超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波システム研究所

2013-09-29 19:30:22 | 超音波システム研究所2011
超音波洗浄で、付加価値のある表面が実現できるなんて、夢のような話です
しかし、実際には、多数の事例と実績があります
超音波(伝搬状態)測定解析に特化した、
  << 超音波コンサルティング >>を提供します
******************************************
会社概要 オリジナル技術 業務フロー 参考 お問合わせ
******************************************
写真・画像をクリックすると説明のページに移動します



超音波「音圧測定装置」資料new

超音波「音圧測定解析」資料new

 
 

この記事をはてなブックマークに追加

<新しいミックス型超音波>

2013-09-28 21:10:12 | 超音波システム研究所2011
超音波システム研究所が提案する
<新しいミックス型超音波

 

超音波(キャビテーション)と 音響流
適正に設定することで、
 目的に合わせた超音波の状態が実現できます


 超音波に関する現象は大変複雑です。 
 単純に資料を読んで理解するだけでは
 有効な結果を出すことは難しいと思います。
 
 したがって、経験と論理的な学習をつみかさねる必要があります。
 
 そのための参考として
 私のこれまでの経験論理的思考から

 超音波照射状態の写真を紹介します

 現象をミクロに解析すると
 容器の構造や媒体の流れといった事柄の影響を
 取り込むことが難しく

 マクロに扱うとナノレベルの大きさの
 物理・化学作用は無視(平均化)されてしまいます。

 このような、複雑な現象に対応するなかで
 超音波利用を検討するためには

 論理モデルを検討しながら
 *繰り返し観察すること
 *直観により把握していくこと
 
 最も重要だと感じています

 超音波の
  効率的な利用状態を
  確認することができる写真です

白い線が<1/2000秒>の瞬間に捉えたキャビテーションです
この線と模様の大きさ・バラツキ・・・で照射状態を判断できます

72kHzのキャビテーションが中心となっている状態

    28kHzのキャビテーションが中心となっている状態


この記事をはてなブックマークに追加

<新しいミックス型超音波>

2013-09-28 21:10:12 | 超音波システム研究所2011
超音波システム研究所が提案する
<新しいミックス型超音波

 

超音波(キャビテーション)と 音響流
適正に設定することで、
 目的に合わせた超音波の状態が実現できます


 超音波に関する現象は大変複雑です。 
 単純に資料を読んで理解するだけでは
 有効な結果を出すことは難しいと思います。
 
 したがって、経験と論理的な学習をつみかさねる必要があります。
 
 そのための参考として
 私のこれまでの経験論理的思考から

 超音波照射状態の写真を紹介します

 現象をミクロに解析すると
 容器の構造や媒体の流れといった事柄の影響を
 取り込むことが難しく

 マクロに扱うとナノレベルの大きさの
 物理・化学作用は無視(平均化)されてしまいます。

 このような、複雑な現象に対応するなかで
 超音波利用を検討するためには

 論理モデルを検討しながら
 *繰り返し観察すること
 *直観により把握していくこと
 
 最も重要だと感じています

 超音波の
  効率的な利用状態を
  確認することができる写真です

白い線が<1/2000秒>の瞬間に捉えたキャビテーションです
この線と模様の大きさ・バラツキ・・・で照射状態を判断できます

72kHzのキャビテーションが中心となっている状態

    28kHzのキャビテーションが中心となっている状態


この記事をはてなブックマークに追加

超音波システム

2013-09-28 17:22:31 | 超音波システム研究所2011

制御できると超音波システム

  大変便利な道具(装置)になります

 
 
<理念>
 「われわれの最も平凡な日常の生活が何であるかを
最も深くつかむことによって
  最も深い哲学が生まれるのである
  学問はひっきょうLIFEのためなり。
  LIFEが第一等のことなり。LIFEなき学問は無用なり。」西田幾多郎
  深い哲学に基づいた
実験(物として物を観察すること)により
超音波の有効利用を広めていきたいと考えています
 
 「超音波システム」という分野を考えた場合、
 ベースとして、
  音響工学、電気工学、流体工学、材料力学、・・
  といった知識が必要です

 しかしそれを技術として現実に適応するためには、
  様々な学習と経験が必要です
 さらに、IT技術を融合すると、
  高度な統計数理により解析を行うことができます

 この組み合わせは、
  「超音波技術を大きく飛躍させる」と、確信しました

 私は、以上のことを、これまでの会社経験で掴んできました
 そして、この新しい技術を広く普及するために
  「超音波システム研究所」を始めました

 
  意味即実在!時の内容!
  音波の伝搬時が・・
 時の有無のスパイラルが新しい直観につながる
 

この記事をはてなブックマークに追加

超音波洗浄器(2980円)

2013-09-28 09:41:46 | 超音波システム研究所2011

超音波洗浄器(2980円)


参考1 参考2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超音波とマイクロバブルによる表面改質技術を
  超音波洗浄器(600cc 42kHz)に応用
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超音波システム研究所は、
超音波のキャビテーション制御技術を応用した、
表面改質技術を超音波洗浄器(600cc 42kHz)に利用しました。
今回開発した表面改質技術による効果により
 高い音圧レベルによるキャビテーション効果や
 液循環による加速度効果を制御して
 効率の高い超音波の利用を可能にしています。
 超音波の伝搬状態の測定・解析技術を利用した結果、
 洗浄器の水槽部分に対して
 音響特性の改善を確認しています。
水槽の表面改質
  http://www.youtube.com/watch?v=a8nPa2o9iE4
  http://www.youtube.com/watch?v=kaegRhiSFJ0
  http://www.youtube.com/watch?v=-8K_7Fw3rok
  http://www.youtube.com/watch?v=xkUbYSB0-Kw
  http://www.youtube.com/watch?v=W_-VMTyI8PU

これは、超音波による表面処理技術の応用であり、
 音響特性による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・
 に大きな特徴的な固有の操作技術として、
  利用・発展できると考えています。
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

< 超音波システム研究所 ultrasonic-labo >

2013-09-26 16:45:59 | 超音波システム研究所2011




  

  



説明
  これまでの実験と参考書による説明を考慮して
  開発した、新しい超音波の利用技術です
  詳細は掲載できません
   興味のある方はメール連絡してください

   補足
     個別のガラス容器の特徴を分析することで
     超音波の非線形現象を利用可能にしました。

     目的の超音波状態に対して
      ガラス容器の特徴の組み合わせや
      液循環とのバランスを考慮した、設定・制御により
      新しい超音波利用が実現しています。
      ( 対象に合わせた、乳化・分散・化学反応の促進・・・・)

     構造的に強度不足で超音波の伝搬効率の悪い容器が
     必ずの悪いということにはなりません
     ( 1個の利用では超音波を減衰させる効果が大きい容器でも
       複数あるいは、異なる容器との組み合わせにより
       大変効果的な利用方法になることがよくあります

       化学反応の促進に関しては
        個別容器の音響特性を考慮することで、
        超音波振動子の周波数は同一のままで、
        非常に幅広い対応が可能になります  )



< 超音波システム研究所 ultrasonic-labo >

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

液循環ポンプによる 「音響流の制御システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1212

YouTubeに投稿した超音波技術動画
http://ultrasonic-labo.com/?p=2679

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195


超音波システム研究所<理念>
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1985

<<超音波システム研究所>>
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

 

 

 

この記事をはてなブックマークに追加

超音波の音圧測定装置(超音波テスター)

2013-09-25 20:58:21 | 超音波システム研究所2011

超音波の音圧測定装置(超音波テスター

超音波の音圧測定装置(超音波テスター

超音波システム研究所は、

ホームページから 各種資料がダウンロードできるように公開しました。

コンサルティング報告書(サンプル) 3頁

http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/analysis.pdf

超音波テスター(仕様書 抜粋) 10頁

http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/Measurement.pdf

超音波テスター(カタログ 価格表) 8頁

http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/Measurement2.pdf

超音波テスター(操作概要) 23頁

http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/Measurement3.pdf

超音波テスター(測定解析資料) 16頁

http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/Measurement4.pdf


超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/
ホームページ  http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/

 


この記事をはてなブックマークに追加

超音波システム研究所

2013-09-25 20:09:01 | 超音波システム研究所2011

 

 

間接容器と定在波による「超音波制御技術」
参考 参考 

超音波の適切と考える状態に関する各種写真を紹介します
写真のように、制御パラメータを変更することで
さまざまな状態を設定することができます
 注:水槽が適切でないと、制御に対する
  超音波伝搬の反応・変化が十分に行えません
  超音波の状態制御は難しい、あるいは利用効率が悪くなります
 注:水槽の改良につきましては、経験やノウハウが必要です
   複雑な現象ですので、文章での説明は難しいと考えます
   必要な方は具体的な相談をお願いします  
 補足:上記に関する詳細は、
弾性波動論に基づいた振動測定を行い
解析することで明確になります
     ノウハウや各種の技術の組み合わせですので
     超音波システム研究所にお問い合わせください
以下参考写真
 

この記事をはてなブックマークに追加

適切な超音波

2013-09-25 12:13:08 | 超音波システム研究所2011

適切な超音波

基礎実験データ1
基礎実験解析データ1
【本件に関するお問合せ先】
 超音波システム研究所

この記事をはてなブックマークに追加

超音波セミナー

2013-09-25 12:10:36 | 超音波システム研究所2011

超音波セミナー

 洗浄の基礎と

  超音波洗浄技術の実務への活かし方

  および具体的なノウハウ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、

超音波セミナーを行います。

タイトル

「洗浄の基礎と超音波洗浄技術の実務への活かし方および具体的なノウハウ 」

~超音波の状態を判断する方法、

 「超音波サイクル」の設定方法、

 安定した利用のための注意事項・改善のポイント、

 洗剤・溶剤の利用技術・・・  

講師 超音波システム研究所 代表  斉木 和幸

日時 2013年 **月 **

 A: 10:00-17:00

 B: 13:00-16:00

ご希望の方はメールでお問い合わせください

<<概要>>

習得知識

 ・超音波洗浄の基礎(基本的な考え方)

  ・超音波洗浄効果の確認および改善方法

  ・超音波洗浄システムの開発方法

 ・超音波装置の応用方法

講師の言葉

洗浄に関する現象は大変複雑です。

  現在の洗浄状況に関して、次のような、強い要望を確認しています。

  「具体的な実務レベルの超音波洗浄方法」を知りたい。

  特に、

  1)絶対に行ってはいけない事項

  2)超音波が減衰してしまう事項について知りたい

  といった要望を多数いただきました。

このセミナーでは、

  実際に、洗浄槽で起きている超音波の状態を判断する方法

  あるいは超音波の設定方法・・について、

  注意事項・改善のポイントをノウハウを含めて説明します。

 

  例えば、

  朝昼晩と変化していく超音波の環境変化に対する、

  安定した利用のための、

  注意事項や超音波設定ノウハウ

 生産ラインにおける洗浄技術として、

  大変重要ですが見落とされがちです。

  さらに、

 目的とする洗浄レベルが高くなっている現状では

 キャビテーションのイメージで超音波洗浄に取り組むと

 各種の工夫が逆効果になる傾向があります。

理由は、

  加速度効果(音響流)に対する認識です。

 セミナーでは、音響流による現象(利用方法)を取り上げます

超音波洗浄に関して、

 音響流を効果的に利用することで

 洗浄効率や洗浄範囲が飛躍的に改善できる具体的方法を説明します。

音響流による現象の体系的な解明は行われていません。

  現状では、これまでの実績を含め、

  具体的な方法をノウハウとして提示します。

   特に洗剤・溶剤に関する超音波洗浄ノウハウは、

  あまり知られていませんが、成功事例が多数あります。

事前に「質問・問い合わせ」があれば、受け付けます。

プログラム  

 1. 超音波を使った洗浄の原理

   (1). 水中の超音波  

  (2). 空中の超音波  

  (3). 弾性体の超音波

   (4). キャビテーション効果

    (5). 加速度(音響流)効果  

  (6). 超音波の伝搬現象  

  (7). 超音波による物理作用・化学作用  

  (8). 超音波洗浄の原理

   (9). 超音波洗浄の効果  

    2.超音波で洗浄を行うための注意点  

  (1). 絶対に行ってはいけない事項  

  (2). 止めたほうが良い事項  

  (3). 超音波利用の考え方

    (4). 均一で安定した超音波

    (5). 現状の問題

   (6). 問題の整理

   (7). 対処方法について  

    a. 振動子の設置方法

     b. 水槽の設置・固定方法

     c. 超音波の評価・判断方法

     d. 液循環の設定方法

      e. 超音波の基本特性  

     f. 超音波装置の最適化  

    g. 効率の高い利用状態

      h. 保守・管理方法  

    i. 水槽の構想・設計について

   3. 効果的な超音波洗浄を行うための「ノウハウ

    (1). 効率の高い均一な超音波照射方法

      ・脱気・マイクロバブル発生装置の利用

      ・超音波水槽内の液体の均一化、ナノバブルの発生・・  

  (2). 主要伝搬周波数(キャビテーション)の制御方法

      ・超音波振動子の設置技術の採用

       ・音響流、水槽構造、治工具・・・

    (3). 目的に有効な「超音波サイクル」の設定方法

      ・液循環制御技術の採用

      ・弾性波動、洗浄対象物の音響特性、・・・

  4. その他 参考事例の紹介

    (1). 揺動装置

   (2). 洗浄物の数量と固定方法(治工具)

    (3). 洗浄物の材質、形状への対応

    (4). 超音波「流水式(シャワー)」洗浄

    (5). 洗剤、溶剤の利用

   (6). 大型水槽

    (7). 洗浄システム開発について  

参考

 シャノンのジャグリング定理を応用した  「超音波制御」方法

  http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

 超音波による表面改質技術

  http://ultrasonic-labo.com/?p=1527

 デジタルカメラによる

  キャビテーションの写真を利用した超音波制御技術

 http://ultrasonic-labo.com/?p=1461

 超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置

  http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

 超音波システム研究所のコンサルティング

  http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

 超音波「測定・解析」装置(超音波テスター)

  http://youtu.be/b6QyutNgxi4

インフォメーション

  http://ultrasonic-labo.com/blog

ご希望の方はメールでお問い合わせください

 


この記事をはてなブックマークに追加