goo

シュノンソー城で待ち合わせ



        娘夫婦・義両親・私たち姉妹・・




        大胆にもシュノンソーの駐車場で待ち合わせ




        Googleで調べた結果ここの駐車場が広くてわかり易い




        Googleの画像と地図で何度も照らし合わせた結果・・




        10分ほどの遅れで到着・・が・一般用ではない?




        あれほどまで簡単だと思っていた駐車場




        そこはおフランス・・一般車両がほとんど・・




        いいであろうかということで・・全員集合!




        途中お昼を食べた街の様子・・はて何という町であったか?

        気になって・・調べて・・調べて・・
        わかりました1・・ソワン・アン・ソローニュ




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

目の前に広がる世界



        朝食を終え出発まで農場の動物たちにご挨拶




        ファッショナブルなニワトリ・・実にワタクシ好み!!




        追いかけて・・追いかけて・・彼らは逃げずにポーズ




        こうして自由に歩き回るニワトリを見るだけで農場気分




        裏の池に行けばアヒルやカモたちが




        愛情たっぷり・・だなぁ・・




        さらに裏に行くと・・




        羊や・・うれしいロバの姿・・会いたかったよ君に!




        隣のスペースではワンコたちが




        紅蓮と二人文句なしに決まったこの牧場の宿




        思っていた通りの世界がそこにはあった




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

爽やかな一日の始まり



         ベッド&ブレックファースト・・
         フランスではシャンブル・ ドット・・という




         この朝食がゆっくりできる時間で楽しみ




         コンチネンタルスタイルの朝食だったり・・




         ここで美味しいパンケーキが・・ほんとに美味しい!




         幾種ものジャムを添えながら




         ぬくもりのあるテーブルセッティングで




         爽やかな一日のの始まり



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

好きなものだけ・・と



        部屋に案内されて・・「あぁ可愛い!」




        キャス キッドソンだね・・とつぶやく




        イギリス人のオーナーは
        「好きなものだけ集めておいている」と




        冷たい飲み物を用意してくれて・・




        娘と妹は庭のテーブルで飲むといっている




        私は広い庭を一巡り




        小さな小屋はドアが開け放たれていて




        失礼しますと入らせてもらう




        好きなものだけ・・の世界が向かいいれてくれた


       (ティポットの門灯)

        次の朝・・隣のトレーラーのような部屋へ
        「どうぞ見ますか・」と連れて行ってくれた




        これもまた私にも居心地のいい好きな世界・・



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

大きな森の小さな家



        小さな町を外れたところに二日目の宿がある




        チェックインには早すぎるということで隣町ナンせーへ




        それでも早すぎる気もしたけどオケーということで




        案内されたのはイギリス式の「小さいi家」




        ローラ・インガルス・ワイルダーの物語のような家




        ベッドルームは屋根裏部屋・・手編みのブランケットが




        そうそう・・ここはソローニュの森の中




        オーナーはイギリス人で翻訳家ということ
        リタイアしたフランス人と・・趣味のようにして




        好き物を集めているという・・
        ここで数日過ごすのもと思えるようなところだった




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

可愛い窓・・素敵な窓・・



         この小さな町でも・・




         いくつもの可愛い窓が




         たかがカーテン・・されどカーテン




         失礼承知でジロジロ眺めてしまう




         ブラインドだって鎧戸だって一工夫




         圧巻はこれ!!




         頑強そうな面格子!!!




         ひとつ取れたら・・
         これで窓をお開け下さい!ってこと?!?



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

小さな町を歩く



         これといって何もない町




         何でもある過保護な国から来た軟弱者には




         この何もない感がとても贅沢な気がする




         何にもないにはおまけが付いてくる気もして・・




         はて・・おまけって・・このおまけ感って・・




         考えることもせずにボーっとしてたけど・・




         あっという間に駆け抜けられそうなこの町も・・




        だらだら・・ぼーっと・・




        ん?・・メリー?・・ちいさな町役場・・




        なんだか来たこそさえ忘れそうな・・




        どこかはっきりしない陽気でさえ・・いい空気・・






コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

小さな町で



        見慣れた小さな町の風景・・初めての町
        車を運転するということでGoogleで辿り続けた道




        二日目の宿へと向かう・・昼食は途中・・
        タルトタタン発祥のホテルでと思ったけど休み!




        宿泊地近くの町スエームに向かう
        その見慣れた街に教会も郵便局もそのままあった




        が・・ほんとに小さな町にはカフェも少なく
        目の前のカフェに入ることに




        フランスのカフェはお茶だけ頼んで
        食べ物持ち込みオーケー・・
        パンはタルトタタンの町で調達しておいた




        コレクションのsugar に目ガいくと・・
        カップとポットの柄に合わせてあってお洒落!




        のんびりとした風が横切っていく
        こののんびり感がなんともいえずに心地よい




コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

châtea Mont Suzey の朝



         château Mont Suzey の朝




         階下に下りて広いサロンを抜け




         用意されたテーブルに着く




         カフェ・クロワッサン・バケット・ジュースという
         伝統的なフランス式ではなく




         ハムやチーズ・ゆで卵・シリアル・豊富なパンの種類
         どれも食べたくなるけど・・全部は無理




         この後の車の運転を考えると・・そこそこにして




         せっかくの広い牧場・・一回りして




         水鳥・・牛やロバ・・アルパカまでいる




         この日は寒くてダウンを着て回る





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

優雅に一日目は暮れていった



        大きな森の中のお城に着いて・・ホッとする




        広い牧場を見下ろせるバルコニーで冷たいものを




        ひと落ち着きした娘が下へ・・




        あっという間に小さくなっていく




        羨ましくなるほど自由に過ごす人懐っこいワンコ




        広い森の中に響き渡るような美しい声で鳴く小鳥




        ピエールに先導してもらいたいした問題もなく




        この日は優雅に長い明るい夜をすごしていた





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ