ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<118> Word のグリッド線を上手に使って文面の体裁を整える

2007年10月09日 | ◆Office

 


Word で文書を作成したとき、2ページ目に少しばかり文章がはみ出したりして何となく見っともない。そのような経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。1ページ内に収めてしまいたい場合は、次の方法で簡単に収めることが出来ます。

2ページ目にはみ出した文章を1ページ内に収める方法の一つは、『余白』部分を小さくする方法があります。今回は『余白』はそのままにして、<グリッド線>の設定変更により1ページ内に収める方法をご紹介します。


● 2ページ目にはみ出した文章を1ページ内に収める
  (すべての画像はクリックすると拡大されます)


images
クリックすると拡大されます
(少しばかり文章が2ページ目にはみ出している)



通常、入力した文字は<グリッド線>に沿って配列される。どんなに小さな文字を入力しても<グリッド線>に沿って入力され、【行間】だけが広がってしまい体裁が悪い。これは<グリッド線>の間隔が(1ページあたりの行数)で決められているためです。

<グリッド線>を無効にすることにより【行間】を詰めることが出来るので、これを利用して2ページ目にはみ出した文章を1ページ内に収めるようにします。


Word 文書を表示して「ページ設定」→「標準の文字数を使う」チェックを入れ→「OK」

(初期設定では「行数だけを指定する」にチェックが入っている。)


images
クリックすると拡大されます
(「標準の文字数を使う」にチェックを入れ直す)


これにより<グリッド線>が無効になり行間が詰まるので、1ページ内に収まる場合が多い。もし収まりきれない場合は『余白』で調整する。


images
クリックすると拡大されます
(2ページにはみ出していた文章が1ページないに収まった)


 


● 文章の1部分だけ<グリッド線>を無効にして体裁を整える


表題部分が長くなってしまい2行にまたがってしまった。
文字サイズが大きいため【行間】も広がってしまった。


images
クリックすると拡大されます
(表題部分の行間が広がってしまい見っともない)


表題部分の2行を範囲選択する→メニューバーの「書式」→「段落」→「インデントと行間隔」タブ→「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」チェックを外し→「OK」


images
クリックすると拡大されます
(範囲選択した部分の<グリッド線>が無効になる)


images
クリックすると拡大されます
(結果として、表題部分の「行間」が狭まり見やすくなった)


 

『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <117> 大切な受信メールを... | トップ | <119> 「音声認識データを... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (隊長)
2007-10-17 21:35:50
ただいま人気ブログ応援活動中です。
応援ポチッ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マイクロソフト ワードで文章がグリッド線に合わない場合の対処方法 (パソコンと家電の豆知識)
 マイクロソフトのワードでグリッド線を表示させて使っていると、たまに文章がグリッド線に合わない現象が生じます。パターンによって二通りの直し方がありますので、ご紹介させていただきます。文章の一部分の行...