名前が判明

2017-06-18 | 田舎のガーデン


毎日30度を超える暑さが続き蝉が鳴き始めました。
名前がわからなかった果物の名前がわかりました、
ゴールデンカラーだとばかり思っていたのがルビー色だったのです、
食べてみるとプラムその物の甘い果実です。

2人のフランス人が揃っていうので間違いないでしょう、
Grillotte グイヨゥ と聞こえました。
サクランボより一回り小さく同じ大きさの種があるので
ジャムにするにはどうしたらいいのか訊ねるとそのままョということです。
熟れて落ちる前に少し時間を作って採らないと無駄にしてしまいます。






雑草と一緒にダリアも元気そう、
手前にはホウズキが緑色になってきました。






朝顔もあちこちで咲き出した。





午前中の涼しい時間には庭で手縫い仕事です、
お昼前にはもう暑くてこの場では働けません。











コメント (6)

暑い

2017-06-11 | バレエ


チュチュを一個完成するには今までの経験からして1日半 かかります、
先週チュールが全て送られてきて今日は800メートル近くのチュールをほとんどカットしました。
単純計算では75日で50個全て完成するはずですが
今は部分品ばかりが仮のアトリエに散らばり
最初の一つが出来上がるのは7月になってからかもしれません。





ここ二、三日熱波がやってきて土の温度も熱くなるほどです。
畑ではコジェットが巨大化し意外と簡単だったビーツはローストするととても甘く美味しいです。
トマトはいつ赤くなるのでしょうか待ち遠しいです。



コメント (12)

ソバ et ナスタチューム

2017-06-05 | 田舎のガーデン


ソバの種を蒔いたのはもうだいぶ前、
その時はナスタチュームやその他の種も蒔いていた、
何処に何を蒔いたかは覚えているはずだった、
しばらくしてナスタチュームの二葉が出始めグラウンドに植え替えました。
成長はすこぶるよかったけれどクライマーにしては上に登っていく風でもなく
不思議に思いながらも観察していくと小粒のピンクの花が現れたのです、
ナスタチュームの花とは違うと思いながらもすっかりナスタチュームだと思い込んでいたのです、

それがソバの花だと気が付いたのはだいぶたってからでした。
来年はこの種でソバ畑ができるかもしれません。







ナスタチュームは車輪の横でブドウの圧搾機に絡まっていく予定です。




コメント (10)

サクランボの後には

2017-06-02 | フランス田舎三昧


サクランボは全て採り終え残りは鳥の餌になるでしょう。

ずーっとサワーチェリーだと思っていたものだがサクランボの葉とは違う形に気がつき、
この実は一体なんだろう、
もうこれ以上は大きくならないだろうけれどかじってみるとまだ酸っぱくプラムのような肉質、
多分赤くはならないけれどゴールデンイエローになる感じ、
これもまたジャムになるのだろうか。







北側の日の当たらないところにガクアジサイの花が開きだした、
アジサイの花はブルー系がいいとはいうけれどこのピンクがかった花もまたいいものだ。



向こう側はスペイン、ポルトガル、北アフリカへ
こちら側はイギリス、ドイツあたりから
さて横線は何処から何処へ。




コメント (12)

旬のサクランボ

2017-06-01 | フランス田舎三昧




数日前採ったあのサクランボとは比べようのない真っ赤に熟したサクランボが採れました、
甘さは更に増し今採らないと無駄にしてしまいそうです。
ラマダン真っ最中のハミドは木の上の方まできれいに採っていきました、
彼には毎週半ダースの卵も持っていってもらうのです。





それにひきかえ畑では鮮やかな黄色の花のコジェットが大きくなり始めました、
アーキテクチュアルな茎や葉は畑だけでなく庭に植えても良いではないかと思います。










コメント (6)