自然と共に

大自然と共存し、豊かな暮らしを実現しましょう。生活便利帳、趣味の世界を語りましょう。

倉庫の建設(2)基礎座埋め込み

2017-12-05 | Weblog

おはようございます。今朝は晴れて、まだお月様が明るく照らしています。倉庫の設置場所をどこにするか、二転三転しています。岸の横にするか、畑にするかなど今後の活用で居宅に近い方が便利な場所にしています。地盤をコンクリにしてしまうのか、土のままで建てるのか悩んでいました。路盤から1.5m程高いのでコンクリの流し込みは可能か? 自分でコンクリを作ったらどうか?・・・・・いろいろと考えて当面は、コンクリなしで行こうと決めて基礎のブロックを埋めることにしました。先ずは柱を建ててから後からコンクリを流しても良いかと考えました。先にコンクリを入れると基礎の固定が大変かなと考えています。さて、基準高さ、水平出しなど何の器具もありません。ネットで調べると、水を入れたバケツにチューブを入れて水面を確認する方法がありました。垂直は、重しを下げる冶具を購入しました。建築の世界では、尺基準で考えないと材料の効率が悪いことも感じます。柱の間隔をいくらにするかで床材や、角材、波板など効率的に活用できるようです。基本は、12尺角(約3.6mの四角)の面積で作ろうと思います。4隅のコーナには絶対柱は必要ですが、その他の柱はどれほど必要なのか? 倉庫の中に柱は無くしたいが、冬の積雪に屋根は持つだろうか? 高さはどの程度にすればよいのだろうか? 北風が強いので、風圧対策は如何にあるべきか?・・・・・・などなど考慮して設計しています。

 最初にすることは、場所取りで杭を打っています。正確な四角形を作るのは、大変です。並行四辺形になってしまいます。対角線をしっかり計算してその円弧と辺の交わりを結んで、四角を作りました。次に水平基準を確認し糸を張っています。この中に基礎ブロックを埋めていきます。このブロックの中心を正確に出すことは苦労します。穴を掘って地盤をたたいて固めます。ブロックを置きますが水平垂直を出すのは大変です。多少妥協も必要かと思います。高さの違いは、柱の長さで調整することにして、中心を合わせるようにしました。出入り口の構造、開口部をどうするかなども考慮して決めています。

 では、みなさんお元気で・・・・・・・バイバイ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

倉庫の建設(1)原木集め

2017-12-04 | Weblog

 皆さんこんばんは、霜が降りたり、雷が鳴ったり、なんだか不思議な冬になってきました。今年は、6月から倉庫を作るために少しづつ作業を進めています。まだ、まだ完成までには時間がかかりそうです。先ずは、間伐材の原木をもらってきました。先ずはこれの皮むきから始めました。原木は、17本あります。直径は15cm程度で、4mの基本柱材です。

 一日に数本程度ですが、皮むきは大変な作業です。専門業者がどのようにして皮をむいているのだろうと疑問が出てきました。こんなことをしていては、とても商売にならないと感じていました。材木業者に確認すると、伐採直後の新材は高圧水で皮をむいているとのことです。・・・・・なるほどね~~~ 1本ずつ皮むき器でむきますが、かなりの重労働です。節があるとこれが一苦労です。何か良い方法はないかと思い、なたで節を削りました。これも大変と言うことで、今度はチェーンソーの出番です。これで節を飛ばしていくことが出来ます。これでやっと作業が進みます。下の写真の状態だとまだ薄皮が残っており、虫を排除出来てないとのことです。この薄皮も丁寧にはがしていきます。 

 薄皮が残っており、再度全部の原木を削りなおしています。

 刃も切れなくなってきます。砥石で研いでから挑戦していました。刃を立てるのもノウハウが必要です。なたや鎌を研いでいますが、角度が重要です。ノミを研ぐのと同じで、現状の刃に合わせてしっかりと研がないと切れ味が全く悪くなります。角度が悪いと木に食いついていきません。

 かなり、白くなりましたが、最初にむいた原木は薄皮が残っています。

 皮むき作業だけでも、結局のところ4か月も費やしています。暑さやさぼりも入っています。まあ、じっくり後悔の無いように作業しましょう。今回はここまでにします。では、バイバイ・・・・・

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堆肥と麦撒き、野菜の成長(更新)

2017-11-27 | Weblog

 寒さが厳しくなってきました。元気にしていますか~~~~~ この寒さに野菜も成長しています。ネギが伸びています、土かけをして白ネギを育てています。ゴボウ、大根、カブも成長しています。また土作りと麦撒きをしています。

 こちらは、サツマイモを収穫した後に牛糞堆肥を入れて、土つくりを開始しているところです。これから、耕運をします。先方に蔓の山が見えます。枯れると、焼いて灰も肥料に活用します。

 麦を撒く畝を立てて、2条まきをしています。右の方は、玉ねぎの育成です。

 

 これは、麦の畝を立てる前にもみ殻を配布しているところです。この後耕運して麦を撒いています。もみ殻が熟成して堆肥になることを期待しています。また、土がふわふわになっており、保温にも最適環境になると思われます。

 2tのもみ殻を一輪車で運んでいます。

 畝を作り、麦を撒いています。きれいに整地できました。芽が出ると、麦踏をします。

 最近の野菜と麦撒きの状況です。自然と共にです。・・・・・・では、バイバイ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パグ君の壁ドン?

2017-11-24 | Weblog

 皆さんこんばんは~~~~ 今日は寒いですね。パグ君、しっかり押しています。壁ドンか? 面白い構図ですね。我が家の倫太郎君にそっくりです。パグすわりをしながらのヨイショですね。ユニークな置物です。

風邪には、留意してください。では、バイバイ

   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビワの定植

2017-11-23 | Weblog

 

 みなさんこんにちは~~~~~  寒風が吹いていますが、太陽が当たると暖かいです。昨年、ビワを移植しましたが大変残念なことに枯れてしまいました。今年は、新しい苗を購入して定植することにしました。 

 防寒対策で、もみ殻をかぶせています。春には新芽が育って欲しいと願っています。

 では、バイバイ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加