★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

アンナ・カレーニナ

2013年03月30日 | ★★★+(3.5/5)

【ANNA KARENINA】 2013/03/29公開 イギリス 130分
監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィキャンデル、オリヴィア・ウィリアムズ、エミリー・ワトソン、カーラ・デルヴィーニュ

時代を駆け抜けた、
美しくも激しい運命の愛が、
現代によみがえる――。

[Story]
19世紀末のロシア。政府高官カレーニン(ジュード・ロウ)の妻にして、社交界の花として人々から注目されるアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)。しかし、華やかな生活の裏で夫との愛なき結婚に空虚なものを抱いていた。そんな中、彼女は離婚の危機に陥った兄夫婦の関係を修復させようと、彼らのいるモスクワへ。駅に降り立ったアンナは、そこで青年将校ヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソン)と出会う。彼から強い思いをぶつけられて戸惑う彼女だが、自分にも彼を慕う気持ちで胸がいっぱいだった...


ロシアの文豪トルストイの同名小説を実写化したラブ・ロマンス。
全てを捨てて愛に生きる道を選んだアンナ・カレーニナの悲痛な運命を描いた作品。
監督は『プライドと偏見』『つぐない』『ハンナ』のジョー・ライト。

めずらしい恋愛映画を観てしまいました(笑)。キーラは時代物の衣装がとても似合うのと今年のアカデミー衣装デザイン賞を受賞した作品でもあるので、どんなもんかなーと思って。あとジュードがハゲ度を増した役なので心配だった....あれはわざとらしいですね、、、。

不倫を美しく描いたおはなし。心の火が燃え上がるのは最初のうちが華というか....所詮不倫は不倫....最後はそんなもんだよね~でした。最後は自業自得...同情はできませんでした。

とはいえ、ものすごーく気になる男性がストーカーかよってほどに目の前に現れてアタックされさたら、本人には気になる人だから心も傾いてしまうのかもしれませんね。そこは人妻...強い心でグッと我慢しなきゃー。あんな聖人のようなダンナ様がいるのに....なんてこと!! 何度も赦しのチャンスをもらったのに.....正直に生きたいとはいえ...あまりにも正直すぎるのも困りもの。ただ、キーラが演じてるから嫌な女に見えなかったんですよね、、、。

映像はとても素敵でした。大劇場でお芝居が始まる風から映画のドラマに変わっていく流れが良いです。それと扉を開けると別のシーンに切り替わる所も好き。時代は19世紀のロシア、社交界の雰囲気も好き。この時代の衣装や建物も好みなので堪能しました。舞台はロシアだけどイギリス映画を感じる作品でした。

キーラは豪華なドレスがよく似合う。さまざまなドレスを着てたけど個人的には黒が好みでした。ちょっと性格がきつそうな顔立ちをしてるので、まわりなんて気にしない愛に生きるーという心を曲げないアンナ役はハマってましたね。

不倫相手役のヴロンスキーはパッと見にイケメンくさいのにどーしてもクスッとしてしまう顔でヒゲが似合ってないように思いました。どこかで見たんだけど....と思ってたら『キック・アス』の彼なのですね~じゃあ笑うわ。
ジュードはグッと我慢の役どころで地味でしたが、感情的にならずに冷静な所はかえってこわいかも。それよりも髪型が気になって仕方がなかった(汗)。奥さんと不倫相手と3人で手を繋ぐ所は引いた、、、。

社交界は不倫中はまわりから冷たい目で見られるけど、ちゃんと離婚してちゃんと結婚すればOKなのかな?? そんなふうにとれましたが...。いずれにしてもダンナ様がかわいそうでした。

★★★.6
★★★★ キーラ・ナイトレイ
★★★★.3 衣装

 

アンナ・カレーニナ [DVD]
キーラ・ナイトレイ,ジュード・ロウ,アーロン・テイラー=ジョンソン,マシュー・マクファデイン
松竹

 

アンナ・カレーニナ [Blu-ray]
キーラ・ナイトレイ,ジュード・ロウ,アーロン・テイラー=ジョンソン,マシュー・マクファデイン
松竹
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強奪のトライアングル | トップ | ジャックと天空の巨人 »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-04-01 20:49:20
これは女性から見たら正直に生きた女性の物語にも見えるのでしょうか?
男性の私にとっては恋と愛の違いにも気付かなかった憐れな女性を滑稽に描いた物語に見えましたね。

というか、あれだけ許しを何度も与えてくれたダンナを捨てるのはアホですよ。
Unknown (mig)
2013-04-02 23:27:04
あんな優しいダンナ様でも、愛がないと、、、、ていうか
自分は愛されてるのに勝手だよね。
若い男はすぐにまた浮気するものだし。
人生の皮肉。
わがままなアンナだけど、演出が舞台劇風で面白く見せて退屈しなかった♪

またこっちに来ていたのね☆
4月末は残念だわ~

こんにちは (オリーブリー)
2013-04-03 14:10:56
アンナが主役でありながら、実は回りの方が主役だろうと思いますね。
兄嫁の地味さとか、キティの覚悟とか、女が一端こうと決めたら、、、みたいな成長も感じました。
成長しなかったのはアンナだけなのかもしれませんね(苦笑)
にゃむばななさんへ (yukarin)
2013-04-04 16:24:39
こんにちは♪
良い方にとれば正直なんでしょうけどね。
あんなにやさしいダンナ様を捨てるなんて酷い女ですね。
ま、それを描きたかったんでしょうけど^^;
migさんへ (yukarin)
2013-04-04 16:28:41
そうねぇ、確かに若い男はすぐ浮気するよねぇ。
某外国俳優とかね.....
私も全然退屈しないで観られたのが良かった。
舞台劇風なのが好みでした。

4月はごめんよぉ~っ
次回は行くからね!!
オリーブリーさんへ (yukarin)
2013-04-04 16:51:21
あー確かに!
アンナ以外の人たちはちゃんと成長してましたもんね!
まわりの女性たちのほうがだんだん魅力的になっていったと思います。
Unknown (Ageha)
2013-04-07 10:24:23
めっちゃお久しぶりでございます~。

キーラ・ナイトレイ美しかったですね~。

ジュード・ロウが剃髪ってのは・・・(^^;
ほんまに役柄かいなという(わわわわわ)

あまりにできた旦那ではあるのだけれども
やっぱ相手にされないってのはやですね。
ただだからってアンナを肯定はしませんが。
あそこまでされても愛せるのであれば
もっとなんとかなったんちゃうんていう・・・。
ホンマ旦那がかわいそうでかわいそうで
仕方なかったです。オンナからみても。(>_<)
Agehaさんへ (yukarin)
2013-04-08 12:47:51
わーAgehaさんお久しぶりです。
キーラ素敵でしたよね。
ジュード・ロウ....え?(汗)

ほんとダンナさんがかわいそうで(泣)
できすぎな人だとダメなんでしょうかね。
ジョーライト監督ならでは (q 見応えアリ)
2013-04-15 21:31:54
ヴロンスキーを演じたアーロン・テイラー=ジョンソン。「キック・アス」の彼だったのを観終わって気がついて
昔に読んだ(理解は出来てない 笑)けど
トルストイの小説イケメンのイメージは
キラキラキラリラリラン美青年
っていうのはあるのよ~
要は不倫のお話で
私が観るのは珍しいという(笑)
セットも衣装も見応えアリだったな~
恋は盲目とも言えるんだけど
ジョー・ライト監督が見事に作ったわ~
qちゃんへ (yukarin)
2013-04-18 12:48:08
キックアスの彼は私も見終ってからだったんだけど、
なんか笑えてたんだよね(笑)
qちゃんは不倫映画は観ないんだね~私も!
でもセットや衣裳にひかれて観に行ってしまったよ。
恋は盲目といっても不倫だからなぁ、、、
こんにちは (maki)
2013-09-26 09:05:04
有名な小説なのでざっくりとは知っていましたが、ちゃんと作品に触れるのは実は初めてでした
キーラはほんとにこういう文芸時代物コスが似合いますよね!今回も序盤の黒い羽飾りの衣装とか素敵でした~

物語は後半ちょっと駆け足気味で、やっぱり感情移入してみる事はできませんでした(そういうつくりになってる気がする)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アンナ・カレーニナ(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:Anna Karenina。レフ・トルストイ原作、ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナ ...
アンナ・カレーニナ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 アンナ・カレーニナ オリジナル・サウンドトラック [CD]ロシア文学の古典をオリジナリティあふれる演出で映画化した「アンナ・カレーニナ」。人生を文字通りの舞台にたとえた演 ...
【アンナ・カレーニナ】結婚は両手が自由な束縛、不倫はがんじがらめの束縛 (映画@見取り八段)
アンナ・カレーニナ~ ANNA KARENINA ~    監督: ジョー・ライト    出演: キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィ...
アンナ・カレーニナ (あーうぃ だにぇっと)
アンナ・カレーニナ@よみうりホール
『アンナ・カレーニナ』 2013年3月22日 GAGA試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アンナ・カレーニナ』 を試写会で鑑賞しました。 GAGAの新試写室でした。 場所も外苑前駅の近くで良い所でした。 座席は4列+後ろ一列パイプ椅子で全部で40名強の入れるくらいの大きさですが、 スクリーンが高いので長い映画には不向きですね。 2時間10分はチョイきつ...
アンナ・カレーニナ (to Heart)
原題 ANNA KARENINA 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 130分 原作 レフ・トルストイ 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/ジュード・ロウ/アーロン・テイラー=ジョンソン/ケリー・マクドナルド/マシュー・マクファディン/アリシア・ヴィキ....
脳科学の証明。『アンナ・カレーニナ』 (水曜日のシネマ日記)
ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作を実写化した作品です。
アンナ・カレーニナ (とりあえず、コメントです)
トルストイの有名小説をジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイ主演で描いた大河ドラマです。 何度も映像化されたこの物語が今度はどんな作品になるのだろうと楽しみにしていました。 19世紀末の帝政ロシアを舞台に、破滅へと向かう悲劇の愛が美しい映像と共に描き出され...
アンナ・カレーニナ (試写会) (風に吹かれて)
舞台劇でした公式サイト http://anna.gaga.ne.jp3月29日公開米アカデミー賞衣装デザイン賞受賞原作: アンナ・カレーニナ (レフ・トルストイ著)監督: ジョー・ライト  「プライド
アンナ・カレーニナ (心のままに映画の風景)
19世紀末のロシア。 政府高官カレーニン(ジュード・ロウ)の妻にして、社交界の華と注目されるアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)は、華やかな生活の裏で夫との愛なき結婚に空虚なものを抱いてい...
アンナ・カレーニナ /ANNA KARENINA (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね &larr;please click  ロシアの文豪トルストイの小説を「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督 &キーラ・ナイトレイコンビで新たに映画化した文芸ロマンス。 アカデミー賞では、衣装デザイン賞受賞 衣装も舞台も...
アンナ・カレーニナ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ロシアの文豪レフ・トルストイが地位のある夫を持ちながら道ならぬ愛に身を焦がす妻を描き、世界中で読まれ続けている小説を、「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督が豪華絢爛に映画化。 タイトルロールの美貌の妻を「プライドと偏見」で第78回アカデミー...
『アンナ・カレーニナ』 (こねたみっくす)
男の不倫は気弱な遊び、女の不倫は強欲な本気。 リアリズムの巨匠レフ・トルストイの代表作を文芸作品だけが得意なジョー・ライト監督がリアリズムとは真逆の舞台劇のような展開 ...
アンナ・カレーニナ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そこは出口の無い、愛の牢獄。 19世紀末の帝政ロシアの社交界を舞台に、青年将校と禁断の恋に落ちる人妻の悲劇を描いたトルストイの古典「アンナ・カレーニナ」。 過去に幾度となく映画化されてきた作品だ...
アンナ・カレーニナ/キーラ・ナイトレイ (カノンな日々)
ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作で世界的にも有名な「アンナ・カレーニナ」を『つぐない』のジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイを再び主演に迎え19世紀ロシアを舞台に愛 ...
『アンナ・カレーニナ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アンナ・カレーニナ」□監督 ジョー・ライト□脚本 トム・ストッパード□原作 レオ・トルストイ □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、       ケリー・マクドナルド、マシュー・...
ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演『アンナ・カレーニナ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ロシアの文豪トルストイの最高傑作として知られる『アンナ・カレーニナ』を『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が、キーラ・ナイトレイ主演で映画化。19世紀末のロシアを舞台に愛のない結婚をしたヒロインが運
恋するオンナはアホですか?~「アンナ・カレーニナ」~ (ペパーミントの魔術師)
”杏奈、カレーにな”って変換する私のPC。なんでやねん! 失礼しました。 アカデミー賞で撮影賞・美術賞・衣装デザイン賞・作曲賞にノミネート(うち衣装デザイン賞を受賞)。 ま~ふだんのチョイスなら見に行かない作品だけど。 ジュード・ロウとキーラ・ナイトレイで...
アンナ・カレーニナ/ANNA KARENINA (いい加減社長の映画日記)
名前は聞いたことあるけど、どんなストーリーだったかは、まったく記憶になく・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 貴族階級のアンナ・カレーニナは、政府高官の夫と結婚し、息子にも恵まれ、何ひとつ不自由のない暮らしをしていた。 ある日、兄夫婦が離婚の危...
アンナ・カレーニナ (ダイターンクラッシュ!!)
2013年4月1日(月) 19:05~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 スカーレット・オハラを凌駕するやな女 『アンナ・カレーニナ』公式サイト ロシアの大文豪トルストイの不倫女の話は、 この人の主演のものを観たことがあ...
アンナ・カレーニナ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アカデミー賞衣装賞を獲得しただけにロシアの帝政時代の貴族の豪華な暮らしぶりが実感できる。舞台劇を取り込んだ演出が斬新だ。キーラ・ナイトレイのくっきりした目鼻立ちが感情の起伏をよく表現できている。社交界から追われて絶望に落ちていく様子と大地に足をつけて実...
アンナ・カレーニナ (悠雅的生活)
運命の愛。
アンナ・カレーニナ (Said q winning)
監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファ ディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィキャンデル、オリヴィア・ウィリアムズ、エミリー....
「アンナ・カレーニナ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Anna Karenina」 2012 UK 19世紀後半のロシア。アンナ・カレーニナは社交界の美しい花で、政府高官の夫カレーニンと愛する息子と共にペテルスブルグに暮らしている。ある日、アンナは兄オブロンスキーに会うためモスクワを訪れる。兄を訪ねた理由は彼の浮気によりぎ...
アンナ・カレーニナ (こんな映画見ました~)
『アンナ・カレーニナ』---ANNA KARENINA---2012年(イギリス)監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン 、ケリー・マクドナルド 、アリシア・ヴィキャンデル 、エミリー・ワトソン、 ドーナル・グリー....
映画『アンナ・カレーニナ』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-30.アンナ・カレーニナ■原題:Anna Karenina■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:130分■観賞日:4月7日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,800円 □監督:ジョー・ライト◆キーラ・ナイトレイ(アンナ・カレーニナ)◆ジュード・ロウ(カレ...
アンナ・カレーニナ (いやいやえん)
ざっくり言ってしまえば不倫ドラマなのですが。トルストイの有名な文芸作品なので何となくは知っていましたが、ちゃんと作品に触れるのは実は初めて。 時代コスと言えばこの人、キーラ・ナイトレイ主演。ジュード・ロウがその夫を演じていました。 舞台は19世紀後...
アンナ・カレーニナ (2012年) (のほほん便り)
何度も映像化されてる、ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作だけに、あえて斬新なアプローチ。映画全体を舞台劇とし、場面転換の際には映像が隣のステージに移動するという独特の手法を用いています。でも、大いに目の保養作品でした。美男美女で、映像的にも、とてもキ...