トミーのブログ

園芸研究家(園芸家) 富山昌克(トミー)が日々に感じたことや書き留めておきたいこと。

スポニチアネックス 10/29(土) 10:03配信

2016年10月29日 11時54分40秒 | トミーのひとりごと

「人生の楽園」放送800回 土曜夕方に視聴率15%の理由は

スポニチアネックス 10/29(土) 10:03配信




 29日の放送回で800回の節目を迎えるテレビ朝日「人生の楽園」(土曜後6・00)。放送17年目に突入し、安定した人気を誇っている。



 田舎へのIターン、故郷へのUターンなど、主に50代以上の出演者によるセカンドライフを紹介する「いい人生の歩き方発見番組」。西田敏行(68)のフレーズ「今週は何かいいことありましたか。私ね、思うんですよ。人生には楽園が必要だってね」で始まる同番組は安定して10~15%の視聴率をマーク。14年3月8日には番組史上最高の15・4%、今年1月30日にも15・1%(いずれも関東地区 ビデオリサーチ調べ)を記録するなど、同時間帯でトップを走る

 番組が長らく支持されている理由について、森川俊生プロデューサーはこう語る。「時代のニーズにマッチしているかなと。日本全体が高齢化が進む中で、第二の人生をどう生きるかが大きな関心事だと思うんです。それに応えているということもあるし、地方の過疎化が進む中で、地方で生き生きとした暮らしを見つけ出している人は、視聴者にとっても希望が湧くのではないでしょうか」

 日本全国で、特に地方で空き家の増加が社会問題となっているが、「人生の楽園」では空き家を格安で買う、借りるなどして上手く生活しているケースや、廃校を活用する事例なども紹介している。「日本人のDNAにもったいない精神がありますよね。今使われていないものがうまく使われるということは、心地よいことなんじゃないかなと思います」

 番組作りで意識していることは、「見て良かったな、いい番組だったな」と思ってもらえる番組にすること。そのために不可欠な温かいムードを作り出しているのが、ナレーションを担当する西田と菊池桃子(48)だ。「お二人の掛け合いは包み込むような温かさがあって、リラックスして見てもらえるのでは。西田さんが番組の登場人物に語りかけるようなスタイルも、臨場感を生み出していると思います」

 800回目の放送は節目だからといって特別感を出すわけではないが、その肩肘張らない平常運転がいい。土曜の夕方、ゆったりとした癒しの時間を届け続ける。
.

【関連記事】
菊池桃子が明かした長女の障害と死産「母として闘おう」
西田敏行“黒い噂”をキッパリ否定「シャブ中ではありません」
米倉涼子、西田敏行とアドリブでキスシーン「ただ面白かったです」
菊池桃子 入閣内定報道に驚き「無い、無い、ありえない」
西田敏行 、 菊池桃子 、 セカンドライフ を調べる


最終更新:10/29(土) 11:29
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先月、師匠が亡くなっていた... | トップ | 昨日の花散歩のランチ先は、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トミーのひとりごと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。