ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<254> Officeフリーソフトの定番 「Open Office.org」

2014年09月26日 | ◆Office

現在、無料で利用できる Office ソフトとしては、その機能面から下記2つが有力です。

1. 『Googleドキュメント』 ・・・クラウドによる統合型 Office
2. 『Open Office.org』 ・・・インストールして利用する統合型 Officeソフト(Microsoft Office との互換性に強い)

 ■ 前回の(1)に続いて、今回は(2)の『Open Office.org』についてその概要をご紹介します。

Microsoft の Office と同等程度の機能を持ち、Microsoft Offcie との高い互換性があり、操作も似ている 「OpenOffice.org」の概要のご紹介です。 最近は、会社や自治体など Microsoft のOffcie の代わりに導入されることも多いようで、人気の Officeフリーソフトです。 

 ※ OpenOffice.org・・・ダウンロード:窓の杜 
  http://www.forest.impress.co.jp/library/software/openoffice/ 


■OpenOffice.org の特徴 

OpenOffice.org は、オープンソースで開発されたワープロソフトや表計算ソフトなどを統合したオフィススイートです。 

==下記のソフトウェアが含まれています== 

・Writer(ライター): ワープロソフト 
シンプルなビジネス文書から、表や図などを組み込んだ文書作成、長文作成にも対応した機能が備わっている。 

・Calc(カルク): 表計算ソフト 
豊富な計算機能やグラフ作成機能、データ分析機能などが備わっている。 

・Draw(ドロー): 図形描画ソフト 

簡単な図形描画からベジェ曲線を使った図形描画機能、3D図形描画機能も備わっている。 

・Impress(インプレス): プレゼンテーションソフト 
図形描画機能も豊富にあり、スライドを展開するときに様々な効果を設定することができる。 

・Base: データベースソフト 
Microsoft Office の Access に相当。Access と同じように、テーブル、クエリー、フォーム、レポート、マクロなどの機能が使える。 

・HTML Editor: ホームページ(Web)作成ソフト 

タグを知らない初心者の方でもイメージ画面から作成することができる。 

・Math Editor: 数式作成ソフト 
Writerなどのドキュメントに、バランスの整った数式を作成できる。 

---------------------------------------------------------------------------------- 

※ PDF出力機能 
OpenOffice.orgには、PDFエンジンが内蔵されており、文書をそのままPDFとして出力できる。 

※ USBで持ち歩ける「OpenOffice.org Portable」 

  http://openoffice-org-portable.softonic.jp/ 

----------------------------------------------------------------------------------------- 

【参考】 OpenOffice の使い方 

http://www.ne.jp/asahi/pa/sta/openoffice.html#0-1-1 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <253> 無料のクラウド型Of... | トップ | <255> 縦長のWebページの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。