ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<262>増え続けるパスワードを、クラウド上の管理ツール(LastPass)で管理する

2016年01月14日 | ◆Webページ活用


LastPass は<ID/パスワード>をクラウド上に保管するパスワード管理ツールである。インターネットに接続している限り、いつでもどこでも複数の端末から<ID/パスワード>の取得が可能となる。

例えば、自宅のPCで利用している登録済Webサイトを外出中のスマホでも簡単にログインして利用できる。
<ID/パスワード>を自分で覚えたり、メモして持ち歩いたりする必要はない。

またいずれかの端末からパスワードを変更すると、クラウドを介してほかの端末にも自動的に反映される。複数の端末間でこのようなパスワードの同期(自動入力)も行ってくれるパスワード管理ツールである。

● データは暗号化して保存されているので、安全性も高い。

● この機能を使えば、パソコンが使用不能になった場合も、自宅以外のパソコンから、いつでも設定した<ID/パスワード>情報を呼び出すことができる。

http://goo.gl/EiaZQ
------------------------------------


LastPass をパソコンにインストールする
 
下記からダウンロードすると、インストール済みのWebブラウザへ一度にインストールできる。
(Internet Explorer、Firefox、Google Chrome、Safari、Operaに対応)


https://lastpass.com/misc_download2.php

● アカウント作成画面が表示されたら、LastPass 全体に対する <マスターID & マスターパスワード> を設定する。

【注】<マスターID & マスターパスワード>が漏洩すると、すべての登録サイトに他人が侵入可能となるので、これだけはしっかりと頭に記憶しておくか、又は自宅のノートなどに記録しておく。

● Webブラウザに保存されていた各Webサイトの <ID/パスワード> がインストール中に LastPass へインポートされ、LastPass のクラウド上のデータベースに保管される。

 

LastPass の使い方

● Webサイトのログイン画面を表示すると LastPass に保管された<ID/パスワード>が自動的に入力される。

● LastPass 一覧の中から、目的のサイトに直接ログインすることができる。

● インストール後デスクトップに置かれたアイコンをクリックすると、LastPass保管庫 に保管された<ID/パスワード>の一覧が表示される。・・・※もし<マスターID & マスターパスワード>を聞いてきたらコレを入力する。

 

※上記画像の<呼び出します>をクリックして、当該サイトへ直接ログインできる。

※ 新規のWebサイトを LastPass へ登録できる。
(スパナのマーク)から登録内容の編集ができる。 

● ブラウザの(chrome は右上に、IEは左上に)  のアイコンがが表示されるので、ここから LastPass の様々な編集や設定などを行うことができる。

・これからログインしたいサイトを検索して表示することができる。
・ LastPass保管庫 の一覧を表示できる。
・新たにパスワードを生成できる。 
 

●  LastPass のヘルプ

  https://helpdesk.lastpass.com/ja/extension-preferences/

           ----------------------------------------------------

【参考サイト】
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1306/26/news110.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/443876/
http://pcgenki.com/util/lastpass_1.htm

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <261> 大容量のファイルは... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。