政府、社会の問題、提言など

社会、経済、政治などの問題点について投稿して行きます。 又、テレビ報道しない重要な出来事や、注目すべき出来事も対象です。

インドネシア・バンダ・アチェで、M6.5の大地震!〜 日本の耐震構造技術を活用出来ないか?。

2016年12月07日 18時30分01秒 | インド・東南アジア諸国
12月7日、インドネシアの災害対策当局は、アチェ州北部を襲ったマグニチュード(M)6.5の強い地震によって50人以上が死亡したと発表した。写真はアチェ州で7日撮影(2016年 ロイター/Nunu Husien)
http://www.asahi.com/international/reuters/images/AS20161207002465_commL.jpg


また瓦礫化しているようだ。

日本の耐震構造技術を活用出来ないか?。

鉄筋の建物にすれば、瓦礫にはなりにくい。

日本政府と、インドネシア政府で、そのような話し、出来ないものか?。


バンダ・アチェと言えば、2004/12/26に発生した「スマトラ島沖地震」での大津波で甚大な被害が出ている地区だ。

今回の地震は大きな地震だが、「その時の地震に関係している地震」の可能性が高そうだ。

同じ地区での大地震なので、その地区、もしくは近隣区域に「活断層がある」と言う事になる。

「スマトラ島沖地震」は、2004年 12月に発生し、今回の地震は、2016年の12月に発生した。

その差は12年。

地震は周期的に発生する事を考えた場合、「スマトラ島沖地震」と「今回の地震」の関係が密接であればある程、次の大地震は、「2028年12月に発生する」可能性が高いと思える。



記事参照


インドネシア・アチェの地震で50人以上が死亡、不明者多数
2016年12月7日17時15分


[ジャカルタ 7日 ロイター] - インドネシアの災害対策当局は7日、アチェ州北部を襲ったマグニチュード(M)6.5の強い地震によって50人以上が死亡したと発表した。

スマトラ島北端に位置するアチェでは非常事態宣言が発令された。

7日の地震は州の東岸、州都バンダ・アチェから約170キロの地点で発生。

被災地では建物が倒壊し、多数が内部に取り残されているもよう。

津波警報は発表されていない。アチェ州の当局者によると、行方不明者の数は把握できていない。

アチェは2004年のスマトラ島沖地震で甚大な被害を受けた。

 *情報を更新しました。 

 
• 朝日新聞デジタルトップ
• 国際トップ
• ロイターニュース一覧



http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN13W0EP.html






ジャンル:
災害
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来年4月「ガス小売り全面自... | トップ | 米海兵隊岩国航空基地所属の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
torl_001 (インドネシアの地震災害復興活動で、「重機が足りない!」と言う話しがあるようだ!。)
2016-12-08 18:15:05
NHKでそのような報道があった。
torl_001 (ソロモン諸島・マキラ島(旧サンクリストバル島)沖でM7.8の大地震!。)
2016-12-09 09:03:18


記事参照


ソロモン諸島沖でM7.8 津波警報は解除
シドニー=郷富佐子
2016年12月9日07時28分

 米地質調査所(USGS)によると、9日午前4時38分(日本時間同日午前2時38分)ごろ、南太平洋のソロモン諸島沖を震源とするマグニチュード(M)7・8の強い地震があった。

米ハワイ・ホノルルにある太平洋津波警報センターは、同国やパプアニューギニア、ニューカレドニアなどに津波警報を発令したが、間もなく解除した。

 USGSによると、震源地はソロモン諸島のサンクリストバル島キラキラから西南西に約68キロ、首都ホニアラの南東約204キロで、震源の深さは約41キロ。

ロイター通信が同国災害管理当局の話として伝えたところによると、津波警報で周辺住民は高台に避難したが、被害状況などは不明。

 同国では07年に西部で起きたM8・1の地震と津波で50人以上が死亡。

13年には東部でM8の地震と津波があり、約10人が犠牲になった。(シドニー=郷富佐子)


http://www.asahi.com/articles/ASJD911TSJD8UTIL070.html



コメントを投稿

インド・東南アジア諸国」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL