超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

対象物に伝搬する超音波振動の測定(超音波システム研究所 ultrasonic-labo)

2017-02-28 21:03:02 | 超音波システム研究所2011

対象物に伝搬する超音波振動の測定(超音波システム研究所 ultrasonic-labo)


この記事をはてなブックマークに追加

超音波洗浄<基礎実験> Ultrasonic cleaning 「basic experiment」

2017-02-28 20:54:45 | 超音波システム研究所2011

超音波洗浄<基礎実験> Ultrasonic cleaning 「basic experiment」


この記事をはてなブックマークに追加

超音波実験 Ultrasonic experiment no.845 超音波テスター

2017-02-28 20:54:28 | 超音波システム研究所2011

超音波実験 Ultrasonic experiment no.845 超音波テスター

 


この記事をはてなブックマークに追加

超音波技術(Vibration Analysis with Ultrasonic.低周波の振動測定)

2017-02-28 20:53:52 | 超音波システム研究所2011

超音波技術(Vibration Analysis with Ultrasonic.低周波の振動測定)


この記事をはてなブックマークに追加

超音波洗浄器を利用した「音響流の利用技術」ultrasonic-labo

2017-02-28 20:53:25 | 超音波システム研究所2011

超音波洗浄器を利用した「音響流の利用技術」ultrasonic-labo

超音波システム研究所は、
オリジナルの超音波測定解析評価技術により
超音波洗浄器を利用した「音響流の利用技術」を開発しました。

<<音響流の利用技術>>

1)2種類の超音波を利用した洗浄
2)流水式超音波洗浄(超音波シャワー)
3)表面を伝搬する高調波(1MHz以上)の利用
4)ガラス容器の音響特性を利用
5)キャビテーションと定在波の最適化(音圧測定解析)を利用
6)その他(非線形現象、相互作用・・)

この参考動画は、
上記に関する基礎実験の様子です

<<音響流>>
*************
一般概念
有限振幅の波が
 気体または液体内を伝播するときは、
 音響流が発生する。
音響流は、
 波のパルスの粘性損失の結果、
 自由不均一場内で生じるか、
 または音場内の障害物
 (洗浄物・治具・液循環)の近傍か
 あるいは振動物体の近傍で
 慣性損失によって生じる
 物質の一方性定常流である。

音響流は、
 大多数の超音波加工工程、
 浄化、乾燥、乳化、燃焼、抽出・・・
 過程での
 重要な強化因子であり、
 媒体内の熱交換と
 物質交換を著しく促進する。
 

 


この記事をはてなブックマークに追加

液体の音圧変化の予測あるいは制御 NO.3

2017-02-28 20:53:01 | 超音波システム研究所2011

液体の音圧変化の予測あるいは制御 NO.3


この記事をはてなブックマークに追加

超音波実験 Ultrasonic experiment(超音波テスター)

2017-02-28 20:52:42 | 超音波システム研究所2011

超音波実験 Ultrasonic experiment(超音波テスター)

この動画は

超音波制御に関する

液循環ノウハウです

詳細はメールでお問い合わせください

超音波システム研究所
ホームページ
 http://ultrasonic-labo.com/


超音波技術1
  http://ultrasonic-labo.com/technology

 


この記事をはてなブックマークに追加

超音波システム研究所のコンサルティング対応 no.258

2017-02-28 20:52:23 | 超音波システム研究所2011

超音波システム研究所のコンサルティング対応 no.258

 


この記事をはてなブックマークに追加

超音波システム研究所

2017-02-28 19:24:10 | 超音波システム研究所2011
水槽・容器の音響特性を利用した「超音波制御技術」を開発 

IMG_2204

超音波システム研究所は、
オリジナル音圧測定解析装置(超音波テスター)による、
超音波(キャビテーション・音響流)の制御技術を応用して、
間接容器を利用した、新しい超音波制御技術を開発しました。

「間接容器の音響特性による音響流とキャビテーションのコントロール

20150315c

今回開発した技術は、
超音波の、液体・気体・個体表面を伝搬する超音波振動を、
発振・測定・解析・評価することで、
間接容器の音響特性を効果的に利用する、
様々な目的に合わせた超音波利用を可能にする技術です。

特に、容器の音響特性を考慮することで

音響流による効果をコントロール可能にしました。

0001bs

IMG_4884

具体例

40kHzの超音波振動子とガラス容器を使用して、
10kHzから8MHzの超音波洗浄

40kHzの超音波振動子とステンレスと樹脂容器を使用して、
6kHzから12MHzの超音波攪拌・加工

38kHzの超音波振動子と樹脂水槽を使用して、
30kHzから3MHzの表面改質処理

28kHzの超音波振動子と樹脂水槽を使用して、
10kHzから500kHzのメッキ処理

・・・の実施例があります。

20150315b

なお、超音波システム研究所の
「超音波機器の評価技術」により、
具体的な効果を<数値化・グラフ化>することで
間接容器(各種治工具)の音響特性・・・を確認しています。

00as

20120802a

20120609c

参考動画

IMG_6280

ステンレス

https://youtu.be/wl7cWPy5a6g

https://youtu.be/sCu_O0J1E1Q

https://youtu.be/qhM8s9uwTZY

https://youtu.be/_SQgw4EsjdE

https://youtu.be/teh_7O5VW4A

https://youtu.be/tlvuiOby3W8

20141027a

https://youtu.be/UAm1W5BljD0

https://youtu.be/lFmomHYlO7g

https://youtu.be/A1lX8aAOkco

https://youtu.be/kwQm8AytGEs

IMG_6243

ガラス

https://youtu.be/IklrRPfr2os

https://youtu.be/ckOo2pR5180

https://youtu.be/7z3l5uzEyzQ

 


この記事をはてなブックマークに追加

超音波システム研究所

2017-02-28 19:21:06 | 超音波システム研究所2011

オリジナル超音波実験:実験動画の公開

超音波システム研究所は、
音圧測定装置:超音波テスターを利用した実験動画を公開しています。

音圧測定装置:超音波テスターの特徴(標準的な仕様の場合)

IMG_1651

*測定(解析)周波数の範囲
 仕様 0.1Hz から 10MHz
*超音波発振
 仕様 1Hz から 100kHz
*表面の振動計測が可能
*24時間の連続測定が可能
*任意の2点を同時測定
*測定結果をグラフで表示
*時系列データの解析ソフトを添付

MVIzl058a

超音波プローブによる測定・解析システムです。
超音波プローブを対象物に取り付けて発振・測定を行います。
測定したデータについて、
位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
各種の音響性能として検出します。

IMG_8808
目的に合わせた特殊超音波プローブを開発・製造対応します
 
 
 
 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加