超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波技術

2017-09-30 19:11:15 | 超音波システム研究所2011

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市、代表:斉木)は、
ホームページから
各種資料がダウンロードできるように公開しました。






<<超音波洗浄>>

1)超音波洗浄技術
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8b583cdbde0e4e4e85e11d2ba5e56a0d.pdf

http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/4b10b044100130815368b1dc57220eda.pdf


2)注意事項
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/278c3eb92b11c1b8d94535811f61b6da.pdf

超音波洗浄は
 電気・電子部品、光学部品や自動車などの
 機械部品に幅広く利用されています。

超音波は目に見えませんが、
 その現象は非常に複雑であり、
 使用方法を間違うと、減衰してしまったり、
 洗浄ムラが発生してしまったりと、期待していた効果が得られません。

そこで、本資料では
 超音波洗浄を効果的に使用するための
 具体的な技術・方法に関する概要について
 事例に基づいた説明で紹介します。

これまでの常識や一般論とは異なる部分もあるかもしれませんが、
 全て実績に基づくものです。

超音波洗浄技術の向上に是非お役立てください。







<< 超音波技術 >>

1)超音波攪拌装置(推奨)20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8b22150e4b345ecbe10dfd612300047a.pdf


2)超音波測定・実験資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/04f7d34712031a85107f74d7fd83a4cf.pdf

http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/35ca760e77b6e52390ab619e1c0eb33f.pdf


3)超音波テスター資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8fd5379cd652a53540b02469b31ee072.pdf


4)洗浄システム(推奨)20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/e063304164a6dc373b62b1b5dafa339c.pdf


5)音圧解析に関する資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/d2a25103ad3cc9e7412ba335bcf94507.pdf


6)オリジナル技術20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/a6c0b4afdabb85b38f9c4268ba61f30c.pdf






超音波とマイクロバブルによる表面残留応力の緩和処理技術

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

2015年(上記の書籍発行) 以降の進展について
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/be286d705105ef8b1bc8254d3968b8ee.pdf

中小企業広島会報誌-H29.4
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/95a1e4f6f5b475a612043565e4c1e6d6.pdf

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/12f72611ff69c379308e7fb9eb530c2d.pdf



詳細に興味のある方は
 超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。









超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

オリジナル技術資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=2098

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

洗浄セミナー
http://ultrasonic-labo.com/?p=1865

流水式超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2231

超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

超音波の非線形現象
http://ultrasonic-labo.com/?p=2533

超音波制御装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232






 

 

この記事をはてなブックマークに追加

散歩 超音波システム研究所 ultrasonic-labo

2017-09-30 18:53:23 | 超音波システム研究所2011

散歩 超音波システム研究所 ultrasonic-labo


この記事をはてなブックマークに追加

南方熊楠曼荼羅

2017-09-30 11:19:56 | 超音波システム研究所2011
南方熊楠曼荼羅は大変面白い考え方だと思います



南方は「萃点(すいてん)」ということも述べている。
森羅万象は繋がっているのだから、どこから出発しようと真理に到達する。
しかしその到達までの道筋には長短がある。種々の道筋が集まるところが萃点である。
ここから出発するのが真理に到達する近道である、と。
南方は、物の理解の萃点として粘菌を選んだ。
植物のように菌糸を作るのに、動物のように這うからである。
また事理解の萃点として民俗学を選んだ。地理という物世界と心世界の接点だからである。(養老 孟司




世界のあらゆる知とつながる一点、
「萃点」を中心とする4次元モデル「南方マンダラ」は、
熊楠が生涯をかけて完成させた日本的方法によって世界を認識するためのモデルである。(松岡 正剛

「南方は真言密教の曼陀羅を考えていますから、まん中には大日如来がいるわけです。
そして今度は因果というものを、偶然性と必然性と両方あるということをこのメチャクチャな図にしたんです。
これをもって自分の学問の方法論とする。
曼陀羅の手法をもって研究をすると研究がすすむということを言ったんです。」(鶴見 和子

「南方の場合には、移動するのよ。
『萃点移動』と私はいうんだけれどね。萃点はいつでも一つではないのよ」。
「萃点は移動してもいいというゆとりが彼の中にあるということ。
固定しなければならないという考えではないということよ。……私はそれを彼に教えたのは粘菌だと思うの。
だから粘菌というのはすごく大事だと思う。彼の人文科学に対する見方にとって。
粘菌というのは、アリストテレス論理学で分類できない」(鶴見 和子





「基礎研究は、その人個人個人の『情熱』に依存している」

或教授の退職の辞( 西田幾多郎 

「基礎研究は

 結局その人個人個人の『情熱』に依存している」と言うことを検討します

なぜ情熱が必要になるのかと言うことを考えると、

「ハンモン → 煩悶(苦しくなるほど思い悩むこと)」と言うことを思い付きます

研究は研究課題の難しさや競争などの環境を含めた問題を解決していくために

考えつづける必要があります

考えることにより悩みが生まれ、その悩みをさらに深めていく必要があり、

そのために文学や哲学は大変参考(あるいは解決を示してくれること)になると思います

「悩みを深めて行く」ために情熱が必要となるのではないかと思います

私の場合、「或教授の退職の辞( 西田幾多郎 )」が参考例になったように思います








 

この記事をはてなブックマークに追加

マックス・ウェ-バ-

2017-09-30 11:18:34 | 超音波システム研究所2011

マックス・ウェ-バ- (岩波新書) 
基督教的ヒュ-マニズムと現代 
青山秀夫 岩波書店 出版年月:93/04
18cm 248, NDC:361.234 \631 
絶版





「聞いたことのある名前で、

 何をしたのか良く分からない場合に

 是非、この本を古本等で入手して読んで下さい。

著者の文章スタイルや

 マックス・ウェーバーの捉え方に発見や感動があると思います」




補足
書物を選択する場合、

 偉大なる人物が著者であることは1つの条件だと思います




この記事をはてなブックマークに追加

西田幾多郎書斎骨清窟

2017-09-30 11:17:21 | 超音波システム研究所2011

西田幾多郎書斎骨清窟


この記事をはてなブックマークに追加

超音波測定解析の推奨システム

2017-09-30 11:15:52 | 超音波システム研究所2011

システム概要(推奨システム::超音波テスターNA

1.価格 194,400円(税込:消費税8%)

2.内容
  超音波洗浄機の音圧測定専用プローブ 1本
  超音波測定汎用プローブ  1本
  オシロスコープセット 1式
  解析ソフト・説明書・各種インストールセット 1式(USBメモリー)

 

3.特徴(標準的な仕様の場合)

  *測定(解析)周波数の範囲
   仕様 0.1Hz から 10MHz
  *超音波発振
   仕様 1Hz から 100kHz
  *表面の振動計測が可能
  *24時間の連続測定が可能
  *任意の2点を同時測定
  *測定結果をグラフで表示
  *時系列データの解析ソフトを添付

超音波プローブによる測定システムです。
 超音波プローブを対象物に取り付けて発振・測定を行います。
 測定したデータについて、
 位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の音響性能として検出します。

参考動画

***測定***

https://youtu.be/n2X6FqZZyrk

https://youtu.be/P9F5ijy5rtk

https://youtu.be/Il19aoAMkXk

https://youtu.be/9hRgJOFBiZE

https://youtu.be/whrvos8kHKs

https://youtu.be/A14KBwce-3w

https://youtu.be/2PiKeGXyiSM

https://youtu.be/FwhLxrA0sN8

https://youtu.be/CsUVXsqnadA

https://youtu.be/E1NV91eNTpY

https://youtu.be/KmqIZ2AJO6Y

https://youtu.be/1rCFa4qCrEk

https://youtu.be/mqgAi0nlCwA

https://youtu.be/hlw6n36vaMo

https://youtu.be/txGWRxSUcPE

https://youtu.be/YMAPXtIRPgs

https://youtu.be/lodYd4YpKc4

https://youtu.be/EVBu01WUP80

https://youtu.be/KUTcM3dgKXY

https://youtu.be/LjHxLtkwwZs

https://youtu.be/a9WayCuHf6Y

https://youtu.be/QnPqY4c4K6I

https://youtu.be/pJakA5ax8KA

https://youtu.be/mazcU-apT_k

https://youtu.be/pzdlNSGsJNw

https://youtu.be/kE2SHQ7Jozw

https://youtu.be/rQJ_8QSqKT8

https://youtu.be/u8sd-aSAfyQ

https://youtu.be/ATA2UxN9cDs

***解析***
https://youtu.be/CTVWUhfLd7w

https://youtu.be/1noKRqwckZE

https://youtu.be/2TByjjkFfgQ

***製造***

https://youtu.be/XDiy4AS5C9c

https://youtu.be/g3MK52oNzuo

https://youtu.be/lvb086PQgSs

https://youtu.be/sVV9z40utV8

参考

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

 


この記事をはてなブックマークに追加

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」

2017-09-30 11:14:32 | 超音波システム研究所2011

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル

超音波システム研究所は、
超音波のダイナミック特性を解析・評価する技術により
実績に基づいた、新しい「論理モデル」を開発しました。

超音波テスターを利用したこれまでの
計測・解析方法を、
複数の超音波プローブの測定データに発展させたことで
超音波の非線形現象に対する、各種の影響・効果について
具体的な検討が、できるようになりました。

解析データと解析時間が、大きくなる欠点はありますが
超音波の非線形現象に関連した事項に関して、
非常に優れた検出効果があります。

超音波テスターを利用されている関係者のデータについて
相談・対応する中で
有効性を多数確認した結果(注)
新しい「論理モデル」として作成しました。

詳細は、コンサルティング対応します。

注:
 非線形効果、加速度効果、定在波の効果
 相互作用、応答特性、・・
特に、
 新しい洗浄機の洗浄効果が小さい事例、
 音圧レベルが高くても洗浄効果の小さい事例、
 同じ材質で・同じ形状でも、洗浄効果が異なる事例、
 朝から昼にかけての洗浄効果の変化の事例、
 ・・・・・
 について納得のいく説明ができます。

参考

http://youtu.be/5hXa7RhmEyU

http://youtu.be/medj449VyMI

http://youtu.be/2BFgd_E0OaY

http://youtu.be/irX4xMRTuqU

http://youtu.be/fctVgzMgj1M

http://youtu.be/Y-aqEhZtFZI

http://youtu.be/05dgUU4kNVU

http://youtu.be/lv8YmSVp2N0

http://youtu.be/uPetQuKkpZE

http://youtu.be/x9PTuebFNvI

http://youtu.be/hIFOuG_2xtg

http://youtu.be/RG8x3_YIzhQ

http://youtu.be/0vULMkAC5q4

http://youtu.be/baq0wAGzDHA

http://youtu.be/8IlGmEAZZvM

http://youtu.be/x_wJN6_pMvA

音響流とキャビテーション御相互作用

http://youtu.be/hIzUAmKrNWA

http://youtu.be/43viH8I61ig

http://youtu.be/bzuq_sImkwc

超音波の非線形現象

http://youtu.be/VgicKU-sN6c

http://youtu.be/EtPoqBsCuvo

http://youtu.be/M6sQZ4_KDFM

http://youtu.be/dErDPuaAei4

ガラス・樹脂・ステンレス・超音波・相互作用

http://youtu.be/-Icxh0VE6aE

http://youtu.be/GcjUG6s0KtI

http://youtu.be/YydTrQna-1E



この記事をはてなブックマークに追加

知の創造プロセス

2017-09-30 11:13:51 | 超音波システム研究所2011

 

超音波の応用技術の基礎事項としてこれらの研究成果は役立つと考えています






野中郁次郎
西洋の知は、典型的にはデカルト的です。
日本知は、ある意味では、西田哲学の言う、まさに「純粋経験」ですよ。

われわれはポラーニの暗黙知・形式知という言葉を使いましたが、
西田哲学の「純粋経験」に近いものがあるんですね。「分析以前の知」と言いますかね。

だから、われわれ日本人は、
やはり「純粋経験」に傾斜するんですよ。

プロ野球の例で言えば、
長嶋監督型になるんですよ。
なかなか野村監督型にはなりきれないわけですね。

面白いことに、
知の創造プロセスには、同時に矛盾する面があるんですね。

だから、Creative Companyというのは、
実は両側面を同時に追求しているということなんですね。

中途半端にしないことです。

それは絶対矛盾の自己同一という言葉を使うわけではありませんけれども、
実は対極をきわめていくと、いっぽうの極が逆に見えてくるんですね。








この記事をはてなブックマークに追加

小平邦彦の数学

2017-09-30 11:13:15 | 超音波システム研究所2011
小平邦彦の数学

超音波技術を発展させる
(複雑で難しいものを論理的に考え抜く)ために

1) 数学の重要性を理解する

2) 数学への取り組みを実施する

3) 数学を応用した新しい超音波の利用を進める


 と言うことが必要ではないかと考えています

そこで、「数学者(小平邦彦)」の数学に対する
資料・記事を参考のために提示します




小平邦彦『幾何のおもしろさ』
  岩波書店(数学入門シリーズ)、1985年

また、十八世紀およびそれ以前においては、
ユークリッド幾何がただ一つの公理的に構成された理論体系であった。

だから私は子供に公理的構成の考えを教える材料は
ユークリッド幾何に限ると思うのである。

近年ユークリッド平面幾何は
数学の初等教育からほとんど追放されてしまったが、
それによって失われたものは
普通に考えられているよりもはるかに大きいのではないかと思う。

昔われわれは平面幾何で論理を学んだんですが、
幾何でないと論理を教えてもだめなんじゃないかしら。

代数なんか材料にして論理を教えようと思っても
材料があんまり単純でしょう。 

小平氏は言う。
「わからない証明を繰り返しノートに写してしまうと、
 自然にわかってわかってくるようである。

 現在の数学の初等・中等教育ではまずわからせることが大切で、
 わからない証明を丸暗記させるなどもっての外、
 ということになっているが、

 果たしてそうか疑問である」





コメント

 わからない現象を繰り返し実験確認すると、

 自然に問題点が見えてくると感じています



新しいものをつくりだすためには、

第一に、無に耐える力

を身に付けることだと考えます。

「無の哲学」は無に徹し、


何者にも寄りすがらないで
無(考える)ということです。

孤独な思考に耐える精神力が重要です



超音波について
<様々な事項の複数の組み合わせ> 
  ヒーター、オーバーフロー、立体液循環、弾性波、整流、ガイド波、 
  出力、周波数、複数の振動子、制御・・・

 何度も、繰り返し実験すること・・・

Spectral sequences 
appear everywhere in nature
スペクトル系列は自然のいたるところに現れる
(コホモロジーのこころ 加藤五郎著 2003年 岩波書店より)

超音波のような複雑な現象に対する取り組み

何度も、繰り返し実験すること・・・による発見をベースにして
 様々な数学を論理モデルとして利用する。

その結果
 本質的な特徴が検出しやすくなるという考え方です。



飯高 茂(数学のたのしみ19号14-19 2000年)より
・・・
「電卓は文明を亡ぼす(小平邦彦)」の冒頭では
 「最近、小学生に電卓を使わせることにして、
  数の計算の練習を止めさせようという動きがあると聞く。

 計算の練習のような機械的でつまらないことはやめて、
  その代わりにもっと大切な数学的なものの考え方を教えようというのである。

 とんでもないことである。」と述べ、さらに258頁の3行目から
 
「そもそも計算を抜きにした、
 数学的なものの考え方があると考えるのはおかしな話である。

小学校で学ぶ数の計算は中学校で学ぶ代数的な計算、
 高等学校で学ぶ微積分の計算の基礎となるものであって、
 計算の練習を通していつの間にか数学的な考え方を学ぶのである。

式の計算は数の計算を抽象化したものであるから
 数の計算を十分にこなしていなければ式の計算は分からない。」

と書かれており極めて説得力がある。
・・・




超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

超音波装置の最適化技術をコンサルティング提供
http://ultrasonic-labo.com/?p=1401

超音波の代数モデルによる制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074


超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323


 

この記事をはてなブックマークに追加

超音波システムの技術

2017-09-30 11:12:12 | 超音波システム技術

超音波システム



超音波システムの技術

 容器(弾性体)と液体(水槽内と容器内)の状態に対して、
  1)容器の音響特性の確認
  2)水槽内の超音波伝搬状態の制御
  3)攪拌対象物への弾性波動の影響
  を考慮することが重要だと考えています。

 目的に合わせた
  適切な超音波の伝搬状態を実現できます

ポイント
  超音波伝搬状態の計測・解析に基づいた
   各種設定の制御技術!!!


この記事をはてなブックマークに追加