goo

栴檀の花の下で



          数週間前からこの木の下に立ち




          まだかまだかと待っていた栴檀の花




          既に終わってしまったなんてことがないよう




          半分本気で祈りながらハンドルを握った




          それほどまでに咲き具合が気になっていたのに




          年間パスポートを見せ門の中に入ったとたん




          浮気心が芽生え途中途中の花が気になり足止め




          なんてことよとようやくたどり着くと・・




          満開の栴檀の花・・言葉もなく立ちつくす





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

五月の花咲く頃に



          五月の花咲く頃に




          強い日差しはもうすでに五月を超え




          大きく風に揺れる花は追いきれないけど




          暑さの中では強めの風が心地よい




          目に映る白い花と緑の葉の爽やかさが




          忘れ去ったはずの記憶を呼び起こす




          その場を離れがたく暫く立ちつくし




          入れ替わりやってくる人の声に耳を傾けると




          浮かぶ記憶が大きくなったり小さく遠ざかったり・・




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

芳香に誘われて



          どこからか芳香が漂ってきた




          大きな木を見上げると花が葉の陰にみえる




          ホウノキと書いてある・・ああこれが・・




          昔々通っていた高校は電車通学以外の生徒は下駄がオーケー




          朴歯の下駄をはいていた男子が周りにもいたっけ・・・




          この美しい花を見てよくぞ彼らを思い出したものだ!




          ちょっと笑いも出ながら花を見ていたけど・・もちろん・・




          あの頃のワタクシ・・花などに例えようもなかった!
          ・・・今だに芽の出ぬ種のまま・・・





コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

君の名は



          う~ん・・はて何という名だったか・・・




          チョコに似ている・・この花




          そこで「アポロに似ている花」と調べてみると




          しっかりと出てきた・・みんなそう思っていたのか!




          笑いながら「カルミア」という名と知る




          思いのほか平凡な発想だったようで




          妙なところで「変りもの」という汚名(?)返上なるか




          すぐに忘れそうな名だけど・・アポロの件は忘れそうにない





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

見~つけた♪



          こ~んな可愛い花を見つけると・・




          見~つけた・・なんて可愛い声を張り上げたくなる




          気分は戻りに戻って・・ウン十年前・・




          たまには現実逃避でこんな気分もいいもンだ!




          小学校でクラス別だったか・・学年別だったか・・




          花壇などというものがあったのを思い出す




          思い出すなどと書いて・・まさか夢じゃないよねと




          あやふやな記憶は置いておいて・・花の精など探そう♪






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

なんじゃもんじゃになってない?



          ん??この花は・・たしか・・・




          なんじゃもんじゃ?




          楚々としていてちっとも「なんじゃもんじゃ」じゃないっ!!




          と言いたくなるような大人しいなんじゃもんじゃ




          広い公園・・秋になら赤い葉に導かれ迷わないのに




          春の緑の森は迷い道・・見事に迷い込んだ




          それでも慰めのおまけ付き・・出会ったなんじゃもんじゃ




          楚々とした淑女なんじゃもんじゃに乾杯!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

言葉とはなんぞや・・・



          言葉とはなんぞや・・




          おもちゃのように転がされた言葉達




          子供達の遊びに使われるたどたどしい言葉を耳にして




          なんと素直で本質を突いているのだろうと思う




          かつては大人が子供達に言葉使いの正しさを導いていた




          テレビから流れ出る言葉の呆れるほどの不誠実さに




          普通の人と言われる者達はなすすべがないのだろうか




          5月・・「憲法記念日」・・「子供の日」と続いた・・
          子供たちに何を残してあげられるのか・・

          「宝のような言葉と平和」を思う




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

今も変わらぬ道



            井の頭をあるき続けて60数年




            変らぬ風景はホッとするものがあるけれど




            それでも少しづつの変化に
            その時々にはがっかりすることもあった




            真ん中の七井橋に立ち西の風景に
            大きなマンションが入り込んできたときは衝撃だった




            幼い日の風景を抱きながら歩く者にとっては寂しさがあり




            今でも写す写真の中にこの建物を拒否している




            昔の写真の中の木々を
            現在の写真の中に発見した時の喜びは大きい




            小さな昔の名残花を見つけた時




            変らぬ道をあるき続けることへの不思議さを感じている





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

安らぐ木々の白い花



           白い花の季節!




           探す努力などいらないほどに次から次へと出会う




           だんだん似て見えてきて混乱状態




           はて・・この花は?




           思い出せない名前はほっておいて・・と・・




           秋の赤い実との出会いを思い出しガマズミだと!




           いつの間にか華やかな花より




           木々の小さな花に安らぎを覚えるようになったと気づく




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

絵にしてみたら・・?



          人気のない林に立っていると




          空気さえもが澄んでいるように感じる




          お気に入りの花の下ではさらに




          花の一つ一つを眺め




          どれほどの花の数があったとしても




          それぞれの花の表情があることに気づき楽しむ




          絵に描くとしたらと・・どんなふうに?




          四角い枠をあてはめて・・「絵」を見つけてみる




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ