我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

見えない 戦い。

2017年01月03日 | 軍事

ご案内 

2017 01 03 見えない 戦い。【わが郷・軍事】
トロツキー ロシア革命

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

ロシア革命では、無秩序な暴徒の群れを

ソ連共産党が煽り立てて、血塗られた歴史を

書き綴ってきた。

 

庶民に判るように表現すれば、真珠湾で安倍首相が述べたように、

「不戦の誓い」との、ぬるい表現となる。

 

 2015 04 18 基地の地主、実は売国奴……。 基地の地主、実は売国奴……。 わが郷

 

 

 

沖縄2紙購読「やめた方がいい」 浜比嘉勇沖縄市議が議会で批判

  2015年12月22日 10:05

 【沖縄】沖縄市議の浜比嘉勇氏(会派躍進)は21日の市議会12月定例会で一般質問に立ち「議員や当局のみなさん、ネットで議会中継を見ている人に対して(県内2紙を)やめた方がいいと大きい声で申し上げたい」と発言した。名護市辺野古の新基地建設反対やオール沖縄、翁長雄志知事を礼賛する報道に偏っているとして、「見ただけでストレスがたまる。本を買って読んだ方が良い」と批判した。

「新聞は公平公正中立であるべきだ。偏見に満ちた報道をするべきではない」と訴えた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/22173

 

普天間基地移転 普天間基地移転  課題の一覧

もう半世紀も昔のこととなるのだが、沖縄施政権返還闘争などの、過激な闘争の中で我等の仲間が、何人か死亡した。全国での過激派と呼ばれた学生や若者の死者が、150名ほどいただろうか。60年反安保闘争では、戦前生まれが担った。70年沖縄返還闘争では、戦後すぐに生まれた者が闘った。

そしてわが大学には、勝共連合なんかは、たった 一人しかいなかった。

つまり、ウヨクなんかは居ないのと同じだった。

今だって、普天間基地は辺野古に移せばよい。とか、阿呆なことを恥気もなく宣わっている御仁たちは、日本を占領した米軍の、露払いなのだろうか。

そのあたりの経済構造は、基地の地主、実は売国奴……。 わが郷を読んでいただければ、『なあんだ。』と云うことに成るのだろう

さて、本日はまだ幕の内、生(ナマ)なお話は後でする事とする。

 

沖縄市議のナンチャラ氏が、沖縄の二紙は取って詠むのを止めた方が良い。などと おっしゃったのだという。なにを言っても、日本には「言論の自由」がある。たかが、と言っちゃナンなのだが、市議会議員には言論を封殺する権力など持ちあわせていない。もちろん、国家権力の中枢にいる、閣僚などが是を言ったならば、「言論の自由を侵害した。」 などと非難されてしまう。

沖縄の基地利権に絡んだ人物なのかどうかは、わが郷からは見えない。

沖縄防衛を米軍に頼る。

このような与太を、安倍『極右』政権までもが、言うというばかりではなく、辺野古飛行場建設へと ごり押ししてきた。尖閣問題の仮定の中で、米軍は実際は関わらないで、口先だけ。これが見えない人は、メクラ同然。生まれたばかりの赤子は、目が見えないのだという。まあ、乳飲み子は、世間など見えるハズもない。日常的に沖縄の、とくに尖閣海域を護っているのは、海保の職員なのだ。そして、非常時には海自だとか空自、そして陸自も出張ることとなる。やっと精密計測器で検出出来るほどの放射能でも、百㎞ほども逃げてしまった米軍なんぞは、たぶんグアムあたりまで逃げてしまうのだろう。「お友達」は。この程度に頼りない。

日本には表現の自由というのがあって、諸法により護られている。

なので、わが郷・左近尉は、こうして自分が真実と信じることを、ネットで発信している。

上の写真で、写っている人数だけでも、1000名はいるのだろう。報道では、何万人だとかの、香ばしい人数が踊っていた。

とにかく是は、今のサヨクからは、「極左過激集団」と非難されていた、街頭での違法デモも辞さない、闘う若者達であった。

こうした、本当に闘う、つまりサンフランシスコ講和体制を、身をもって粉砕してゆく。そのような者たちが、全国規模では、100万名ほども存在していた。そして、今では齢 70歳に達しようとしている。爺(ジジイ)には成ったが、今だってそれぞれの現場で、それぞれに闘っている。戦っていればこそ、一朝事があれば翌朝には、日本の防衛前線に忽然と核兵器が出現する。こうした工業技術水準が達成された。

そして平時には、衣の下の鎧は見せない。

平和の御殿、その殿中では、刀はぬかない。

本当の南西諸島(なんせいしょとう)防衛部隊は、わが自衛隊なのだとそれぞれが確認できねばならない。

自衛隊の諸君は、言論の自由とは対極にいる。なので、是を言えない。

それを良いことにして、サヨとウヨがつまらない、乞食芝居に余念がない。昔は侍は二本差し。庶民は無防備で暮らすのが当たり前。それが、戦後政治の情けない時代になって、政治家は戦後憲法の「戦力の放棄」を縦にして、まるで江戸時代の町人のようだ。まさかの事、米軍が江戸時代で言えば、武士階級だとでも、信じてしまっているのだろうか。何時までも戦後押しつけ憲法に縛られて、虚仮にされつづけ。そうすると、仕舞いには本当の虚仮に成ってしまう。米軍は侵略軍であって、「米軍が日本を守る。」というのは、居直り強盗の盗人猛々しい、デタラメな台詞なのだ。日本には公然配備の核兵器がない、しかし四方の海には、 "平和を愛する諸国" の戦略核原潜が、海中から日本を恫喝している。ならば、自衛隊の最高指揮官たる首相は、「同盟関係」を解消する気配を示す、そのような言辞を弄せない。ならば、侵略軍を 「同盟軍」 と表現するしかない。

マスコミとウヨそしてサヨが、依ってたかって、このつまらない与太な幻想を振りまいてきた。

アメリカ軍は世界の警察だなんて、たちの悪い冗談だった。ベトナム戦争から、イラク戦争そして最近は、シリアでの内戦(実際は米欧の金融衆がしかけた侵略戦争)を診れば、米軍は屋台壊しのチンピラだと知れる。アジアを解放したのは、わが帝國軍であった。日本の自衛隊が、もっと強く大きくならねば、世界に本当の平和はやってこない。

人気ブログランキングへ  戦うものたちは、静かに戦っている。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

人気ブログランキングへ  宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

 抜刀隊【youtube.com】 抜刀隊  

人気ブログランキングへ  本日は 33位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2017.01.02 (月)    2875  PV      735  IP      441 位  /  2651969ブログ

 

 

 わが郷の顔【わが郷・その他】 わが郷の顔  

 

花暦

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壱圓の価値。 | トップ | 日本人の 海を殺す。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

軍事」カテゴリの最新記事