ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<255> 縦長のWebページの見えない部分まで画面キャプチャする

2014年10月08日 | ◆ソフトウェア

Webページをスクリーンショットする場合、パソコンの PrintScreenキーを押してペイントなどの画像ソフトに張り付ける、といった作業が一般的な方法でした。また1枚の写真や絵画を画面キャプチャして保存するソフトなら、いろいろな無料ソフトも用意されていることでしょう。

しかし、縦長のWebページを上から下まで、画面に表示されていないところまで含めてキャプチャするには、画像編集ソフトでつぎはぎして作成することになります。ここでご紹介しますGoogle Chrome の拡張機能 「Webpage Screenshot」 を使えば、一発で(縦長のWebページを上から下までキャプチャする)ことができます。
また、“Share” 機能によりキャプチャした画像のURLを取得することもできます。

※ GoogleChrome を利用していない方は下記よりインストールできます。
https://www.google.com/intl/ja/chrome/


 

■ 拡張機能 Webpage Screenshot のインストール

(注)ブラウザ GoogleChrome から下記サイトを開く。
http://goo.gl/rrijuD

表示された画面右上の「無料」ボタンをクリック → 「新しい拡張機能の確認」画面 → 「追加」ボンタンをクリック → 拡張機能 「Webpage Screenshot」 が有効になる → 画面の右上(アドレスバーの右側)に「カメラのアイコン」が表示される。
既にインストールされている場合は「有効にする」をクリックする。

(案内ページも表示されることがあるが、これは終了しておく。)

 

操作手順
  (ソフトのバージョンアップなどにより、画面表示が多少変更される場合がある。)

1.ブラウザ Google Chrome で、キャプチャしたいWebページを開く。

2.Google Chrome 右上の「カメラのアイコン」をクリックする。

3.「見たままスクリーンショット」「ページすべてをスクリーンショット」などが表示される。

 

 

4.(1)「見たままスクリーンショット」をクリックすると、今画面に見えている部分がキャプチャされる。

  (2「ページすべてをスクリーンショット」をクリックすると、ページの見えない部分まですべてがキャプチャされる。

  ※ 画面の左上部には、簡単な(画面編集機能)が表示される。

  ここから(円形・四角形切り取り)などの基本的な画像編集ができる。


  ※ 画面の右上部には、(印刷、gmail、シェア)などのアイコンが表示される。

 

5.保存: 画面の上で右クリック→「名前をつけて保存」

  (注) <ping形式>で保存されるので、後で<jpeg形式>に変更可。
  (注) 保存した画像をクリックすると、初期設定では「Windows フォトビューアー」で表示される。

クリックすると拡大されます。 
 

     ※ ページのすべてを保存した場合は細長く表示されるので、付属の「拡大ボタン」で拡大した後、
      画面の中で上下にスクロールしながら閲覧する。

 クリックすると拡大されます。

 

6.キャプチャ画像のURLを取得する。

 画面右上の<Share>ホタンをクリックすると、キャプチャ画面とともにアドレス欄に画面のURLも表示される。

 

 

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <254> Officeフリーソフト... | トップ | <256> 今「クラウドサービ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。