あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

日本の特別地域 特別編集78 これでいいのか愛知県 (地域批評シリーズ)

2018-01-02 06:01:15 | MY BOOK
日本の特別地域 特別編集78 これでいいのか愛知県 (地域批評シリーズ) を買いました。 商品の説明です。 内容紹介 愛知県民は見栄っ張りでよそ者を異常に嫌う性質があり、そのため独自の文化やライフスタイルがある。その真実を解き明かす一冊。 内容(「BOOK」データベースより) 沿線別!見栄っ張り県民のヤバい生き方。 その中の記事を一つだけ紹介 よく調べてあります。 目次です。 第1 . . . 本文を読む
コメント

『LIFE SHIFT』

2017-12-17 05:54:17 | MY BOOK
あまりにも有名になった『LIFE SHIFT』リンダ グラットン (著),‎ アンドリュー スコット (著),‎ 池村 千秋 (翻訳) 日本の政策を動かした本です。 amazonの内容紹介 ■26万部突破! ずっと売れてます! ■TBS 水トク!『緊急!池上彰と考えるニュース総決算!2017 ニッポンが“危ない”』にて紹介(2017年12月6日放送) ■流行語大賞2017「人生100 . . . 本文を読む
コメント

『子どもをぐんぐん伸ばす いい言葉』 surprisebook

2017-11-06 05:55:08 | MY BOOK
『子どもをぐんぐん伸ばす いい言葉』 surprisebook雫石小学校校長 齋藤 卓也 著を紹介します。 コンビニで売っているものです。 小冊子(P.176)ですが、なかなか秀逸。 具体的です。 本人の言葉から 現在、いじめ、不登校、ひきこもり、自殺などの問題があり、子どもが元気に学校に通えない状況があります。そこで、家庭や教室の中で日常的に交わされるちょっとした会話、言葉がけに「子どもを . . . 本文を読む
コメント

『朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ"とフェイクニュース 』

2017-09-17 06:05:46 | MY BOOK
『朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ"とフェイクニュース 』新田 哲史 (著), 宇佐美 典也 (著) 自分でも感じていた「朝日新聞がおかしい」と言うことが、事実に基づいて論証されています。 決して悪意のあるものではなく、冷静に書いているところに、朝日新聞の抱える問題の深刻さがわかります。 amazonのカスタマーレビューも納得できます。 しかし、これらの誇張記事で内閣支持率が簡 . . . 本文を読む
コメント

拙稿紹介『社会科教育 2017年10月号』

2017-09-16 10:30:53 | MY BOOK
拙稿紹介『社会科教育 2017年10月号』  資料読み取り能力を鍛える!探究ワーク&ドリル40 今回は、統計・グラフの資料読み取りの指導ポイントを実例で紹介しました。 特集 資料読み取り能力を鍛える!探究ワーク&ドリル40 視点1 「教材」を資料化する―発見の切り口と探究の仕掛け―/北 俊夫 視点2 驚きを生む!目からウロコの“この資料” 地域教材/田山 修三/ 地理教材/山内 敏男/ . . . 本文を読む
コメント

『「本を読む子」は必ず伸びる! 』樋口 裕一

2017-08-29 05:52:58 | MY BOOK
『「本を読む子」は必ず伸びる! 』樋口 裕一 を紹介します。 私なら、「本を読む子」と「行動力」のある子は必ず伸びる! という本を書きたいくらい、これもまた真だと思っています。 著者は、作文指導に定評があり、「小論文の神様」とも言われている人です。 書かれていることは、その通りというオーソドックスな内容です。 内容説明 小学校の低学年から学力を鍛えるために、さまざまなメソッドや勉強法が . . . 本文を読む
コメント

『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ 』立石 美津子

2017-08-28 05:43:46 | MY BOOK
『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ 』立石 美津子 を紹介します。 まず、この著者自身の生い立ちに驚かされます。 基本的に、著者の経験に基づいた話で、共感できます。 「6歳までの子育て」と書かれていますが、いやいや、そのエッセンスはその先も十分に生かすことができます。 内容紹介です。 「テキトー母さん」になれば、子どもが自立する&お母さんもラクになる! イラストで楽しく読める . . . 本文を読む
コメント

『中学校に入る前に親がしてはいけない80のこと』秋田洋和

2017-08-27 05:46:29 | MY BOOK
『中学校に入る前に親がしてはいけない80のこと』秋田洋和 を紹介します。 著者は数学教育や受験のプロ。 月刊誌『高校への数学』のメイン記事の執筆者でもあります。 さぞかし、受験指導の本かと思ったら、きわめてオーソドックスな家庭教育の本でした。 親を「イライラ」「過保護」「放任」「過干渉」のタイプに分けて、それぞれに必要なサポートを紹介しています。 何と、ネット上でも連載されていました。 . . . 本文を読む
コメント

『できる子はどっち? 』沖山 賢吾

2017-08-26 05:16:52 | MY BOOK
『できる子はどっち? 』沖山 賢吾 もおもしろい! これまでの常識が変わるかもしれません。 また、必ずしも正しくないかもしれません。 そもそも、正解はありません。 それを踏まえて読むと、とても興味深く読むことが出来ます。 5000組の親子と面談してきた教育コンサルタントが教える、できる子の法則!! 内容紹介です。 約40年ぶりに実施される「大学入試制度改革」。 今回の改革は「明治以来続 . . . 本文を読む
コメント

『親ばか力 子どもの才能を引き出す10の法則』辻井いつ子

2017-08-25 05:21:02 | MY BOOK
『親ばか力 子どもの才能を引き出す10の法則』辻井いつ子を紹介します。 著者の 辻井いつ子 さんは、ご存じ ピアニスト辻井伸行氏のお母さんです。 生まれながらにして全盲であることを知り、一緒に死ぬことまで考えた人が、「ウチの子は天才かも!」と思い続けた子育て術を公開しています。 次の内容紹介で、概要がつかめます。 ■「親ばか」だからこそ、才能を育てられる!■ 現在、世界的なピアニスト . . . 本文を読む
コメント

『子どものための自分の気持ちが<言える>技術 』平木典子

2017-08-24 06:00:06 | MY BOOK
『子どものための自分の気持ちが技術 』平木典子を紹介します。 これも読みやすい! 片面が文字で片面がイラストのイメージです。 平木典子 先生は、日本におけるアサーション・トレーニングの第一人者です。 文句なしです。 内容紹介 最近の子どもたちの言動は、いじめ、非行、凶悪な犯罪など暴力化の傾向が強くなり、 従来の常識では理解できなくなってきています。勉学環境に恵まれ、 食にも困らない国で起 . . . 本文を読む
コメント

『子育ての鉄則―道を誤らせないために』星 幸広

2017-08-23 05:28:26 | MY BOOK
『子育ての鉄則―道を誤らせないために』星 幸広を紹介します。 著者の 星 幸広さんは元警察官。少年課長や警察署長を歴任しています。 そのため、これまで紹介してきた教育書とは、ひと味違います。 冒頭からショッキングです。 大規模な少年(少女)犯罪を摘発し、その後どう親に伝え、更生に向かわせるのかの葛藤が書かれています。 「警察ではここまで考えてくれるのか」というのが素直な実感で、頭が下がり . . . 本文を読む
コメント

『HAPPY子育ておことばBOOK 小学生編―小学生ママのこころに効く! 』

2017-08-22 05:34:51 | MY BOOK
『HAPPY子育ておことばBOOK 小学生編―小学生ママのこころに効く! 』を紹介します。 かつて(昭和61年)に小学校で1年生を担任しました。 その時には、たくさんの教育書を読んで、保護者にも紹介し共有しました。 今は、当時と比べると、多くの良質の本が出版されていることがよくわかります。 すごい進歩だと思います。 でも、困っている保護者は、今の方が多いのではないかとも思います。 な . . . 本文を読む
コメント

『子どもの才能を目覚めさせる56のアドバイス』

2017-08-21 05:55:25 | MY BOOK
『子どもの才能を目覚めさせる56のアドバイス』NHK「となりの子育て」編 を紹介します。 今、藤井四段や、卓球の張本君、その他、若い力が注目を集めています。 どうやって育てたの?と聞きたくなりますね。 この書は、NHKの人気番組「となりの子育て~育てた人にきいてみる~」で、親たちが明かした“才能のはぐぐみ方”を紹介しています。 個性を100%伸ばすとっておきのヒント集です。 目次です。 . . . 本文を読む
コメント

『人に愛される子を育てる! 魔法のアドバイス 』

2017-08-20 05:53:53 | MY BOOK
『人に愛される子を育てる! 魔法のアドバイス 』倉田真由美・多胡 輝 魅力的なタイトルです。 「人に愛される子になってほしい」と思うのは、親として当然の、そして最も自然の願いです。 その方法は・・・・。 基本的に、これまで紹介してきた家庭教育書の内容と多くの共通点があります。 その共通点こそ、本当に大切なことなのでしょう。 内容紹介 漫画家の倉田真由美(くらたま)と数多くのしつけに関す . . . 本文を読む
コメント