超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

オリジナル超音波プローブの「発振・制御」技術

2017-09-19 15:17:29 | 超音波システム研究所2011

超音波システム研究所は、
 オリジナル製品:超音波プローブの「発振・制御」技術を利用した
 部品検査、精密洗浄、ナノ分散、化学反応実験・・・・に関して、
 新しい「超音波<発振・制御>システム」を開発しました。





 目的に合わせたオリジナル超音波プローブによる応用技術です。
 超音波の音圧データを測定・解析・評価することで
 効果的な超音波の発振・制御が実現できるシステムです。

 特に、複数の発振・制御を組み合わせにることで
 高い音圧レベルや、非線形現象による高い周波数について
 コントロールできます。

 部品の接続状態や表面についての検査や
 非常に小さい部品の精密洗浄、表面処理、・・・に関して、
 超音波振動の新しい利用方法として提案しています。


超音波プローブは
 利用目的を確認した「オーダーメード対応」しています。






参考動画

https://youtu.be/rrXmTqkFpqw

https://youtu.be/OdCI7v88MSM

https://youtu.be/Ets-mGru6s8

https://youtu.be/exEzTN5vF28

https://youtu.be/DwwKi9IuCgk

https://youtu.be/UvvM0eELLu4

***

https://youtu.be/T5HRJUi6uUE

https://youtu.be/L6a-rAAxOkk

https://youtu.be/NjFBrjWDmRE

https://youtu.be/149v91zS3TQ

***

https://youtu.be/Gn3mSVLpX00

https://youtu.be/Bb_DR19uw4w

https://youtu.be/CubBNaXEwXM

https://youtu.be/dXVxmFGiddk

https://youtu.be/W-WtIm0m6x8

https://youtu.be/7U5kSFqML0A

https://youtu.be/OFqqyZQo30U

***

https://youtu.be/XB_O6CYC6Ks

https://youtu.be/nJ1Gg_lErHg

https://youtu.be/OD2IUjsaVFg

https://youtu.be/09N57a2bSbQ

https://youtu.be/NufuNKBv2yI

https://youtu.be/rueuvNGrmZc

***

https://youtu.be/XBskuzAz9c8

https://youtu.be/BC_DT50Pm2I

https://youtu.be/i0vzxSO4zFI

https://youtu.be/WzulkmTEnLY

https://youtu.be/cgvzSaVglYg

https://youtu.be/amlM97YVivg










<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

「オリジナル振動計測技術」を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1421

超音波を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1117

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1004 

超音波の伝搬状態を利用した評価技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=6849







 

 


この記事をはてなブックマークに追加

オリジナル超音波システム

2017-09-19 09:33:08 | 超音波システム研究所2011
超音波の測定グラフを解析・評価する技術




超音波システム研究所は、
超音波の非線形性に関する「測定・解析・制御」技術を応用した、
超音波のダイナミック特性を解析・評価する技術により、
測定データのグラフから
超音波(キャビテーション・音響流)の状態を
<解析・評価>する技術を開発しました。




超音波テスターを利用したこれまでの
計測・解析により
測定グラフの特徴を目視確認することで
 超音波の各種効果(注)を評価する方法を開発しました。

注:
 非線形効果
 加速度効果
 定在波の効果







 時系列データの各種フィードバック解析と組み合わせることで
詳細な各種効果の関係性とともに
 キャビテーションの効果についても検出できます。

 特に、音圧レベルが高くても洗浄効果の小さい事例・・
 について納得のいく確認・管理が行えます。







参考

http://youtu.be/mPrhERyncZ8

http://youtu.be/8TjVQr-8f9c

http://youtu.be/Y9IjNCFDfdo

http://youtu.be/rzc-I7OlNRI

http://youtu.be/zMoAjKpg1ZE

http://youtu.be/DwJLEYn6slQ

http://youtu.be/VrZD9rDSVvM

http://youtu.be/tMxiQ1NhnBg




http://youtu.be/6D_YmW-4mF0

http://youtu.be/exOsaQh6ZHk




http://youtu.be/yxkK9Mw9rSQ

http://youtu.be/o5zXavWkRD8





「超音波の非線形現象」

http://youtu.be/f9s5zWy3Nvg

http://youtu.be/uYoEUI87dao

http://youtu.be/g8n75KJngXQ

http://youtu.be/LJ3ZbfXD9VA




音圧測定装置(超音波テスター)の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

音圧測定装置(超音波テスター)の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波計測の特別システムをオーダーメイド対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972
http://ultrasonic-labo.com/?p=1962
http://ultrasonic-labo.com/?p=1953
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

超音波機器の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705




 超音波の測定に関して
 サンプリング時間・・・の設定は
 オリジナルのシミュレーション技術を利用して決定しています





なお、今回の技術を
 脱気・マイクロバブル発生装置との組み合わせにより
 超音波利用に関する
 (各種の超音波効果を目的に合わせて)
 伝搬周波数を制御する技術として
 コンサルティング提案させていただいています。


















 
 

この記事をはてなブックマークに追加

オリジナル超音波システム

2017-09-19 06:16:44 | 超音波システム研究所2011

超音波のダイナミック特性を解析・評価する技術





http://youtu.be/0y3jydH1G10

http://youtu.be/M6Y_7n_MZVU

http://youtu.be/Xh30d2ybBA4

http://youtu.be/DgAfO0kqF8c




















 


この記事をはてなブックマークに追加

表面処理技術

2017-09-19 06:00:05 | 超音波システム研究所2011
超音波システム研究所は、
 超音波とマイクロバブルを水槽内で制御する技術を応用して、
 金属や樹脂部品の表面の残留応力を均質化できる
 「表面処理技術」を開発した。




超音波洗浄機の、ステンレス製超音波水槽・超音波振動子に対しても、
 強度や音響特性に合わせた、超音波とマイクロバブルの制御により
 表面改質処理を実現することで、
 超音波の伝搬効率・寿命を大きく改善している。

金属部品の熱処理や樹脂部品の成型、
 あるいは3Dプリンターによる製造により
 表面の状態は、応力の不均一な分布状態で、
 金属疲労やコーティングのムラの発生原因となっている。

これまでの、
 超音波とマイクロバブルによる洗浄効果に対する実績・評価から
 ネジの谷部、樹脂レンズ・・・に対して
 大きな表面改質効果が出ている。

具体的な対象物に対する、
 表面を伝搬する超音波振動の測定解析から
 水槽内で、超音波周波数をダイナミックに制御するこで、
 金属部品・樹脂部品に加えてガラスなど幅広い素材を対象に、
 表面全体を目的に合わせて均質化処理できる技術を開発した。

この、超音波とマイクロバブルによる
 表面の非線形振動現象のコントロールで、
 満足できる新しい表面処理技術として有効と判断。

超音波洗浄装置を持つ企業などに対して、
 技術ノウハウのコンサルティング対応を実施している。

注1:マイクロバブルは超音波作用によりナノバブルに分散します
注2:表面弾性波の発振・測定・解析は、
 オリジナル製品:超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」で行います。



参考動画

http://youtu.be/igRorfb6Otc

http://youtu.be/b_a7-dywsRw

http://youtu.be/Ifh7vC7mJnc

http://youtu.be/KNwr1Ju5Zf8

http://youtu.be/wNYACdlVUbA

http://youtu.be/jFkrWd2Tcec

http://youtu.be/iILYiKQUIzg

http://youtu.be/KajMlWX6hu4

http://youtu.be/T5lMmIxebSo

http://youtu.be/W3MJYiv2OuA

http://youtu.be/WargIi6wjn8

http://youtu.be/YH8uTzQYlO0

http://youtu.be/swRAhiHDpT0

http://youtu.be/hLNxRvfORBI

http://youtu.be/QbwPHEBi-zQ

http://youtu.be/g3MK52oNzuo

http://youtu.be/8UHdDDMPUFI

http://youtu.be/Ma1OrwSLotc

http://youtu.be/kVrjeXHiK6A

http://youtu.be/uM9Let1GKFk

http://youtu.be/Qq6kcdwWKlA

http://youtu.be/RckjAFvxdOQ

http://youtu.be/4Ur_TgolsgE

http://youtu.be/khii8rLzbqA

http://youtu.be/J03PpjYQKfI

http://youtu.be/QrpbWjdoe30

http://youtu.be/bljZbSr3dKE

http://youtu.be/BUTCgNxuPQE

http://youtu.be/_ISvWeQLky0



「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波制御システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

超音波資料を公開・販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=1765

樹脂・金属の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530




 

この記事をはてなブックマークに追加

超音波とマイクロバブルによる表面改質技術

2017-09-19 05:28:37 | 超音波システム技術

超音波洗浄器



超音波とマイクロバブルによる表面改質技術を
  超音波洗浄器(600cc 42kHz)に応用

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、
超音波のキャビテーション制御技術を応用した、
表面改質技術を
超音波洗浄器(600cc 42kHz)に利用しました。

今回開発した表面改質技術による効果により
 高い音圧レベルによるキャビテーション効果や
 液循環による加速度効果を制御して
 効率の高い超音波の利用を可能にしています。

 超音波の伝搬状態の測定・解析技術を利用した結果、
 洗浄器の水槽部分に対して
 音響特性の改善を確認しています。

これは、超音波による表面処理技術の応用であり、
 音響特性による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・
 に大きな特徴的な固有の操作技術として、
  利用・発展できると考えています。


この記事をはてなブックマークに追加

超音波による<キャビテーションの観察>NO.24

2017-09-19 05:28:23 | 超音波システム技術

超音波による<キャビテーションの観察>NO.24




超音波よる<乳化・分散>技術を利用して、
 キャビテーションのダイナミック特性を観察しています。
 < 超音波システム研究所 >


この記事をはてなブックマークに追加

超音波実験 Ultrasonic experiment <超音波システム研究所 ultrasonic-labo>

2017-09-19 05:27:58 | 超音波システム研究所2011

<超音波システム研究所 ultrasonic-labo>

http://youtu.be/jaH8okuOAN0




超音波実験 Ultrasonic experiment

1:キャビテーションの制御技術
2:液循環の技術
3:治工具の利用技術
4:マイクロバブルの利用技術
5:超音波の計測技術


 上記に関する「超音波実験」を紹介します。

 <<超音波システム研究所>>




Ultrasonic experiment

Control technology of cavitation

Technology of liquid circulation

Use of technology and tools

Use of micro-bubble technology

I will introduce the document "ultrasound experiment" about the above.

 Ultrasonic measurement and analysis techniques




Ultrasonic System Laboratory 

超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/




超音波装置の最適化技術をコンサルティング提供
http://ultrasonic-labo.com/?p=1401

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323





超音波利用に関して
 実験の繰り返し・・・経験(注)により
 音響流を直感的に
 とらえられると考えています

注:くりかえし
  超音波と
  流体の変化(流れ、渦、波・・)を
  観察して  
  イメージを修正しながら
  音響流に関する論理モデルを考え続けます

  1年ぐらい経過してくると
  ぼんやりと、洗浄物に対する
  音響流の影響がわかります

  対処を繰り返すと
  音響流に対する対象物固有の現象が
  流れを見て感じるようになります

  現在は、次にステップとして
   非線形性を含めた
   各種要因の寄与率を
   とらえたいと考えています




音響流
一般概念
有限振幅の波が気体または液体内を伝播するときは、音響流が発生する。
音響流は、波のパルスの粘性損失の結果、自由不均一場内で生じるか、
または音場内の障害物(洗浄物・治具・液循環)の近傍か
あるいは振動物体の近傍で慣性損失によって生じる物質の一方性定常流である。




参考

1)超音波洗浄器(基礎実験・確認)

超音波洗浄器の利用技術 
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 No.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

超音波洗浄器(42kHz)による<メガヘルツの超音波洗浄>技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879


2)超音波利用(応用技術・ノウハウ)

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

推奨する「超音波(発振機、振動子)」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1798

超音波専用水槽の設計・製造技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015




超音波洗浄システムを最適化する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=2710

「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328


3)超音波測定(音圧測定・解析・評価)

音圧測定装置(超音波テスター)の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

音圧測定装置(超音波テスター)の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736




超音波計測の特別システムをオーダーメイド対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972
http://ultrasonic-labo.com/?p=1962
http://ultrasonic-labo.com/?p=1953
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

超音波機器の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705













 

この記事をはてなブックマークに追加

<ステンレス容器>を利用した超音波 no.76

2017-09-19 05:27:32 | 超音波システム研究所2011

<ステンレス容器>を利用した超音波 no.76

現在、この技術( Ultrasonic Cavitation Control )を発展させて
  表面改質、洗浄、化学反応促進、乳化分散・・・
  の適応技術として提案しています
<<超音波システム研究所>>

The ultrasonic wave using a <stainless steel container>

The control technology of a cavitation is applied.


ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/


この記事をはてなブックマークに追加

超音波写真

2017-09-19 05:27:09 | 超音波システム研究所2011

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

 


この記事をはてなブックマークに追加

超音波システムの技術(超音波振動子の設置技術 液循環技術 音響流制御 ・・)

2017-09-19 05:20:50 | 超音波システム研究所2011

 

http://youtu.be/nDliwEY7vTM

 

超音波技術の説明

*<液循環について>

水槽の上部液を(循環ポンプの吸い込み部に)取り込み、
水槽下部に(ポンプの吐出)液を吐出します

上下の液の分布(温度分布、溶存気体濃度分布、・・)
 を改善するために、
 単純な一定流量の条件のもとで
 水槽内に、3次元的な均一化を行うための
 具体的な水槽・装置に合わせた、
 水槽の液循環に関する最適位置があります

実際に液循環動作と、計測・解析による確認を行い、
 超音波照射条件としての
 「液体の均一化を行います」

この状態に設定した後は
 超音波利用の目的に合わせて
 キャビテーション効果、加速度効果、・・・を
 コントロールするために
 水槽と超音波(周波数・出力・・)に合わせた
 次の設定を行います
 1)水槽や振動子の設置方法
 2)液循環の設定方法(流量、タイマー制御、・・)
 3)超音波制御・・・

以上の工程の後で
 最後に
 超音波の伝搬状態測定として
 1日(あるいは3-8時間)の連続測定により
 安定性の確認を行います

注:季節(気圧)変化・・・による対処は
 測定管理の中で、流量調整で実現できます 

これまでの装置・・の対策に比べ
 現状の装置を最大限利用した、
 最適な、改善・改良が実現します

具体的には
 超音波の音圧が高く(利用効率が高く)安定します

(水槽設計ノウハウについて
 理想的には
 黄金比(近似値1:1.618)を利用して設計します
 洗浄効果のある水槽には
 1:1.8~1:4の比率が沢山あります    )

超音波技術の説明

*<振動子の設置>

キャビテーションと定在波を
 液循環に合わせた
 超音波振動子の設置方法で
 コントロールできます

ポイントは、振動子の固定状態です
 振動する振動子を100%固定すると
 「振動が制限されます」
 自由に振動させると
 「低周波の振動現象が発生します」

超音波伝搬状態の測定解析による
 最適化がノウハウです


参考(超音波技術)
マイクロバブルを超音波照射でナノバブルにします
 超音波の伝搬状態が大きく変わります
 各種設定の組み合わせにより
 超音波の制御が簡単に行えるようになります
 
To nanobubbles by ultrasound microbubbles

超音波システム研究所
ホームページ
  http://ultrasonic-labo.com/

 


この記事をはてなブックマークに追加