あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

日本車メーカーがテスラに負ける構造上の理由

2017-06-16 05:38:45 | 社会科こぼれ話
日本車メーカーがテスラに負ける構造上の理由


 ここから http://www.mag2.com/p/news/251229?l=zuh09722c4

なぜ負けるか?

テスラは、ネット保険と同じ、直営だからです。

日本は、メーカーと消費者の間にディーラーが入ります。
それだけ高く付くのです。

市価300万円の車があったとします。その金額の内訳がどうなっているのかというと、ザクッと言ってディーラーの粗利が90万、宣伝費が100万、残り110万がマテリアルコストとメーカーの利益なんです。つまり300万の車はトヨタの工場を出た時には210万でディーラーに売られていて、それでもメーカーは利益が出ているということです。それに300万という値札が付いて、そこから20万くらいの値引き(これは直接値引くこともあれば、下取り車の価格で調整することもあります)があって消費者が買っているのです。

価格で負けてしまいます。

テスラという会社の恐ろしさはそれを最初から分かっていて、それを狙ってビジネスを展開して行ったところなんです。彼らは最初からGMやトヨタを潰す気満々なんですよ。果たしてそんな日はやって来るのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月16日の社説は・・・ | トップ | フェアウェル・ザ・ナイス/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。