goo

ヒカゲツツジというそうな



       ヒカゲツツジというそうな




       意味深長なこの名前




       単純に日陰に咲く・・なのかもしれない




       けれど地味な花なんて意味も感じて・・




       ツツジは鮮やかな色・・のイメージなので




       などと考えながら・・




       肉厚の大きな葉を眺め




       シャクナゲだとこの間まで思っていたよと




       心の中で文句を言う




       でも許しちゃおう・・美しいもの!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

クロモジ・・逆光・・別の株



       芽吹きの季節




       いたるところで小さな芽が元気にツンツン




       アレッ・・どこかで見かけたような・・




       柵の外・・近づけないところからの眺めでは




       光の加減・・順光・逆行ではまったく違う表情




       それがまたまったく違う世界が見えてくる




       こんな出会いもまた楽し・・ゆっくり歩き








コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

表情豊かな小さな花



       この木の横に「クロモジ」の立て札が




       ん?・・もしや爪楊枝??




       しなやかそうな枝に小さな華




       爪楊枝とはイメージは結びつかない




       極小のベストテンに入りそうな花は




       すっかり年寄り視力になった目には把握不可能




       可憐でもあるけど神秘的でも・・




       表情豊かな花に想像力をかきたてられた





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

元気のない日に



        いよいよ桜の季節へ


・・

        とはいえ・・早咲きの桜は散り始め




        ソメイヨシノまではもう少し




        なにか・・咲いているのだろうか・・




        少しふてくされ気味に歩く




        ちょっと同情してくれた新しい木の芽たち




        よーく見ると小さな花が・・ほんの2ミリほどの




        元気よく歩いていたら気づかなかったよ・・と




        元気のない日の励ましの花♪



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

武蔵野のメジロ



       ひと月ほど前・・出会ったのは都会のメジロ




       曇り空の下・・寄るか寄らぬか迷ったあげく・・




       いつものコースをはずれ・・




       桜なのかそうでないのか・・愛らしい花に出会う




       盛りを過ぎて花弁を散らしてなお赤い蘂が愛らしい




       などとのんびり思いながら・・ふと耳を澄ますと




       飛び込んできた花にも負けぬ愛らしい歌声




       メジロ!!・・囲いの中の植木は撮りにくい




       武蔵野のメジロはちょっと自由でこちらは苦労!






コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

どこからか春の香りが



        ガラス玉のようなアセビの前に立つと・・




        春の香りが風に乗って運ばれてきた




        どこから?と・・まわりを見渡す




        深い緑の葉に隠れるように黄色の花が




        小さいもの・・気がつかなかったと




        深い緑の葉は光を跳ね返して輝く




        黄色の花に似合って優しい花束のよう




        春は急ぎ足で階段を登り始めた





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

君の名は・・



       この花との出会いは・・




       花ではなく・・実との出会いが始まり




       ピッカピカに輝いていた赤い実だった




       実がなるからには花がある・・




       そう思った瞬間・・花を見たくなった




       そう思ったときの根性はある




       待って・・待って・・根気よく待てる・・




       ただ待つだけ・・だけど・・そして




       黄色の花に出会った・・花の名はサンシュユ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

認知症予備軍!か



       筆不精と言うこともあり
       普段官製葉書きは使わない封書か絵葉書き




       今日は事務連絡と言うことで
       葉書きを買いに行くことに




       途中・・そういえば値段が変わった・・
       考えるまもなく郵便局




       そこで口をついて出たのが・・
       「5円葉書きください」・・!?!?!




       「5円葉書」が私の中で単語で定着していた
       「62円葉書きならあります」・・あ~~~っ




       恥ずかしいと思う前に大笑い
       「すいません古過ぎますね」




       「どこかでそういう葉書き売っているのかと思いました」
       ・・と笑っている・・いい人だわ・・




       住む世界が変わるのもそう遠いことではなさそうだ
       帰る道々笑をこらえながらそう思った




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

気持ちは花気分



       許し難い寒暖の差




       老体には堪えてちょっとよろしくない体調




       この少々不調が花の季節の知らせ




       花は嬉しそうにに咲き始めているというのに・・




       若人向きの気候というのか!




       などとブツブツ言う前にぐるっと見回して




       美しい花を眺める喜びでも味わうことにしよう




       せめて気持ちは若い花気分♪




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ちょっと変わった花が好き!



       季節は早送りでやってくると




       ついこの間まで思っていたけれど




       気づいてみたら・・なぜだか・・




       いつの間にか遅れ気味に




       見逃してしまったかと思っていたトサミズキの花




       ようやくの蕾の膨らみに出会い




       これは絶対逃すまいと・・開花を待って




       赤い雌蕊の束が・・ちょっと変わった花が好き!






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ