
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...
映画:猿の惑星:創世記 Rise of the Planet of the Apes 人類の滅亡 ≒ 化学×Greed×グローバル社会 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフレーズが、観賞後に するすると出てくるドラマに仕上がった。 な...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・...
映画『猿の惑星:創世記』 (闘争と逃走の道程)
 映画史に残る傑作SF『猿の惑星』シリーズ。そのサーガの起源となる物語。 Rise of the Planet of the ApesPatrick Doyle Varese Sarabande 2011-08-16売り上げランキング : 6318Amazonで詳しく見る by G-T...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 (はらやんの映画徒然草)
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
実は前日まで『モールス』を観る気満々だったんだけど、 うっかり終わってたので急遽予定変更、こちらを観ることに。  ↑ いきなりひどい扱い 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』  RISE OF THE PLANET OF THE APES いや~、な...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (お地蔵さまの寄り道)
本日、レディースDAY。1,000円の日。 口コミが良かったので観ました。 だいたい、今まで、猿の惑星シリーズを1回も観てません。 さっぱり、解りません。 お猿さんが、賢いって事は解りました。 しかし、やっぱり野生動物です。 群れになると、怖いです。 ア....
ここから始まる・・・ (笑う学生の生活)
20日のこと、映画「猿の惑星 創世記」を鑑賞しました。 オリジナルの1作目 「猿の惑星」の前日談ともいえる内容で なぜ 猿に支配されてしまったのかという・・・ とはいえ シリーズ関係なく 1つの作品として 良く出来ていて 面白かったですね エンタテインメント性....
『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
壮大な「猿の惑星」サーガ、そのプリークエルとなる最新作。 この際シリーズをもう一回お浚いしてみようかなと思っていたのですが、1作目の『猿の惑星』を見終わった処で、むしろ白紙に近い状態で見た方が良いかなと思いなおし、結局先に映画館へ。 とりあえず、オリ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (C'est joli~ここちいい毎日を~)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ...
猿の惑星 創世記:ジェネシス <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  10月26日(水)に観に行ってきました   今までの猿の惑星シリーズも観てきたけど 今回のんはお猿の顔がめちゃリアル ってか人間ぽい   賢くなった時も 余計に人間に見える      シーザーと人間との関わり...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (或る日の出来事)
ストーリーも映像も、しっかりしていて楽しめた。映画館で観られて良かった。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (銀幕大帝α)
RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開 監督:ルパート・ワイアット 出演: ◆ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマン 過去出演作:『127時間』 ◆フリーダ・ピント…キャロライン 過去出演作:『スラムドッグ...
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」批評 僕的に昨年度最高の映画ヽ(´▽`)/ (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観ましたよ~(◎´∀`)ノ 本日2月22日レン
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (いやいやえん)
猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされていると感じました。 正直「猿の惑星」の話なんても...
猿の惑星:創世記 (Rise of the Planet of the Apes) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)  (こんな映画見ました~)
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』---RISE OF THE PLANET OF THE APES---2011年(アメリカ)監督:ルパート・ワイアット 出演:ジェームズ・フランコ 、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス ピエール・ブール原作のSF映画の金字塔「猿の...
【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』 『どうもホラー映画のようです。』 という事を書きましたが、一...